【ソムリエ監修】甘口から辛口まで!シュナン・ブランの特徴、おすすめ白ワイン15選を紹介

2018/09/21
おすすめ白ワイン

シュナン・ブランというブドウ品種をご存知でしょうか。

シュナン・ブランを使い、産地や醸造によりスパークリングワインから貴腐ワインまで様々な味わいのワインが造られています。

華やかな香りと飲みやすさが特徴のワインが造られる品種です。

今回はソムリエが、シュナン・ブランの特徴や主要産地、おすすめのワインをご紹介します。

記事の監修者

林 英公子

日本ソムリエ協会認定ソムリエ

ワインテクニカル監修。 なぜか宅建資格もあり。 CF制作会社・情報出版・IT企業に勤務後、 長らく印刷媒体制作ディレクター。 Uターン後は、ちょっといいピノ・ノワールを飲みながら 大音量で好きな音楽を聴ければ、ほどほどに幸せ。 真昼っから数十本のワインをテイスティングする修羅場も経験。

シュナン・ブランとは


ソース

多種多様なワインの品種

シュナン・ブランは白ワインの国際品種です

生産地によって異なる味わいになり、辛口、甘口の白ワイン、スパークリングワイン、貴腐ワインと様々なワインが生産されています。

フランスではピノー・ド・ラ・ロワール(Pineau de la Loire)、南アフリカでは、スティーン(Steen)とも呼ばれています。

原産地と主要産地

原産地はフランスのロワール地方です。主要産地で最も有名なのは南アフリカです。他にも、アメリカのカリフォルニア、ニュージーランドです。

シュナン・ブランの特徴


ソース

ブドウの特徴

水分が多く、果皮は堅いです。果実の色合いは、産地によって異なり、緑がかったものからゴールドに近いものまで様々です。

ワインの特徴

シュナン・ブランのワインは、生産地や醸造方法により大きく味わいを変わります。

辛口と甘口がある

辛口と甘口のものがあり、甘口は甘味の度合いに関わらず、酸味が強いです。

ブドウの熟度で度数が変わる

熟度により、アルコール度数が異なり、高いもので15%になるものも。度数のたかいものはリッチな味わい、低いものはサラリとした味わいになります。

シュナン・ブランのワインの選び方

シュナンブランはアロマティックであり、かつ濃密さに特徴がある品種です。

辛口から甘口、樽熟成、さらに貴腐ワインまで変幻自在に変化する多様性があります。

フランスのロワール地方を始めニューワールドでも、その個性を発揮しているワインをご紹介していきます。

産地で選ぶ

ワインを産地で選ぶ時、思い浮かべてほしいのはその地域がどの辺りに位置し、どんな気候区分かということです。

冷涼な地域ではシャープな味わいを、温暖な地域では柔和で厚みのある味わいとなることが基本です。

それをふまえた上で、ワインの味を想像しながら飲んで頂くと、さらに楽しくまた美味しさも増してきます。

南アフリカ

南アフリカのシュナンブランはスティーンとも呼ばれ、世界一の栽培面積を誇り、また古くから栽培されてきています。

スパークリングワインから甘口、辛口と様々なスタイルがあることも特徴です。

辛口タイプのワインからは心地よい丸みのある酸が感じられ、トロピカルフルーツのニュアンスがあります。

お手頃な価格でワインだけでも楽しめるので、お仕事帰りに一人で一杯だけという気分の時、さらっと味わっていただけます。

>>南アフリカのおすすめ白ワイン

フランス・ロワール

ロワール地方のシュナンブランはその最大の特徴とも言えるカリンジャムやマルメロの香りが際立っています。

口に含んだ瞬間は甘みも感じられますが、その味わいにはキレのある酸が存在感を主張してきます。

また、スパークリングワインとしても辛口でフルーティな味わいでお食事との相性も抜群です。

スティルワイン(甘口)(辛口)、スパークリングワイン、それぞれの味わいを堪能するのにはロワールのシュナンブランは最適です。

>>ロワールのおすすめ白ワイン

アメリカ・カリフォルニア

メロンのようなスウィートな香りと全体を引き締める比較的穏やかな酸味が特徴です。

カリフォルニアのシュナンブランを選ぶとすれば甘口やオフドライのタイプがおすすめです。

爽やかな酸と馴染みのよい味わいは季節感を問わずどんな料理とも合わせやすい所がおすすめです。

>>カリフォルニアのおすすめ白ワイン

オーストラリア

オーストラリアでもワイン文化が伝わった頃、ドライなテーブルワインのシュナンブランの生産が商業的に成功を収めたことから、ワイン造りが根付き始めました。なかでも西オーストラリアのスワイディストリクトではシュナンブランをはじめとして白ワインの生産が盛んな地域となります。

地中海性気候で平均気温は高めですが、フリーマントルドクターといわれる海風の影響で暑さは和らげられるため、ワインの生産に向いた地域です。

オーストラリアの中でもシュナンブランの生産量は少ないものの長期熟成向きの高品質なワインを生み出しています。

>>オーストラリアのおすすめ白ワイン

価格で選ぶ

気軽に楽しむなら南アフリカの1000円代のワインがおすすめです。

品種の特性をより深く楽しみたい場合はロワール地方の2000円代のワインがおすすめです。3000円以上であれば白ワインでも熟成感の感じられるものに出会えます。

その他の地域のワインも2000円代からそれぞれの地域の特性を感じられてるワインがお楽しみ頂けます。

シュナン・ブランのおすすめ白ワイン15選

シュナン・ブランの産地別の特徴を見てきました。ここからは産地や、醸造によって様々に味わいの異なるシュナン・ブランのおすすめのワインを見ていきましょう。

 

普段使いならこれ!予算2,000円未満

普段飲むワインは2,000円未満という方も多いと思います。コストパフォーマンスに優れたシュナン・ブランはこの価格帯にたくさんあります。おすすめのワインを5つ紹介します。

5位

シュナン・ブラン ボーグル・ヴィンヤーズ

1,868円 (税込)

詳細情報
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種:シュナン・ブラン

シュナン・ブラン ボーグル・ヴィンヤーズはアメリカ・カリフォルニア州に1,500エーカーを超える畑を所有し、ブドウ品種ごとに最適な土壌を選んで栽培しています。

トロピカル・フルーツような甘く豊かな果実味、メロンとパイナップル・ジュースの様な果実感があり、シルキーな甘い白桃を思わせる旨味で包み込まれています。100%ステンレス・スチール・タンクを使い醗酵させていて、いきいきとした酸が特徴です。

 

4位

サンタ・ジュリア フュージョン シュナン・ブラン/シャルドネ

808円 (税込)

詳細情報
度数:12 %
味わい:中辛口
産地:アルゼンチン

サンタ・ジュリア フュージョン シュナン・ブラン/シャルドネは、新鮮で生き生きとした、りんご、梨、桃、トロピカルフルーツにわずかな蜂蜜香が混ざり合い、淡いグリーンの美しい色合いが魅力のワインです。アルゼンチンの約600ヘクタールの自社畑栽培、収穫は全て手摘みという丁寧な造りでありながら、コストパフォーマンスにも優れた一本です。

 

3位

モンムソー・キュベ・JM

1,609円 (税込)

詳細情報
度数:12 %
味わい:辛口
産地:南アフリカ
品種:シュナン・ブラン95%、ヴィオニエ5%

モンムソー・キュベ・JMはフランス・トゥーレーヌ地区で造られるスパークリングワインです。きめ細かく優しい泡立ちが特徴です。熟した果実味と華やかな花の香りに包まれ、透明感のあるミネラルと爽やかな余韻のあるバランスのいいスパークリングです。

 

2位

エッセイ ホワイト

エッセイ ホワイトは南アフリカ共和国産の白ワインです。南アフリカ共和国・パール地区で栽培された樹齢の高いシュナン・ブランと若木のヴィオニエのブレンドです。フレッシュで果実味のある辛口ワインです。

 

1位

KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン 白

1,237円 (税込)

詳細情報
度数:13 %
味わい:辛口
産地:南アフリカ
品種:シュナン・ブラン

KWV クラシック・コレクション シュナン・ブランは南アフリカ共和国で造られる白ワインです。カリンとメロンの香り、ライムを想わせる微かな酸味を果実味が優しく包みこんでいるすっきりとした飲み心地のワインです。

コストパフォーマンス抜群のおすすめのシュナン・ブランです。

~2,000円のシュナン・ブランの白ワイン比較表

商品画像シュナン・ブラン ボーグル・ヴィンヤーズサンタ・ジュリア フュージョン シュナン・ブラン/シャルドネモンムソー・キュベ・JMエッセイ ホワイトKWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン 白
商品名シュナン・ブラン ボーグル・ヴィンヤーズサンタ・ジュリア フュージョン シュナン・ブラン/シャルドネモンムソー・キュベ・JMエッセイ ホワイトKWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン 白
価格1,868円(税込)808円(税込)1,609円(税込)895円(税込)1,237円(税込)
詳細産地:アメリカ、カリフォルニア
品種:シュナン・ブラン
度数:12 %
味わい:中辛口
産地:アルゼンチン
度数:12 %
味わい:辛口
産地:南アフリカ
品種:シュナン・ブラン95%、ヴィオニエ5%
ボディー ミディアムボディ度数:13 %
味わい:辛口
産地:南アフリカ
品種:シュナン・ブラン
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

自分へのご褒美ならコレ!予算2,000円~5,000円

予算2,000円以上の価格帯になると、個性的な味わいのシュナン・ブランが増えるので選ぶ楽しみがでてきます。ぜひ記念日や自分へのご褒美に自分の好みのシュナン・ブランを探してみませんか。

5位

ミルトン・ヴィンヤーズ シュナンブラン テ・アライ・ヴィンヤード

2,754円 (税込)

詳細情報
味わい:辛口
産地:ニュージーランド、ギズボーン
品種:シュナン・ブラン

ワインに関する著書で有名なニール・ベケットによる「死ぬ前に飲むべき1001のワイン」にも選ばれた、ニュージーランド産シュナン・ブランの最高峰。熟したりんごやパイナップルなどの果実味、生き生きとした味わいが特徴です。

 

4位

ギィ・サジェ ヴーヴレ

2,180円 (税込)

詳細情報
度数:14 %
味わい:中辛口
産地:フランス
品種:シュナン・ブラン

ギィ・サジェ ヴーヴはフランス・ロワール地方で造られる白ワインです。アーモンドやアカシアなどに似た繊細な香りと、フレッシュな酸味が特長です。ギィ・サジェはロワール・ワインの生産者として上位5社のひとつにランクされるほど有名なワイナリーです。

 

3位

ドメーヌ・ド・ラ・モット  コトー・デュ・レイヨン・ロッシュフォール・ドゥー

2,160円 (税込)

詳細情報
味わい:甘口
産地:フランス、ロワール
品種:シュナン・ブラン

ドメーヌ・ド・ラ・モット  コトー・デュ・レイヨン・ロッシュフォール・ドゥーはフランス・ロワール地方で造られる貴腐ワインで極甘口です。フルーティで蜂蜜のような味わい、程よい酸もあり、すっきりした味わいのワインです。

 

2位

カーブドッチ ワイナリー みつばち シュナンブラン

3,456円 (税込)

詳細情報
度数:11.5 %
産地:日本、新潟
品種:シュナン・ブラン

カーブドッチ ワイナリー みつばち シュナン・ブランは新潟で生産される白ワイン。花の香りからライチのようなフルーティな香りに変化していきます。口に含むと甘やかで、その後樽由来のバニラやナッツを感じることができます。

後味は心地よい苦みと旨みが広がります。国産のシュナン・ブランをぜひ試してみてください。

 

1位

エル・バンディート・スキン・コンタクト・シュナン・ブラン

4,400円 (税込)

詳細情報
味わい:ミディアムボディ
産地:南アフリカ
品種:シュナン・ブラン100%

1位のエル・バンディート・スキン・コンタクト シュナン・ブランは南アフリカ共和国産の辛口の白ワインです。高樹齢のシュナン・ブラン100%で造られていて、収穫は全て手摘み。このワインの特徴は、厚みのある骨格とミネラル感。旨味たっぷりのワインです。

2,000円~5,000円のシュナン・ブランの白ワイン比較表

商品画像ミルトン・ヴィンヤーズ シュナンブラン テ・アライ・ヴィンヤードギィ・サジェ ヴーヴレドメーヌ・ド・ラ・モット  コトー・デュ・レイヨン・ロッシュフォール・ドゥーカーブドッチ ワイナリー みつばち シュナンブランエル・バンディート・スキン・コンタクト・シュナン・ブラン
商品名ミルトン・ヴィンヤーズ シュナンブラン テ・アライ・ヴィンヤードギィ・サジェ ヴーヴレドメーヌ・ド・ラ・モット  コトー・デュ・レイヨン・ロッシュフォール・ドゥーカーブドッチ ワイナリー みつばち シュナンブランエル・バンディート・スキン・コンタクト・シュナン・ブラン
価格2,754円(税込)2,180円(税込)2,160円(税込)3,456円(税込)4,400円(税込)
詳細味わい:辛口
産地:ニュージーランド、ギズボーン
品種:シュナン・ブラン
度数:14 %
味わい:中辛口
産地:フランス
品種:シュナン・ブラン
味わい:甘口
産地:フランス、ロワール
品種:シュナン・ブラン
度数:11.5 %
産地:日本、新潟
品種:シュナン・ブラン
味わい:ミディアムボディ
産地:南アフリカ
品種:シュナン・ブラン100%
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

憧れの一品!予算10,000円以上

10,000円以上になると著名ワイナリーの貴腐ワインを選べます。特別なお祝いの日などに特別なシュナン・ブランはいかがでしょうか。別格の味わいを楽しめる最高級のシュナン・ブランを紹介します。

5位

1970年 ヴーヴレ・ドミ・セック

11,500円 (税込)

詳細情報
味わい:フルボディ
産地:フランス、ロワール
品種:シュナン・ブラン100%

1970年 ヴーヴレ・ドミ・セックはフランス・ロワール地方で造られた甘口の白ワインです。レモンなどの柑橘系の香りとかすかなフローラルな香り。軽やかな甘味に抑えられていて、余韻も爽やかです。カーヴ・デュアールは、ロワール地方では有名な古酒専門ワイン会社の熟成ヴーヴレです。

 

4位

1977年 ワイン ドメーヌ・ラ・クロワ・デ・ロージュ

10,578円 (税込)

詳細情報
度数:14 %
味わい:ライトボディ
産地:フランス
品種:シュナン・ブラン

1977年 ワイン ドメーヌ・ラ・クロワ・デ・ロージュはレモンやグレープフルーツなどの柑橘系の香り、ハチミツの香りが漂う甘口のワインです。軽い口当たりですが、しっかりした味わいで甘味とコクがあり、豊かな酸による爽やかな余韻を与えてくれます。

 

3位

1962年 ワイン シャトー・デュ・ブルイユ

12,744円 (税込)

詳細情報
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:フランス
品種:シュナン・ブラン

1962年 ワイン シャトー・デュ・ブルイユはリンゴや桃、ナッツの香りと僅かなフローラルの香りも感じられる甘口のワインです。酸のバランスがよく甘さと果実味が口の中に広がり、スッキリした酸による余韻が特徴的なフランス・ロワール地方で造られたワインです。

 

2位

1971年 ワイン ドメーヌ・ダンビーノ

11,678円 (税込)

詳細情報
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:フランス
品種:シュナン・ブラン

1971年 ワイン ドメーヌ・ダンビーノはリンゴとカラメルの香ばしさ、ハチミツとバターの香りが漂う甘口のワインです。甘口ですが酸とのバランスが絶妙で、甘ったるさはなく、爽やかな甘みが特徴です。

 

1位

1968年 コトー・デュ・レイヨン ボーリュー

11,858円 (税込)

詳細情報
味わい:フルボディ
産地:フランス、ロワール
品種:シュナン・ブラン100%

1968年 コトー・デュ・レイヨン ボーリューは厳しくブドウの選果が行われ最良のブドウだけで造られるAOCコトー・デュ・レイヨンのトップ・キュヴェ、「ボーリュー」です。スウィートな極甘口の貴腐ワインで、世界の甘口白ワインの頂点に立つ存在です。黄色果実の酸味と独特の清涼感があり心地よい酸っぱさを誇る複雑な味わいです。飲み口もフレッシュで、余韻は格別のフィニッシュです。

10,000円シュナン・ブランの白ワイン比較表

商品画像1970年 ヴーヴレ・ドミ・セック1977年 ワイン ドメーヌ・ラ・クロワ・デ・ロージュ1962年 ワイン シャトー・デュ・ブルイユ1971年 ワイン ドメーヌ・ダンビーノ1968年 コトー・デュ・レイヨン ボーリュー
商品名1970年 ヴーヴレ・ドミ・セック1977年 ワイン ドメーヌ・ラ・クロワ・デ・ロージュ1962年 ワイン シャトー・デュ・ブルイユ1971年 ワイン ドメーヌ・ダンビーノ1968年 コトー・デュ・レイヨン ボーリュー
価格11,500円(税込)10,578円(税込)12,744円(税込)11,678円(税込)11,858円(税込)
詳細味わい:フルボディ
産地:フランス、ロワール
品種:シュナン・ブラン100%
度数:14 %
味わい:ライトボディ
産地:フランス
品種:シュナン・ブラン
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:フランス
品種:シュナン・ブラン
度数:13 %
味わい:ライトボディ
産地:フランス
品種:シュナン・ブラン
味わい:フルボディ
産地:フランス、ロワール
品種:シュナン・ブラン100%
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

シュナン・ブランまとめ

シュナン・ブランの特徴からおすすめのワインまでを見てきました。

南アフリカ共和国はシュナン・ブラン栽培に向いた温暖な気候とワイナリーの長年の研究により、豊かな果実味ある高品質のワインが多く造られており、近年注目されています。

またフランス・ロワール地方はシュナン・ブラン原産地でもあり、果実味と酸のバランスに優れたワインが生産されています。

世界中で生産され、産地や醸造方法により様々な味わいになる品種ですので、自分のお気に入りのワインを探してみてください。

他の白ワイン品種も知りたい方はこちらをどうぞ。

>>白ワインのぶどう品種一覧

     

関連記事

【ソムリエ監修】南アフリカの白ワインおすすめ20選!選び方のコツから解説

ソース 皆さんは、南アフリカの白ワインを飲んだことがありますか? 実は南アフリカはブドウの栽培が盛んな国。環境に配慮

【ソムリエ監修】南アフリカのワインの魅力を解説!特徴からおすすめのワインまで紹介

ソース 南アフリカのワインはまだ日本ではあまり知られていませんが、世界からの注目度は抜群です。 ブドウ栽培に適し

【ソムリエ監修】安くて美味しい!南アフリカのおすすめ赤ワイン20選!

南アフリカはニューワールドのワイン生産国として、近年注目を集めています。 寒暖差の激しい気候で海が近いという立地条

【ソムリエ監修】ブーケンハーツクルーフの特徴や種類を解説!おすすめワイン8選も紹介

ソース ブーケンハーツクルーフ(Boekenhoutskloof)は、南アフリカの中でも最も評価の高いワイナリーの一

【ソムリエ監修】グリューナー・フェルトリーナーの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース グリューナー・フェルトリーナーのワインといえば、様々な用途や料理に使える汎用性の高さから今最も注目を集めてい

【ソムリエ監修】アリゴテの白ワインおすすめ5選!選び方のコツも解説

ソース アリゴテと聞いて、ぱっと味わいが浮かぶ人も少ないのではないでしょうか。 実はこのアリゴテ、現在価格沸騰中のブ

【ソムリエ監修】シルヴァネールの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース みなさんはシルヴァネールという品種を耳にしたことがあるでしょうか? ドイツやフランスの限られた地域で栽培さ

【ソムリエ監修】アルバリーニョの白ワインおすすめ10選! 選び方のコツも解説

ソース みなさんはアルバリーニョをご存知ですか?あまり聞いたことがない人が多いかもしれませんね。 実はこのアルバリ

【ソムリエ監修】新世界で注目!ソーヴィニヨン・ブランの特徴とおすすめの白ワイン15選を紹介

人は誰でも、体が疲れて少し食欲がないときがあります。そんなときに飲みたいワインが、さわやかな味わいのソーヴィニヨン・

【ソムリエ監修】ピノ・グリのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

ソース ピノ・グリはフランス・アルザス地方の高貴品種として知られています。多くのワイナリーがピノ・グリの魅力を活かし

白ワインの選び方

 

TOP


特集記事

【ワインエキスパート執筆】オレンジワインとは?特徴とおすすめ10選まで紹介

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

【濃厚な甘口ワイン】アイスワインをソムリエが解説!美味しい飲み方、おすすめワインを紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介