【ソムリエ監修】ヴィオニエの人気おすすめワイン15選!特徴も解説

2019/09/24
おすすめ白ワイン

「ヴィオニエ」という品種をご存知ですか。

シャルドネやソーヴィニヨン・ブランほどメジャーではありませんが、世界的に栽培されている香りの華やかな白ぶどう品種です。

この記事では、ヴィオニエの特徴や選び方、おすすめのヴィオニエについて紹介していきます。

記事の監修者

佐々木 健太

J.S.A. ソムリエ・エクセレンス

ソムリエ/年間受講者数日本一を誇るカリスマワインスクール講師  21歳でソムリエ資格を取得。南フランスにある一つ星レストラン「Keisuke Matsushima」にて研鑽を積み、帰国後は南青山「L’AS」を経て、株式会社WINE TRAILを創業。ワインのサブスク「HOME WiNE」を手掛ける。YouTubeチャンネル「ソムリエ佐々木」を運営。第9回全日本最優秀ソムリエコンクールファイナリスト。https://homewine.jp/



ヴィオニエとは

白ワインのぶどう品種

ヴィオニエ(Viognier)は白ワインのブドウ品種です。

一時期は絶滅寸前でしたが、近年注目されるようになり、各地で栽培が盛んです。

 

ヴィオニエの原産地と主要産地

原産地は、フランスのコート・デュ・ローヌです。

主要産地は原産地であるコート・デュ・ローヌ、アメリカ、オーストラリアです。

 

ヴィオニエの特徴

ここからはヴィオニエの特徴を紹介していきます。

今回はヴィオニエのブドウとしての特徴と、ワインとしての特徴の2種類を見ていきましょう。

ブドウの特徴

果粒は小さく、房を小さめです。

色は明るい黄緑色のものから濃いものまで様々です。酸性の土壌を好み、栽培は難しいと言われています。

 

ワインの特徴

豊かなアロマ、度数と果実味は強く、酸味は少ない

白い花の洗練された香り、豊かなアロマがワインの特徴です。

アルコールと果実味が強いため、フルボディの味わいになります。

酸味は少なく、柔らかいので、全体的に丸い印象のワインになります。

 

ブレンド品種として赤ワインに使われることも

ヴィオニエは白ブドウですが、カリフォルニア、オーストラリアなど地域によっては、シラー(シラーズ)とブレンドし、赤ワインを造ることもあります。

ヴィオニエのおすすめ選び方

ヴィオニエのおすすめの選び方

ここからはヴィオニエのワインを選ぶ際に、見ておきたいポイントを紹介していきます。

今回紹介する選び方は以下の通りです。

 

ヴィオニエのおすすめ選び方
・産地から選ぶ
・価格から選ぶ
後に紹介するヴィオニエの人気おすすめランキングにも反映されているので、ぜひ参考にしてください。
では早速見ていきましょう。

産地の違いで選ぶ

ヴィオニエのワインを選ぶ際に一番見てもらいたいポイントは産地です。

今回は以下のヴィオニエワインの産地を紹介します。

 

味わいの特徴
・フランス コート・デュ・ローヌ北部
・フランス ラングドック地
・アメリカ カリフォルニア州

 

ではそれぞれ見ていきましょう。

アプリコットの果実味と酸味!フランス コート・デュ・ローヌ北部

フランスのコード・デュ・ローヌ地方北部は、ヴィオニエの最も代表的な産地です。

コート・デュ・ローヌ地方北部は夏暑く、冬は寒冷な大陸性気候です。

コード・デュ・ローヌ地方北部のヴィオニエは、アプリコットの果実味と酸味があります。

特にコンドリューいう地区のヴィオニエが高品質です。コンドリューのワインはヴィオニエ100%のものしか認められていません。コンドリューのヴィオニエは日当たりのよい斜面にあるぶどう畑から収穫されます。

またコート・デュ・ローヌ北部では赤ワインはシラーのみが認められていますが、渋みを和らげるために白ぶどうを混ぜることが許可されています。

ヴィオニエも渋みを和らげる目的でシラーにブレンドされる地区があります。

コート・デュ・ローヌ地方のヴィオニエは他の産地のものと比べ、澄んだ色をしています。アプリコットのような果実味と酸味があります。

 

完熟した桃の風味!フランス ラングドック地方

コート・デュ・ローヌ地方の南にあるラングドック地方でも、ヴィオニエが栽培されています。

白ぶどう品種のマルサンヌやルーサンヌとブレンドされることが多いです。

ラングドック地方のヴィオニエは、コート・デュ・ローヌのものより手頃な価格のものが多いです。

この地方のヴィオニエは日照量の多さから、完熟した桃のような味わいが強くなります。

 

アルコール度の高いアメリカ カリフォルニア州

カリフォルニアでもセントラル・コーストなどの地区で、ローヌ地方の赤ワインや白ワインが造られていて、ヴィオニエも造られています。

カリフォルニアのヴィオニエはアルコール度が特に高く(14.5%、15%など)力強いです。

アルコールの高いワインをお好みの方は、カリフォルニアのヴィオニエを選んでみてはいかがでしょうか。

価格で選ぶ

ヴィオニエを価格から選ぶことも良いでしょう。

ヴィオニエは超有名品種ではありませんが、価格帯は広く5,000円以下であれば豊富な種類があります。

そこで2,000円を基準にすると、選びやすくなるためおすすめです。

具体的にはデイリーワインなら2,000円未満、特別な日や来客用には2,000円以上のヴィオニエワインがぴったり。

ぜひ目的に合わせて、予算を考えヴィオニエワインをお選びください。

ヴィオニエのおすすめワイン15選

[PR]
SAKECOMI監修でもあるトップソムリエ佐々木が徹底的に考え尽くした、ワインプログラム。
「ワインを何から飲めばいいのかわからない」
「ワインが美味しいのかわからない」

そんなあなたにおすすめです。ホームワインを詳しく見る※ 販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。

ここからはヴィオニエの人気おすすめランキング15選を紹介していきます。

今回紹介する人気おすすめワインは先ほど紹介した以下の基準を参考にしています。

 

では早速見ていきましょう。

予算2,000円!デイリーワインにおすすめの8選

まずはデイリーワインにおすすめの2,000円未満のヴィオニエワインを紹介していきます。

リーズナブルながらも飲みやすく、美味しいワインをピックアップしたのでぜひご覧ください。

では解説していきます。

8位

コノスル ヴィオニエ ビシクレタ ・レゼルバ


ヴィオニエ100%を楽しめるワイン

少し濃い黄金色の優しい色合いが魅力的なコノスルのヴィオニエワイン。

ヴィオニエ特有のアプリコットや白桃のような爽やかな香りに、樽熟成由来のナッツの風味が特徴です。

まろやかで飲みやすく、優しい余韻を感じられます。

酢豚や寿司などと合わせて食事をお楽しみください。

またコノスルシリーズについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

>>【ソムリエ監修】コノスルのおすすめワイン徹底解説!種類や価格も紹介

産地
チリ

 

香りモモ、白胡椒
酸味★★☆☆☆
ボディ★★★★☆
佐々木
モモなどの有核果実に、ほのかにスパイスやオークのニュアンスが感じられます。

7位

コンチャイトロ カッシェロ・デル・ディアブロ ヴィオニエ

詳細情報
度数:13.5%
味わい:辛口
産地:チリ

穏やかな酸味とまろやかな味わい

イギリスのワインコンテストで受賞歴があるヴィオニエワイン。

ヴィオニエ種らしい、白ユリのような品のある華やかな香りが魅力的です。

アプリコットを思わせる香りに、樽由来のバニラやトーストのような甘く香ばしい風味。

優しい酸味とまろやかな味わいで、ゆったりとしたひとときをお楽しみいただけます。

ベトナム風生春巻きなどと相性抜群のため、ぜひお試してください。

またカッシェロ・デル・ディアブロについて、より詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

>>カッシェロ・デル・ディアブロを徹底解説!ワインの味、価格、種類をご紹介!

産地
チリ

 

香りアプリコット、クローブ
酸味★★☆☆☆
ボディ★★★★☆
佐々木
エスニックな料理とのマリアージュは抜群です。

6位

サンタ・ヘレナ・アルパカ・スペシャル・ブレンド・ホワイト

リーズナブルかつ爽やかな味わい

チリの有名なワインシリーズ、アルパカによるヴィオニエを含んだブレンドワイン。

こちらは辛口の白ワインでソーヴィニヨン・ブランとシャルドネと一緒にブレンドされており、バランスの良い味わいが特徴です。

柑橘系の爽やかな果実味、アプリコットの華やかな風味をリーズナブルな価格で楽しめます。

焼き豚などと合わせると美味しいので、おすすめです。

またアルパカシリーズに付いて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

>>【ソムリエ監修】アルパカワインとは?特徴やおすすめ16選を紹介!

産地
チリ

 

香りシトラス、グレープフルーツ
酸味★★★☆☆
ボディ★★★☆☆
佐々木
ヴィオニエに欠ける酸味や爽やかさを他品種とのブレンドによって補うことで、非常に完成度の高い味わいとなっています。

5位

フェアヴュー ゴーツ・ドゥ・ローム

詳細情報
度数:13.5 %
味わい:辛口
産地:南アフリカ、パール
品種:ヴィオニエ68%、ルーサンヌ17%、グルナッシュ・ブラン15%

南アの遊び心あふれるワイン

フェアビューは南アフリカを代表する生産者。商品名の「ゴーツ・ドゥ・ローム」は、ヴィオニエの代表産地「コート・デュ・ローヌ」をもじった言葉で「さまようヤギ」という意味。

ぶどう栽培には自然派農法の一つ「サステイナブル農法」を採用しています。

このワインは、洋ナシやココナッツのような風味とスッキリした酸が感じられます。ココナッツカレーなどと相性が良いです。

産地
南アフリカ、パール

 

香り熟れたレモン、白胡椒
酸味★★☆☆☆
ボディ★★★★☆
佐々木
味わいの素晴らしさはもちろん、環境にも配慮した南アフリカらしいワイン造りが反映された一本です。

4位

デリカート ファミリー ヴィンヤーズ ナーリー ヘッド ヴィオニエ

詳細情報
味わい:辛口
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種:ヴィオニエ

カリフォルニア優良生産者

生産者はこれまでアメリカの優良生産者の賞を何度も受賞しています。自然派農法のひとつ、サステイナブル農法を導入してぶどう栽培をおこなっています。

このワインは桃やオレンジの花の香りがしてとてもフルーティです。

エビのチリソースなどと合わせるとおいしいです。

産地
アメリカ、カリフォルニア

 

香りアプリコット、モモ
酸味★★☆☆☆
ボディ★★★★☆
佐々木
オイリーな口当たりと風味が特徴で、エスニック系や中華といった脂っこい料理とも十分に合わせられる仕上がりです。

3位

ヤルンバ ワイ シリーズ ヴィオニエ

詳細情報
度数:14 %
味わい:辛口
産地:オーストラリア
品種:ヴィオニエ

スパイシーで力強いワイン

生産者は160年の歴史を持つオーストラリアで最古の家族経営のワイナリー。「ヤルンバ」とはオーストラリアの先住民の言葉で「すべての土地」という意味です。

パイナップルやショウガの風味がするとてもボディのあるワインです。

酢豚などと合わせてお楽しみください。

ヤルンバのワインについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

>>【ソムリエ監修】おすすめのヤルンバのワイン11選!選び方のコツも解説

産地
オーストラリア

 

香り洋梨、トロピカルフルーツ
酸味★★☆☆☆
ボディ★★★★☆
佐々木
厚みある果実味の裏に、ほのかに感じられる生姜やスパイス香がクセになります。

2位

コート・デュ・ローヌ ブラン

詳細情報
度数:13.5 %
味わい:辛口
産地:フランス ローヌ
品種:ヴィオニエ55%、ルサンヌ20%、クレーレット10%、マルサンヌ10%

ローヌの盟主

Eギガルはコート・デュ・ローヌを代表するワイナリー。でも、とてもコストパフォーマンスの良いワインを造っています。

このワインはクリアなレモンイエローをしていて、アプリコットの風味と白い花の香りがする、ローヌのヴィオニエのお手本のようなワインです。

クリームシチューなどと合わせるとおいしいです。

産地
フランス ローヌ

 

香り白薔薇、桃
酸味★★★☆☆
ボディ★★★★☆
佐々木
ローヌの豊富な日照を受けて蓄えられた芳香が顕著に感じられるハイコスパワインです。

1位

ミシェル・ガシェ ヴィオニエ・ヴァン・ド・フランス

詳細情報
味わい:辛口
産地:フランス ラングドック
品種:ヴィオニエ100%

まるで濃厚な桃ジャム

このワインは、雑誌『ワイン王国』で「超特選ベストワイン」に選ばれました。ワインのぶどうは、除草剤や化学肥料を一切使わずに造られています。

まるで桃のジャムのような濃厚な味わいと華やかな香りが楽しめます。

クリーミーなチーズなどと相性が良いです。

産地
フランス ラングドック

 

香り花梨、桃
酸味★★☆☆☆
ボディ★★★★★
佐々木
フルボディで凝縮感あふれる果実味のため、8~10℃あたりまで冷やしていただくとスッキリして飲みやすくなります。

2,000円以下のヴィオニエ比較表

商品画像ミシェル・ガシェ ヴィオニエ・ヴァン・ド・フランスコート・デュ・ローヌ ブランヤルンバ ワイ シリーズ ヴィオニエデリカート ファミリー ヴィンヤーズ ナーリー ヘッド ヴィオニエフェアヴュー ゴーツ・ドゥ・ロームサンタ・ヘレナ・アルパカ・スペシャル・ブレンド・ホワイトコンチャイトロ カッシェロ・デル・ディアブロ ヴィオニエコノスル ヴィオニエ ビシクレタ ・レゼルバ
商品名ミシェル・ガシェ ヴィオニエ・ヴァン・ド・フランスコート・デュ・ローヌ ブランヤルンバ ワイ シリーズ ヴィオニエデリカート ファミリー ヴィンヤーズ ナーリー ヘッド ヴィオニエフェアヴュー ゴーツ・ドゥ・ロームサンタ・ヘレナ・アルパカ・スペシャル・ブレンド・ホワイトコンチャイトロ カッシェロ・デル・ディアブロ ヴィオニエコノスル ヴィオニエ ビシクレタ ・レゼルバ
詳細味わい:辛口
産地:フランス ラングドック
品種:ヴィオニエ100%
度数:13.5 %
味わい:辛口
産地:フランス ローヌ
品種:ヴィオニエ55%、ルサンヌ20%、クレーレット10%、マルサンヌ10%
度数:14 %
味わい:辛口
産地:オーストラリア
品種:ヴィオニエ
味わい:辛口
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種:ヴィオニエ
度数:13.5 %
味わい:辛口
産地:南アフリカ、パール
品種:ヴィオニエ68%、ルーサンヌ17%、グルナッシュ・ブラン15%
度数:13%
味わい:辛口
産地:チリ
度数:13.5%
味わい:辛口
産地:チリ
度数:14%
味わい:辛口
産地:チリ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

予算は2,000円~5,000円!プレゼントや来客用におすすめ7選

ここからはプレゼントや来客用におすすめのヴィオニエワインを紹介していきます。

高品質で人気のあるヴィオニエワインを集めたので、ぜひお好きなものをご検討ください。

ではそれぞれ見ていきましょう。

7位


深いまろやかさと複雑味を感じられる骨太ワイン

近年凄まじい人気を誇るダークホースの、シャルドネをメインにヴィオニエなどをブレンドした一本。

シャルドネのシンプルかつ王道の味わいに、ヴィオニエの華やかな香り、ゲヴュルツトラミネールの深みある感覚が付け加えられています。

ヴィオニエはアルコール度数が高い品種ですが、ブレンドされることにより飲みやすく料理にも合わせやすくなっていることが特徴です。

予算5,000円未満の中では比較的リーズナブルなため、デイリーワインとしても楽しめておすすめです。

またダークホースについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

>>【ソムリエ監修】ダークホースはどんなワイン?特徴から種類まで紹介!

産地

 

香りモモ、スパイス
酸味★★★☆☆
ボディ★★★★★
佐々木
ノンアロマティックなシャルドネ種メインにブレンドすることで、両品種が相互に補い合い、バランス取れた味わいが実現しています。

6位

アンティノリ サン・ジョヴァンニ・デラ・サラ


イタリア、ウンブリア州を産地とするヴィオニエワイン。

メーカーはアンティノリで、1940年からカステッロ・デラ・サラのワイン造りに参加しています。

白ワインをメインに高品質なワインを提供していることが特徴。

固有品種のグレケットとプロカニコを軸に、ヴィオニエとピノ・ビアンコをブレンドしたバランスの良い一本です。

ウンブリア州は「緑の心臓」とも言われるほど自然豊かな産地であるため、造られるワインも豊かさが魅力。

エレガンスな酸味とミネラル感溢れる味わいが特徴で、和食との相性抜群です。

またアンティノリについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

>>【ソムリエ監修】アンティノリの人気おすすめワイン20選!特徴も解説

産地
ウンブリア州

 

香りモモ、レモン
酸味★★★☆☆
ボディ★★★★☆
佐々木
ピノ・ビアンコは比較的シャルドネと特徴が似てノンアロマティックなため、ヴィオニエとのアロマの均整が取られた仕上がりとなっています。

5位

カレラ ヴィオニエ セントラル コースト

詳細情報
味わい:辛口
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種:ヴィオニエ

8か月樽熟成のヴィオニエ

カレラは、「カリフォルニアのロマネ・コンティ」と言われるほどピノ・ノワールワインの評価が高い生産者であり、ヴィオニエの名手でもあります。

このワインはカリフォルニア、セントラル・コーストの契約畑のぶどうをブレンドして造られました。

ジャスミンの花の香り、マンゴーの果実味、8か月の樽熟成による深みが重なって、長い余韻を楽しめます。

スモークサーモンのマリネなどと相性が良いです。

産地
カリフォルニア

 

香りアプリコット、果樹の花
酸味★★★☆☆
ボディ★★★★★
佐々木
カリフォルニアの豊富な日照と冷涼な海風によって生まれたヴィオニエのポテンシャルの高さがうかがえる一本です。

4位

ヤルンバ エデン ヴァレー ヴィオニエ

詳細情報
度数:13.5 %
産地:オーストラリア
品種:ヴィオニエ

キンモクセイの香り

予算2,000円の3位で紹介したオーストラリアの生産者ヤルンバのワインの上位品。

こちらはエデン・ヴァレーという産地で造られています。

エデン・ヴァレーは標高が高く冷涼なため、より香りがしっかりとしたワインができます。

このワインにはキンモクセイの香り、完熟メロンの風味があります。

キンモクセイの香る季節にお楽しみください。

産地
オーストラリア

 

香りモモ、ジャスミン
酸味★★★☆☆
ボディ★★★★☆
佐々木
果実味だけではなく、ジャスミンや金木犀といったフローラルな要素も強く感じられます。

3位

ワイルドホース セントラル コースト ヴィオニエ

詳細情報
度数:15 %
味わい:辛口
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種:ヴィオニエ

力強いヴィオニエ

ワイルドホースは世界のワイン専門誌で高評価を得ている生産者。

ぶどうは3つの地区のものをすべて手摘みで収穫し、樽熟成をさせています。

オレンジの花や桃の風味がするワインです。アルコール度15%とかなり高いため、力強さを感じます。

力強い白ワインをお好きな方へのプレゼントにどうぞ。

産地
カリフォルニア

 

香りアプリコット、柑橘類
酸味★★☆☆☆
ボディ★★★★★
佐々木
アルコール感によって飲みづらさを感じる方は、少し冷やした状態からいただくとボリュームが緩和されて飲みやすくなりますので、ぜひお試しください。

2位

イーグルス・ネスト ヴィオニエ

詳細情報
度数:14 %
味わい:辛口
産地: 南アフリカ、W.O.コンスタンシア
品種:ヴィオニエ

ピュアな味わい

このワイナリーは設立約30年の比較的新しいワイナリーですが、国際的なコンクールでの受賞経験がすでに多数あります。

このワイナリーは自然環境保護に積極的です。ラベルのワシは、ワイナリーがワシの保全活動をおこなっていることを表しています。

畑仕事はすべて人力でおこなっています。ぶどうはすべて丁寧に手摘みされます。

自然と共存するひたむきな生産者の造るワインは、梨やライチの風味がある、ピュアで繊細な味わいです。

リフレッシュしたい気分の時におすすめです。

産地
南アフリカ、W.O.コンスタンシア

 

香りオレンジの花、桃
酸味★★★☆☆
ボディ★★★★☆
佐々木
果実味、酸味、アルコール感、全てのバランスが秀逸。親しみやすく飲み飽きない、バランスのいいワインです。

1位

ドメーヌ ジョルジュ ヴェルネ ヴィオニエ ル ピエ ド サンソン

詳細情報
産地:フランス、ヴァン ド ペイ デ コ-ト ロダニエンヌ
品種:ヴィオニエ

コンドリューの伝説的生産者

ドメーヌ ジョルジュ ヴェルネイは家族経営のドメーヌです。

自分たちのワイナリーだけでなく、コンドリューの品質保護に貢献してきたワイナリーです。

収穫は手摘みで、除草剤や殺虫剤は使っていません。

桃やライチの風味がする、繊細でエレガントなワインです。

エレガントな方へのプレゼントにどうぞ。

産地
フランス、ヴァン ド ペイ デ コ-ト ロダニエンヌ

 

香り白薔薇、桃
酸味★★★☆☆
ボディ★★★★☆
佐々木
各国のヴィオニエワインを飲んだ最後に手に取っていただきたい一本。香り、風味、余韻まで、どれをとってもエレガントで上質な仕上がりに格の違いがうかがえます。

2,000円~5,000円のヴィオニエ比較表

商品画像ドメーヌ ジョルジュ ヴェルネ ヴィオニエ ル ピエ ド サンソンイーグルス・ネスト ヴィオニエワイルドホース セントラル コースト ヴィオニエヤルンバ エデン ヴァレー ヴィオニエカレラ ヴィオニエ セントラル コーストアンティノリ サン・ジョヴァンニ・デラ・サラダークホース シャルドネ
商品名ドメーヌ ジョルジュ ヴェルネ ヴィオニエ ル ピエ ド サンソンイーグルス・ネスト ヴィオニエワイルドホース セントラル コースト ヴィオニエヤルンバ エデン ヴァレー ヴィオニエカレラ ヴィオニエ セントラル コーストアンティノリ サン・ジョヴァンニ・デラ・サラダークホース シャルドネ
詳細産地:フランス、ヴァン ド ペイ デ コ-ト ロダニエンヌ
品種:ヴィオニエ
度数:14 %
味わい:辛口
産地: 南アフリカ、W.O.コンスタンシア
品種:ヴィオニエ
度数:15 %
味わい:辛口
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種:ヴィオニエ
度数:13.5 %
産地:オーストラリア
品種:ヴィオニエ
味わい:辛口
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種:ヴィオニエ
度数:13%
産地:‎ウンブリア
度数:13.5%
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ヴィオニエの美味しい飲み方

ヴィオニエの白ワインと相性の良いおすすめ料理

ここからはヴィオニエの白ワインの美味しい飲み方について紹介していきます。

今回はワイングラス・保存温度・相性の良い料理の3つのポイントを解説します。

ではそれぞれ見ていきましょう。

ワイングラスは万能型がおすすめ

ヴィオニエのワインを飲むときは、万能型のワイングラスを使うことがおすすめです。

万能型のワイングラスは、どのようなワインでも楽しむことができるため、ヴィオニエの爽やかかつ、まろやかな味わいを楽しめます。

また香りを強く感じたい方に、ボウルが大きて強い丸みを帯びているモンフラッシュ型も良いでしょう。

ただ迷ったら万能型グラスを用意しておけばヴィオニエは存分に味わえるので、心配いりません。

またワイングラスについて詳しく知りたい方は、ぜひこちらも参考にしてください。

>>【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

保存温度は8~12℃前後に

ヴィオニエワインの保存温度は8~12℃前後を目安にすることがおすすめです。

白ワインは4~12℃前後の保存により魅力が引き出されますが、辛口が多いヴィオニエの場合は8~12℃が良いでしょう。

ただ、キリっとした味わいを楽しみたい場合は、もう少しだけ冷やすことでクールな味わいへと変化します。

しかし、家の冷蔵庫だけで保存温度を8~12℃前後に保つことは難しいため、ワインセラーを使用することがおすすめです。

ワインセラーならどのようなワインでも適切に保存ができ、他の赤ワインなどの保存にも利用できます。

家庭用のワインセラーについてはコチラを参考にしてみてください。

>>【ソムリエセレクト】おすすめワインセラー17選!家庭用にはコレ!

ヴィオニエと相性の良い料理

ここではヴィオニエと相性の良い料理を紹介していきます。

基本的には白ワインのため、どのような食事にも合わせやすいです。

特におすすめな料理は以下の通り。

 

ヴィオニエのおすすめ選び方
・シチュー
・チーズ
・和食
・寿司
・スモークサーモンのマリネ
ヴィオニエのワインはまろやかで滑らかさが魅力のため、クリーミーな味わいのシチューやチーズと合わせることで口の中に幸せが広がります。
また和食や寿司などと合わせれば、爽やかで繊細な感覚を楽しめます。
ぜひ自分だけのマリアージュを見つけてください。

ヴィオニエを楽しみつくそう!

ヴィオニエを楽しみつくそう

ヴィオニエは香りの豊かな品種のため、飲んでいてとても優雅な気分になります。

ただし、アルコール度は少々高めなので、ご注意ください。

ぜひ上記の記事を参考に、お好みのヴィオニエをお選びください。

また他の白ワイン品種も知りたい方はこちらをどうぞ。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

日本初の世界品種 「甲州」とは?特徴からおすすめ白ワイン15選を紹介

甲州は日本の独自の国際品種として始めて世界に認められたブドウ品種です。 その繊細で穏やかな味わいはこれまで

【ソムリエ監修】フルミントとは?特徴からおすすめのワイン10選を紹介!

フルミントは、世界三大貴腐ワインであるハンガリーのトカイワインの原料として有名です。 高級なデザートワインから

【ソムリエ監修】シルヴァネールはどんな品種?特徴からおすすめのワイン10選を紹介!

フランス・アルザスやドイツ・フランケンの白ワインがお好きな方は、シルヴァネールのワインを飲んだことがある人が多い

【ソムリエ監修】ソーヴィニヨン・ブランとは?人気おすすめ18選も紹介

酸味がフレッシュで、爽やかなソーヴィニヨン・ブラン! 世界各地で栽培されている人気の白ブドウです。

【ソムリエ監修】リースリングとは?おすすめ15選や特徴を解説!

みなさんはリースリングをご存知でしょうか? ドイツをはじめ、世界各地で栽培されている白ワイン品種です。

【ソムリエ監修】ガルガーネガはどんな品種?特徴からおすすめのワイン10選を紹介

ガルガーネガは、主にイタリアのヴェネト州で栽培されている品種です。「ソアーヴェ」というDOC(原産地呼称)を名乗

【ソムリエ監修】パロミノの特徴からおすすめのワイン10選を紹介!

酒精強化ワイン・シェリーの品種として有名なパロミノ。 今回は、そんなパロミノの特徴から、おすすめのワインま

シュナン・ブランはどんな品種?特徴から、おすすめワイン15選までご紹介!

辛口から甘口まで種類豊富なシュナン・ブラン。 今回はシュナン・ブランの特徴から、おすすめのワインをご紹介し

ゲヴュルツトラミネールとは?特徴からおすすめのワイン10選までソムリエが解説

比較的にお手頃なものが多いゲヴュルツトラミネールの白ワイン。一度は飲んだことがあるかと思います。 ただ、品

【ソムリエ監修】コルテーゼはどんな品種?特徴とおすすめのワイン10選を紹介!

イタリアを代表する白ワイン「ガヴィ」の主要品種として有名なコルテーゼ。 その特徴やガヴィ以外にどんなワイン

白ワインの選び方

特集記事

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

【2022年版】人気おすすめ焼酎26選!種類から選び方まで徹底解説

TOP