【ソムリエ監修】豊かなアロマ!ヴィオニエの特徴、おすすめ白ワイン15選を紹介

2019/03/20
おすすめ白ワイン

「ヴィオニエ」という品種をご存知ですか。シャルドネやソーヴィニヨン・ブランほどメジャーではありませんが、世界的に栽培されている香りの華やかな白ぶどう品種です。

この記事では、ヴィオニエの特徴や選び方、おすすめのヴィオニエについて紹介していきます。

記事の監修者

林 英公子

日本ソムリエ協会認定ソムリエ

ワインテクニカル監修。 なぜか宅建資格もあり。 CF制作会社・情報出版・IT企業に勤務後、 長らく印刷媒体制作ディレクター。 Uターン後は、ちょっといいピノ・ノワールを飲みながら 大音量で好きな音楽を聴ければ、ほどほどに幸せ。 真昼っから数十本のワインをテイスティングする修羅場も経験。

ヴィオニエとは?

ヴィオニエの原産地と生産量

ヴィオニエ(Viognier)は白ワインのブドウ品種です。一時期は絶滅寸前でしたが、近年注目されるようになり、各地で栽培が盛んです。

原産地と主要産地

原産地は、フランスのコート・デュ・ローヌです。主要産地は原産地であるコート・デュ・ローヌ、アメリカ、オーストラリアです。

ヴィオニエの特徴

ブドウの特徴

果粒は小さく、房を小さめです。

色は明るい黄緑色のものから濃いものまで様々です。酸性の土壌を好み、栽培は難しいと言われています。

 

ワインの特徴

豊かなアロマ、度数と果実味は強く、酸味は少ない

白い花の洗練された香り、豊かなアロマがワインの特徴です。アルコールと果実味が強いため、フルボディの味わいになります。酸味は少なく、柔らかいので、全体的に丸い印象のワインになります。

 

ブレンド品種として赤ワインに使われることも

ヴィオニエは白ブドウですが、カリフォルニア、オーストラリアなど地域によっては、シラー(シラーズ)とブレンドし、赤ワインを造ることもあります。

ヴィオニエの白ワインの選び方

ヴィオニエは産地や価格帯によって味わいの特徴が異なります。

産地で選ぶ

ヴィオニエは果実が完熟しないと、特徴である華やかな香りが現れてきません。そのため、ヴィオニエの栽培には温暖な地域が適しています。

ヴィオニエの代表的な産地を見ていきましょう。

アプリコットの果実味と酸味 フランス、コート・デュ・ローヌ北部

フランスのコード・デュ・ローヌ地方北部は、ヴィオニエの最も代表的な産地です。コート・デュ・ローヌ地方北部は夏暑く、冬は寒冷な大陸性気候です。

コード・デュ・ローヌ地方北部のヴィオニエは、アプリコットの果実味と酸味があります。

特にコンドリューいう地区のヴィオニエが高品質です。コンドリューのワインはヴィオニエ100%のものしか認められていません。コンドリューのヴィオニエは日当たりのよい斜面にあるぶどう畑から収穫されます。

また、コート・デュ・ローヌ北部では赤ワインはシラーのみが認められていますが、渋みを和らげるために白ぶどうを混ぜることが許可されています。ヴィオニエも渋みを和らげる目的でシラーにブレンドされる地区があります。

コート・デュ・ローヌ地方のヴィオニエは他の産地のものと比べ、澄んだ色をしています。アプリコットのような果実味と酸味があります。

 

完熟した桃の風味 フランス、ラングドック地方

コート・デュ・ローヌ地方の南にあるラングドック地方でも、ヴィオニエが栽培されています。

白ぶどう品種のマルサンヌやルーサンヌとブレンドされることが多いです。

ラングドック地方のヴィオニエは、コート・デュ・ローヌのものより手頃な価格のものが多いです。

この地方のヴィオニエは日照量の多さから、完熟した桃のような味わいが強くなります。

 

アルコール度の高い アメリカ、カリフォルニア州

カリフォルニアでもセントラル・コーストなどの地区で、ローヌ地方の赤ワインや白ワインが造られていて、ヴィオニエも造られています。

カリフォルニアのヴィオニエはアルコール度が特に高く(14.5%、15%など)力強いです。

 

その他に、オーストラリア、南アフリカ、チリなどでもヴィオニエのワインが造られています。

価格で選ぶ

ヴィオニエは手頃なものなら1,000円程度で購入できます。

1,000円前後のものは、味わいがシンプルなものが多いです。

3,000円以上するワインは、コンドリューなどの有名な地区のものであったり、手摘み収穫、樽熟成などの手間がかかっていることが多いです。こちらはより複雑な味わいです。

普段の食事に合わせるなら1,000円前後、ちょっとしたプレゼントや自分へのごほうびなら3,000円以上の商品から選んでみると良いでしょう。

ヴィオニエのおすすめ白ワイン10選

デイリーワインにおすすめ!予算2,000円

5位

フェアヴュー ゴーツ・ドゥ・ローム

1,390円 (税込)

詳細情報
度数:13.5 %
味わい:辛口
産地:南アフリカ、パール
品種:ヴィオニエ68%、ルーサンヌ17%、グルナッシュ・ブラン15%

南アの遊び心あふれるワイン

フェアビューは南アフリカを代表する生産者。商品名の「ゴーツ・ドゥ・ローム」は、ヴィオニエの代表産地「コート・デュ・ローヌ」をもじった言葉で「さまようヤギ」という意味。

ぶどう栽培には自然派農法の一つ「サステイナブル農法」を採用しています。

このワインは、洋ナシやココナッツのような風味とスッキリした酸が感じられます。ココナッツカレーなどと相性が良いです。

 

4位

デリカート ファミリー ヴィンヤーズ ナーリー ヘッド ヴィオニエ

1,580円 (税込)

詳細情報
味わい:辛口
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種:ヴィオニエ

カリフォルニア優良生産者

生産者はこれまでアメリカの優良生産者の賞を何度も受賞しています。自然派農法のひとつ、サステイナブル農法を導入してぶどう栽培をおこなっています。

このワインは桃やオレンジの花の香りがしてとてもフルーティです。

エビのチリソースなどと合わせるとおいしいです。

 

 

3位

ヤルンバ ワイ シリーズ ヴィオニエ

2,217円 (税込)

詳細情報
度数:14 %
味わい:辛口
産地:オーストラリア
品種:ヴィオニエ

スパイシーで力強いワイン

生産者は160年の歴史を持つオーストラリアで最古の家族経営のワイナリー。「ヤルンバ」とはオーストラリアの先住民の言葉で「すべての土地」という意味です。

パイナップルやショウガの風味がするとてもボディのあるワインです。

酢豚などと合わせてお楽しみください。

>>ヤルンバのワインをもっと見る

 

2位

コート・デュ・ローヌ ブラン

1,717円 (税込)

詳細情報
度数:13.5 %
味わい:辛口
産地:フランス ローヌ
品種:ヴィオニエ55%、ルサンヌ20%、クレーレット10%、マルサンヌ10%

ローヌの盟主

Eギガルはコート・デュ・ローヌを代表するワイナリー。でも、とてもコストパフォーマンスの良いワインを造っています。

このワインはクリアなレモンイエローをしていて、アプリコットの風味と白い花の香りがする、ローヌのヴィオニエのお手本のようなワインです。

クリームシチューなどと合わせるとおいしいです。

 

1位

ミシェル・ガシェ ヴィオニエ・ヴァン・ド・フランス

2,512円 (税込)

詳細情報
味わい:辛口
産地:フランス ラングドック
品種:ヴィオニエ100%

まるで濃厚な桃ジャム

このワインは、雑誌『ワイン王国』で「超特選ベストワイン」に選ばれました。ワインのぶどうは、除草剤や化学肥料を一切使わずに造られています。

まるで桃のジャムのような濃厚な味わいと華やかな香りが楽しめます。

クリーミーなチーズなどと相性が良いです。

2,000円以下のヴィオニエ比較表

商品画像ミシェル・ガシェ ヴィオニエ・ヴァン・ド・フランスコート・デュ・ローヌ ブランヤルンバ ワイ シリーズ ヴィオニエデリカート ファミリー ヴィンヤーズ ナーリー ヘッド ヴィオニエフェアヴュー ゴーツ・ドゥ・ローム
商品名ミシェル・ガシェ ヴィオニエ・ヴァン・ド・フランスコート・デュ・ローヌ ブランヤルンバ ワイ シリーズ ヴィオニエデリカート ファミリー ヴィンヤーズ ナーリー ヘッド ヴィオニエフェアヴュー ゴーツ・ドゥ・ローム
価格2,512円(税込)1,717円(税込)2,217円(税込)1,580円(税込)1,390円(税込)
詳細味わい:辛口
産地:フランス ラングドック
品種:ヴィオニエ100%
度数:13.5 %
味わい:辛口
産地:フランス ローヌ
品種:ヴィオニエ55%、ルサンヌ20%、クレーレット10%、マルサンヌ10%
度数:14 %
味わい:辛口
産地:オーストラリア
品種:ヴィオニエ
味わい:辛口
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種:ヴィオニエ
度数:13.5 %
味わい:辛口
産地:南アフリカ、パール
品種:ヴィオニエ68%、ルーサンヌ17%、グルナッシュ・ブラン15%
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

プレゼントや来客用に!2,000円~5,000円

5位

カレラ ヴィオニエ セントラル コースト

4,104円 (税込)

詳細情報
味わい:辛口
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種:ヴィオニエ

8か月樽熟成のヴィオニエ

カレラは、「カリフォルニアのロマネ・コンティ」と言われるほどピノ・ノワールワインの評価が高い生産者。でもヴィオニエの名手でもあります。

このワインはカリフォルニア、セントラル・コーストの契約畑のぶどうをブレンドして造られました。ジャスミンの花の香り、マンゴーの果実味、8か月の樽熟成による深みが重なって、長い余韻を楽しめます。

スモークサーモンのマリネなどと相性が良いです。

 

4位

ヤルンバ エデン ヴァレー ヴィオニエ

2,980円 (税込)

詳細情報
度数:13.5 %
産地:オーストラリア
品種:ヴィオニエ

キンモクセイの香り

予算2,000円の3位で紹介したオーストラリアの生産者ヤルンバのワインの上位品。こちらはエデン・ヴァレーという産地で造られています。エデン・ヴァレーは標高が高く冷涼なため、より香りがしっかりとしたワインができます。

このワインにはキンモクセイの香り、完熟メロンの風味があります。

キンモクセイの香る季節にお楽しみください。

 

3位

ワイルドホース セントラル コースト ヴィオニエ

2,701円 (税込)

詳細情報
度数:15 %
味わい:辛口
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種:ヴィオニエ

力強いヴィオニエ

ワイルドホースは世界のワイン専門誌で高評価を得ている生産者。

ぶどうは3つの地区のものをすべて手摘みで収穫し、樽熟成をさせています。

オレンジの花や桃の風味がするワインです。アルコール度15%とかなり高いため、力強さを感じます。

力強い白ワインをお好きな方へのプレゼントにどうぞ。

 

2位

イーグルス・ネスト ヴィオニエ

3,135円 (税込)

詳細情報
度数:14 %
味わい:辛口
産地: 南アフリカ、W.O.コンスタンシア
品種:ヴィオニエ

ピュアな味わい

このワイナリーは設立約30年の比較的新しいワイナリーですが、国際的なコンクールでの受賞経験がすでに多数あります。

このワイナリーは自然環境保護に積極的です。ラベルのワシは、ワイナリーがワシの保全活動をおこなっていることを表しています。

畑仕事はすべて人力でおこなっています。ぶどうはすべて丁寧に手摘みされます。

自然と共存するひたむきな生産者の造るワインは、梨やライチの風味がある、ピュアで繊細な味わいです。

リフレッシュしたい気分の時におすすめです。

 

1位

ドメーヌ ジョルジュ ヴェルネ ヴィオニエ ル ピエ ド サンソン

4,233円 (税込)

詳細情報
産地:フランス、ヴァン ド ペイ デ コ-ト ロダニエンヌ
品種:ヴィオニエ

コンドリューの伝説的生産者

ドメーヌ ジョルジュ ヴェルネイは家族経営のドメーヌです。自分たちのワイナリーだけでなく、コンドリューの品質保護に貢献してきたワイナリーです。

収穫は手摘みで、除草剤や殺虫剤は使っていません。

桃やライチの風味がする、繊細でエレガントなワインです。

エレガントな方へのプレゼントにどうぞ。

2,000円~5,000円のヴィオニエ比較表

商品画像ドメーヌ ジョルジュ ヴェルネ ヴィオニエ ル ピエ ド サンソンイーグルス・ネスト ヴィオニエワイルドホース セントラル コースト ヴィオニエヤルンバ エデン ヴァレー ヴィオニエカレラ ヴィオニエ セントラル コースト
商品名ドメーヌ ジョルジュ ヴェルネ ヴィオニエ ル ピエ ド サンソンイーグルス・ネスト ヴィオニエワイルドホース セントラル コースト ヴィオニエヤルンバ エデン ヴァレー ヴィオニエカレラ ヴィオニエ セントラル コースト
価格4,233円(税込)3,135円(税込)2,701円(税込)2,980円(税込)4,104円(税込)
詳細産地:フランス、ヴァン ド ペイ デ コ-ト ロダニエンヌ
品種:ヴィオニエ
度数:14 %
味わい:辛口
産地: 南アフリカ、W.O.コンスタンシア
品種:ヴィオニエ
度数:15 %
味わい:辛口
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種:ヴィオニエ
度数:13.5 %
産地:オーストラリア
品種:ヴィオニエ
味わい:辛口
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種:ヴィオニエ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ヴィオニエまとめ

ヴィオニエは香りの豊かな品種のため、飲んでいてとても優雅な気分になります。ただし、アルコール度は少々高めなので、ご注意ください。

ぜひ上記の記事を参考に、お好みのヴィオニエをお選びください。お読みいただき、ありがとうございました。

他の白ワイン品種も知りたい方はこちらをどうぞ。

>>白ワインの品種一覧

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】白ワインの女王!シャルドネの特徴、おすすめの白ワイン10選を紹介

白ワインで最も人気の品種、シャルドネ。 世界中で栽培され、同じシャルドネでも、産地・生産者によってさまざまな味わい

【ソムリエ監修】コルテーゼはどんな品種?特徴とおすすめ白ワイン10選を紹介!

イタリアを代表する白ワイン「ガヴィ」の主要品種として有名なコルテーゼ。 その特徴やガヴィ以外にどんなワインがあるの

【ソムリエ監修】ガルガーネガはどんな品種?特徴からおすすめの白ワイン10選を紹介

ガルガーネガは、主にイタリアのヴェネト州で栽培されている品種です。「ソアーヴェ」というDOC(原産地呼称)を名乗る白

【ソムリエ監修】国内初の世界品種! 「甲州」の特徴とおすすめ白ワイン15選を紹介

甲州は日本の独自の品種として、世界に認められました。 ただ、まだまだ甲州について知らない方も多いのではないでしょう

【ソムリエ監修】新世界で注目!ソーヴィニヨン・ブランの特徴とおすすめの白ワイン15選を紹介

人は誰でも、体が疲れて少し食欲がないときがあります。そんなときに飲みたいワインが、さわやかな味わいのソーヴィニヨン・

【ソムリエ監修】グリューナー・フェルトリーナーとは?特徴からおすすめの白ワイン10選を紹介

グリューナー・フェルトリーナーのワインといえば、様々な用途や料理に使える汎用性の高さから今最も注目を集めているワインの

【ソムリエ監修】ピノ・グリの特徴からのおすすめ白ワイン10選をご紹介!

ピノ・グリはフランス・アルザス地方の高貴品種として知られています。多くのワイナリーがピノ・グリの魅力を活かしつつ、そ

【ワインエキスパート解説】トレッビアーノの特徴からおすすめの白ワイン10選を紹介!

トレッビアーノはイタリアで最も広く栽培されている、デイリーワインの代表的ぶどう種です。 トレッビアーノの白ワインと

【ソムリエ監修】パロミノの特徴からおすすめのワイン10選を紹介!

酒精強化ワイン・シェリーの品種として有名なパロミノ。 今回は、そんなパロミノの特徴から、おすすめのワインまでご紹介

【ソムリエ監修】セミヨンとは?特徴からのおすすめの白ワイン10選を紹介

ボルドーの白ワインでおなじみのセミヨン。スッキリした味わいの爽やかな辛口ワインを作り出す品種です。そんなセミヨンは世

白ワインの選び方


特集記事

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

【ソムリエ厳選】ピザに合うおすすめワイン20選!種類ごとに紹介

【ソムリエ厳選】お肉に相性ぴったりのおすすめワイン9選!選び方のコツも解説

TOP