【ソムリエ解説】話題沸騰中のビオワインとは?おすすめビオワインまで紹介

2019/02/23
ワインの基礎知識

ここ数年、ビオや自然派ワインという言葉をよく耳にするようになりました。

オンラインで自然派ワインを中心に販売するサイトや、ビオワインだけを取り扱うワインバーなどの人気も高まっています。

自然派ワインとはそもそもどのようなワインなのか、有機農法やビオに関する基礎知識を解説いたします。

記事の監修者

篠崎 裕江

日本ソムリエ協会認定 ソムリエ

好きなワインは枯れかけてきたブルゴーニュの赤と、Blanc de Blancs のシャンパーニュ! 大学時代、ワインの魅力にはまり勉強を始める。都内のホテルに就職し資格取得後はソムリエとして活躍。 その後ワイン商社勤務を経て現在はアメリカ在住。 スーパーで、日本では手に入らないようなデイリーワインを物色するのが楽しい今日この頃…

ビオワインとは

有機栽培されたブドウを使用して造られたワインを、日本ではビオワインと呼んでいます。

ビオワインという言葉、実は日本で生まれた造語であり国際的なワードではありません。

ヨーロッパでは、化学肥料や除草剤を使わずに育てたブドウから自然(野性)酵母で発酵させたワイン、亜硫酸塩の添加を抑えたワインを「ヴァン・ナチュール(自然派ワイン)」とも呼んだりします。

ビオワインの種類

南アフリカ、アメリカ、アルゼンチン、オーストラリア等のニューワールドのワインは、国ごとにオーガニック表記に関する規定が異なります。

混乱を防ぐ為に、今回はEUの規定を中心に解説いたします

 

有機栽培に関して

ぶどうの有機栽培には幾つかの方法があります。

EUでは厳密な規定を3年以上遵守し栽培続けた場合に認証を取得出来ます。

有機農法により栽培されたブドウのみを用いて造ったワインに「有機」と明記が許されています。「自然派ワイン」の中にはまだ認定を受けられず「有機」とは明記できないものもあります。

 

有機栽培の種類

ビオロジック農法

化学肥料ではなく有機肥料を使用することが前提で、使用する場合はEUで認証されたもののみ許されています。遺伝子組み換えは禁止です。

亜硫酸塩の使用量は通常のワインよりも少なくなければいけません。

 

ビオディナミ農法

ビオロジックより更に踏み込んだ農法で、土壌や植物、生物、天体の動きまでも反映した独特な栽培方法です。自然由来のプレパラシオ肥料を使用します。

ビオディナミで栽培されたブドウから造られたワインには、亜硫酸塩の量は完全に無添加かビオロジックよりも少なくなければいけません。

上記の農法を行っていても、あえて認定を取らなかったり、それをウリにしない造り手もいます。

皆さんご存知、あのロマネコンティ(DRC) も実はビオディナミ農法を取り入れています。

 

ヴァン・ナチュール

こちら明確な定義はありません。

減農薬又は有機農法に加えて、醸造においても培養ではなく天然酵母を使用したり、ろ過をしない、亜硫酸塩の添加を極力抑えたワインに対して呼ぶ場合が多いワードです。

 

リュット・レゾネ

環境を最大限に配慮した上で、農薬や化学肥料の使用を最小限にとどめたものです。

その為、「有機」認定は受けられません。

英語ではサステイナブルと表現します。

 

エコセール

世界最大のオーガニック認証団体。栽培や土壌検査など厳格な検査項目があり、ワインの亜硫酸塩含有量やエチケット表記にも厳格な規定を設けています。

5年間有機農法を続けて初めて認められ、また毎年の厳しい検査をクリアする必要があります。

 

ビオワインの魅力と注意点

安心感と優しい味わい

有機栽培されたブドウから出来たワインは、ナチュラルで身体に優しく、ブドウそのものの繊細な味わい愉しむ事が出来ます。

頭痛持ちの方などは気分的に亜硫酸塩が少ない方を選びたいですよね。

 

非常にデリケートで独特な味わい

自然派ワインは大変デリケートです。高温では劣化を早めますし、亜硫酸塩無添加であればワインが腐敗する場合もあります。

無ろ過(ノンフィルター) のワイン中には、濁っているものやビオ臭という独特の香りがする場合もあります。

 

極端に安い日本のワインに注意!

日本で造られたビオと書かれたワイン・無添加ワイン等で、極端に値段が安いアイテムには注意が必要です。

減農薬・無農薬は非常に難しく多くの労力と資金が必要です。また、酸化防止剤を添加せずにワインの品質を保つのは大変難しいのです。

数百円程の無添加ワインは、有機栽培等ではない濃縮ブドウ果汁を輸入し、薄めて人口酵母を混ぜて造られている場合もあります。

極度の熱処理や、過剰なろ過を行いワインが酸化しない状態にして、無添加と謳っているアイテムもあります。

 

リーズナブル!おすすめのビオワイン10選

10位

ポストカード シリーズ カベルネ ソーヴィニヨン スターク コンデ ワインズ

1,620円 (税込)

詳細情報
味わい:フルボディ
産地:南アフリカ
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン

サステイナブル農法(有機を目指し中)

南アフリカトップワイナリーのひとつ!

いちごやチェリーの果実香に心地よい酸と滑らかなタンニンが特徴で、ブドウそのものの旨みをよく表現した女性的な仕上がりです。

 

9位

ミュスカデ・ラ・タルシエール ボネ・ユトー

1,940円 (税込)

詳細情報
味わい:辛口
産地:フランス、ロワール
品種:ミュスカデ100%

ビオロジック (有機認証)

2010年に全ての畑が有機認定された家族経営ワイナリーです。

ミュスカデに使用されるブドウの樹は、なんと平均樹齢30年!手摘みでの収穫です。

メロンや柑橘系のアロマ、溌剌とした酸にフレッシュで濃厚な果実味と複雑さを兼ね備えた上質の辛口ワインです。

 

8位

カサ・ベナサル

1,512円 (税込)

詳細情報
度数:14 %
味わい:ミディアムボディ
産地:スペイン、バレンシア
品種:ガルナッチャ・ティントレラ40%、シラー30%、モナストレル30%

有機栽培( CAECV ビオロジック認証)

どの畑でも100%有機栽培にこだわる造り手です。

黒すぐりやブラックベリーの果実香にミネラル感と穏やかな口当たり。

ブドウ本来に旨みを堪能出来るナチュラルな味わいで、コストパフォーマンスに優れたスペインワインです。

 

7位

チェラズオーロ コッレフリージオ

1,561円 (税込)

詳細情報
産地:イタリア、アブルッツォ州
品種:モンテプルチャーノ100%

イタリア有機農業協会、イタリア認定機関にて有機認証

アブルッツォで最も有名な醸造家のひとり。

チェリーやすもものフレッシュな香りにしっかりとした果実味、フルーティな余韻が続くモンテプルチアーノ100%のロゼです。

 

6位

ル・カノン ルージュ

2,462円 (税込)

詳細情報
産地:フランス、ローヌ
品種:シラー50%、グルナッシュ50%

ビオロジック

ボルドー大学醸造学部でワインを学んだ日本人大岡さんの手掛けるワイナリー。

野いちごやさくらんぼなどぼ果実香にホワイトペッパーのニュアンスもあり、穏やかなタンニン印象的。

グルナッシュとシラーのブドウ本来の味わいを最大限に活かした穏やかで優しい味わいが特徴です。

酸化防止剤不使用

 

5位

パタポン・ルージュ

3,207円 (税込)

詳細情報
味わい:ミディアムボディ
産地:フランス、ロワール
品種:ピノドニス

ビオディナミ

ダークチェリーやクランベリー、ローズマリーなどの豊かなアロマにフレッシュな果実味と引き締まったタンニンが心地よく調和したピノドニス100%の珍しいワイン。

酸化防止剤極少量、ノンフィルター

 

4位

ラシーヌ レ・カイユ・デュ・パラディ

3,910円 (税込)

詳細情報
味わい:フルボディ
産地:フランス、ロワール
品種:ガメイ、ピノ・ノワール、コ、カベルネ・フラン

ビオロジック

奇跡のワインとも呼ばれ、フランスでは熱狂的なファンが多いクロード クルトワ。

よく熟したブルーベリーやハーブの香りにジューシーな果実味が口いっぱいに広がります。

ミネラル感と酸とのバランスも良好、ナチュラルで優しい飲み心地はクセになる味わいです!

酸化防止剤不使用

 

3位

ドメーヌ ド シャソルネ ブルゴーニュ アリゴテ

3,780円 (税込)

詳細情報
度数:12.5 %
味わい:辛口
産地:フランス、ブルゴーニュ
品種:アリゴテ

ビオロジック

シャソルネは、フィリップパカレと並んで高い評価を受けるフレデリック コサールが手がけています。

青リンゴやグレープフルーツなどの清涼感溢れる香りにミネラル感と穏やかな酸が印象的。辛口ですがブドウそのものの甘いニュアンスを感じる仕上がりです。

酸化防止剤不使用ノンフィルター

 

2位

ヤルデン シャルドネ オデム

3,240円 (税込)

詳細情報
味わい:辛口
産地:イスラエル
品種:シャルドネ100%

1998年有機認定

ヤルデンは最近人気になりつつあるイスラエルのワイナリーです。

オデムの畑はイスラエルで最も標高が高い場所にあり、有機栽培の認定を受けています。

リリコイや洋梨、白い花などの香りと、樽からのヴァニラ香が力強くミネラリーなニュアンスも感じられます。濃厚で複雑、奥行きのある味わいの素晴らしいシャルドネです。

※熟成はフレンチオークを使用

 

1位

マルセル ラピエール モルゴン

3,974円 (税込)

詳細情報
産地:フランス、ブルゴーニュ地方
品種:ガメイ100%

ビオロジック

自然派ワインの父、巨匠とも称された故マルセル ラピエール。現在は長男が栽培、醸造を引き継いでいます。

レッドベリー系の華やかな香りに豊かな果実味と滑らかな口当たりが素晴らしいガメィ100%!ブドウそのもののピュアな味わいを愉しめる、自然派ワインの原点とも言うべく素晴らしい赤ワインです。

おすすめビオワイン比較表

商品画像マルセル ラピエール モルゴンヤルデン シャルドネ オデムドメーヌ ド シャソルネ ブルゴーニュ アリゴテラシーヌ レ・カイユ・デュ・パラディパタポン・ルージュル・カノン ルージュチェラズオーロ コッレフリージオカサ・ベナサルミュスカデ・ラ・タルシエール ボネ・ユトー ポストカード シリーズ カベルネ ソーヴィニヨン スターク コンデ ワインズ
商品名マルセル ラピエール モルゴンヤルデン シャルドネ オデムドメーヌ ド シャソルネ ブルゴーニュ アリゴテラシーヌ レ・カイユ・デュ・パラディパタポン・ルージュル・カノン ルージュチェラズオーロ コッレフリージオカサ・ベナサルミュスカデ・ラ・タルシエール ボネ・ユトーポストカード シリーズ カベルネ ソーヴィニヨン スターク コンデ ワインズ
価格3,974円(税込)3,240円(税込)3,780円(税込)3,910円(税込)3,207円(税込)2,462円(税込)1,561円(税込)1,512円(税込)1,940円(税込)1,620円(税込)
詳細産地:フランス、ブルゴーニュ地方
品種:ガメイ100%
味わい:辛口
産地:イスラエル
品種:シャルドネ100%
度数:12.5 %
味わい:辛口
産地:フランス、ブルゴーニュ
品種:アリゴテ
味わい:フルボディ
産地:フランス、ロワール
品種:ガメイ、ピノ・ノワール、コ、カベルネ・フラン
味わい:ミディアムボディ
産地:フランス、ロワール
品種:ピノドニス
産地:フランス、ローヌ
品種:シラー50%、グルナッシュ50%
産地:イタリア、アブルッツォ州
品種:モンテプルチャーノ100%
度数:14 %
味わい:ミディアムボディ
産地:スペイン、バレンシア
品種:ガルナッチャ・ティントレラ40%、シラー30%、モナストレル30%
味わい:辛口
産地:フランス、ロワール
品種:ミュスカデ100%
味わい:フルボディ
産地:南アフリカ
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ビオワインまとめ

オーガニックのフルーツや野菜にこだわりを持つ方は特に、ビオ(自然派)ワインに興味を持たれたことと思います。
日本ではビオと名乗るのもまだ規定がないため、まずはフランスを始めヨーロッパのアイテムから色々飲んでみると良いのではないでしょうか。
是非、ランキングを参考にお気に入りにワインを見つけてみてください。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】テラノブレの特徴、種類、シリーズを解説!おすすめワインも紹介

ソース テラノブレ(TerraNoble)は、豊富な種類のハイコスパワインを生産している、日本でも人気のワイナリーで

【ソムリエ監修】メドックのワインの魅力を解説!おすすめワインまで紹介

ソース フランス・ボルドー地方のメドックのワインは品質に定評があり、最高級の赤ワインを生産する地区と言われています。

【ソムリエ監修】ジェイコブス・クリークのおすすめワイン7選!選び方のコツも解説

ソース ジェイコブス・クリークは世界で大人気のオーストラリアワインです。オーストラリアの銘醸地で造られたワインはど

【濃厚な甘口ワイン】アイスワインをソムリエが解説!美味しい飲み方、おすすめワインを紹介

ワインに対する関心が高くなってきたら、デザートまでワインを楽しみたいですよね。そんなタイミングの時におすすめなのが、ア

【ソムリエ監修】ルイ・ロデレールを徹底解説!種類ごとの価格、ヴィンテージごとの特徴を紹介

ソース 今年、イギリスの専門誌であるドリンクス・インターナショナルの「世界で最も賞賛されるシャンパーニュ・ブランド

ソムリエが選ぶうれしいワインのおすすめ10選!種類も紹介

ソース 「うれしいワイン」という特徴的なラベルを、どなたも一度はスーパーマーケットや酒屋で見かけたことがあると思いま

【ソムリエ厳選】グレイスワインの種類や価格を徹底解説!おすすめ10選も紹介

ソース 近年の日本ワインは目覚ましい発展を続けていますが、その一翼を担っているのがグレイスワインです。 日本の固有品

【ソムリエ監修】コスパ最強ワイン!アルパカの値段や種類、おすすめを徹底解説

ソース アルパカのワインは今大人気の、気軽に飲めるチリワインです。 豊かな果実味とまろやかな味わいで、どんな料理

【ソムリエ厳選】ワイン初心者におすすめのワイン9選!美味しいワインの選び方も解説

ワインは敷居が高くてなかなか手が出せない、難しそうでよく分からない、と思っていませんか? 実はワインは、パスタ、サ

【ソムリエ監修】ルイナールとは?特徴、価格、おすすめマリアージュまで種類ごとに徹底解説!

ソース ルイナールは、世界最古のシャンパーニュ・メゾン。300年近く前に初めてシャンパーニュの伝統的製法を生み出し


特集記事

【ソムリエ厳選】白ワインにおすすめのつまみはコレ!手軽に買える物から簡単レシピまで

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

【濃厚な甘口ワイン】アイスワインをソムリエが解説!美味しい飲み方、おすすめワインを紹介

【ソムリエ厳選】赤ワインにおすすめのつまみ!手軽に買える物から簡単レシピまでご紹介!

【ワインエキスパート執筆】オレンジワインとは?特徴とおすすめ10選まで紹介

TOP