デキャンタとは?使い方から、おすすめのデキャンタ10選をご紹介

2019/07/21
ワイン

みなさん、ちょっと良いワインを用意したはずなのに、思ったほどおいしく感じなくてがっかりしたことはありませんか。

そんなときに試していただきたいのが「デキャンタ」です。

この記事では、デキャンタの特徴、使い方、おすすめのデキャンタをご紹介します。

記事の監修者

外山 ゆみ子(とやま ゆみこ)

■JSA認定ワインエキスパート ■JSA認定ワイン検定ブロンズクラス講師 ■WSET LEVEL2 AWARD IN WINES AND SPIRITS

化粧品メーカー、ワイン輸入販売会社などに勤務。東京都内で官能小説ワイン会を定期的に開催中。詳細はこちらから→ https://kanno-wine-dokusho.jimdosite.com/

デキャンタとは

「デキャンタ」とは、ワインを移す酒器です。

もっとも一般的なデキャンタはガラス製のビンタイプで、ワインの色が見えるように無色透明です。

ワインをデキャンタに移すことを「デキャンタージュ」と言います。

 

デキャンタの効果

なぜデキャンタを使ってデキャンタージュするのでしょうか。

まず、第一にデキャンタは若いワインを空気に触れさせてまろやかな味わいにするのに使います。

また、デキャンタは年代物のワインのオリを取り除くのに使います。

瓶詰めから時間がたったワイン(10年以上たっているものなど)の底には色素や渋みの成分がオリとなってたまります。オリはとても渋いです。
さらに、冷やしすぎたワインの温度を上げるのにデキャンタを使うのも有効です。

 

入る量は?

デキャンタにはさまざまな大きさのものがあります。

小さいもので250cc、大きいもので2000ccくらいのものまであります。

ハーフボトルが375cc、通常のワインが750cc、2本分(またはマグナムボトル)で1500ccです。飲むワインの量に合ったデキャンタをおすすめします。

 

カラフェとの違いは?

デキャンタと似たものに、「カラフェ」があります。カラフェもワインを移す酒器です。

カラフェは主にフルボトルサイズでない量のワイン(ハーフサイズ、飲み放題のハウスワインのピッチャーなど)をお客さんに提供する場合に使われますが、空気接触のためのデキャンタージュに使われることもあります。

明確な違いとしては、オリの除去にはカラフェは使いません。

 

デキャンタの使い方

どんなワインに使うか

デキャンタは主に赤ワインに使う

若い赤ワインは、デキャンタによって空気接触させるとタンニンや酸味がやわらぎまろやかで複雑味のある味わいになります。

オリのある古い赤ワインは、デキャンタによってオリを取り除くことで味わいがよくなります。

ワインのオリは人体には無害ですが、ワインの味わいを損ないますので取り除く必要があります。

 

白ワインにはあまり使用しない

白ワインは赤ワインほど長期熟成に向かないので、年代物の白ワインはあまり多くありません(一部の高級ワインくらいです)。

若い白ワインはそもそもフレッシュな状態のまま味わうために造られているため、空気接触のためのデキャンタージュが必要ないものがほとんどです。

ただし、コクのある白ワインを冷やしすぎた場合、一度デキャンタに移して温度を上げて味わうのが良いでしょう。

 

実際にどう使うか

若いワインの場合

目的によって使うデキャンタの形状と注ぎ方が異なります。

若いワインを空気接触させる場合は、表面積の広い横長のデキャンタを使います。

デキャンタの内側に沿って、空気を含ませるようにワインをデキャンタに移します。

少なくとも飲む30分くらい前にデキャンタに移します。タンニンの強いカベルネ・ソーヴィニヨンやシラーなら飲む1時間前にはデキャンタに移した方がいいです。

 

古いワインの場合

古いワインのオリを取り除く場合は、縦長で首の部分が細いデキャンタを使います。

年代物のワインはあまり空気に触れさせません。オリの状態を確認しながら、デキャンタの内側に沿って、ゆっくりと慎重にワインをデキャンタに移します。オリのある部分はワインボトル内に残します。

ワインをデキャンタに移すとき、手元にライトやロウソクを置いておくとオリが見やすくなります。年代物のワインはデキャンタに移したらすぐに飲んだ方が良いです。

デキャンタは首の部分が細く、洗いにくい形状のものが多いです。デキャンタを洗うための専用の道具が売っていますので、入手をおすすめします。

 

おすすめのデキャンタ10選

10位 デキャンタージュ ポアラー

デキャンタージュ ポアラー


デキャンタは場所をとって困る、という方におすすめなのがこの商品です。

ボトルの口に取り付けるだけで、空気接触をさせられます。

中央に小さな穴が開いていて、ワインが穴を通るときに空気を取り込むようになっています。価格も手頃ですので、デキャンタージュの入門編にいかがでしょうか。

 

9位 ワインエアレーター


こちらもデキャンタージュができるコンパクトな道具です。

この道具の上からワインをグラスに注ぎます。注ぐときにワインに空気を取り込むことができ、しかもフィルターがついているので同時にオリが取り除けます。

商品レビューにも「手頃なテーブルワインがおいしくなった」というコメントが寄せられています。

 

8位 リビー ヴィーニャ デカンタ 1700cc


ワインを空気接触しやすいタイプのデキャンタです。

手頃な値段で使い勝手の良い形です。自宅使いにぴったりです。

 

7位 ミニデキャンタ 250cc

ミニデキャンタ250cc


表面積の広いタイプの1杯用デキャンタです。

これだけ小さいとデキャンタージュの敷居が下がります。家で1本は飲みきれないとき、ひとりで1杯だけ飲みたいときなどにどうぞ。

 

6位 デキャンタ ワイン U型 1200cc

デキャンタ ワイン U型 1200cc


U字型のデキャンタです。空気接触させるために使います。

スタイリッシュなデザインなのでテーブルに置いたときに映えますね。

 

5位 リーデル デカンタ デキャンタ ハンドメイド 1210ml

リーデル デカンタ デキャンタ ハンドメイド 1210ml


ワイングラスで有名なリーデル社のデキャンタです。

細身ですので、年代物のワインのオリを除去するのに向いています。

底が薄型で握りやすく、保管がしやすいです。またクリスタルガラス製でハンドメイドと高級感抜群です。ワイン好きな方へのプレゼントにも良いでしょう。

 

4位 プジョー デキャンタ レセダ 1050cc

プジョー デキャンタ レセダ

10,921円 (税込)

詳細情報

こちらはワインを注ぐのが苦手な方におすすめのデキャンタです。

口の部分もワインを注ぎやすい形状をしていますし、ワインの雫を受け止めるストッパーが付いているので、テーブルを汚しません。

横長なのでワインの空気接触向きです。

 

3位 バカラ ベガ ワインデカンタ

バカラ ベガ ワインデカンタ


クリスタルのラグジュアリーブランド、バカラのデキャンタです。

織姫星のベガがモチーフです。細身ですが、どっしりした重厚感があります。オリのある年代物のワインを飲むときにお使いください。

 

2位 Wine lab ワイン デキャンタ

Wine lab ワイン デキャンタ


ワインボトルに直接つないでグラスに注ぐデキャンタです。ワインを一度ガラス部分に移してからグラスにワインを注ぎます。

ワインが空気に触れてワインの風味が豊かに感じられます。見た目もユニークなので人が集まる食事会などで目を引くこと間違いなしです。

 

1位 リーデル デキャンタ 970ml ワインシャワーギフトセット

リーデル デキャンタ ワインシャワーギフトセット


これはリーデル社の商品で、デキャンタに便利な付属品が付いたセットです。

まず、「ろうと」でワインのオリを取り除けます。

さらに「ワインシャワー」がワインを八方にシャワーのように広げて空気接触を増やします。ろうと、ワインシャワー、デキャンタは縦につなげていっきに注げます。空気接触もオリの取り除きも同時にできる優れものです。

人気のデキャンタ比較表

商品画像リーデル デキャンタ ワインシャワーギフトセットWine lab ワイン デキャンタバカラ ベガ ワインデカンタリーデル デカンタ デキャンタ ハンドメイド 1210mlプジョー デキャンタ レセダデキャンタ ワイン U型 1200ccミニデキャンタ250ccリビー ヴィーニャ デカンタ 1700ccワインエアレーターデキャンタージュ ポアラー
商品名リーデル デキャンタ ワインシャワーギフトセットWine lab ワイン デキャンタバカラ ベガ ワインデカンタリーデル デカンタ デキャンタ ハンドメイド 1210mlプジョー デキャンタ レセダデキャンタ ワイン U型 1200ccミニデキャンタ250ccリビー ヴィーニャ デカンタ 1700ccワインエアレーターデキャンタージュ ポアラー
価格9,000円(税込)2,916円(税込)64,260円(税込)23,380円(税込)10,921円(税込)1,280円(税込)3,240円(税込)(税込)1,589円(税込)498円(税込)
詳細
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

デキャンタまとめ

デキャンタがあればいつものワインがよりおいしく飲めます。ボトルに付けて手軽に使えるデキャンタから、本格的なクリスタルのデキャンタまでバリエーション豊富です。予算と目的に応じてデキャンタをお選びください。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

ワインクーラーの使い方からおすすめのワインクーラー10選をご紹介!

食事中、テーブルに置いておいたスパークリングワインや白ワインがぬるくなってしまったことはありませんか。 または、飲


特集記事

オレンジワインとは?特徴から、おすすめのオレンジワイン10選まで紹介

プレゼントにおすすめのワイン15選!おすすめのギフトサービスも紹介! 

貴腐ワインとは?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

【ソムリエ執筆】アイスワインとは?美味しい飲み方、おすすめのアイスワインまで紹介

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

TOP