【ソムリエ厳選】ポルトガルのおすすめ赤ワイン10選!選び方のコツも解説

2018/12/26
おすすめ赤ワイン


ソース

スペインのお隣ポルトガルは、日本ではこれから注目が集まるであろうと予想されるワイン産地です。

ポルトガルでは近年ブドウ栽培やワイナリーへの投資が積極的に行われ、栽培環境や醸造設備が改善され急速に品質向上が進んでいます。

世界のワインマーケットでは今まさに注目産地の一つです。

今回は、国際的に人急上昇中のポルトガルワインの赤にスポットを当ててご紹介します。

記事の執筆者

林 英公子

日本ソムリエ協会認定ソムリエ

ワインテクニカル監修。 なぜか宅建資格もあり。 CF制作会社・情報出版・IT企業に勤務後、 長らく印刷媒体制作ディレクター。 Uターン後は、ちょっといいピノ・ノワールを飲みながら 大音量で好きな音楽を聴ければ、ほどほどに幸せ。 真昼っから数十本のワインをテイスティングする修羅場も経験。

ポルトガルのワイン産地


ソース

ポルトガルと言えば、食前・食後酒として楽しまれるポートワインやマディラなどの特殊な酒精強化ワインが有名ですが、実際は生産の85%はオーソドックスなワインです。

夏は高温で、昼と夜の温度差が激しく、ブドウ栽培に適した気候に恵まれています。ヨーロッパの中では雨が多く、高温多湿の日本同様、棚式のブドウ栽培が散見される地域です。

土壌的にはあまり恵まれておらず、ブドウ畑はかなりの労力をかけて開墾されています。

ポルトガル赤ワインの特徴

ソース  

ポルトガルの赤ワイン用ブドウ品種は非常に多岐にわたり、スペイン原産のテンプラニーリョ以外は、ほぼポルトガルの土着品種です。

気候に恵まれていることもあり、赤ワインはしっかりしたタンニンの力強いボディのものが中心です。

タンニンはしっかりしていながら、その味わいが非常にまろやかなところも大きな特徴。

ポルトガルでは魚を塩焼きにする習慣がありますし、天ぷらはそもそもポルトガルから伝わったとも言われています。

日本と共通した食文化を持つポルトガルのワインは、日本食にも自然に寄り添います。

ポルトガルの赤ワインの選び方

ポルトガルの赤ワインは、普段はあまり耳にすることのない品種が中心です。いい機会ですから、ポルトガルの品種を理解して、これをベースに選べば間違いがないでしょう。

品種で選ぶ


ソース

ポルトガル赤ワインを、主要品種の特徴から選ぶ場合、以下の各品種の特徴を覚えておきましょう。

赤の筆頭品種トゥリーガ・ナショナル

ポルトガルを代表する赤ワイン品種です。

1本の木から少量しか収穫されず、色の濃い凝縮した味わい。タンニンが豊富で、長期熟成にも耐え、高品質のワインになります。

酸とタンニンのバガ

しっかりした酸とタンニンが特徴。長期熟成にも耐えるポテンシャルの高い品種です。

ティンタ・ロリスはテンプラニーリョ

スペインの代表品種テンプラニーリョのポルトガル名です。洗練された印象の品種で、しなやかな味わいの余韻の長いワインになります。

香り豊かなトゥリーガ・フランセーザ

香り豊かな品種で、品のいいワインに仕上がります。

しっかりとした果実味のジャエン

滑らかな口当たりのしっかりとした果実味のワインに仕上がる品種です。

スパイシーなトリンガデイラ

南部で多く栽培されている品種で、果実味豊かでスパイシーな味わいです。

カステランは凝縮した果実味と酸

凝縮した果実味にしっかりした酸が特徴の品種です。こちらも栽培は南部が中心です。

産地で選ぶ

ソース

ポルトガルの代表的な赤ワイン産地をピックアップします。’

ドウロ地方

洗練された複雑で深みのある品のいいワインが造られています。

アレンテージョ地方

洗練さ・複雑さに加えて、酸のキレを感じる溌剌としたワインの生産地です。

ベイラス地方

バイラーダではタンニンの強い主要品種バガから力強いしっかりとしたワインが造られています。

ダンは、主要品種トゥリーガ・ナショナル から造られる色の濃い力強いしっかりしたタンニンのワインで有名です。

価格で選ぶ

ポルトガルの赤ワインは、ヨーロッパの産地の中では比較的お手頃です。2,000〜3,000円前後で十分満足できるものが手に入れられます。

食文化から判断しても、日本の食卓に違和感なくなじむものが多いでしょう。

ティンタ・ロリス(=テンプラニーリョ)以外はほぼポルトガル土着品種のワインです。

最初はお手頃価格で色々なタイプのにチャレンジして、お気に入りを見つけるのがおすすめです。

ポルトガルのおすすめ赤ワイン10選

おすすめのポルトガル赤ワインを2つの価格帯に分けてご紹介します。まずは2,000円未満でお気に入りのタイプを見つけてください。

デイリーワインにおすすめ!予算2,000円

5位

キンタ ドス アヴィダゴス キンタ ドス アヴィダゴス レゼルヴァ

1,987円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 14 %
ボディー  フルボディ
原産国名 ポルトガル
メーカー名 稲葉
果実 %     ティンタ ロリス、ティンタ バロッカ、トゥリガ フランカ、トゥリガ ナショナル

・凝縮した果実味に長い余韻 
ポルトガルの代表的な品種をいくつかブレンドしたワインです。非常に濃いチェリーレッドで、しっかりとしたボディとやわらかなタンニンが楽しめます。
凝縮された果実味と長い余韻は、ゆっくりワインを楽しみたいときにぴったりです。

4位

トウリガ ナショナル

1,976円 (税込)

詳細情報
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 ポルトガル
果実 %     トウリガ・ナショナル100%

・ポルトガルを代表する品種のワイン 
ポルトガルを代表する土着品種トゥリーガ・ナショナル100%。すみれなどの花や完熟した果実の香りで、しっかりした骨格があり、リッチでボリューム感豊かな味わいです。
ポルトガル赤ワインの代表品種をじっくり楽しんでみたい方に。

3位

キンタ・ダ・アロルナ ヴィーニョ ティント

1,930円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 13 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 ポルトガル テージョ

・豊かな樽香が楽しめます  
樽由来のバニラやカラメル、チョコレートのような甘い香りが印象的な余韻の長いワインです。
シラーに土着品種をブレンドしたワインは、シラー好きの方におすすめです。

2位

ポルタル・ダ・アーギア DOC ヴィーニョ ティント

1,930円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 13 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 ポルトガル テージョ

・ティンタ・ロリスを中心にブレンド 
複雑味のあるしっかりとした味わいながら、丸みのあるシルキーな口当たりが魅力のワインです。
チェリーやブラックベリーの豊かな香りは黒い果実を使ったお料理に合わせて。

1位

ドナ・ヘレナ・レゼルヴァ ヴィーニョ・ティント

1,900円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 13.5 %
ボディー  フルボディ
原産国名 ポルトガル セトゥーバル半島

・土着品種カステラン100%
ファーストアタックは赤い果実ですが、時間が経つにつれて、ドライフルーツやョコレート・コーヒー等のエキゾチックなアロマが顔を出します。
ゆったりとした気分で楽しんでいただきたいワインです。

2,000円以下!ポルトガルの赤ワイン比較表

商品画像ドナ・ヘレナ・レゼルヴァ ヴィーニョ・ティントポルタル・ダ・アーギア DOC ヴィーニョ ティントキンタ・ダ・アロルナ ヴィーニョ ティントトウリガ ナショナルキンタ ドス アヴィダゴス キンタ ドス アヴィダゴス レゼルヴァ
商品名ドナ・ヘレナ・レゼルヴァ ヴィーニョ・ティントポルタル・ダ・アーギア DOC ヴィーニョ ティントキンタ・ダ・アロルナ ヴィーニョ ティントトウリガ ナショナルキンタ ドス アヴィダゴス キンタ ドス アヴィダゴス レゼルヴァ
価格1,900円(税込)1,930円(税込)1,930円(税込)1,976円(税込)1,987円(税込)
詳細アルコール度数 13.5 %
ボディー  フルボディ
原産国名 ポルトガル セトゥーバル半島
アルコール度数 13 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 ポルトガル テージョ
アルコール度数 13 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 ポルトガル テージョ
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 ポルトガル
果実 %     トウリガ・ナショナル100%
アルコール度数 14 %
ボディー  フルボディ
原産国名 ポルトガル
メーカー名 稲葉
果実 %     ティンタ ロリス、ティンタ バロッカ、トゥリガ フランカ、トゥリガ ナショナル
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

プレゼントや来客用に!2,000円~5,000円

ポルトガルワインは欧州産の中では安価です。この価格帯で十分高品質なワインが入手できる点がうれしいですね。

5位

レヌマ キンタ・ドス・アヴィダゴス

3,888円 (税込)

詳細情報
ボディー  フルボディ
原産国名 ポルトガル ドウロ
メーカー名 Donguriano

・しっかりしていながらまろやかなタンニン
熟した赤い果実と樽の香りがうまく混ざり合ったドウロ産。タンニンはしっかりしていますが、甘くまろやかです。
長い余韻の心地よい果実味は、冬の夜長にぴったり。

4位

キンタ・ドス・ロケス トゥーリガ・ナショナル

4,104円 (税込)

詳細情報
原産国名 ポルトガル
果実 %     トゥーリガ・ナショナル100%

・トゥーリガ・ナショナル100%のダン産ワイン
複雑で重厚ながら味わい滑らか。心地よい酸とふくよかなタンニンの中に濃縮した様々な果実味が感じられます。
ポルトガル赤の筆頭品種を楽しみたい方に。

3位

ダンディー ポルトガルワイン リスボン

4,093円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 14.5 %
ボディー  フルボディ
原産国名 ポルトガル リスボン
メーカー名 キンタ ド ランジェル
果実 %     トウリガ・ナシオナル、シラー

・遊び心たっぷりのラベル
トゥーリガ・ナショナルにシラーをブレンド。凝縮された果実感たっぷりの香りとしっりしたタンニンが魅力です。
遊び心たっぷりのネーミングとラベルはプレゼントにもぴったり!

2位

キンタ・ド・ポルタル ティンタ・ロリス

3,877円 (税込)

詳細情報
原産国名 ポルトガル
メーカー名 ドラジェ
果実 %     トゥーリガ・ナショナル、ティンタ・ロリス、トゥーリガ・フランカ

・ボトルデザインがクールでカッコイイ
ティンタ・ロリス(=テンプラニーリョ)にトゥーリガ・ナショナル等の土着品種をプラス。しっかりとしたコクのある香りと味わいが楽しめる1本。
目を引くボトルデザインはパーティーの手土産などにおすすめです。

1位

ヴィーニャ ヴェーリャス レッド

3,790円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 13 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 ポルトガル
メーカー名 木下インターナショナル
果実 %     バガ

・バガから造られた長期熟成に耐えるフルボディ
ボトリング直後のしびれるようなタンニンは、熟成に伴いシルクのスカーフのような滑らかさに変身します。香りはとてもエレガント。
ポルトガルワインの奥深さに触れたい方にぴったりの1本です。

2,000円~5,000円!ポルトガルの赤ワイン比較表

商品画像ヴィーニャ ヴェーリャス レッドキンタ・ド・ポルタル ティンタ・ロリスダンディー ポルトガルワイン リスボンキンタ・ドス・ロケス トゥーリガ・ナショナルレヌマ キンタ・ドス・アヴィダゴス
商品名ヴィーニャ ヴェーリャス レッドキンタ・ド・ポルタル ティンタ・ロリスダンディー ポルトガルワイン リスボンキンタ・ドス・ロケス トゥーリガ・ナショナルレヌマ キンタ・ドス・アヴィダゴス
価格3,790円(税込)3,877円(税込)4,093円(税込)4,104円(税込)3,888円(税込)
詳細アルコール度数 13 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 ポルトガル
メーカー名 木下インターナショナル
果実 %     バガ
原産国名 ポルトガル
メーカー名 ドラジェ
果実 %     トゥーリガ・ナショナル、ティンタ・ロリス、トゥーリガ・フランカ
アルコール度数 14.5 %
ボディー  フルボディ
原産国名 ポルトガル リスボン
メーカー名 キンタ ド ランジェル
果実 %     トウリガ・ナシオナル、シラー
原産国名 ポルトガル
果実 %     トゥーリガ・ナショナル100%
ボディー  フルボディ
原産国名 ポルトガル ドウロ
メーカー名 Donguriano
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

まとめ

いかがでしたか? ポルトガルの赤ワインは土着品種から造られ、濃い色と凝縮した果実味、しっかりしていながらまろやかなタンニンが特徴です。全体的な味わいはミディアム寄りのフルボディといったところでしょうか。

欧州産のワインの中では価格は非常に控えめで、世界的には注目度の高い産地です。

今からしっかり押さえておきましょう。

     

関連記事

【ソムリエ厳選】ポルトガルのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

ソース ポルトガルでは、近年ブドウ栽培やワイナリーに積極的な投資が行われ、栽培環境や醸造設備の改善が進み、ワインの品

【ソムリエ監修】サルデーニャの赤ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

イタリアの西部にあるサルデーニャは、地中海の島の中ではシチリア島の次に面積が広い島です。世界有数のリゾート地コスタ・スメ

【ソムリエ監修】モリーゼの赤ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

みなさんはイタリア南部に位置するモリーゼ州のことを知っていますか? ブドウの栽培は盛んに行われているのですが、ピエモ

【ソムリエ監修】アルゼンチンのおすすめ赤ワイン20選!選び方のコツも解説

ソース アルゼンチンワインは、豊かな果実の味わいでありながら、手頃なワインが多いのが特徴です。アルゼンチンのブドウは

【ソムリエ厳選】山梨のおすすめ赤ワイン15選!選び方のコツも解説

近年ブームの日本ワイン。 生産者の7割が集中する山梨県は、甲州種の白ワインのイメージが強いですが、赤ワインも豊富で

【ソムリエ監修】グラーヴの赤ワインおすすめ15選!選び方のコツも解説

赤ワインも白ワインも上品な味わいで知られるグラーヴ(Graves)。 グラーヴはボルドー地区の中でも家族経営のシャトー

【ソムリエ監修】セントラル・ヴァレーのおすすめ赤ワイン10選!選び方のコツも解説

セントラル・ヴァレーとは、ワイン生産国として急成長を成し遂げているチリの中央部、首都サンティアゴ周辺の地域の事を指し

【ソムリエ監修】マコンの赤ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース マコン(Macon)のワインと聞くと、シャルドネから作られる高品質な白ワインを思い浮かべる人が多いのではない

【ソムリエ監修】赤ワインの王道!ボルドーのおすすめ赤ワイン15選

ワインの産地といえばフランス・ボルドーを思い出す人は多いのではないでしょうか。 ボルドーのワインの9割は赤ワインで

【ソムリエ厳選 】フロンサックのおすすめ赤ワイン10選!選び方のコツも解説

コストパフォーマンスの高いワインの宝庫とも言えるフロンサックですが、名前を聞いてもあまりピンとこない方が多いのではな

赤ワインの選び方

 

TOP


特集記事

【ワインエキスパート執筆】オレンジワインとは?特徴とおすすめ10選まで紹介

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

【濃厚な甘口ワイン】アイスワインをソムリエが解説!美味しい飲み方、おすすめワインを紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介