大吟醸酒のおすすめランキング10選!飲みやすい銘柄や美味しい飲み方もあわせてご紹介!

2021/04/25
日本酒

日本酒のなかでも高級の部類であり、人気の大吟醸。

ただ、「純米大吟醸と大吟醸って何が違うの?」 、「美味しい大吟醸はどれ?」、「どんな飲み方がいいの?」など疑問を持っている方も多いのでは?

今回は大吟醸とはについての解説から、その種類、おすすめの大吟醸、美味しい飲み方まで解説します。

記事の執筆者

栗山 かおる

SSI認定資格 唎酒師 日本酒品質鑑定士 フード&ビバレッジナビゲーター

大吟醸とは

大吟醸はすっきりとした味わいとフルーティーな香りが特徴の日本酒です。

原材料には米・麹・水・醸造アルコールが使われており、大吟醸に使用される酒米は精米歩合50%以下という決まりがあります。

精米歩合とは米を削って残った米の部分を%で表した数値のこと。

大吟醸は精米歩合が50%以下、つまり米の半分以上を削り取り、お米の美味しい部分だけで造った贅沢なお酒なのです。

さらに大吟醸は「吟醸造り」という長期低温発酵が行われ、これによって透き通るような口当たりと吟醸香と呼ばれる華やかな香りが日本酒にもたらされます。

純米大吟醸酒と大吟醸酒の違い

大吟醸と似た名前の日本酒に、「純米大吟醸」があります。

この2つの日本酒を分けているのは、原材料の違いです。

 

大吟醸
原材料:米・米麹・水・醸造アルコール
精米歩合:50%以下

純米大吟醸
原材料:米・米麹・水
精米歩合:50%以下

 

上記を見てわかる通り、大吟醸と純米大吟醸の違いは「醸造アルコール」が原材料に使用されているかどうかです。

醸造アルコールは日本酒のフルーティーな香りを引き立て、味わいにキレを出すために使われています。

そのため、大吟醸はよりクリアな味わいと華やかな吟醸香が特徴。

純米大吟醸酒は米・米麹・水のみを原料とした日本酒なで、米だけを使った純米酒ならではのコクと旨みを吟醸香とともに楽しむことができます。

大吟醸の種類と選び方のポイント

日本酒度で選ぶ

日本酒度とは日本酒の甘辛の目安となる数値のひとつです。

水を基準=0として糖分比重が多い「甘口」はマイナス「-」、少ない「辛口」は「+」で表記されています。

吟醸系のお酒の平均は+4.3となっていますので、参考にしてみてください。

 

辛口の大吟醸

のどごしがよく、ドライなキレのある後味が特徴です。

辛口の中にもコクがあるもの、滑らかな口当たりのもの、と豊富な種類があります。

さまざまなお料理に合わせることができるので、食事と楽しみたい方におすすめです。

 

甘口の大吟醸

米の甘みや旨味をいかしコクのある味わいが特徴です。

口当たりが柔らかいものが多いので、女性はもちろん日本酒初心者の方、甘いデザートにも日本酒で合わせてみたい、という方におすすめ。

 

日本酒度の注意点

日本酒度には、最初に口に含んだ印象、香りなどの要素は考慮されていません。

ぜひご自身の味の好みをお店の方に相談してみてください。

 

酒米の種類で選ぶ

日本酒の原料は言わずと知れた「お米」であり、酒造りに適した米のことを「酒米」と呼びます。

今回は100種以上ある酒米のなかで代表的な品種をご紹介しますので、好みの酒米が使われている大吟醸酒を探してみて下さい。

 

山田錦

雑味が少ないのでコクのある酒質に仕上がります。

香味が良く豊潤な味わいを生み出す大吟醸の代表格。

 

五百万石

クセがなく淡麗でキレの良い味わいになるのが特徴です。

辛口な日本酒に多く使われています。

 

 美山錦

耐冷性に優れているので、東北地方の蔵元で使われることが多い人気の酒米です。

スッキリと香り高い軽快さが持ち味で、程よく感じられるふくよかさも魅力。

 

雄町

日本最古の原生種です。

膨らみのある甘みや旨味のボリュームがあり、まろやかな味わいになります。

銘柄で選ぶ

福島 日本酒ランキング

大吟醸は日本酒の中でも高級なお酒になりますので、人気の酒蔵が造る銘柄から選ぶこともおすすめです。

淡麗辛口の日本酒産地として知られている新潟には、「久保田」「八海山」などの有名銘柄があります。

すっきりとした淡麗な日本酒がお好きな方は新潟の大吟醸がおすすめ。

ほかには山口の「獺祭」や、山形県の「十四代」、石川の「醸し人九次」など全国的に有名なブランドが多くあります。

一般的には北国の日本酒ほどすっきり辛口で、南に行くほど旨口の日本酒が造られる傾向にありますので、ぜひ大吟醸選びの参考にしてみてください。

 

おすすめの大吟醸10選

獺祭 磨き 二割三分 純米大吟醸

新生獺祭 しんせいだっさい 純米大吟醸 磨き二割三分

日本国内だけでなく世界的にも知名度の高い「JAPANESE SAKE」。獺祭はその筆頭格と言っても良いでしょう。

「味わうための日本酒」として商品化され、フルーティーな飲み口は、男性はもちろん女性にも熱烈なファンが多い純米大吟醸です。

どんな食事にも合うので、さまざまな楽しみ方ができます。

 

鍋島 純米大吟醸 愛山

鍋島 純米大吟醸 愛山 1800ml

佐賀が生みだした「地元のお米と水で醸し出す地酒」鍋島。

ソフトな下への刺激と酸味を絡めながら、甘みが綺麗に最後まで続き、お米の旨味たっぷりの濃厚な味わいです。

後口のキレは、すっきりしています。

玄界灘でとれる呼子のイカの活き造りとも相性ぴったり。

 

一白水成 プレミアム 純米大吟醸

一白水成 Premium 純米大吟醸 720ml

酒米を田植えから稲刈りまで管理し、その年の出来の良い美山錦で造ったプレミアム純米大吟醸。

出荷は7月と11月ですが、出荷数は非常に少なく、希少な一品です。

軽快なキリッとした飲み口、ぜひしっかり冷やしてお試しください。

 

玉川 大吟醸

玉川 大吟醸

外国人杜氏の先駆者フィリップ・ハーパー氏を擁する木下酒造。

こちらの商品は、玉川の輸出商品トップとして世界でも評価の高い一品です。

口に含んだ時の滑らかでしっとりとした舌触りと品のある香り、余韻の残る上品さをお楽しみ下さい。

スパイシーな料理とも意外な相性のよさを見せます。

 

醸し人九平次 純米大吟醸 山田錦

醸し人九平次 【純米大吟醸 山田錦】

女性ファンも多い「醸し人九平次」ブランド。

ラベルに書かれているEAU DU DESIRとはフランス語「希望の水」という意味します。

口に含むと山田錦の旨味がたっぷりと広がり、芳醇かつまろやかなバランスのとれたお酒です。

パリの著名な三星シェフにも賞賛された日本酒を代表する銘酒の一つ。

 

酔鯨 純米大吟醸 兵庫山田錦

高知 酔鯨 純米大吟醸 兵庫山田錦50%

太平洋を望む桂浜の近くにある酔鯨酒造で氷温熟成(氷温熟成とは-1℃~-3℃で食材を貯蔵、熟成する方法)された純米大吟醸。

爽やかな吟醸香とキレの良い辛口の味わいは、魚介を中心とした和食料理はもちろん繊細な料理ともよく合います。

 

久保田 萬寿 純米大吟醸

久保田 純米大吟醸 萬寿

日本酒通でなくとも知っている新潟の有名ブランド「久保田」。

フルーティーな旨みのある舌ざわりが特徴です。

食事のひとときを彩ってくれます。

 

作 雅乃智 中取り 純米大吟醸

作 雅乃智(みやびのとも) 中取り 純米大吟醸

SAKE COMPETITIONにおいて上位入賞常連となった「作」(ZAKU)。

中取りという酒造りの工程で一番状態の良い部分を絞り、丁寧に作られた日本酒です。

しっかり冷やして頂くと、スッキリとフルーティーな甘みに加え、華やかで透明感のある旨みを感じることができます。

 

鳳凰美田 純米大吟醸 山田錦 五割磨き

鳳凰美田 純米大吟醸酒

「鳳凰美田」のラインナップで圧倒的な存在感を誇る吟醸酒。

マスカットのような吟醸香がほど良く香り、柔らかい口当たりと、山田錦独特の旨味が口全体に優しく広がります。

 

楯野川 純米大吟醸 清流

楯野川 たてのかわ 純米大吟醸 清流

「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017」で最高金賞を受賞した楯野川の逸品。

美しい透明感と軽やかさが特徴のあっさりとした後味のお酒です。

女性の方や普段日本酒を飲まない方にも おすすめ。

大吟醸の美味しい飲み方

冷や

冷たい状態で飲むのが「冷や」です。

温度帯としては、5~15度あたりまで日本酒を冷蔵庫で冷やすことで、大吟醸酒の味わいや華やかな香りをより引き立ててくれます。

冷やは、爽快な飲み心地が特徴です。

常温

冷やさず、温めず、20~25度くらいで日本酒をいただくのが「常温」です。

常温は口あたりが良く、大吟醸本来の味わいがよく分かります。

夏と冬とでは常温も違いますので、季節による味の変化を楽しめる点もおすすめ。

日本酒をお燗すると、冷やや常温の時にはない風味や味わいが出てきます。

大吟醸の中には燗が向いていないものもありますが、されるのであればぜひ湯煎で香りが控えめの吟醸酒を30~40度の「ぬる燗」がおすすめです。

大吟醸はフルーティーで飲みやすい!

フルーティーな香りとクセのないスッキリとした味わいの「大吟醸」。

大吟醸はしっかり磨き上げられた高品質な酒米と、吟醸造りというこだわりの技術によって造られた最高水準の日本酒です。

あなたにも特別な大吟醸とのめぐり逢いがありますように!

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

どぶろくとは?種類から、おすすめのどぶろく、飲み方まで徹底解説!

「どぶろくってどんなお酒?」 「どれを選べば良いかわからない。」 「どんな飲み方があるの?」 どぶろくに関して

甘口のおすすめ日本酒10選!日本酒初心者や、女性へのプレゼントにぴったりの銘柄を紹介!

日本酒といえば辛口!というイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか? しかし、なかにはまったりと飲みやす

甘酒のおすすめ14選!ダイエットや美容におすすめの銘柄や、美味しい飲み方を徹底解説

健康ブームで女性やお年寄りに人気な甘酒。 ダイエットや美容など健康効果のある甘酒を探しているけど、甘酒の種類が多す

冷酒とは?飲み方から、冷酒におすすめの日本酒15選をご紹介!

日本酒の最大の魅力は、温度帯によってさまざまな味わいを楽しめることです。 冬は熱燗、夏は冷酒など、季節によって飲み

秋田の日本酒ランキング10選|特徴や選び方、飲み比べして楽しい人気の銘柄を紹介!

東北地方を代表する酒どころ秋田県。 日本酒の消費量は全国で2位と、秋田では日本酒が県民に広く愛されています。 今回

おすすめの純米酒ランキング20選!選び方や初心者向けの銘柄をご紹介

  純米酒は米と米麹だけを原料に造られた、米本来のうまみを味わえる日本酒です。 原料となる米や製造方法

福島の日本酒ランキング10選|金賞受賞酒や世界一に輝いた日本酒もご紹介!

福島県が実は 全国をリードする日本酒の技術大国であることをご存知でしょうか? 今回の記事では、福島県の日本酒の特徴や

日本酒の種類が多すぎて選べない!おすすめ銘柄をソムリエが解説!

「日本酒の種類っていろいろあって違いがわからない」 「自分はどの日本酒を選べばいいんだろう……」 そんな悩みを持つ

日本酒のアルコール度数を抑えておいしく飲むには?低アルコール銘柄も紹介

アルコール度数が高い印象のある日本酒。 「日本酒を飲むとすぐに酔っぱらってしまう」 「お酒に強くないけどおいしく

熱燗におすすめの日本酒10選|温度による熱燗の種類や美味しい作り方もご紹介!

「熱燗、ぬる燗、飛び切り燗って何が違うの?」 「美味しい熱燗の作り方を極めたい」 「熱燗におすすめの日本酒が知り

特集記事

おすすめの純米酒ランキング20選!選び方や初心者向けの銘柄をご紹介

おすすめの料理酒10選!料理酒の代用も合わせて徹底解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

紹興酒とは?度数、種類から、おすすめの紹興酒、飲み方まで徹底解説!

マッコリとは?味や度数から、おすすめのマッコリ、飲み方まで徹底解説!

TOP