ジンバックとは?味、度数、カロリーから作り方まで徹底解説!

2020/07/25
カクテル

ジンベースの定番カクテル、ジンバック。

「飲んだことはあるけど、作り方が分からない。」、「どのジンを使えばいいんだろう。」など、疑問を持っている方も多いのでは?

今回は、ジンバックの味、度数、由来といった基礎知識から、作り方、アレンジレシピまでご紹介します。

記事の執筆者

桶本 ひとみ

WSET Level2(Wine & Spirit Education Trust)、テキーラ・マエストロ、ウイスキー検定2級

高級レストランから銀座のクラブまで、10年間さまざまな飲食店に勤務。 大のお酒好きで自称プロ「ノムリエ」趣味は世界と日本各地のBAR巡り。旅好きでこれまで訪問した国は32か国75都市、海外生活歴は5年半以上。 現在ノムリエ女子ライターとして活動中。 Twitter/Instagram @hetoldme_ok

 

ジンバックとは

ジンバックとは、ジンにジンジャエールとレモンジュースを加えたカクテルです。

ジンジャエールのピリッとしたスパイシーさもありながら、ほんのりした甘さも感じられます。

 

ジンバックの由来や意味

ジンバックはロンドン発祥であることから別名で「ロンドンバック」と呼ばれることもあるそうです。

バックは後ろの意味の「Back」ではなく「 Buck」という単語で、雄鹿と言う意味があります。

ジン自体の度数が高く酔いやすいお酒でキックがあるカクテルであることに由来すると言われているようです。

 

ジンバックの度数

ジンバックの度数は14%前後です。

ジンとジンジャエールの割合によっても度数が変わってきます。

14度ですと、赤ワインや日本酒と同じくらいです。

 

ジンバックのカロリー

ジンバック1杯のカロリーは174kcalほどと意外と高めです。

ソーダ割りなどとは違い、ジンジャエールを使っているため少し高めのカロリーになっています。

 

ジンバックの作り方

道具

・タンブラーグラス

・バースプーン(なければマドラーやストローでも可)

 

材料

・ジン:45ml

・レモンジュース:20ml

・ジンジャーエール:適量

・カットレモン

 

割合

ジン:ジンジャエール=1:4

 

作り方の手順

①氷を入れたタンブラーにジン、レモンジュース、ジンジャエールを入れる。

 

②バースプーンで優しくステアする。

 

③カットレモンを入れるか、グラスのフチにつける。

 

作り方のコツ

炭酸が抜けたジンジャエールを使うとおいしくないので注意してください。

そして、ステアは混ぜることですが炭酸をキープするために1回だけ優しくそっと混ぜましょう。

またはバースプーンでアイスを浮かせるだけでも問題ありません。

混ぜすぎると炭酸が抜けてしまうので気をつけてくださいね。

 

アレンジレシピ

簡単にできるアレンジとしては、ジンジャエールを甘口から辛口に変えるまたは辛口から甘口に変えることです。

ジンジャエールの味次第でかなり出来上がりの味わいが違ってきます。

甘めが好きな方は甘口で、ドライな味がお好みの方は辛口で作りましょう。

 

ジンバックにおすすめのジン

スターオブボンベイ

スターオブボンベイ


10種類のボタニカルで作られているボンベイ・サファイアにさらにプラス2種類を加えたジンです。

蒸留にも通常より1.5倍の時間をかけて、職人が拘って作っているだけあり味わいは豊です。

通常のボンベイ・サファイアしか飲んだことがない方にはぜひこちらのスターオブボンベイを試してみてください。

ジンジャエールの刺激はありながらも、すっきりとした味で飲み口がスムーズなジンバックが完成します。

 

オピア オリエンタル スパイスド

オピア オリエンタル スパイスド


1761年創業のイギリスで2番目に大きい老舗のジン・ウォッカメーカーが作ったドライジンです。

サンフランシスコのワールドスピリッツコンペティションで2015年に金賞も受賞。

世界中のスパイスなどボタニカルが使われており、特にクミンやカルダモンが入っていることから不思議とカレー風味のするエキゾチックなジンです。

ジンバックにしても後味にほんのりとスパイスやカレー味を感じることができますよ。

 

桜尾ジン オリジナル

桜尾ジン オリジナル


2018年に発売されたばかりの、まだ新しい広島発純国産のジン。

広島産柑橘類や9種類のボタニカルなど計14種類の素材を使用した、香りゆたかなアロマが特徴です。

2020年の東京ウイスキー&スピリッツコンペティションの金賞を受賞。

日本国産ジンとジンジャエール相性もかなり良いです。

 

ジンバックにおすすめのジンジェーエール

フィーバーツリー プレミアム・ジンジャービア

フィーバーツリー プレミアム・ジンジャービア


2005年に設立されたフィーバーツリー社のジンジャーエールです。

世界中の3種類の生姜を使い拘って作られただけあって、かなり生姜感をダイレクトに感じることができます。

ジン自体も数多くのボタニカルを使用して作られている独特なフレーバーのお酒なので、フィーバーツリーのような味がしっかりした独特なジンジャエールはとても相性がいいです。

 

ウィルキンソン ジンジャエール


ウィルキンソンといえば炭酸水も有名で炭酸飲料の有名老舗ブランドで、世界中のプロのバーテンダーから支持されています。

大人向けのジンジャエールで、炭酸が強めでかなりドライな味わいです。

ウィルキンソンのジンジャエールを使うと、爽快感がガツンとくるカクテルに仕上がるでしょう。

 

 

さいごに

ジンバックはジンジャエールの炭酸の刺激と爽快感にハマってしまう人もたくさんいます。

普段からジンジャエール好き、生姜の味好きな方にはとてもおすすめです。

夏にぴったりなカクテルなので、ぜひ暑い日にはジンバックでリフレッシュな気分を味わってみてくださいね。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

カシスオレンジとは?度数、カロリーから、作り方、缶のカシスオレンジまでご紹介!

カシスオレンジといえば、カクテルの定番中の定番ですね。 今回はそんなカシスオレンジの味、度数、カロリーから、作り方

ダイキリとは?気になる意味、度数から作り方、アレンジレシピまで徹底解説!

ラムの定番カクテルの1つ、ダイキリ。 暑い季節には、フローズンダイキリも人気ですね! 今回は、ダイキリについて、

モスコミュールとは?味、度数、カロリーから、作り方まで徹底解説!

定番カクテルの1つ、モスコミュール。 今回はモスコミュールの意味や度数から、作り方、おすすめの材料をご紹介します。

カミカゼはどんなカクテル?気になる味、度数から作り方まで紹介!

度数強めのカクテル、「カミカゼ」。 目を引く名前のため、バーのメニューなどで見たことがある人も多いのでは? 今回

ジントニックとは?味、度数、カロリーから作り方まで徹底解説!

カクテルの王道。ジントニック。古くから親しまれているカクテルで、幅広い世代から人気があります。 今回は、ジントニッ

コークハイとは?作り方から、コークハイにおすすめのウイスキーまで徹底解説!

「美味しいコークハイを作りたいけど、割合が分からない。」 「ウイスキーはなにを使えばいいの?」 コークハイに関し

ジンリッキーとは?由来、度数、カロリーから、作り方まで徹底解説!

爽やかな味わいで人気のジンリッキー。 今回は、ジンリッキーとはどんなカクテルなのか、由来や味、度数から、作り方まで

スクリュードライバーとは?気になる意味や度数から、作り方まで徹底解説

定番カクテルの1つ、スクリュードライバー。 今回は、スクリュードライバーの味、度数、意味といった基礎知識から、作り

シャンディガフとは?味、度数、作り方を徹底解説!

「シャンディガフってなに?」 「シャンディガフってどうやってつくるの」 「ビールとジンジャーエールの割合は?」

キールとは?度数、カクテル言葉、作り方から、キールロワイヤルについても解説

白ワインとカシスのカクテル、キール。 オシャレな食前酒として人気のカクテルですね。 今回は、そんなキールのカクテ

特集記事

おすすめの純米酒ランキング20選!選び方や初心者向けの銘柄をご紹介

おすすめの料理酒10選!料理酒の代用も合わせて徹底解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

紹興酒とは?度数、種類から、おすすめの紹興酒、飲み方まで徹底解説!

マッコリとは?味や度数から、おすすめのマッコリ、飲み方まで徹底解説!

TOP