アルマンドはどんなシャンパン?味わい・値段など全種類を徹底解説

2019/10/02 フランス

カラフルでメタリックなボトル、そして大きなスペードがトレードマークの高級シャンパン「アルマンド」。

しかし、その名前以外よく知らないという方も多いと思います。

そこで今回はアルマンドの特徴や評価、気になる値段や味わいについて、全種類を徹底解説します。


アルマンドとは

アルマンドは、フランスのシャンパーニュ地方で1763年に創業されたキャティア社が手がけるシャンパーニュ・ブランドです。

正式名称はアルマン・ド・ブリニャック(Armand de Brignac)。

初めてのリリースが21世紀初頭の2006年と比較的新しいブランドとしても知られており、現在は高級シャンパンの代名詞として地位を確立しています。

ここではそんなアルマンドの名前の由来や歴史について解説します。

 

名前の由来

アルマンドの正式名称「アルマン・ド・ブリニャック」という名前は、前当主のジャン・ジャック・キャティア氏の母が愛読していた小説の主人公の名前に由来しています。

1950年代には、キャティア社によってワインの名称としての商標登録されていましたが、長年業務を停止していたため使用されないままでした。

そこで2006年の新たなブランドリリースに合わせて、その名称を使用し名付けられたのです。

 

アルマン・ド・ブリニャックの歴史

アルマンドが2006年に初めてリリースしたのが現在の定番商品でもある「アルマン・ド・ブリニャック ブリュット ゴールド」です。

商品のリリースまでにはおよそ6年の年月がかけられ、待望のリリースとなりました。

まだまだ歴史の浅いアルマンドですが、アルマンドを手がけるキャティア社の創業は1763年。

そんな老舗ワイナリーであるキャティア社についても押さえておきましょう!

 

キャティア社とは

キャティア社

キャティア社とは、1763年にフランスのシャンパーニュ地方、モンターニュ・ド・ランス地区のシニー・レ=・ロズ村にて創業したワイナリーです。

250年以上ブドウ造りに関わるキャティア社は、アルマンドの他に「キャティア」というシャンパンを手がけています。

現在の当主はアルマンドリリース時の当主ジャン・ジャック・キャティア氏の息子、アレクサンドル・キャティア氏です。

アルマンドは、キャティア社のブドウ造りの経験を生かして「最高の中の最高のシャンパンを作りたい」という思いから始まり、現在もその思いを守り続けています。

 

アルマンドが高価な理由

アルマンドが高価な理由

アルマンドと言えば「高級シャンパン」というイメージが強く、その価格は安いものでも同じく高級シャンパンの「ドンペリ」の3倍にもなります。

なぜアルマンドはそこまで高価なのか、その理由は気になるところですよね。

ここではそんなアルマンドの価格の理由を、品質・ブランディングに分けて解説します。

 

品質にこだわった少量生産

アルマンドの価格の理由は、品質を守るための製造方法にあります。

使用するブドウは全てプルミエ・クリュ(1級畑)で栽培された「ピノ・ノワール」「シャルドネ」「ピノ・ムニエ」で、その中でも一番搾りの果汁のみを使って作られます。

それらを150年前に作られた3階構造、深さ30メートルにも及ぶシャンパーニュ地方で最も深いセラーで、4年以上(プレステージは8年以上)熟成。

こうしたブドウの収穫からボトル詰め、ラベル貼りまでワイン造りにかかる作業は全て手作業で行われており、行う職人の人数はたったの18人。

1本のアルマンドを生み出すまでにとても時間がかかるため、1時間で30本ほどしか生産することができず、この品質へのこだわりと生産数の少なさから高価格になっていると言えます。

また、製造方法の特徴として、アルマンドは高級シャンパンでは珍しい「マルチヴィンテージ」のシャンパンという特徴も持ちます。

 

マルチヴィンテージとは「あえてノンヴィンテージで作る」製法

ワインには使用するブドウの収穫年によって変わるヴィンテージやノンヴィンテージの表記があります。

それぞれの意味は以下の通りです。

ヴィンテージ収穫年が同じブドウのみを使用
ノンヴィンテージ収穫年の違うブドウを使用

アルマンドが用いているマルチヴィンテージは、収穫年違いのブドウを使用しているため、ノンヴィンテージに含まれます。

しかし、その目的はブドウの収穫量の差を補うためではなく、シャンパンの味わいを一定に保つためであることからマルチヴィンテージという別用語で表されているのです。

 

高級路線へのプロモーション

商品自体の品質の高さはさることながら、「高級」なイメージが広まった背景にはアルマンドのブランディングの影響があります。

ボトルは不透明のメタリック、王を象徴するスペードのラベルも立派な作りをしており、存在だけでも高級感が漂いますよね。

元々の見た目や価格から高級なイメージが広まっていましたが、2021年にはLVMHの子会社モエ・ヘネシーがアルマンドの株式を50%取得したことで、その高級路線が本格化しました。

モエ・ヘネシーと言えば、高級シャンパンでお馴染みのモエシャンやドンペリを取り扱っているメーカーで、今後さらに高級シャンパンとしてのグローバルな展開が期待されています。

 

モエ・ヘネシーが取り扱うその他のシャンパンについて、詳しくは以下の記事をご覧ください。
>>ドンペリを詳しく見る

 

有名になったキッカケは、ジェイ・ZのPV

モエ・ヘネシーが株式を50%取得する以前、株式を100%所有していたのはアメリカの有名ラッパー「ジェイ・Z」です。

そもそもアルマンドが有名になったキッカケは、ジェイ・ZがPVでアルマンドを使用したことが大きく影響しています。

そんなジェイ・Zは2014年にアルマンドを買収し、オーナーとして妻のビヨンセと共にPR活動を行なってきました。

その後、オスカー賞やゴールデングローブ賞の受賞者への贈呈品、NBAやNFLでも採用されるなど、一躍脚光を浴びることになったのです。

ちなみにジェイ・Jが別の高級シャンパン「クリスタル」をPVで取り上げたところ、人気が急上昇し、欠品が相次いだことがあります。

アルマンドの世界的な評価

 

100 Best Champagne For 2010で世界1位

アルマンドが2006年に初リリースした「アルマン・ド・ブリニャック ブリュット ゴールド」。

ゴールドは、世界の評論家やソムリエによるブラインドテイスティングで決定される「100 Best Champagne For 2010」で、1,000種類以上のシャンパーニュの中から世界1位を獲得しました。

その品質の高さが世界的にも認められたことで、より一層アルマンドの名前が広まっていったのです。

 

 

アルマンドが日本で人気な理由

世界的に人気を博したアルマンドですが、日本で広まった背景には高級クラブやキャバクラで人気のシャンパンであったことが大きく影響しています。

夜のお店で人気のお酒に共通する”見た目が華やか”という特徴は、カラフルでメタリックの輝きを放つアルマンドにもよく当てはまります。

さらには、「アルマンド姉さん」と呼ばれる有名キャバ嬢、門りょうさんがテレビで多く取り上げられたこともあり、一般的にも知名度が増しました。

 

アルマンド信号機

アルマンド・ゴールド、アルマンド・ロゼ、アルマンドグリーンの3色をそろえて呼ばれる、通称「アルマンド信号機」。

アルマンドのカラフルなボトルを生かした高級感と華やかさから、キャバクラやクラブのVIPルームではちょっとしたステータスにもなっています。

 

引退した有名キャバ嬢、エンリケこと小川エリさんのインスタには頻繁に登場していましたね。

アルマンド信号機をそろえた場合、お店にもよりますがおよそ50万円前後の価格になります。

 

アルマンドの種類

アルマンドのラインナップは、全部で6種類。

価格帯では一番お手頃なのがブリュット・ゴールド、一番高価なのがブラン・ド・ノワールです。

ラインナップ特徴
 ブリュット・ゴールドアルマンドを代表するスタンダードラインナップ
 ロゼピノ・ノワールの赤ワインをブレンド
 ドゥミセック長期熟成のシャンパーニュ
 ブラン・ド・ブランシャルドネ100%のシャンパーニュ
 ブラン・ド・ノワールピノ・ノワール100%のシャンパーニュ
 マスターズエディションブリュット・ゴールドの限定ボトル版

 

[PR]
SAKECOMI監修でもあるトップソムリエ佐々木が徹底的に考え尽くした、ワインプログラム。
「ワインを何から飲めばいいのかわからない」
「ワインが美味しいのかわからない」

そんなあなたにおすすめです。ホームワインを詳しく見る

※ 販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。

アルマンド全6種類一覧

商品画像アルマン・ド・ブリニャック ブリュット ゴールド アルマン・ド ・ブリニャック ロゼアルマン・ド・ブリニャック ドゥミ・セック アルマン・ド・ブリニャック ブラン・ド・ブランアルマン・ド・ブリニャック ブラン・ド・ノワールアルマン・ド・ブリニャック グリーン マスターズエディション
商品名アルマン・ド・ブリニャック ブリュット ゴールドアルマン・ド ・ブリニャック ロゼアルマン・ド・ブリニャック ドゥミ・セックアルマン・ド・ブリニャック ブラン・ド・ブランアルマン・ド・ブリニャック ブラン・ド・ノワールアルマン・ド・ブリニャック グリーン マスターズエディション
詳細ラベル:ゴールド
産地:フランス、シャンパーニュ
果実:ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ
ラベル:ピンク
産地:フランス、シャンパーニュ
果実:ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ
ラベル:レッド
産地:フランス、シャンパーニュ
果実:ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ
ラベル:シルバー
産地:フランス、シャンパーニュ
果実:シャルドネ100%
ラベル:ブラック
産地:フランス、シャンパーニュ
果実:ピノ・ノワール100%
ラベル:グリーン
産地:フランス、シャンパーニュ
果実:ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ここからは各ラインナップを詳しくご紹介します。

アルマンドのゴールド

アルマン・ド・ブリニャック ブリュット ゴールド

詳細情報
ラベル:ゴールド
産地:フランス、シャンパーニュ
果実:ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ

アルマンドで1番最初にリリースされたラインナップ

アルマン・ド・ブリニャック・ブリュット・ゴールドは、ピノ・ノワール40%、シャルドネ40%、ピノ・ムニエ20%をブレンド。

3つの異なるヴィンテージをブレンドすることで、強烈な個性が生み出されています。

日本では、その強烈なボトルの色から「アルマンドのゴールド」と呼ばれています。

 

アルマンド・ゴールドの味わい

きめの細かい泡で、クリーミーで洗練された口当たり。桃やアプリコットなどの果実や花の香りに、ブリオッシュやヴァニラ、トーストなどのニュアンスが絡み合います。

豊かな果実味と複雑味があり、奥行きの深い味わい。

長い余韻が楽しめます。

 

アルマンド・ゴールドの値段

定価は?

日本の参考小売定価は、48,000円です。

 

値段の相場は?

一般的なサイズ750mlに関しては、ネット通販では、39,000円〜52,000円が相場になっています。

「詳細を見る」ではAmazon、楽天、Yahoo!ショッピング各サイトの最安商品を見ることができます。

 

お店での値段は?

キャバクラでは130,000円~140,000円、ホストクラブでは350,000円~450,000円が相場です。

アルマンドのピンク(ロゼ)

アルマン・ド ・ブリニャック ロゼ

詳細情報
ラベル:ピンク
産地:フランス、シャンパーニュ
果実:ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ

2008年に発表された、アルマンドで2本目のシャンパーニュです。

アルマン・ド ・ブリニャック・ロゼは、ピノ・ノワール50%、ピノ・ムニエ40%、シャルドネ10%をブレンド。

そのうち、モンターニュ・ド・ランス地区の古木のピノ・ノワールから造られた赤ワインを12%ブレンドしています。

そのボトルの色から、「アルマンドのピンク」とも呼ばれています。

 

アルマンド・ロゼの味わい

赤い果実のフレッシュな香りに、スモーキーでスパイシーなニュアンスが感じられます。

フレッシュで凝縮した果実味が魅力的。長く、シルキーな余韻が楽しめます。

 

アルマンド・ロゼの値段

定価は?

日本の参考小売定価は、80,000円です。

 

相場は?

一般的なサイズ750mlに関しては、ネット通販では、42,000円〜50,000円が相場になっています。

「詳細を見る」ではAmazon、楽天、Yahoo!ショッピング各サイトの最安商品を見ることができます。

 

お店での値段は?

キャバクラでは270,000円前後、ホストクラブでは500,000円~750,000円が相場です。

アルマンドのレッド

 

アルマン・ド・ブリニャック ドゥミ・セック

詳細情報
ラベル:レッド
産地:フランス、シャンパーニュ
果実:ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ
長期熟成されたアルマンド

ドゥミセックは、アルマン・ド・ブリニャックのメゾンを訪れる人しか飲むことのできなかった貴重なシャンパーニュです。

ピノ・ノワール40% 、シャルドネ40% 、ムニエ20% をブレンド。

約6年間、地中深く掘られた地下セラーで瓶内熟成されています。

ドゥミセックより、「アルマンドのレッド」、「アルマンドの赤」と呼ばれることがほとんどです。

 

アルマンド・レッドの味わい

柑橘系の果実の香りに、蜂蜜やかすかなブラックベリーのニュアンスも感じられます。

長い熟成から得られる、繊細で洗練された泡立ちが魅力。豊かな果実味とほのかな甘みで、長い余韻が続きます。

 

アルマンド・レッドの値段

定価は?

日本の参考小売定価は、74,980円です。

 

相場は?

ネット通販では、52,000円〜55,000円が相場になっています。

「詳細を見る」ではAmazon、楽天、Yahoo!ショッピング各サイトの最安商品を見ることができます。

 

お店での値段は?

クラブやキャバクラなどでの値段は、270,000円前後です。

アルマンドのシルバー

アルマン・ド・ブリニャック ブラン・ド・ブラン

詳細情報
ラベル:シルバー
産地:フランス、シャンパーニュ
果実:シャルドネ100%

シャルドネ100%のシャンパーニュです。

ブラン・ド・ブランは、コート・デ・ブランのシャルドネとモンターニュ・ド・ランスのシャルドネをブレンドしています。

「ブラン・ド・ブラン」はアルマンドに限らず、シャルドネ100%のシャンパンのことを指します。

 

アルマンド・シルバーの味わい

軽やかでクリアな果実の香りに、フローラルなニュアンスも感じられます。

ピュアなミネラル感と、しなやかさで丸みのある口あたり。複雑で芳醇な味わいが魅力的です。非常に長い余韻を楽しむことができます。

 

 

アルマンド・シルバーの値段

定価は?

日本の参考小売定価は、100,000円です。

 

相場は?

ネット通販では、72,000円〜76,000円が相場になっています。

「詳細を見る」ではAmazon、楽天、Yahoo!ショッピング各サイトの最安商品を見ることができます。

 

お店での値段は?

クラブやキャバクラなどでの値段は、350,000円前後です。

アルマンドのブラック

アルマン・ド・ブリニャック ブラン・ド・ノワール

詳細情報
ラベル:ブラック
産地:フランス、シャンパーニュ
果実:ピノ・ノワール100%

ピノ・ノワール100%で造られたシャンパーニュです。

「ブラン・ド・ノワール」はアルマンドに限らず、ピノ・ノワール100%のシャンパンのことを指します。

2009年に瓶詰され、2015年まで地下セラーで熟成。限定生産本数3,000本という希少品です。

 

アルマンド・ブラックの味わい

白桃やアプリコット、ラズベリーなどの赤系果実の香りに、柑橘系果実や、かすかなブリオッシュのニュアンスが感じられます。

ピノ・ノワール特有の豊かな果実味と繊細な味わいがよく引き出された逸品です。

 

アルマンド・ブラックの値段

定価は?

日本の参考小売定価は、198,000円です。

 

相場は?

ネット通販では、200,000円〜450,000円が相場になっています。

「詳細を見る」ではAmazon、楽天、Yahoo!ショッピング各サイトの最安商品を見ることができます。

 

お店での値段は?

クラブやキャバクラなどでの値段は、800,000円前後です。

アルマンドのグリーン

アルマン・ド・ブリニャック グリーン マスターズエディション

詳細情報
ラベル:グリーン
産地:フランス、シャンパーニュ
果実:ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ

希少な限定シャンパン

グリーン・マスターズ・エディションは、毎年4月に開催される「マスターズゴルフトーナメント」の第75回大会を記念してリリースされた記念ボトル。

中身は、ブリュットゴールドと同じです。

マスターズの優勝者に毎年贈られるグリーンのジャケットにマッチするデザインで、 少量生産の希少なボトルです。

 

グリーン・マスターズエディションの味わい

ゴールドの限定ボトルなので、味わいはゴールドと同じです。

 

グリーン・マスターズエディションの値段

定価は?

日本の参考小売定価は、48,000円です。

 

相場は?

ネット通販では、50,000円〜100,000円が相場になっています。

「詳細を見る」ではAmazon、楽天、Yahoo!ショッピング各サイトの最安商品を見ることができます。

 

お店での値段は?

クラブやキャバクラなどでの値段は、130,000円~140,000円です。

 

特別なアルマンド

特別なアルマンド

アルマンドがリリースしている全6商品以外にも特別に販売しているものやアレンジを加えて有名になっているアルマンドがあります。

ここではそんな通常ラインナップとは違うアアルマンドを3つ紹介します。

 

アルマンドブリニャック ブリュット スペシャル エディション ジャパン2020

アルマンドブリニャック ブリュット スペシャル エディション ジャパン2020

詳細情報
ラベル;ゴールド(素材;スズ)
産地;フランス、シャンパーニュ
果実;シャルドネ55%、ピノ・ノワール45%

2020年日本限定で発売された特別な1本

ベースのワインは畑の格付けにこだわったものではなく、ブラインド・テイスティングで選ばれた確かな味わいのものを使用。

ブレンドは2010年、12年、13年のシャルドネとピノ・ノワールで、アルマンドの特徴でもあるマルチヴィンテージと一番搾り果汁のみの使用を採用しています

シャルドネとピノ・ノワールのみのブレンドは、メゾンでも初の試みとなり、5年もの長い年月をかけて寝かせた他では味わえない1本です。

 

スペシャル エディションの味わい

キレのある程よい酸とシトラスのようなフレッシュな果実味が特徴です。

スパイシーな香りもほのかに感じられ、口当たりはまろやかでクリーミー。

エレガンスな後味が広がり、食前酒としてもおすすめです。

 

スペシャル エディションの値段

日本の参考小売定価は、55,000円です。

ネット通販では、40,000円〜60,000円が相場になっています。

「詳細を見る」ではAmazon、楽天、Yahoo!ショッピング各サイトの最安商品を見ることができます。

 

インスタ映えのトゲマンド

Twitterやインスタで話題のトゲトゲしたアルマンド。

アルマンドが公式に販売している商品ではなく、アルマンドに「スタッズ」をカスタマイズした物です。

 

トゲマンドの値段

ショップに寄りますが、カスタマイズ費は10,000円前後です。

完成品の価格は商品によりますが、アルマンドゴールドであれば50,000~60,000円後半で販売されています。

 

アルマンドが3本入る光るケーズ

さらに見た目が華やかになるLEDが埋め込まれた光る収納ボックスです。

日本では正式に流通しているものではありませんが、ネット通販で手に入れることができます。

リモコン式で様々な色に光るので収納したいアルマンドのカラーに合わせて色を調整でき、ディスプレイにも最適です。

また流通量は多くないですが、タワータイプや6本ケースなどのバリエーションもあります。

 

光るケースの値段

ネット通販では80,000円〜150,000円で販売されています。

ですが、流通量としてはフリマアプリやオークションでの出品が多く、相場は40,000円〜80,000円です。

 

アルマンドを安く買う方法!値段の違いの理由は?

ネットでアルマンドの値段を調べると、同じラインナップでも値段差があることに疑問を感じると思います。

その理由を2つ解説します。

 

正規品か並行輸入かの違い

最も大きい値段差に影響を及ぼすのが、正規品か並行輸入品かの違いです。

 

正規品とは

正規品は、日本のインポーター(正規輸入代理販売元)が輸入したものです。

例えば、アルマンドのゴールドであれば、正規品は並行輸入品にくらべて、10,000円前後値段が高いです。

 

並行輸入品とは

並行輸入品は個人または海外の会社が買い付け、日本に入ってきたものを指します。

正規品なら直接仕入れてリファーコンテナ、あるいは空輸で輸入しますが、並行輸入品は何人もの人を介して輸入されたかも分からず、どこでどんな状態だったのかも分かりません。

 

保存状態の違い

正規品の中での値段差、並行輸入品の中での値段差は保存状態によります。

一番多いのが箱の有り無しです。アルマンドは箱自体もオシャレで人気なので、並行輸入で箱がない物、中古の未開封で箱がないものは売値が下がります。


ワインショップソムリエ_キャンペーン用バナー

 

アルマンドは見た目にも品質にもこだわった実績あるシャンパン!

アルマンドは見た目にも品質にもこだわった実績あるシャンパン!

いかがでしたか?

今回は高級シャンパン「アルマンド」について。特徴や全種類の味わいや値段をご紹介しました。

世界中のセレブリティに愛されるシャンパーニュは最上級の味わいで、愛好家あこがれの1本です。

少々お高めですが、特別な日や自分へのご褒美として、ぜひ一度お試しください!

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】カルベのおすすめワイン9選!選び方のコツも解説

カルベのワインは、ネゴシアン(ワイン卸売業者)のカルベ社が取り扱う、伝統的なボルドーワインです。ボルドー全土をは

【ソムリエ監修】ポメリーの特徴や価格、おすすめマリアージュを種類ごとに解説

ポメリーは、世界で初めて辛口のシャンパーニュを造ったメゾンです。その伝統的な味わいは今でも世界中で愛され、バラエ

【ソムリエ監修】ニコラ・フィアットの価格やおすすめマリアージュを種類ごとに解説

ニコラ・フィアットはフランス、シャンパーニュ地方のシャンパーニュ・ブランドです。創業からわずか40年でフランスの

【ソムリエ監修】ウィリアム・フェーブルの人気おすすめ白ワイン12選!

ウィリアム・フェーヴルは、シャブリの最高の造り手とも称されるドメーヌです。スッキリした酸とミネラルたっぷりで透明

【ソムリエ監修】シャトー・ラグランジュを徹底解説!歴史、こだわり、種類をご紹介!

今回ご紹介するシャトー・ラグランジュ( Chateau Lagrange )は、ボルドーの格付けでグランクリュ3

【ソムリエ監修】パイパー・エドシックの価格、おすすめマリアージュを種類ごとに解説

パイパー・エドシック(PIPER-HEIDSIECK)は200年以上の歴史がある老舗のシャンパーニュ・メゾンです

ドンペリはどんなシャンパン?人気の理由や種類別の違いを徹底解説

ドンペリと聞くと、多くの人が”高級シャンパン”を思い浮かべるかと思います。 ですが、ドンペリの名前の由来や

モエ・エ・シャンドンのシャンパンとは?特徴やおすすめ9選を解説!

モエ・エ・シャンドンは世界中で愛されているシャンパーニュです。 スッキリとした辛口ながらコクのある味わいは

ソムリエが選ぶドメーヌ・アラン・ブリュモンのおすすめ10選!種類も紹介

ドメーヌ・アラン・ブリュモン(Domaine Alain Brumont)とはフランスを代表する生産者の一つで、リー

ベル・エポックで有名!ペリエ・ジュエの価格やおすすめのマリアージュを種類ごとに解説

ペリエ・ジュエ(Perrier-Jouët)は、シャンパーニュ地方でも200年という長い歴史を誇るメゾン(製造者

【ソムリエ監修】ボランジェの種類、価格、おすすめマリアージュを徹底解説!

ピノ・ノワール主体のシャンパーニュといえばボランジェです! 伝統的な製法で造られる高品質なシャンパーニュは

シャンパーニュ界の伯爵、テタンジェとは?価格、種類、味を徹底解説

テタンジェは、世界的に有名なシャンパーニュのメゾンです。 最良の畑で造られたシャルドネを主体に造られたシャ

シャンパンの帝王「クリュッグ」とは?気になる値段・種類・味を解説

クリュッグは、最高級のシャンパーニュを造るメゾンのひとつ。 クリュッグが生み出すシャンパーニュは「シャンパ

ヴーヴ・クリコはどんなシャンパン?気になる値段、種類、味を徹底解説!

ヴーヴ・クリコは、シャンパーニュを代表する老舗メゾンです。 1772年の創業以来、変わることなく高貴なシャ

【ソムリエ執筆】ローラン・ペリエを徹底解説!気になる種類、価格、味を紹介!

シャンパーニュメゾンの規模は家族経営から大規模経営まで多岐に渡ります。 ローラン・ペリエは、その中でもグロ

老舗シャパーニュメゾン、シャルル・エドシックを徹底解説!味わい、種類、価格を紹介

シャンパーニュの熱狂的ファンなら「シャルル・エドシック」の名はきっとご存知のはず。王室や政治家、俳優など世界中の

【ソムリエ厳選】ブラン・ド・ノワールのおすすめシャンパン20選!

ブラン・ド・ノワールとは、ピノ・ノワールやピノ・ムニエといった黒ブドウから造られるシャンパンを指します。

【ソムリエ監修】ルイ・ロデレールのおすすめ7選!特徴や選び方を解説

今年、イギリスの専門誌であるドリンクス・インターナショナルの「世界で最も賞賛されるシャンパーニュ・ブランド201

【ソムリエ監修】ルイナールとは?特徴、価格、おすすめマリアージュまで種類ごとに徹底解説!

ルイナールは、世界最古のシャンパーニュ・メゾン。300年近く前に初めてシャンパーニュの伝統的製法を生み出し、今で

【ソムリエ執筆】幻のシャンパン・サロンの気になる味、価格、当たり年をご紹介

100年間でたったの38回しかリリースされていない「幻のシャンパン」と呼ばれるサロン。 そんなサロンの徹底

【ソムリエ厳選】ロゼのおすすめシャンパン10選!パーティーや女子会にはコレ

乾杯にぴったりのロゼシャンパン!エレガントなピンクの色が特徴的でとっても人気があります。 特別なシーンにはスパ

特集記事

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

【2022年版】人気おすすめ焼酎26選!種類から選び方まで徹底解説

TOP