【ソムリエ執筆】アイスワインとは?美味しい飲み方、おすすめのアイスワインまで紹介

2019/09/15
ワイン


ワインに対する関心が高くなってきたら、デザートまでワインを楽しみたいですよね。そんなタイミングの時におすすめなのが、アイスワインです。

今回は、アイスワインとはどのようなワインなのか、飲み方や選び方のコツなどをまとめてみました。この記事を参考にアイスワインを楽しんでみてください。

記事の執筆者

林 英公子

日本ソムリエ協会認定ソムリエ

ワインテクニカル監修。 なぜか宅建資格もあり。 CF制作会社・情報出版・IT企業に勤務後、 長らく印刷媒体制作ディレクター。 Uターン後は、ちょっといいピノ・ノワールを飲みながら 大音量で好きな音楽を聴ければ、ほどほどに幸せ。 真昼っから数十本のワインをテイスティングする修羅場も経験。

アイスワインとは

アイスワインとは、自然凍結したブドウを使って造られるワインのことです。

完熟したブドウが凍結すると、凍結した水分以外の果実の部分が凝縮され、糖度が高まり濃厚な甘口のワインになります。

 

希少性から値段は高め

凍ったブドウからはわずかな果汁しか取れないので、生産には大変手間がかかります。

ー7℃以下といった過酷な環境で収穫作業を行います。

そのため、アイスワインの価格は、全体的に高めです。

 

アイスワインを名乗る条件

基本的に国際登録商標であり、同じ製造法で造られていています。

オーストリア、ドイツ、カナダの3国以外で生産されたものは、本来アイスワインと名乗ることはできません。

 

アイスワインの作り方

氷点下でのブドウ収穫

アイスワイン用のブドウを得るには、気温が氷点下まで下がるまで収穫を待たなくてなりません。

氷点下になり、遅摘みブドウが樹上で凍った状態のときに収穫します。

 

凍ったまま圧縮

そしてブドウが凍ったまま圧搾します。

ブドウの実の中にある水分だけが凍り、その他のエキス分は凍らずに凝縮するため糖度が高くなります。

凍ったままの状態でブドウを圧搾しなくてはならないので労働時間は長くなります。

得られる果汁は、通常のワインより凝縮しているため少ないです。

 

アイスワインの飲み方

アイスワインは甘さがスッキリ感じられるよう、よく冷やします。

ただし、冷やしすぎると香りや果実味が感じにくくなるので、飲む1〜2時間前に冷蔵庫に入れると良いでしょう。

温度で言えば4〜8℃程度が適温です。

グラスに少しだけ注ぎ、グラスを回してワインを空気に触れさせ、香りを広げ、ゆっくり味わいます。

食べ物と合わせるなら、あまり甘みが強すぎないスイーツや、しっかり塩分を感じるブルーチーズがおすすめです。

 

アイスワインの産地と種類

アイスワインが造られているのは、ドイツ、オーストリア、カナダの3国。

アイスワインはブドウが凍るほど寒くならないと造れないので、いずれも冬が寒い国です。

 

ドイツのアイスワイン

ドイツはアイスワイン発祥の地です。それは偶然の誕生でした。樹上で凍ってしまったブドウを試しにワインにしてみたら予想外においしかった、というわけです。

ドイツでは収穫時のブドウの糖度の高さでワインが格付けされ、アイスワインは上から2番目に格付けされます。

ドイツのアイスワインで主に使われる品種はリースリングです。

レモンや青リンゴのようなピュアな果実味、ひきしまった酸、スパイシーなニュアンスが感じられます。

 

オーストリアのアイスワイン

ドイツと同様にオーストリアも収穫時のブドウの糖度でワインが格付けされています。

オーストリアではアイスワインは糖度の高い順に上から3番目に格付けされています。

オーストリアはドイツほど寒さが厳しくないので、ドイツに比べるとオーストリアのアイスワインの方が味わいにボリューム感があります。

オーストリアのアイスワインに主に使われる品種は、グリューナー・ヴェルトリーナー、トラミナー、リースリングです。

ドイツのアイスワインに使われる品種と似ていますが、オーストリアのアイスワインの方がより力強い味わいです。

 

カナダのアイスワイン

カナダは、現在世界最大のアイスワイン生産国です。

アイスワインはカナダのワイン輸出量の1割、ワイン輸出金額の6割を占めています。

ドイツ、オーストリアのアイスワインと比較してもカナダのアイスワインの価格は少々高めです。

カナダのアイスワインで主に使われる品種はヴィダルです。

華やかな香りとアンズのような果実味があり、キリッとした酸、複雑味が感じられます。

ドイツ産に比較して酸味がマイルドで重めの味わいなのが特徴。

 

おすすめのアイスワイン10選

予算5,000円のおすすめアイスワインベスト5

アイスワインに興味が合う方にお試しいただきたい、5,000円未満のおすすめベスト5です。

5位

ローマン グレーフ シルヴァーナー アイスワイン

1,970円 (税込)

詳細情報
味わい  極甘口
原産国名 ドイツ ラインヘッセン
果実 %     シルヴァーナー85%、リースリング、ケルナー

甘みと酸味のバランス抜群
凝縮した果実の甘みを、柑橘を感じる酸味が引き立てるバランスの良い味わい。余韻が長く続きます。

口当たりは柔らかく、アルコール分8.5%と通常のワインよりも低めなので、あまりお酒を飲まれない方にもおすすめです。

 

4位

デザートワイン オーストリア ツァント

4,980円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 11 %
味わい  甘口
原産国名 オーストリア
メーカー名 ツァント・ワイナリー
果実 %     ヴェルシュリースリング

濃厚な甘さの中にしっかりとした酸
繊細ですっきりとした味わいです。ガラス栓にまで繊細なデザインが施されています。

食後にチーズや果物・ドライフツーツ・ケーキ・アイスクリームに合わせてどうぞ。

 

3位

カナダ ヴィタ カベルネ アイスワイン

1,728円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 11 %
味わい  極甘口
原産国名 カナダ オンタリオ
メーカー名 ヴィタ
果実 %     カベルネソーヴィニヨン、カベルネフラン

カナダ産 赤のアイスワイン
赤ワイン品種カベルネソーヴィニヨン、カベルネ・フランで造られたアイスワインは、ちょっとしたギフトや自分へのご褒美に。

ストロベリーやサクランボのような甘酸っぱい香りととろける甘さを楽しめます。

 

2位

カナダ ライフ ヴィダル アイスワイン

1,728円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 11 %
味わい  極甘口
原産国名 カナダ オンタリオ
メーカー名 ピリテリー社
果実 %     ヴィダル100%

-10℃以下の環境で摘み取られたブドウ使用
ピーチやアプリコットに蜂蜜の香りが重なり、キャンディのようなや味わいが広がります。

カナダ産らしい洗練されたラベルデザインもステキです。

 

1位

ノーザン・アイス ヴィダル  アイスワイン

4,814円 (税込)

詳細情報
味わい  甘口
原産国名 カナダ オンタリオ
メーカー名 株式会社モトックス

ピーチのフレーバーが印象的。ラベルの白くまもキュート!
濃厚でありながら重くはなく、フレッシュな果実味を感じる味わい。「逃げ恥に登場したワインでは?」と話題になりましたが、それ以前から実力は折り紙付きです。

ボトルデザイン・味わい・コスパのどれをとってもこの価格帯イチオシ! 自分へのご褒美や女子会の手土産におすすめです。

5,000円以下のアイスワイン比較表

商品画像ノーザン・アイス ヴィダル  アイスワインカナダ ライフ ヴィダル アイスワインカナダ ヴィタ カベルネ アイスワインデザートワイン オーストリア ツァントローマン グレーフ シルヴァーナー アイスワイン
商品名ノーザン・アイス ヴィダル  アイスワインカナダ ライフ ヴィダル アイスワインカナダ ヴィタ カベルネ アイスワインデザートワイン オーストリア ツァントローマン グレーフ シルヴァーナー アイスワイン
価格4,814円(税込)1,728円(税込)1,728円(税込)4,980円(税込)1,970円(税込)
詳細味わい  甘口
原産国名 カナダ オンタリオ
メーカー名 株式会社モトックス
アルコール度数 11 %
味わい  極甘口
原産国名 カナダ オンタリオ
メーカー名 ピリテリー社
果実 %     ヴィダル100%
アルコール度数 11 %
味わい  極甘口
原産国名 カナダ オンタリオ
メーカー名 ヴィタ
果実 %     カベルネソーヴィニヨン、カベルネフラン
アルコール度数 11 %
味わい  甘口
原産国名 オーストリア
メーカー名 ツァント・ワイナリー
果実 %     ヴェルシュリースリング
味わい  極甘口
原産国名 ドイツ ラインヘッセン
果実 %     シルヴァーナー85%、リースリング、ケルナー
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

5,000円~10,000円のおすすめアイスワインベスト5

デザートを手土産にホームパーティー参加の際に、ケーキではなくアイスワインを持参しませんか?

あなたのセンスに場が盛り上がることは間違い無いでしょう。

5位

ヴィダルアイスワイン

9,720円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 11 %

白イチジクや熟したマンゴーのような豊かな香り
ハチミツのような濃厚な甘さと酸のバランスが良い味わいです。

柑橘系の果実を感じる余韻が長く続きます。

 

4位

ベッツィンガー ヴァイサーブルグンダー アイスヴァイン バリック

5,940円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 8.5 %
味わい  極甘口
原産国名 ドイツ バーデン
メーカー名 ベッツィンゲン
果実 %     ヴァイスブルグンダー100%

品種由来の華やかな香り
ライチとバラの香りが特徴のゲヴュルツトラミネール品種のアイスワイン。

品種由来の芳醇な甘味が、華やかにお口の中に広がります。

 

3位

マグノッタ・ヴィダルアイスワイン

9,288円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 10 %
味わい  極甘口
原産国名 カナダ マグノッタ
メーカー名 ベッツィンゲン
果実 %     ヴィダル

バランス抜群の飽きこない甘さ
ピーチやライチにハチミツが加わった、豊かな香りを感じます。

甘さと酸味の絶妙なバランスでいつまでも味わっていたくなります。

 

2位

ティッシュレダー ドロメルスハイマー・マインツァーヴェク アイスヴァイン

7,980円 (税込)

詳細情報
味わい  極甘口
原産国名 ドイツ ラインヘッセン
果実 %     リースリング

アイスワイン発祥の地から
ハチミツはちみつを思わせる甘い香り。凝縮された果実味にリースリングらしい上品な酸味が加わります。

とろりとした感触の濃密なアイスワインです。

 

1位

トリエラー・イエズィテンヴィンゲルト リースリング アイスヴァイン

6,670円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 6 %
味わい  甘口
原産国名 ドイツ モーゼル
メーカー名 八田
果実 %     リースリング

白い花の蜜の様な香りと甘美な甘み
アイスワインへの熱い情熱は、ドイツワイン生産者最高の名誉である「スターツエーレン・プライズ(国家栄誉賞)」受賞に結びつきました。

トロピカルフルーツや白い花の蜜の様な香り。うっとりとするよう甘味には気品さえ溢れ出しています。ドイツアイスワインの逸品と言って良いでしょう。

5,000円~10,000円のアイスワイン比較表

商品画像トリエラー・イエズィテンヴィンゲルト リースリング アイスヴァイン ティッシュレダー ドロメルスハイマー・マインツァーヴェク アイスヴァインマグノッタ・ヴィダルアイスワインベッツィンガー ヴァイサーブルグンダー アイスヴァイン バリックヴィダルアイスワイン
商品名トリエラー・イエズィテンヴィンゲルト リースリング アイスヴァインティッシュレダー ドロメルスハイマー・マインツァーヴェク アイスヴァインマグノッタ・ヴィダルアイスワインベッツィンガー ヴァイサーブルグンダー アイスヴァイン バリックヴィダルアイスワイン
価格6,670円(税込)7,980円(税込)9,288円(税込)5,940円(税込)9,720円(税込)
詳細アルコール度数 6 %
味わい  甘口
原産国名 ドイツ モーゼル
メーカー名 八田
果実 %     リースリング
味わい  極甘口
原産国名 ドイツ ラインヘッセン
果実 %     リースリング
アルコール度数 10 %
味わい  極甘口
原産国名 カナダ マグノッタ
メーカー名 ベッツィンゲン
果実 %     ヴィダル
アルコール度数 8.5 %
味わい  極甘口
原産国名 ドイツ バーデン
メーカー名 ベッツィンゲン
果実 %     ヴァイスブルグンダー100%
アルコール度数 11 %
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

アイスワインまとめ

アイスワインに関する情報、いかがでしたか?

全体的に価格は高めですから(特にカナダ産は安価ではありません)、まずは小ぶりのボトルで味わってみましょう。

甘みの中に酸味も感じたいならドイツ産、ボトルやラベルのデザインが優れたものが多いのがカナダ産です。

食後にゆったりと自分の時間を楽しみたい時や、ホームパーティー参加時の手土産に悩んだときは、ぜひアイスワインをお試しください。

濃厚過ぎないデザートや塩分強めのブルーチーズが合いますが、ワインだけ楽しむのもいいものです。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ解説】酒精強化ワインとは?造り方、種類、おすすめの酒精強化ワインまでご紹介!

通常のワインよりもアルコールが強い酒精強化ワインをご存知ですか? 今回は、酒精強化ワインの造り方、種類の解説から、

デザートワインとは?種類からおすすめのデザートワインまでご紹介!

みなさんは、「デザートワイン」という言葉を聞いたことはありますか? 実はよく分かっていない方が多いのではと思います

【ソムリエ執筆】モンラッシェとは?解説から、おすすめのモンラッシェまでご紹介!

世界で最も偉大な白ワイン言えば、シャルドネの最高峰モンラッシェ(Montrachet)です。 今日は誰もが憧れるモ

【ソムリエ執筆】ベルモットとは?種類、飲み方からおすすめまでご紹介!

ベルモット、実はワインの一種であるのをご存知ですか? 今回はベルモット の種類や味わい、飲み方を詳しく解説いたしま

シェリー酒とは?ソムリエが解説!種類、飲み方からおすすめのシェリーまで紹介!

辛口から極甘口まで多彩なタイプがあるシェリー酒。 実は、シェリー酒について詳しく知らない方が多いのでは? 今回は

【ソムリエ厳選】飲みやすい赤ワイン~甘口のおすすめ赤ワイン10選!

本来辛口のものしかないのが赤ワインではあるのですが、実は赤ワインにも甘口があります! 甘口の赤ワインにもバラエティ

【ソムリエ厳選】甘いワインならコレ!極甘口のおすすめ白ワイン10選!基礎知識から解説

甘口のワインにはほんのり甘いものから、とても強い甘みを感じる極甘口まであります。しかし、普段手に取るものの中には「極

度数低めの甘口微発泡ワイン、モスカート・ダスティとは?おすすめワインまでご紹介

食べ物と合わせて楽しむイタリアワイン。日本では赤ワインのキャンティやバローロなどが有名です。 でも、ランチの時間か

【ソムリエ厳選】飲みやすい!甘口のおすすめスパークリングワイン10選

スパークリングワインの苦みが苦手な方には、甘口のスパークリングワインが飲みやすいです。 今回はお酒の弱い女性の方や

【ソムリエ監修】ミュスカとは?特徴からおすすめの白ワイン10選まで紹介

ミュスカと聞くと、よくわからないという人も多いかもしれません。しかし実はこれ、日本でもおなじみのマスカットのことで、


特集記事

プレゼントにおすすめのワイン15選!おすすめのギフトサービスも紹介! 

貴腐ワインとは?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

【ソムリエ執筆】アイスワインとは?美味しい飲み方、おすすめのアイスワインまで紹介

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

TOP