【ソムリエ監修】日本のおすすめスパークリングワイン10選!選び方のコツも解説

2018/12/25
スパークリングワイン

ソース

日本のスパークリングワインは山梨県や長野県など、主要なワイン産地で生産されています。日本の土壌と気候の中で造られたスパークリングは、日本ならではの優しい味わい。とても飲みやすいのが特徴です。

そこで今回は日本のスパークリングワインにスポットをあて、選び方やおすすめのラインナップをご紹介しましょう!

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

日本ワインと国産ワインは違う?

ソース

日本のスパークリングワインでよく見かけるのが、日本ワインと国産ワインの表記です。このふたつはどのように違うのでしょうか?

日本ワイン

国産ブドウ100%を使用して国内製造されたワインだけが「日本ワイン」を名乗ることができます。少し前までは「日本ワイン」の明確な定義はなく、「日本ワイン」として販売されている商品でも輸入したブドウや濃縮果汁を使っているものがありました。

しかし、このような曖昧な基準は消費者を混乱させてしまいます。消費者に分かりやすい基準が求められるなかで設けられたのが、公的なワインの表示に関するルール「果実酒等の製法品質表示基準」です(2018年10月施行)。これによって、日本ワインの明確な定義が定められることになったのです。

国産ワイン

日本ワインに対し、海外から輸入したブドウや濃縮果汁を使用して国内で製造されたワインを「国産ワイン」と呼びます。「国産」と聞くと中身もすべて国産だと思いがちですが、外国産が使われていることに注意が必要です。このような海外原料を使用したワインは、表ラベルに「輸入ワイン使用」「濃縮果汁使用」などの表示をすることが義務付けられています。

あくまで日本産にこだわりたいという人は「日本ワイン」を選ぶようにしましょう。

選び方

ここからは、日本のスパークリングワインを選ぶときのポイントをお伝えします。

甘口・辛口などのテイストで選ぶ

ソース

スパークリングワインの味わいは、甘口、辛口で選ぶことができます。甘口とは言ってもはっきり甘さを感じるのではなく、まろやかで飲みやすい味わいになります。

甘口か辛口かの違いは、発酵によって糖分がどのくらいアルコールに変化したかということです。

甘口

変化が少なく糖分が多い甘口は、アルコール度数が低め(13%未満)になります。アルコールが苦手な人は、甘口を選ぶのがいいでしょう。

辛口

辛口はスッキリした飲み口で、爽やかな味わいが特徴です。料理の味を引き立てるので、幅広い料理に合わせることができます。赤か白か合わせるワインに迷ったら、辛口のスパークリングワインを選ぶのがおすすめです。

産地で選ぶ

山梨県

ソース

山梨県は日本最大のワイン産地です。明治時代に日本で初めてのワイナリーが誕生した場所で、現在は国内で圧倒的多数のワイナリーが存在します。

昼夜の寒暖差がある盆地気候はブドウ栽培に適していて、甲州を主体とした白ワインが多く造られています。スパークリングワインも甲州がメイン。瓶内二次発酵など伝統的な製法で造られるものも多く、高品質なスパークリングワインがたくさん生産されています。

長野県

ソース

長野県は日照時間が長く雨が少ない気候で、ブドウ栽培に適している場所です。ワイナリーも多数存在し、ナイヤガラやコンコード、デラウェアなどを中心に多くのブドウが栽培されています。

昼夜の寒暖差が大きいため、造られるブドウは糖度が高く凝縮した果実味が特徴。これら優れたブドウを使って造られたスパークリングワインは、爽やかでジューシーな味わいが堪能できます。

北海道

ソース

北海道は湿度が低く、ブドウ栽培に適した気候条件です。ワイン用ブドウの生産量は日本で1番を誇るもの。広大な畑でナイヤガラやシャルドネなどが多く栽培され、優れたワインが生産されています。

冷涼な気候で育まれたブドウは、スパークリングワインに溌剌とした酸味を与え、爽やかな辛口の味わいに仕上げられています。

ブドウ品種で選ぶ

甲州

ソース

甲州は日本で1300年以上の歴史をもつ、日本を代表する品種です。山梨県を中心に栽培され、食用にも利用されています。ほどよい酸味と甘みがあり、果実味豊か。穏やかな味わいのワインに仕上がります。

日本の白ワインでは多く使用されている品種。スパークリングワインでは単一品種で造られているものが多く、その爽やかな味わいが高い人気を呼んでいます。

デラウェア

ソース

もともとはアメリカ産で、明治時代に日本に伝わった品種です。山形県をはじめ、日本各地で広範囲に栽培されているブドウ。生食用だけと思われがちですが、実際は古くからワイン用としても使用されています。

デラウェアを使ったスパークリングワインは柔らかな酸味と甘みがあり、果実味豊かな味わいが特徴です。

コンコード

ソース

主にアメリカで栽培されていて、日本でも赤ワインに多く使用されている品種です。香りが豊かで、ほどよい酸味と柔らかなタンニンが特徴。飲みやすいワインに仕上がります。

スパークリングワインでは濃い赤色と完熟した果実の香りが印象的な、コクのある味わいを楽しむことができます。

生産者(メーカー)から選ぶ

メルシャン

ソース

メルシャンは日本ワインのブランド「シャトーメルシャン」をはじめ、幅広いワインを生産しているメーカーです。

シャトーメルシャンの本格的なスパークリングワインから、カジュアルな国産ワインのスパークリングまでさまざまなラインナップがあるのが魅力。リーズナブルな価格帯のものは、スーパーやコンビニでも手軽に購入できます。

登美の丘ワイナリー

ソース

サントリーが提供する日本ワインのブランドです。山梨県甲斐市にある「登美の丘」に広大な自社ブドウ園を所有。優れた醸造設備を備え、高品質な日本ワインを生産しています。

自社畑で丁寧に手摘みした甲州を使ったスパークリングワインは、瓶内二次発酵とそれに続く熟成を16ヶ月以上行い、一本一本手作業で仕上げた極上の1本。柑橘系の爽やかな香りと、熟成によるまろやかな味わいが堪能できます。

マンズワイン

ソース

マンズワインは山梨県の勝沼と長野県の小諸にワイナリーを持ち、日本ワイン、国産ワインと幅広く生産しているメーカーです。

スパークリングワインでは甲州を使用した「酵母の泡」が有名。甲州特有の上品な香りときめ細やかな泡が人気を呼んでいます。

価格で選ぶ

日本のスパークリングワインは、全体的にリーズナブルなものが多い傾向です。日常使いなら2,000円以下の予算で美味しいものを選ぶことができます。

特別な日や少し贅沢をしたいときには、2,000円以上から5,000円までの予算で探してみましょう。十分品質が高いスパークリングワインを見つけることができます。

日本のおすすめスパークリングワイン10選

このあとは、日本のスパークリングワインのおすすめを10本、ご紹介しましょう。

予算2,000円

5位

マンズワイン 甲州 酵母の泡

1,398円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 11 %
味わい  中辛口
原産国名 日本 山梨県
メーカー名 キッコーマン食品株式会社
果実 %     甲州

山梨県産の甲州を100%使用した、やや辛口のスパークリングワインです。タンク内で二次発酵を行うシャルマ方式で造られています。

甲州特有の気品ある香りに、長く続く繊細な泡立ち。柔らかな酸味がバランスよく、心地良い口あたりです。飲み飽きない美味しさで、幅広い料理によく合います。

 

4位

フジッコワイナリー スパークリングワイン マディ デラウェア

1,620円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 9 %
味わい  甘口
原産国名 日本 山梨県
メーカー名 アデカ
果実 %     マディ デラウェア

山梨県産のデラウェアを100%使用。瓶内二次発酵で造られた本格的なスパークリングワインです。味わい豊かなにごり(マディ)があるのが特徴。

淡いシャンパンゴールドで、きめ細やかな泡立ち。ほのかな甘い香りと心地良い酸味で、エレガントな味わいが楽しめます。

 

3位

千葉のめぐ実 梨スパークリングワイン白

詳細情報
アルコール度数 8 %
味わい  甘口
原産国名 日本 千葉県
メーカー名 マンズワイン

千葉県鎌ケ谷の梨「豊水」を100%使用した珍しいスパークリングワインです。ほのかな甘さと弾けるような爽快感が魅力的。アルコール低めの甘口で、とても飲みやすい1本です。

 

2位

メルシャン おいしい酸化防止剤無添加 スパークリングワイン 白

1,215円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 11 %
味わい  中辛口
原産国名 日本 神奈川県
メーカー名 メルシャン
果実 %     白ブレンド

輸入ブドウ果汁を使用。酸化防止剤無添加の、カジュアルなスパークリングワインです。メルシャン独自の「フレッシュ製法」を採用。醸造から瓶詰めまでワインと酸素の接触を最小限にすることで、製造時の酸化を抑えています。まろやかに広がる泡で、クセのないすっきりとした味わいです。

 

1位

はこだてわいん 香り仕込みキャンベル・アーリースパークリング

1,927円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 12 %
原産国名 日本 北海道
メーカー名 はこだてわいん
果実 %     キャンベル・アーリー 100%

北海道産のキャンベル・アーリーを100%使用。果皮に含まれる香り成分がしっかりと抽出された、香り高いスパークリングワインです。ストロベリーを思わせる甘い香りと鮮やかな深紅色が印象的。爽やかな酸味と軽やかな口当たりがバランスの良い味わいです。

2,000以下!日本のスパークリングワイン比較表

商品画像はこだてわいん 香り仕込みキャンベル・アーリースパークリングメルシャン おいしい酸化防止剤無添加 スパークリングワイン 白千葉のめぐ実 梨スパークリングワイン白フジッコワイナリー スパークリングワイン マディ デラウェアマンズワイン 甲州 酵母の泡
商品名はこだてわいん 香り仕込みキャンベル・アーリースパークリングメルシャン おいしい酸化防止剤無添加 スパークリングワイン 白千葉のめぐ実 梨スパークリングワイン白フジッコワイナリー スパークリングワイン マディ デラウェアマンズワイン 甲州 酵母の泡
価格1,927円(税込)1,215円(税込)(税込)1,620円(税込)1,398円(税込)
詳細アルコール度数 12 %
原産国名 日本 北海道
メーカー名 はこだてわいん
果実 %     キャンベル・アーリー 100%
アルコール度数 11 %
味わい  中辛口
原産国名 日本 神奈川県
メーカー名 メルシャン
果実 %     白ブレンド
アルコール度数 8 %
味わい  甘口
原産国名 日本 千葉県
メーカー名 マンズワイン
アルコール度数 9 %
味わい  甘口
原産国名 日本 山梨県
メーカー名 アデカ
果実 %     マディ デラウェア
アルコール度数 11 %
味わい  中辛口
原産国名 日本 山梨県
メーカー名 キッコーマン食品株式会社
果実 %     甲州
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

2,000円〜5,000円

5位

北海道ワイン おたる ナイヤガラスパークリング

2,160円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 10 %
味わい  甘口
原産国名 日本 北海道
メーカー名 北海道ワイン

国産のナイヤガラ100%で造られた甘口スパークリングワインです。フレッシュな泡とともに広がる、フルーティーな味わい。ナイヤガラ特有の華やかな香りが魅力的です。ワインが苦手な人でも飲みやすい美味しさです。

 

4位

蒼龍葡萄酒 スパークリング マディコンコード

1,501円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 11 %
原産国名 日本 甲信越
メーカー名 蒼龍葡萄酒
果実 %     赤ブレンド

アメリカ産のコンコード果汁と国産コンコードの果汁をブレンドした赤のスパークリングワインです。酸化防止剤無添加。濃い赤紫色とコンコードの完熟した甘い香りが印象的です。オリに含まれている旨味成分を最後まで引き出すため、にごりタイプになっています。

 

3位

シャトー ルミエール スパークリング オランジェ 2016

2,052円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 11 %
味わい  辛口
原産国名 日本 山梨県
メーカー名 ペティヤン オランジェ
果実 %     甲州

山梨県産の甲州で造られた辛口スパークリングワインです。ブドウを房ごとタンクに入れて発酵させる仕込みを行い、瓶内二次発酵のあと約1年の熟成を経てリリースされています。美しいオレンジ色が特徴で、繊細でクリーミーな泡立ち。軽やかでバランスが良い味わいが楽しめます。吟醸酒にも通じるフルーティーな酵母の香りがあり、清酒が好きな人にもおすすめです。

 

2位

サントリー登美の丘ワイナリー 登美の丘 甲州 スパークリング2014年

6,134円 (税込)

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 日本 山梨県
メーカー名 サントリーワインインターナショナル
果実 %     甲州種100%

瓶内で二次発酵したあと、1年以上熟成させる伝統的な製法で造られた極上のスパークリングワインです。きめ細やかで滑らかな泡で、豊かな風味。透き通った黄色が美しく、柑橘系果実や青リンゴの蜜を思わせる爽やかで甘い香りが魅力的です。溌剌とした酸味とみずみずしい果実の味わいをお楽しみください。

 

1位

スパークリング甲州

2,365円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 12 %
味わい  辛口
原産国名 日本 山梨県
メーカー名 シャトー勝沼
果実 %     甲州ぶどう100%

シャトー勝沼は明治10年創業の老舗ワイナリー。その代表とする辛口のスパークリングワインです。厳選した山梨県産の甲州だけで造られています。穏やかなきめの細かい泡立ちで、華やかな香り。スッキリとした酸味で爽やかな味わいは、和食をはじめ幅広い料理によく合います。

2,000~5,000円!日本のスパークリングワイン比較表

商品画像スパークリング甲州サントリー登美の丘ワイナリー 登美の丘 甲州 スパークリング2014年シャトー ルミエール スパークリング オランジェ 2016 蒼龍葡萄酒 スパークリング マディコンコード 北海道ワイン おたる ナイヤガラスパークリング
商品名スパークリング甲州サントリー登美の丘ワイナリー 登美の丘 甲州 スパークリング2014年シャトー ルミエール スパークリング オランジェ 2016蒼龍葡萄酒 スパークリング マディコンコード北海道ワイン おたる ナイヤガラスパークリング
価格2,365円(税込)6,134円(税込)2,052円(税込)1,501円(税込)2,160円(税込)
詳細アルコール度数 12 %
味わい  辛口
原産国名 日本 山梨県
メーカー名 シャトー勝沼
果実 %     甲州ぶどう100%
味わい  辛口
原産国名 日本 山梨県
メーカー名 サントリーワインインターナショナル
果実 %     甲州種100%
アルコール度数 11 %
味わい  辛口
原産国名 日本 山梨県
メーカー名 ペティヤン オランジェ
果実 %     甲州
アルコール度数 11 %
原産国名 日本 甲信越
メーカー名 蒼龍葡萄酒
果実 %     赤ブレンド
アルコール度数 10 %
味わい  甘口
原産国名 日本 北海道
メーカー名 北海道ワイン
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

まとめ

日本のスパークリングワインについて、ご紹介しました。繊細で優しい味わいはとても飲みやすく、日常的に飲みたい美味しさのものばかりです。

いろいろな産地のものを飲み比べて、味わいの違いを確かめるのもおすすめ。ぜひこの機会に、日本の豊かな気候で育まれたスパークリングワインをお試しください!

     

関連記事

ソムリエが選ぶエーデルワインのおすすめ12選!種類も紹介

ソース エーデルワインは、岩手産のブドウだけで造られている日本ワインです。山のふもとに広がる豊かな土壌と恵まれた気候

【ソムリエ監修】シャトー・メルシャンのワインおすすめ9選!選び方のコツも紹介

ソース 日本のワインの代表格と言えるワイナリーが、シャトー・メルシャンです。「ワイン造りは農業で、ワインは農作物」

【ソムリエ監修】日本のおすすめ白ワイン15選!選び方のコツも解説

ソース 皆さんは日本のワインを飲んだことがあるでしょうか? 近年は原料になるブドウの品種が改良されたことで、世界か

【ソムリエ監修】日本の赤ワインおすすめ20選!選び方のコツも解説

ソース 伊勢志摩サミットで各国の要人に日本ワインが振る舞われたことによって、日本ワインについて知ったという方も多いか

【ソムリエ解説】日本を代表するワインメーカー、井筒ワインとは?

ソース 日本は多くの地域が高温多湿の気候なため、基本的にはワイン用ブドウ栽培に向かない土地です。 しかしながら、日

【ソムリエ厳選】ドイツの発泡性ワインといえばコレ!おすすめゼクト10選を紹介

ソース 世界で一番スパークリングワインを消費している国がどこかご存知ですか?全世界で消費されているスパークリングワイ

【ソムリエ執筆】イタリアのスパークリングワイン、スプマンテを徹底解説!種類からおすすめ15選まで紹介

地域によって様々な個性的なワインを造り出すイタリア。スパークリングワインも銘醸地シャンパーニュに負けない多種多様なワ

【ソムリエ執筆】イタリアの発泡性ワイン、フランチャコルタを徹底解説!特徴、種類、おすすめワイン10選を紹介

お料理との相性も良く気軽に楽しめるスパークリングワインは、日本でも人気が定着しましたね。 その中で、今日はイタリアの

シャンパンをソムリエが徹底解説!種類からおすすめシャンパンまでご紹介!

お誕生日や記念日など、華やかな席にシャンパンは欠かせませんよね。でも、多くの銘柄があり、味わいも多岐にわたるので、選

【ソムリエ監修】イタリアの甘口ワイン、アスティのおすすめ10選を紹介!度数低めで飲みやすい!

ソース アスティはアルコール控えめな甘口で飲みやすく、日本でも大人気。価格もリーズナブルで、テーブルワインにもピッ

 

TOP


特集記事

【ワインエキスパート執筆】オレンジワインとは?特徴とおすすめ10選まで紹介

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

【濃厚な甘口ワイン】アイスワインをソムリエが解説!美味しい飲み方、おすすめワインを紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介