【ソムリエ監修】フランチャコルタとは?味わいの特徴や種類、おすすめ10銘柄もご紹介!

2019/11/01 イタリア

お料理との相性も良く気軽に楽しめるスパークリングワインは、日本でも人気が定着しましたね。

その中で、今日はイタリアのフランチャコルタに焦点あてて詳しく見てみましょう。

後半ではソムリエセレクトの本当に美味しいフランチャコルタをランキングでご紹介します。

是非、参考にしてみてくださいね!

記事の執筆者

佐々木 健太

J.S.A. ソムリエ・エクセレンス

ソムリエ/年間受講者数日本一を誇るカリスマワインスクール講師  21歳でソムリエ資格を取得。南フランスにある一つ星レストラン「Keisuke Matsushima」にて研鑽を積み、帰国後は南青山「L’AS」を経て、株式会社WINE TRAILを創業。ワインのサブスク「HOME WiNE」を手掛ける。YouTubeチャンネル「ソムリエ佐々木」を運営。第9回全日本最優秀ソムリエコンクールファイナリスト。https://homewine.jp/

フランチャコルタとは

DOCGのスパークリングワイン

フランチャコルタ(Franciacorta)とは、イタリア、ロンバルディア州のフランチャコルタ地方で造られる瓶内2次発酵のスパークリングワインのことです。

※瓶内2次発酵はフランスのシャンパーニュ(いわゆるシャンパン)と同じ製法、最も伝統的で手間のかかる製造方法です。

 

フランチャコルタの基準

フランチャコルタは、イタリアのDOCGに格付けされています。

法律で製法、熟成期間、使用する品種が決まっています。

DOCG認定を受けることは、限定された生産地で指定の品種を使用して厳格な基準に従ってワインを造らなくてはなりません。

その基準はシャンパーニュよりも厳しいと言われています。

 

使用品種の規程

使用出来る品種はシャルドネ又はピノネロ(ピノ・ノワール)、最大50%を上限にピノ・ビアンコも認められています。

(シャンパーニュの規定では使用出来る比率までは定められていません。)

 

熟成期間

通常、瓶内熟成期間は18ヶ月以上、これはノンミレジメのシャンパーニュよりも3ヶ月長いことになります。

 

フランチャコルタの特徴

温暖な気候に恵まれブドウがよく成熟することで、豊満なボディ、豊潤な香りに果実味豊かでフルーティなワインです。

氷堆石土壌なので水はけが良くワインに適度なミネラル分を与えます。

恵まれ条件下でブドウ本来の味を生かしたワインを造る事が出来るので、ナチュラルな味わいのスッキリした味わいに仕上がる傾向があります。

ブドウの成熟度が違うのでシャンパーニュよりも飲みやすく、スパークリングワイン初心者でも愉しみやすいところがまた魅力です。

 

フランチャコルタの種類

実はフランチャコルタには種類があります。簡単に解説しますので、選ぶ際の参考にしてみてください。

フランチャコルタ

一番のスタンダード

瓶内2次発酵の期間は18カ月、ボトル内圧5~6気圧と規定があります。

全体的にフルーティで、爽やかな酸味とエレガントさとのバランスが良いアイテムが多いです。

自然な味わいに仕上がるフランチャコルタは、きめ細やかな泡に丁度よいドライさが食欲を刺激してくれます。

 

お料理の邪魔をしないので幅広くマリアージュを愉しめるのも魅力です。

イタリアンはもちろんの事フレンチや、マリアージュが難しいと言われるアジアン、繊細な和食、日本の家庭料理との相性も抜群です。

家飲み用としてデイリーとまではいかなくても週末にのんびり愉しむ用としてまとめ買いしておきたいアイテムです。

 

フランチャコルタ・サテン

フランチャコルタのみで許されたカテゴリー

白ブドウのみ使用可、ガス圧を4.5気圧より低く規定されています。

口当たりがクリーミーで滑らかな味わいが特徴、女性好みのフランチャコルタです。

また味わいも優しく繊細なので特に和食との相性が抜群、幅広くマリアージュ愉しめます。

 

フランチャコルタ・ロゼ

ピノネロを最低25%ブレンドしたものでいわゆるロゼのスプマンテ

果皮を入れたまま発酵させるので美しい色あいに仕上がり、ベリー系果実の風味を感じる豊かなボディのフランチャコルタです。

シャンパーニュのロゼよりもリーズナブルで比較的飲みやすいので、ロゼの発泡性ワイン初心者にもおすすめです。

 

フランチャコルタ・ミレジマット

当たり年のブドウのみを使用、その年の個性を愉しめるフランチャコルタ

シャンパーニュで言うところのミレジメです。瓶内2次発酵は最低30カ月と決められています。

お祝いなどでイタリアンレストランを訪れた際には、ちょっと奮発してオーダーしたいですね。

 

フランチャコルタ・リゼルヴァ

ミレッジマートの中でも極上品質のもの

その香りや味わいを最大限に引き出すために最低熟成期間は5年と定められています。

上級者向けのゴージャスなフランチャコルタです。

 

味わいの種類

フランチャコルタの味わいは、シャンパーニュ同様、ドザージュの際のリキュール添加量によって細かく分類されています。

ラベル表記残糖量味わい
Dosaggio Zero3g/㍑未満超辛口
Extra Brut0~6g/㍑非常に辛口
Brut(フランス語)、Natural(英語)15g/㍑未満辛口
Extra dry(英語)、Extra, Secco(フランス語)12~17g/㍑半辛口
Dry(英語)、Semi, Secco(フランス語)17~35g/㍑半甘口
Demi-Sec(フランス語)、Abboccato(イタリア語)33~50g/㍑甘口
Sweet(英語)、Doux(フランス語)、Dolce(イタリア語)50g/㍑超非常に甘口

 

天候に恵まれたフランチャコルタ地方のブドウは、ブドウ本来の果汁による糖分が元々豊富なので、ドザージュは最低限、もしくは行わない造り手も多いです。

フランチャコルタの選び方

フランチャコルタの選び方

選び方については以下のポイントを参考にしてください。

  • 生産者
  • 種類
  • 熟成期間
  • 評価
  • 価格

順番に解説します。

生産者

フランチャコルタのワインは、200以上のワイナリーが生産しています。

その中でも特に名高い生産者による製品を選ぶことは、品質が高いワインを見つける良い方法です。

種類

フランチャコルタは、ブドウの品種、熟成期間、甘さなどによりさまざまな種類があります。

ブラン・ド・ブラン(白ブドウのみ使用)やロゼ、サテン(やや低めの炭酸圧)など、自分の好みに合った種類を選びましょう。

熟成期間

フランチャコルタはシャンパン同様、瓶内二次発酵後に長期間熟成されます。基本的に18ヵ月以上、リゼルバの場合、最低でも60ヵ月以上熟成されます。

熟成期間が長いほど、複雑さと深みが増します。

評価

ワイン専門の評価サイトや、推奨リスト、評論家のレビューを参考にすると良いでしょう。

価格

フランチャコルタは、高品質なスパークリングワインであることからそれなりの価格がしますが、手頃なものからプレミアムなものまで様々です。

予算に合わせて選びましょう。

フランチャコルタのおすすめ人気10選

 

デイリーワインに!予算3,000円代まで

5位

レ・マルケジーネ フランチャコルタ・ブリュット

詳細情報
味わい:辛口
産地:イタリア、ロンバルディア
品種:シャルドネ、ピノ・ビアンコ、ピノ・ネロ

ゴールドに近い輝くイエロー、美しい繊細な泡にりんごやレモンなどのアロマと凝縮感ある果実味からミネラルな風味と続き、キリッとした酸が特徴。

バランス良好でブドウ本来の味わいを活かした仕上がりです。

コストパフォーマンスに優れたフランチャコルタをお探しなら是非!

 

香りシトラス、洋梨
酸味★★★★★
ボディ★★☆☆☆
佐々木
フレッシュな柑橘類や洋梨、りんごのアロマが感じられる一品。価格に対しての味わいのバランスも素晴らしいです。

4位

コンタディ・カスタルディ フランチャコルタ・ブリュット

詳細情報
度数:13 %
味わい:辛口
産地:イタリア、ロンバルディア
品種:シャルドネ70%、ピノ・ネロ20%、ピノ・ビアンコ10%

イタリア国内外多くのミシュラン星付きレストランでオンリストされているフランチャコルタ!

輝くような麦わら色、白桃やグリーンペッパーの複雑な香りと繊細でありながら奥行きのある味わいが特徴、モダンなスタイルに仕上がっています。

塩レモン鍋、モツ鍋、水炊きなどお鍋パーティーのお供に!

 

香り白桃、白胡椒
酸味★★★★★
ボディ★★☆☆☆
佐々木
白桃や熟れた洋梨のボリューム感ある果実味と共に、きめ細かい泡が口中を豊かに広がります。パーティーなどに持ち込むにもおすすめです。

3位

フランチャコルタ サテン NV コルテ アウラ

詳細情報
味わい:辛口
産地:イタリア、ロンバルディア
品種:シャルドネ

繊細な泡でまるでホイップのように滑らかで柔らかい口当たりが特徴的!

グレープフルーツなど柑橘系の爽やかな香りと果実味、伸びやかな酸とのバランスも良好です。

フリット ディ マーレ (海の幸のフリット)やイカ墨のリゾット、シーフード系白ワインソースのパスタ全般、そして天ぷらやうどんすき、おでんなどを始め和食には幅広く合います。

 

香りグレープフルーツ、洋梨
酸味★★★★★
ボディ★★☆☆☆
佐々木
フレッシュなリンゴとシトラス系の香りが印象的。そして余韻にかけては、伸びやかな酸と瓶内二次製法らしいきめ細かな泡が続きます。

2位

フェルゲッティーナ フランチャコルタ ブリュット NV

詳細情報
度数:12.5 %
味わい:辛口
産地:イタリア、ロンバルディア
品種:シャルドネ95%、ピノ・ネロ5%

細部にまでこだわりを持った家族経営の小規模生産者!

美しいゴールドに上品で細かい泡、清々しいグレープフルーツの香りにハーブやミネラルの風味が豊か、ヴァニラやハニーのニュアンスもあり滑らかで妖艶なフランチャコルタです。

カルパッチョやシーフードサラダ、地鶏の炭火焼きグリルなどと相性抜群です。

 

香り白桃、ヴァニラ
酸味★★★★★
ボディ★★★☆☆
佐々木
花束のようなアロマ豊かな味わい。そこに交わる芳醇なトーストやバニラの香りがたまりません。

1位

フランチャコルタ ブリュット ロゼ

詳細情報
味わい:辛口
産地:イタリア、ロンバルディア
品種:シャルドネ65%、ピノ ネッロ35%

1960年代後半に、山の斜面にある荒れ果てたブドウ畑を購入して始めワイナリー。

2006年にIMCオーガニック認証を取得している自然派フランチャコルタのロゼです。

淡い桜のようなピンク色、いちごやラズベリー、さくらんぼなどのアロマが爽やか、レッドベリー系の豊満でフルーティな果実味、酵母の風味も心地よく柔らかな味わいに長い余韻が続きます。

中トロやサーモン、寒ブリなどのお刺身や、パルミジャーノレッジャーノのシンプルなリゾット、ポークのボッリートなどとマリアージュを愉しめます。

 

香りレッドベリー、イチゴジャム
酸味★★★★★
ボディ★★★☆☆
佐々木
なめらかな口当たりから始まり、ロゼらしい生き生きとした赤系果実のアロマ豊かな一品。幅広い料理にも寄り添ってくれるハイコスパ銘柄です。

4,000円以下のフランチャコルタ比較表

商品画像フランチャコルタ ブリュット ロゼフェルゲッティーナ フランチャコルタ ブリュット NVフランチャコルタ サテン NV コルテ アウラ コンタディ・カスタルディ フランチャコルタ・ブリュットレ・マルケジーネ フランチャコルタ・ブリュット
商品名フランチャコルタ ブリュット ロゼフェルゲッティーナ フランチャコルタ ブリュット NVフランチャコルタ サテン NV コルテ アウラコンタディ・カスタルディ フランチャコルタ・ブリュットレ・マルケジーネ フランチャコルタ・ブリュット
詳細味わい:辛口
産地:イタリア、ロンバルディア
品種:シャルドネ65%、ピノ ネッロ35%
度数:12.5 %
味わい:辛口
産地:イタリア、ロンバルディア
品種:シャルドネ95%、ピノ・ネロ5%
味わい:辛口
産地:イタリア、ロンバルディア
品種:シャルドネ
度数:13 %
味わい:辛口
産地:イタリア、ロンバルディア
品種:シャルドネ70%、ピノ・ネロ20%、ピノ・ビアンコ10%
味わい:辛口
産地:イタリア、ロンバルディア
品種:シャルドネ、ピノ・ビアンコ、ピノ・ネロ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

プレゼントや特別な日に!4,000円~10,000円

5位

クイントエッセンス フランチャコルタ エクストラ ブリュット リゼルヴァ

詳細情報
味わい:辛口
産地:イタリア、ロンバルディア
品種:シャルドネ80%、ピノ ネーロ20%

グリーンがかったゴールド、優美で細かい泡立ち、トロピカルフルーツやドライアプリコット、焼きたてのクロワッサンなどの香り。

口に含むと非常にまろやか、溌剌とした酸とふくよかな味わいです。

リゼルヴァなのにリーズナブル価格も魅力です!

 

香り白桃、ブリオッシュ
酸味★★★★★
ボディ★★★☆☆
佐々木
シトラスやグリーンアップルの香りが口の中で爽やかな酸味と絶妙なバランスを描き、トーストやクリームの香りが深みを演出してくれています。

4位

フランチャコルタ ドサッジョ ゼロ ブリュット NV アンドレア アリチ

詳細情報
味わい:辛口
産地:イタリア、ロンバルディア
品種:シャルドネ90%、ピノ・ネロ10%

最も標高の高い畑を所有するアンドレア アリチ!

完熟の一歩手前で収穫することにより酸とミネラルを愉しめる、「シャンパーニュ寄り」のフランチャコルタです。

柑橘系果実や白い花の香りにトーストのニュアンスも加わり、いきいきとした酸にミネラル感が豊富、是非シャンパーニュと飲み比べしてほしい1本です。

 

香りスイカズラ、トースト
酸味★★★★★
ボディ★★★☆☆
佐々木
白桃やハニーサックルの香りを漂わせ、微細な泡とリッチなボディが絶妙なバランスを保ちます。シャルドネの繊細さがよく表現された一本です。

3位

バローネ・ピッツィーニ フランチャコルタDOCG ロゼ


1870年創業、ロンバルディア州で歴史のある造り手です。

環境に配慮した有機栽培に力を注ぎブドウ本来の味わいや個性を表現するスプマンテ造りを行っています。

クリーミーでエレガントな泡にざくろやラズベリーの爽やかな香りが特徴的、ブリオッシュのニュアンスも感じられ、クランベリーのような甘酸っぱい風味にいちごジャムの味わいが続きます。

レモンのようなキリッとしたシャープな酸が心地よい仕上がりです。

コトレッタミラネーゼ、サルティンボッカ、パルマの生ハムとミラノサラミの盛り合わせ、パンチェッタたっぷりのカルボナーラなどとマリアージュ良好です。

 

香りクランベリー、トースト
酸味★★★★★
ボディ★★★☆☆
佐々木
華やかなチェリーやストロベリーの香りと、繊細なバラのアロマが魅力的。ロゼシャンパンにも劣らない、溶け込んだトーストのアロマも絶品です。

2位

ベラヴィスタ フランチャコルタ キュヴェ ブリュット パス オペレ


フランチャコルタの中で最もクオリティの高いワインを造り出すとして注目のトップ生産者です。

パス オペレとは何も手を加えないことで、ドザージュなしのパワフルな辛口です。

よく熟したりんごやフローラルな香りに酵母のニュアンスと豊富なミネラリー感がシャンパーニュを思わせる高貴な味わい、上品で包容力のあるボディとのバランスは完璧です。

和食と非常によく合いますので、馴染みの鮨店や料亭に持ち込みをお願いして、お食事を通してマリアージュを愉しんで欲しい1本です。

 

香りリンゴ、トースト
酸味★★★★★
ボディ★★★☆☆
佐々木
黄色いフルーツや花々、そして少しのパンの香り。口当たりは滑らかでバランスが良く、ノンドサージュらしいキレのある辛口が人気です。

1位

フランチャコルタ アンナマリア クレメンティ

詳細情報
度数:12.5 %
味わい:辛口
産地:イタリア ロンバルディア
品種:シャルドネ55%、ピノ・ビアンコ25%、ピノ・ネロ20%

イタリア最高峰の泡と称されるトップキュヴェです。

妖艶な輝くゴールド、何しろきめの細かい泡が持続、6年近い瓶熟期間を感じさせない白桃や洋梨のフレッシュな香りが広がり、酵母やヴァニラのニュアンスも加わります。

柑橘系の果実味が口いっぱいに広がり優しく極上の酸にまろやな口あたり、長い余韻は圧巻です。

シャンパン上級者には是非一度飲んでみて欲しい、官能的なフランチャコルタの完成形です。

香りドライフルーツ、ブリオッシュ
酸味★★★★★
ボディ★★★★☆
佐々木
トーストやナッツの香りが織り成す、複雑さと深みを併せ持つ逸品。味わい深い酸味と細やかな泡立ちが一心地よい余韻を演出します。

4,000円~10,000円のフランチャコルタ比較表

商品画像フランチャコルタ アンナマリア クレメンティベラヴィスタ フランチャコルタ キュヴェ ブリュット パス オペレバローネ・ピッツィーニ フランチャコルタDOCG ロゼフランチャコルタ ドサッジョ ゼロ ブリュット NV アンドレア アリチクイントエッセンス フランチャコルタ エクストラ ブリュット リゼルヴァ
商品名フランチャコルタ アンナマリア クレメンティベラヴィスタ フランチャコルタ キュヴェ ブリュット パス オペレバローネ・ピッツィーニ フランチャコルタDOCG ロゼフランチャコルタ ドサッジョ ゼロ ブリュット NV アンドレア アリチクイントエッセンス フランチャコルタ エクストラ ブリュット リゼルヴァ
詳細度数:12.5 %
味わい:辛口
産地:イタリア ロンバルディア
品種:シャルドネ55%、ピノ・ビアンコ25%、ピノ・ネロ20%
産地:イタリア産地:イタリア
品種:ピノ・ネロ100%
味わい:辛口
産地:イタリア、ロンバルディア
品種:シャルドネ90%、ピノ・ネロ10%
味わい:辛口
産地:イタリア、ロンバルディア
品種:シャルドネ80%、ピノ ネーロ20%
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

レストランでのワイン持ち込みもおすすめ

[PR]

好きなワインを好きなお店にワイン持ち込み代行サービス「ノムリエ」
「好きなワインをお店に持ち込みたい」
「ワインをお得に購入してレストランで飲みたい」
そんなあなたにおすすめです。

ノムリエを使ってみる

フルーティさが特徴のフランチャコルタを一度試してみよう!

フルーティさが特徴のフランチャコルタを一度試してみよう!

フランチャコルタは、シャンパーニュほど日本人には馴染みがないかもしれませんが、お料理との合わせ易さやすっきりしたフルーティさはシャンパーニュよりも親しみやすいです。

また、シャンパーニュよりもリーズナブルなアイテムを探せるので、家飲み用としてストックしておきたいですね!
是非ランキングを参考に、色々なフランチャコルタを愉しんでみてください。

ワインの基礎知識から、イタリアワインについてもっと詳しく学びたい方はコチラがおすすめ。

>>イタリアでNo.1になったソムリエが教えるワイン講座

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】アスティの人気おすすめ13選を紹介!選び方も解説

アスティはアルコール控えめな甘口で飲みやすく、日本でも大人気。 価格もリーズナブルで、テーブルワインにもピ

【ソムリエ監修】ランブルスコとは?おすすめ15選から飲み方まで解説

ランブルスコはイタリアで作られるスパークリングワイン。 軽やかな味わいとお手頃な価格で、ホームパーティーな

【ソムリエ監修】プロセッコとは?概要や特徴、人気のプロセッコ10銘柄をご紹介!

レストランでの食事に欠かせないお酒といえば、スパークリングワイン。 今回はプロセッコというイタリアのスパー

【ソムリエ監修】スプマンテはどんなワイン?種類やおすすめの銘柄を紹介

地域によって多くの個性的なワインを造り出すイタリア。 イタリアではスプマンテと呼ばれる、多種多様なスパーク

度数低めの甘口微発泡ワイン、モスカート・ダスティとは?おすすめワインまでご紹介

食べ物と合わせて楽しむイタリアワイン。日本では赤ワインのキャンティやバローロなどが有名です。 でも、ランチ

【ソムリエ監修】ロンバルディア州のおすすめ赤15選!産地の特徴や選び方のコツも解説

ロンバルディアはイタリア北部の州で、アルプスの山々や大河ポーに挟まれています。 ブドウ栽培地域は一部の丘陵

特集記事

日本酒スキンケア用品ランキング6選!併せて楽しめる日本酒もご紹介!

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

TOP