【ソムリエ厳選】イタリアのおすすめ赤ワイン20選!特徴、種類、選び方のコツまで解説

2019/02/18
イタリア

イタリアは、近年フランスを抑えて、ワイン生産量世界一!

そんなイタリアの魅力は豊富なワインの種類ですが、どれば選らば良いか迷ってしますね。

今回は、ソムリエがイタリアの赤ワインの特徴、種類、おすすめの赤ワイン20選をご紹介します。

記事の監修者

市川 かおり

日本ソムリエ協会認定 ソムリエ

都内のホテル、イタリアンレストランのサービスを経てソムリエ資格を取得。その後ワイン会社の営業として様々なワインと関わってきました。 今は子育てしながら自宅でピアノ教室を開いています。

イタリアの赤ワインの特徴

全土でワインを生産

イタリアは、ワイン大国フランスよりも温暖で日照量にも恵まれており、20州全てでワインを生産しています。

イタリアには土着品種と呼ばれるその土地独自の品種が多く、それぞれの土地に根付いた個性豊かなワインが多く造られています。

 

食事に欠かせない!リーズナブルなアイテムが多い

イタリアにおいて、ワインは食事の一部として昔から親しまれてきました。各地の伝統的な料理に合わせて、多彩な味わいで気軽に愉しめるワインが多く造られています。

イタリアではワインがお水のように身近な存在で、コストパフォーマンスに優れたアイテムが非常に多いのも魅力です。

 

イタリアの赤ワインの種類と選び方

品種で選ぶ

サンジョベーゼ

wine-berries-694184_640

サンジョヴェーゼはトスカーナ州原産の黒ブドウ品種です。

ソルダムやブラックベリー、ブラックチェリーなどの香りが出やすく、パワフルな酸にしっかりとしたタンニンがあります。

熟成により酸味が穏やかになり、豊かな果実香とボリューム感が増す素晴らしいワインへと変化します。

 

ネッビオーロ

ネッビオーロは伊北部、ピエモンテ州の土着品種です。

スミレやトリュフ、プラム、ラズベリーなど豊かな香りが特徴で、ブルゴーニュのピノノワールと類似しますが、栽培は大変難しいブドウです。

基本的に単一で使われる品種で非常に強い酸とタンニンがあります。

飲み頃を迎えるまで10年かそれ以上の長期熟成が必要ですが、熟成を経たネッビオーロは高貴な味わいが口いっぱに広がる妖艶な高級ワインに変化します。

 

モンテプルチアーノ

モンテプルチアーノはアブルッツォ州と、そのほか中南部の州を中心に栽培されている土着品種です。

メルローに似たベリー系の果実味が特徴です。はっきりした酸と豊かな果実味が特徴で、程よいタンニンと軽やかな口当たりで飲みやすいタイプです。

 

アリアニコ

アリアニコは伊南部、カンパーニャ州やバジリカータ州を代表する土着品種です。

しっかりとしたタンニンと強い酸のある非常にパワフルなワインに仕上がります。力強い果実味もありチョコレートのような甘みをも感じます。

長期熟成により、落ち着いた酸に上品で奥行きのある味わいに変化していきます。

アリアニコ主体で一番有名なワインはタウラージです。

 

有名な銘柄から選ぶ

キャンティ

イタリアの赤と言えばキャンティと言われる程、日本でも人気が定着したトスカーナのワインです。

サンジョベーゼ主体(70%以上)で、チェリー系の果実味に程よい酸味とタンニンを持ち併せた比較的フルーティな味わいです。

サンジョベーゼを80%使用した格上のキャンティクラシコもあります。

 

ブルネロ ディ・モンタルチーノ

バローロ、バルバレスコと並んで「イタリアの三大赤ワイン」の一つです。

大変偉大なワインとして世界的に高い評価を受けています。繊細で貫禄のある香りと才気溢れる果実味が特徴です。

 

アマローネ

陰干ししたブドウから造られる伝統的な高級ワインです。

ヴェネト州の限られた造り手だけが造る、生産量の少ない非常に手間暇のかかったワインです。

凝縮感のある芳醇な果実味と力強い骨格濃厚な味わいが特徴で、ほろ苦さの奥にほんわか甘いニュアンスを感じる辛口ワインです。

 

バローロ

ピエモンテ州のバローロは、王のワイン・ワインの王として讃えられるイタリアで最も偉大で有名なワインです。

ネッビオーロ100%で作られます。

多彩なアロマに豊かな果実味とパワフルな酸が特徴ですが、数多くの造り手がおりワインのスタイルや味わいは様々です。

大きく分けると下記の2種に分類されます。

  • クラシカルスタイル:タンニンも酸も非常に力強く、長期熟成により開花する
  • モダンスタイル:そこまで長期間熟成を待たずに凝縮した果実味を愉しめる

※ その中間もあり

王のワインに対し、女王のワインと称されるのが同じピエモンテのバルバレスコです。

 

価格で選ぶ

イタリアワインは種類も多彩で価格の幅も非常に大きいです。

コストパフォーマンスに優れたアイテムも多いので、手頃なデイリーワイン用なら1,000円台で購入出来ます。モンテプルチアーノ ダブルッツォも探せる範囲です。

2,000円以上出す事で、カジュアルながら満足度の高いアイテムを購入出来ます。キャンティ、ヴァルポリチェッラなどがこの価格帯で、そのほかでもかなり多くの選択肢があります。

イタリアにも高級ワインと呼ばれる素晴らしいアイテムが多くあり、造り手によっては数万円以上のワインもあります。

イタリアのおすすめ赤ワイン20選

普段使いにおすすめ!予算2000円

5位

プリモ ロッソ ヴェネト

詳細情報
フルボディ
産地:ヴェネト
品種:コルヴィーナ50%、ロンディネッラ20%、カベルネ・ソーヴィニヨン15%、メルロ15%

個性的かつコスパ抜群のワイン
プリモ ロッソ ヴェネトには伝統的な味わいがあると言われ、バランスが良くパワフルなイメージを持ちます。
さらにフルボディで複雑ながらもとてもエレガンスで輝きがあります。
他にも程よい酸がバランスよく感じられ、柔らかく少し感じることができるタンニンが口の中を心地よく感じさせることができる逸品でしょう。

個性的かつ低価格なワインを飲みたい方にはお勧めの一本となっています。

 

4位

アモーレ・エテルノ オーガニック ロッソ

詳細情報
度数:13.5 %
フルボディ
産地:ヴェネト
品種:コルヴィーナ、メルロー、シラー

 

野性味あふれるベリーの香りが特徴的
ハートマークが印象的な赤ワイン。フレッシュな果実味と森の香りや野性味あふれるベリーの香りが特徴です。
さらにはかの有名な「ロミオとジュリエット」で話題となったヴェローナのワインと称されており、このワインを贈ると永遠の愛を感じることができるとも言われています。

恋人に贈る際にはとても素敵な贈り物になること間違いありません。

 

3位

サルトーリ カベルネ・ソーヴィニヨン・オーガニック

詳細情報
ミディアムボディ
産地:ヴェネト
品種:カネルネ・ソーヴィニヨン

ジャパン・ワイン・チャレンジ銀賞を獲得
低価格ながらもジャパン・ワイン・チャレンジ銀賞という肩書をもつ有名な赤ワイン。常に高い品質と生産を繰り返しているテロワール地方で作成しており、安定感のある一本となります。

イタリア政府公認のワインで香りはハーブを思い描かせ、口に含んだ瞬間心地よい余韻が留まること間違いないでしょう。

安定性を求めてイタリアワインを堪能したい方はこのワインにて感じるのが良いでしょう。

 

2位

ファルネーゼ モンテプルチャーノ ダブルッツォ ビオ

詳細情報
度数:13 %
フルボディ
産地:アブルッツォ
品種:モンテプルチャーノ・ダブルッツォ

数々の賞を総なめにした実力派ワイン

3年連続「ルカ マローニ」にて年間最優秀者にて作られた実力ある赤ワインになります。
素朴な味わいを感じさせながらも圧倒的なコストパフォーマンスでその名を広めていきました。数々の賞を総なめにしながらも、価格と質は変わらずで良心的な部分があります。

低価格で最高品質の赤ワインを飲みたい方はぜひご賞味ください。

>>アブルッツォのおすすめ赤ワイン

 

1位

ネグラーレ ロッソ・デル・ヴェネト

詳細情報
度数:11 %
ライトボディ
産地:ヴェネト
品種:コルヴィーナ65%、ロンディネッラ20%、モリナーラ15%

質にこだわりぬいた一本
イタリアの栽培農家のトップクラスの作り手にて作られたワイン。
生産量よりも質にこだわりぬいたという経営方針で、色々な可能性を分析、評価してきて作られた逸品になります。

赤い果実と香りが特徴的で、いきいきとした風味豊かな性質をもっており大変バランスの良い赤ワインになっています。

こだわりぬいた赤ワインを飲みたい方にお勧めしたい一本となっています。

>>ヴェネトのおすすめ赤ワイン

2,000円以下のイタリア赤ワイン比較表

商品画像ネグラーレ ロッソ・デル・ヴェネトファルネーゼ モンテプルチャーノ ダブルッツォ ビオサルトーリ カベルネ・ソーヴィニヨン・オーガニックアモーレ・エテルノ オーガニック ロッソプリモ ロッソ ヴェネト
商品名ネグラーレ ロッソ・デル・ヴェネトファルネーゼ モンテプルチャーノ ダブルッツォ ビオサルトーリ カベルネ・ソーヴィニヨン・オーガニックアモーレ・エテルノ オーガニック ロッソプリモ ロッソ ヴェネト
詳細度数:11 %
ライトボディ
産地:ヴェネト
品種:コルヴィーナ65%、ロンディネッラ20%、モリナーラ15%
度数:13 %
フルボディ
産地:アブルッツォ
品種:モンテプルチャーノ・ダブルッツォ
ミディアムボディ
産地:ヴェネト
品種:カネルネ・ソーヴィニヨン
度数:13.5 %
フルボディ
産地:ヴェネト
品種:コルヴィーナ、メルロー、シラー
フルボディ
産地:ヴェネト
品種:コルヴィーナ50%、ロンディネッラ20%、カベルネ・ソーヴィニヨン15%、メルロ15%
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ちょっとしたご褒美に!2,000円~5,000円

5位

ソプラサッソ アマローネ

詳細情報
度数:15 %
フルボディ
産地:ヴェネト
品種:コルヴィーナ・ヴェロネーゼ100%

エレガントな雰囲気を感じさせる一本
アルコール度数を感じさせないラベルが特徴的な赤ワイン。

なめらかな果実と上品な味わいが特徴的で、柔らかな飲み心地を楽しみつつも濃密なまろやかさが口の中に入れた瞬間にエレガントな雰囲気を感じることができます。

 

4位

ネッビオーロ・ダルバ

詳細情報
度数:13 %
フルボディ
産地:ピエモンテ
品種:ネッビオーロ

評論家も惚れ込むワイン
丸いタンニンが特徴的で柔らかい飲み心地を感じさせてくれる赤ワインになっています。
こだわりを施していき、ワインに甘さを感じさせつつ樽の熟成による風味を感じさせてくれてこのワインに惚れてしまっている評論家の方もとても多いです。

価格以上の味が堪能することができて、菫色の赤色がさらに飲んでいくのを促進させていくように感じてしまいます。

味わいが力強いので、味わいをしっかり感じたいという方にオススメです。

>>ピエモンテのおすすめ赤ワイン

 

3位

ピアッジャ イル・サッソ・カルミニャーノ

詳細情報
フルボディ
産地:トスカーナ
品種:サンジョヴェーゼ70%、メルロー10%、カベルネ・ソーヴィニョン、カベルネ・フラン併せて20

余韻を楽しみたい人に

口の中に余韻を長いこと浸らせたいならこのワイン。
ワインを長いこと口の中で楽しみつつもクリアな果実が特徴的なグリーンペッパーなどのスパイスも感じることができます。

ブラックベリーやカシスなどのフルーツなどの果実味も感じられ、凝縮した香りを堪能することができるます。

 

2位

ビセルノ インソリオ・デル・チンギアーレ

詳細情報
度数:14 %
ミディアムボディ
産地:トスカーナ
品種:シラー カベルネ・ソーヴィニヨン メルロー プティ・ヴェルド

堂々たる存在感を感じさせる個性的なワイン

圧倒的な力強さを感じる個性あふれる逸品。常にワイン誌で高い評価を得ることで有名になってきています。

力強いボディを感じさせ、非常に風味が豊かになっています。

>>トスカーナのおすすめ赤ワイン

 

1位

セミス モンテプルチャーノ ダブルッツォ

詳細情報
度数:14.5 %
フルボディ
産地:アブルッツォ
品種:モンテプルチャーノ(100%)

伝統と革新の融合した新しいワイン
ラベルからして特徴的な部分を見せてくれる赤ワイン。
生産者は、伝統的な味に革新的な味を混ぜていき、新しいワインを作ることに専念されています。

ワイン愛好家にも大変人気です。

 

2,000~5,000円のイタリア赤ワイン比較表

商品画像セミス モンテプルチャーノ ダブルッツォビセルノ インソリオ・デル・チンギアーレピアッジャ イル・サッソ・カルミニャーノネッビオーロ・ダルバソプラサッソ アマローネ
商品名セミス モンテプルチャーノ ダブルッツォビセルノ インソリオ・デル・チンギアーレピアッジャ イル・サッソ・カルミニャーノネッビオーロ・ダルバソプラサッソ アマローネ
詳細度数:14.5 %
フルボディ
産地:アブルッツォ
品種:モンテプルチャーノ(100%)
度数:14 %
ミディアムボディ
産地:トスカーナ
品種:シラー カベルネ・ソーヴィニヨン メルロー プティ・ヴェルド
フルボディ
産地:トスカーナ
品種:サンジョヴェーゼ70%、メルロー10%、カベルネ・ソーヴィニョン、カベルネ・フラン併せて20
度数:13 %
フルボディ
産地:ピエモンテ
品種:ネッビオーロ
度数:15 %
フルボディ
産地:ヴェネト
品種:コルヴィーナ・ヴェロネーゼ100%
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

プレゼントにおすすめ!5,000円~10,000円

5位

タウラージ ラディーチ リゼルヴァ マストロベラルディーノ


料理との相性抜群

バランスがよくてエレガントな味わいを感じるならこのワイン。

 

4位

リジーニ ブルネッロ ディ モンタルチーノ

詳細情報
フルボディ
産地:トスカーナ
品種:サンジョヴェーゼ 100%

「最も幸運な場所」作られたブドウのワイン

最も価値ある畑のひとつで作られたワイン、として称されています。イチジク、カシスの果実の香りに加えてミルキーかつカカオの風味を感じさせてくれます。
他にも果実のうまみが口に入れた瞬間一気に広がっていき程よい酸を感じます。

ふくよかでゆっくりと味が広がっていくのを堪能してみたい人には一度飲んでいただきたい一本です。

 

3位

ラ・フーガ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ

詳細情報
フルボディ
産地:トスカーナ
品種:サンジョヴェーゼ

「イタリアワインの女王」と称される一本
イタリア三大銘酒として称されている最も高品質で高貴な存在としてその名を広めていったワインになります。

味わいは「イタリアワインの女王」と言われており、高貴な味わいと香り、澄んだ果実味を感じることができます。
深みのある紫がかった色調が特徴的で、強い風味を感じることも出来ます。

 

2位

フォンタナフレッダ バローロ・セッラルンガ・ダルバ

詳細情報
度数:14 %
フルボディ
産地:ピエモンテ
品種:ネッビオーロ

歴史深い伝統的な「王のワイン」
伝統を大切にしながら輝きのあるガーネット色が大変目立つものとなっています。さらにはボディが豊かでなめらかな味わい、複雑な香りを演出する逸品になります。

イタリア以外でも高い評価を得ています。

 

1位

マニンコール マソン ディ マソン

詳細情報
度数:13.5 %
ミディアムボディ
産地:トレンティーノ・アルト・アディジェ州
品種:ピノネーロ100%

贈り物にも最適な一本

生産者の想いとして、心から想いのこもった真摯な態度をワインで表現しようという想いが募っています。

複雑で深みのあるこのワインは、熟した果実の風味を感じることがありながらもスパイシーな香りを堪能することも出来ます。

>>トレンティーノ・アルト・アディジェのおすすめ赤ワイン

 

5,000〜10,000円のイタリア赤ワイン比較表

商品画像マニンコール マソン ディ マソンフォンタナフレッダ バローロ・セッラルンガ・ダルバ ラ・フーガ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノリジーニ ブルネッロ ディ モンタルチーノタウラージ ラディーチ リゼルヴァ マストロベラルディーノ
商品名マニンコール マソン ディ マソンフォンタナフレッダ バローロ・セッラルンガ・ダルバラ・フーガ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノリジーニ ブルネッロ ディ モンタルチーノタウラージ ラディーチ リゼルヴァ マストロベラルディーノ
詳細度数:13.5 %
ミディアムボディ
産地:トレンティーノ・アルト・アディジェ州
品種:ピノネーロ100%
度数:14 %
フルボディ
産地:ピエモンテ
品種:ネッビオーロ
フルボディ
産地:トスカーナ
品種:サンジョヴェーゼ
フルボディ
産地:トスカーナ
品種:サンジョヴェーゼ 100%
フルボディ
産地:カンパーニア
品種:アリアニコ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

特別な日に憧れの一品!10,000円以上

5位

ルーチェ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ

詳細情報
フルボディ
産地:トスカーナ
品種:サンジョヴェーゼ

驚くほどの力強さと複雑な味わい
サンジョベーゼの凝縮感がとても特徴的なワインになります。ブドウに驚くほどの力強さを感じて、アロマの複雑な味を長く口の中で堪能することができます。

ブドウ本来の味を楽しみたくてエレガントな気分を味わいたいならこのワイン以外はないでしょう。

 

4位

テヌータ・サン・グイド サッシカイア

詳細情報
フルボディ
産地:トスカーナ
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン

地元イタリアで愛される「イタリアワインの至宝」
長期保存可能で20年間地元イタリアにて愛されているワイン。
スーパータスカンの最高峰と言われており、「イタリアワインの至宝」と言われても間違いはないでしょう。

バランスよく酸味を備えており、古き良きボルドーの味わいを堪能できます。

イタリアワインらしい優雅でエレガントな状況を感じたいのならこのワインがオススメです。

 

3位

ソライア テヌータ ティニャネロ

詳細情報
度数:11 %
味わい:甘口
産地:ヴェネト
品種:グレーラ 100%

爆発的な人気を誇るイタリアワイン
古くから伝えられるイタリア手法をや法律に縛られることなく、周りの批判を受けながらも完成させた大変貴重な一本になります。
最高のブドウで造られ、最高品質のワインを海外中心に評価されるようになりました。

そんな異端のイタリアワインがそんなものかを知ってみたい人は大変希少なので今のうちに手に入れておくべきでしょう。

 

2位

レ ペルゴーレ トルテ 2013 モンテヴェルティーネ

詳細情報
度数:13 %
産地:トスカーナ
品種:サンジョベーゼ

 

入手困難な逸品
世界的に有名なフランスワインに混じってひときわ目に付くイタリアの赤ワインです。
2000年に入った後に存在感をどんどん示していき、高い価格設定にもかかわらずワイン愛好家たちの間では高いクオリティに感動を示している人もいると言います。

コレクターが存在するぐらいなのでワインのコレクションをしたい人は今買うべき一本となっています。

 

1位

ジュゼッペ クインタレッリ アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ クラシコ

詳細情報
産地:ヴェネト
品種:コルヴィーナ、コルヴィノーネ、ロンディネッラ

最高峰ヴィンテージワイン
「ワイン王国 イタリアの赤ワイン」に載った最高品質の赤ワイン。
伝統的醸造法が生む新鮮な味わいが特徴的で様々なスパイスを味わいの中で感じることができて他には感じることのできない複雑味を感じることができる一本です。

深みがあり口の中に余韻が長く残るという特徴があり、凝縮感のあるアロマや繊細な香りを演出します。

間違いなく最高峰ヴィンテージワインになってくるので、至極の一杯を楽しみたい人はぜひ飲んでいただきたいものになります。

10,000円以上のイタリア赤ワイン比較表

商品画像ジュゼッペ クインタレッリ アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ クラシコレ ペルゴーレ トルテ 2013 モンテヴェルティーネソライア テヌータ ティニャネロテヌータ・サン・グイド サッシカイアルーチェ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ
商品名ジュゼッペ クインタレッリ アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ クラシコレ ペルゴーレ トルテ 2013 モンテヴェルティーネソライア テヌータ ティニャネロテヌータ・サン・グイド サッシカイアルーチェ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ
詳細産地:ヴェネト
品種:コルヴィーナ、コルヴィノーネ、ロンディネッラ
度数:13 %
産地:トスカーナ
品種:サンジョベーゼ
度数:11 %
味わい:甘口
産地:ヴェネト
品種:グレーラ 100%
フルボディ
産地:トスカーナ
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン
フルボディ
産地:トスカーナ
品種:サンジョヴェーゼ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

イタリアの赤ワインまとめ

いかがでしたでしょうか?
赤ワインにも選び方があり、その選び方で自分お気に入りの赤ワインを見つけていくことができます。

ぜひ自分お気に入りの赤ワインを見つけてみてくださいね。

ワインの基礎知識から、イタリアワインについてもっと詳しく学びたい方はコチラがおすすめ。

>>イタリアでNo.1になったソムリエが教えるワイン講座

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】マルケのおすすめ赤ワイン10選!特徴から選び方のコツも解説

イタリアの中でも安くて美味しい赤ワインが造られることで著名なマルケ。 今回はマルケの赤ワインの特徴から、おすすめの

【ソムリエ監修】シチリアのおすすめ赤ワイン10選!選び方のコツも解説

イタリアは世界一のワイン生産国。その中でもシチリアはトップを争うワイン生産地です。 土着品種のネロ・ダーヴォラを中

【ソムリエ監修】モリーゼのおすすめ赤ワイン10選!選び方のコツも解説

みなさんはイタリア南部に位置するモリーゼ州のことを知っていますか? ブドウの栽培は盛んに行われているのですが、ピエモ

【ソムリエ監修】イタリアの名産地!トスカーナのおすすめ赤ワイン20選!

フィレンツェを州都とするトスカーナは、ピエモンテと並んでイタリアを代表するワイン醸造地のひとつです。ブドウ栽培は約2

【ソムリエ監修】プーリアのおすすめ赤ワイン15選!特徴から選び方のコツも解説

昔、プーリアはワイン生産量が多いことから、「ヨーロッパの酒蔵」と呼ばれていました。 造られるワインは赤ワインが7割

【ソムリエ監修】トレンティーノ・アルト・アディジェのおすすめ赤ワイン10選!

イタリアの最北部のワイン産地であるトレンティーノ・アルト・アディジェ。 ドイツ、オーストリアの影響を受け、高品質な

【ソムリエ監修】アブルッツォのおすすめ赤ワイン10選!選び方のコツも解説

アブルッツォ州の温暖な気候はワイン造りに適しており、イタリアの中でも古くからワインが造られてきた地区です。 アブルッ

【ソムリエ監修】ロンバルディアのおすすめ赤ワイン15選!選び方のコツも解説

ロンバルディアはイタリア北部の州で、アルプスの山々や大河ポーに挟まれています。 ブドウ栽培地域は一部の丘陵地帯や湖

【ソムリエ監修】ヴァッレ・ダオスタのおすすめ赤ワイン5選!特徴から選び方のコツも解説

ヴァッレ・ダオスタは、イタリアの中で最もワイン生産量は少ないですが、個性的なワインが魅力的! 今回は、ヴァッレ・ダ

【ソムリエ監修】リグーリアの赤ワインおすすめ5選!選び方のコツも解説

リグーリア(Liguria)と聞いても、もしかしたら地理的にピンとこない人も多いのではないでしょうか。 しかし、イ

赤ワインの選び方

特集記事

お寿司に合うお手頃なワインおすすめ9選!マリアージュの基本からソムリエが徹底解説

ホットワインの作り方は?おすすめの簡単レシピ、レンジで温めるだけのホットワインまでご紹介!

【ソムリエ厳選】白ワインにおすすめのつまみはコレ!手軽に買える物から簡単レシピまで

【ソムリエ厳選】赤ワインにおすすめのつまみ!手軽に買える物から簡単レシピまでご紹介!

【ソムリエ厳選】魚料理に相性ぴったりのおすすめワイン!選び方のコツも解説

TOP