【決定版】ヴァンムスーとは?フランスのスパークリングワインを徹底解説

2019/03/05 スパークリングワイン

スパークリングワインといえばシャンパン!と思う方も多いのでは?

実はシャンパンは「ヴァンムスー」というフランス産のスパークリングワインの一部に分類されます。

今回はヴァンムスーについて、ソムリエが種類や選び方、シャンパンとの違いをご紹介します。

記事の監修者

佐々木 健太

J.S.A. ソムリエ・エクセレンス

ソムリエ/年間受講者数日本一を誇るカリスマワインスクール講師  21歳でソムリエ資格を取得。南フランスにある一つ星レストラン「Keisuke Matsushima」にて研鑽を積み、帰国後は南青山「L’AS」を経て、株式会社WINE TRAILを創業。ワインのサブスク「HOME WiNE」を手掛ける。YouTubeチャンネル「ソムリエ佐々木」を運営。第9回全日本最優秀ソムリエコンクールファイナリスト。https://homewine.jp/



ヴァンムスーとは

ヴァンムスーとは、フランスのスパークリングワインの総称です。

フランス語で「ヴァン」はワイン、「ムスー」は泡と言う意味を持つので、ヴァンムスー=フランス語のスパークリングワインということになります。

ワイン大国であるフランスには、多くのワイン生産地があることはみなさんもご存じのことでしょう。

ボルドーやブルゴーニュなどの銘醸地が人気ですが、フランスの各地域では特色のあるスパークリングワインも造られているのです。

その筆頭であるシャンパーニュをはじめ、各地のクレマン、ムスー、ペティアンなどその種類は多彩。

これらの違いや特徴を知ることで、スパークリングワインの選び方も味わい方もワンランク上を目指すことができます。

ヴァンムスーの大きな魅力は、フランス産の高品質なスパークリングワインでありながらリーズナブルであるところです。

価格を気にせずに美味しいスパークリングワインを飲みたいと言う方には、最適なワインと言えるでしょう。

フランスのスパークリングワインの全体像

こちらでフランスのスパークリングワイン=ヴァンムスーについて簡単に解説します。

フランスのスパークリングワインの主な呼称は以下の通りです。

 

フランスのスパークリングワインの種類
・AOCムスー
・クレマン
・シャンパン
・ペティアン

これらのスパークリングワインの違いは、製法や産地によって分類されます。

それぞれどのように違いがあるのかを以下の表で確認しましょう。

■フランスのスパークリングワインの種類

種類製法産地ガス圧
AOCムスー瓶内二次発酵多数5~6気圧
クレマン瓶内二次発酵8つの地方3.5気圧
シャンパーニュ瓶内二次発酵シャンパーニュ地方のみ5~6気圧
ペティアンアンセストラル方式ロワール地方が中心2.5気圧以下

このように、フランスのスパークリングワインは原産地呼称(AOC)によって細かく定義付けがされています。

ヴァンムスーとひと口に言っても、その種類は様々あるということを覚えておきましょう。

ヴァンムスーの選び方

フランスのスパークリングワインの特徴を、発泡度の違いや産地ごとにご紹介しますので、お好みを見つけてください。

多くのフランスのワインは、「原産地呼称制度」で産地・品種・製法が規定されています。この規定を守って造られたワインをA.O.C.ワインと呼びます。A.O.C.でわかりやくすお話しします。

発泡度の違いで選ぶ

スパークリングワインの特徴である泡立ちは、ワインの種類によって異なります。

発泡度の違いをこちらで確認しましょう。

 

【A.O.C.ムスー】シャンパンのような爽快な発泡性

ヴァンがつかない「A.O.C.ムスー」は、 製法・熟成期間などそのA.O.C.の規定をクリアしたスパークリングワインです。

例えば、ロワール地方ヴーヴレの「ヴーヴレ・ムスー」がこれに当たります。

「A.O.C.ムスー」は、品種・製法・熟成期間が特定されています。

ヴァンムスーはスパークリングワイン全般を指し、A.O.Cムスーは一定の基準を満たしたスパークリングワインと覚えておきましょう。

A.O.Cムスーはシャンパンに近い豊かな発泡性があるため、これぞスパークリングワインという爽快感を楽しめるでしょう。

 

【クレマン】バランスの取れた発泡性

クレマンはシャンパンと同じ瓶内二次発酵方式で造られたスパークリングワインです。

ガス圧は3〜3.5気圧程度と、フランスのスパークリングワインの中ではややガス圧が低めとなっています。

発泡度ではシャンパンに劣りますが、芳醇でふくよかな味わいはシャンパンに劣りません

各エリアの主要品種が使われているので、お好きな生産地があれば、その生産地のクレマンがおすすめです。

フランス国内にクレマンのA.O.C.は8つあり、「クレマン・ド・ロワール」「クレマン・ド・ブルゴーニュ」など、クレマンの後に産地の名前が付く名称となります。

ガス圧が強すぎない分、リラックスしたいときや食事とワインをしっかり合わせたい時にクレマンは最適でしょう。

※各産地の特徴はこの後出てきます。

>>フランス発泡ワイン、クレマンとは?種類から、おすすめのクレマンを紹介!

 

【ペティアン】微発泡で優しい口当たり

ガス圧2.5気圧以下の微発砲スパークリングがペティアンです。

ロワール地方が主な産地となりますが、フランス全土で造られています。

ペティアンは発酵途中のワインをそのまま瓶詰めする「アンセストラル方式」で造られるのが特徴。

フレッシュ感とほのかな甘味、プチプチと感じる穏やかな泡立ちがペティアンの魅力です。

ペティアンも多くの場合、各エリアの主要品種が使われているので、お好きな生産地や品種から選ぶのが良いですね。

※各産地の特徴はこの後出てきます。

>>【ソムリエ監修】フランスの弱発泡性ワイン、ペティアンを徹底解説!おすすめ10選も紹介

産地で選ぶ

【ボルドー】酸が控えめでやわらかい味わい

赤ワインの銘醸時として知られているボルドー。

そんなボルドーでは良質なスパークリングワインも生産されており、そのうちの一つがクレマン・ド・ボルドーです

ボルドーの主要白品種であるセミヨンを使った白のスパークリングワインは、きめ細やかな泡と優しい酸が特徴。

同じくボルドー主要赤品種であるメルロを使ったロゼは、キイチゴのような小さい果実のかわいらしい風味をふわっと感じます。

ボルドーのクレマンは、全体的に酸が控えめでやわらかい飲み口を楽しめるでしょう。

>>【ソムリエ監修】おすすめのクレマン・ド・ボルドー10選!選び方のコツも解説

 

【ブルゴーニュ】シャンパンと似た味わい

ブルゴーニュ地方の主要なブドウ品種といえば、シャルドネピノ・ノワールです

そしてブルゴーニュ地方を代表するスパークリングワインがクレマン・ド・ブルゴーニュシャンパン

この2つのワインはいずれもシャルドネとピノ・ノワールから造られるため、味わいが似ていると言われています。

ブルゴーニュ地方の北端はシャンパーニュ地方の南に位置し、土壌も同じ石灰岩質土壌で気候も同じく冷涼など、共通点が多くあります。

シャンパンと比較してクレマンはかなりお手頃価格です。

ブルゴーニュのクレマンを選べば、かなりシャンパンに近い味わいが期待できるでしょう。

>>【ソムリエ執筆】おすすめのクレマン・ド・ブルゴーニュ10選!ブルゴーニュのスパークリングワインはコレ!

 

【ロワール】フランスのスパークリングの代表産地

ロワール地方は、フランス全土の中でも有数のスパークリングワイン産地です。

上品な果実味と伸びやかな酸を持ったクレマンを生産し、中にはシャンパーニュ以上の長い熟成期間を経てリリースされるものもあります。

クレマンは各A.O.C.の主要品種で作られますが、ロワールでの筆頭品種はシュナン・ブランです。

繊細な泡、シュナン・ブランの特徴である花梨の他に桃やグレープフルーツなどの香りが豊かに立ち上ります。

また、ロワール地方でスパークリングワインの産地として忘れてはならないのは、ムスーの項でもご紹介したヴーヴレ

ヴーヴレのシュナン・ブラン品種のスパークリングは、シャンパーニュに比較して控え目価格ながら、高い評価を獲得しています。

また、ロワール地方は微発泡のペティアンが多く生産されていることでも有名です。

>>【ソムリエ厳選】おすすめのクレマン・ド・ロワール10選!ロワールのスパークリングワインはコレ!

 

【アルザス】香り豊かで繊細な味わい

マコンワインの特徴

フランス北東部・ドイツとの国境地帯にあるアルザス地方のクレマンがクレマン・ダルザスです。

品種は主にピノ・ブラン。

しっかりとした酸と適度な苦みがあり、コクのある味わいです。

その他にピノ・グリ、ピノ・ノワール、リースリング、シャルドネも使われています。

クレマンダルザスは凝縮された果実味と豊かなアロマ、柔らかで繊細な味わいが特徴です。

シャンパーニュと比較してアルコール度数がやや低く、角がない口当たりの良さは飲み手を選びません。

 

価格で選ぶ

フランスのスパークリングワインは、1,000円から3,000円代の商品ラインアップが充実しています。

5,000円未満で高品質のものが手に入るのがいいところです。

日常使いであれば、2,000円未満で十分でしょう。

5,000円以上のスパークリングワインは、フランスの場合ほぼシャンパーニュになります。

>>【ソムリエ解説】おすすめのシャンパン16選!特徴・飲み方も解説!

おすすめのヴァンムスー10選

自分がおいしいと感じるスパークリングワインの産地や品種、発泡度について少し詳しくなれたら、ワイン選びが益々楽しくなりますね!

フランスのスパークリングワインは、5,000円以上出せばシャンパーニュが買えます。

予算が許す方は、ぜひフランスのシャンパーニュをお選びください。

今回は5,000円までのスパークリングワインのおすすめ商品をご紹介します。

[PR]
SAKECOMI監修でもあるトップソムリエ佐々木が徹底的に考え尽くした、ワインプログラム。
「ワインを何から飲めばいいのかわからない」
「ワインが美味しいのかわからない」

そんなあなたにおすすめです。ホームワインを詳しく見る※ 販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。

 

デイリーワインにおすすめ!予算2,000円

商品画像オルシュヴィレール クレマン ダツザス ブリュットクレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュット クレマン ド リムー レ グレムノス NV ドメーヌ ジ ロレンスポール・ド・ラゴン ブリュットラングロワ・シャトー・クレマン・ド・ロワール
商品名オルシュヴィレール クレマン ダツザス ブリュットクレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュットクレマン ド リムー レ グレムノス NV ドメーヌ ジ ロレンスポール・ド・ラゴン ブリュットラングロワ・シャトー・クレマン・ド・ロワール
詳細原産国名 フランス味わい  辛口
原産国名 フランス ブルゴーニュ
メーカー名 ルイ・ピカメロ
果実 %     ピノ・ノワール60%、シャルドネ30%、アリゴテ10%
味わい  辛口
原産国名 フランス ラングドック
メーカー名 ドメーヌ・ジ・ロレンス
果実 %     シャルドネ60%、シュナン30%、モーザック5%、ピノ・ノワール5%
アルコール度数 12 %
味わい  辛口
原産国名 フランス ボルドー
メーカー名 ドラジェ
果実 %     メルロー、セミヨン
アルコール度数 12 %
味わい  辛口
原産国名 フランス ロワール
メーカー名 アルカン
果実 %     ピノノワール
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

5位

ラングロワ・シャトー・クレマン・ド・ロワール

詳細情報
アルコール度数 12 %
味わい  辛口
原産国名 フランス ロワール
メーカー名 アルカン
果実 %     ピノノワール

・シャンパーニュの名門ボランジェ傘下

果実味たっぷりの心地よい酸は、シャンパーニュに引けを取りません。

食前酒としてはもちろん、サラダや魚介料理など食事全般に合わせられます。

種類産地アルコール度数
クレマン・ド・ロワールロワール地方12%

 

4位

ポール・ド・ラゴン ブリュット

詳細情報
アルコール度数 12 %
味わい  辛口
原産国名 フランス ボルドー
メーカー名 ドラジェ
果実 %     メルロー、セミヨン

・環境に配慮した農法で栽培

化学薬品などを可能な限り使わない農法で栽培されたブドウを使って造られています。

穏やかな酸味のやわらかな味わいは、ボルドーのクレマンならでは。

お料理全般に合わせやすい味わいです。

種類産地アルコール度数
クレマン・ド・ボルドーボルドー地方12%

 

3位

クレマン ド リムー レ グレムノス NV ドメーヌ ジ ロレンス

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 フランス ラングドック
メーカー名 ドメーヌ・ジ・ロレンス
果実 %     シャルドネ60%、シュナン30%、モーザック5%、ピノ・ノワール5%

・シャルドネ主体の南仏産クレマン

シャンパーニュの生産者が南仏リムーで立ち上げたワイナリー。

食前酒にぴったりのフレッシュな味わいです。繊細な美しい泡も楽しめます。

種類産地アルコール度数
クレマン・ド・リムーラングドック地方12%

 

2位

クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュット

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 フランス ブルゴーニュ
メーカー名 ルイ・ピカメロ
果実 %     ピノ・ノワール60%、シャルドネ30%、アリゴテ10%

・コンテスト常連メダリストスパークリング!

クレマンを専門とする生産者ルイ・ピカメロが、ピノ・ノワールにシャルドネと、シャンパーニュのようなブレンドで造り上げました。

柑橘系のフルーティーな香りで、フレッシュで生き生きとした口当たりは、前菜やサラダにぴったりです。

種類産地アルコール度数
クレマン・ド・ブルゴーニュブルゴーニュ地方12%

 

1位

オルシュヴィレール クレマン ダツザス ブリュット

・酸とコクを味わうならアルザス産

瓶内2次発酵によるキメの細かい泡立ち、フレッシュな酸と華やかでコクのある風味が楽しめます。

アルザス地方の主要品種ピノ・ブラン100%。魚介料理や塩味の肉料理にぴったりです。

種類産地アルコール度数
クレマン・ダルザスアルザス地方12%

来客用やちょっとしたご褒美に!2,000円~5,000円

商品画像クレマン クリュール クレマン ダルザス キュヴェ マネキネコセバスチャン・ブリュネ ヴーヴレイ ペティアン ル・ナチュレクレマン ド ボルドー ブリュット エクスクルーシブNV レ コルドリエクレマン・ド・ロワ-ル・ロゼフレデリック・マニャン クレマン・ド・ブルゴーニュ ブラン・ド・ノワール エクストラ・ブリュット
商品名クレマン クリュール クレマン ダルザス キュヴェ マネキネコセバスチャン・ブリュネ ヴーヴレイ ペティアン ル・ナチュレクレマン ド ボルドー ブリュット エクスクルーシブNV レ コルドリエクレマン・ド・ロワ-ル・ロゼフレデリック・マニャン クレマン・ド・ブルゴーニュ ブラン・ド・ノワール エクストラ・ブリュット
詳細アルコール度数 13 %
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名 ヌーヴェル・セレクション
果実 %     ピノ・ブラン60%、ピノ・オーセロワ40%
原産国名 フランス ロワール
メーカー名 テラヴェール
果実 %     シュナン・ブラン 100%
原産国名 フランス ボルドー
メーカー名 レ・コルドリエ
果実 %     カベルネ・フラン100%
原産国名 フランス ロワールアルコール度数 13 %
味わい  辛口
原産国名 フランス ブルゴーニュ
メーカー名 テラヴェール
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

5位

フレデリック・マニャン クレマン・ド・ブルゴーニュ ブラン・ド・ノワール エクストラ・ブリュット

詳細情報
アルコール度数 13 %
味わい  辛口
原産国名 フランス ブルゴーニュ
メーカー名 テラヴェール

・ブルゴーニュの名手が手がけたクレマン

ブルゴーニュの著名生産者の一人、フレデリック・マニャンが造るはじめてのクレマン・ド・ブルゴーニュです。

ピノ・ノワール100%の上品で優しい果実味は、記念日を華やかに彩ります。

種類産地アルコール度数
クレマン・ド・ブルゴーニュブルゴーニュ地方13%

 

4位

クレマン・ド・ロワ-ル・ロゼ

・ロゼのクレマンはパーティーを盛り上げます

淡いサーモンピンクのクレマンは穏やかな果実味と細やかな泡立ちが特徴です。

ロゼはその美しい色合いでテーブルを華やかに演出してくれます。

種類産地アルコール度数
クレマン・ド・ロワールロワール地方12%

 

3位

クレマン ド ボルドー ブリュット エクスクルーシブNV レ コルドリエ

詳細情報
原産国名 フランス ボルドー
メーカー名 レ・コルドリエ
果実 %     カベルネ・フラン100%

・ボルドーらしいリッチでまろやかなクレマン

甘いふんわりした果実味の丸みの帯びた香り。

繊細ながら、泡立ちはしっかりしており、奥行きのある味わいを楽しんでいただけます。

種類産地アルコール度数
クレマン・ド・ボルドーボルドー地方12%

 

2位

セバスチャン・ブリュネ ヴーヴレイ ペティアン ル・ナチュレ

詳細情報
原産国名 フランス ロワール
メーカー名 テラヴェール
果実 %     シュナン・ブラン 100%

・スパークリング名産地ヴーヴレの微発砲

しっかりとした酸とミネラルを感じる微発砲ペティアンです。

ヴーヴレイが属するロワール地方の代表的品種、シュナン・ブラン100%。

優しい泡はどんな料理にも寄り添います。

種類産地アルコール度数
ペティアンロワール地方12%

 

1位

クレマン クリュール クレマン ダルザス キュヴェ マネキネコ

詳細情報
アルコール度数 13 %
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名 ヌーヴェル・セレクション
果実 %     ピノ・ブラン60%、ピノ・オーセロワ40%

・ラベルの招き猫には由来あり

生産者が日本在住の弟さんを訪ねて来日した折、土産物屋で招き猫と出会い「人を招く」という話に感銘を受けたことが由来です。

プレゼントでもらったらきっと喜んでもらえるでしょう。

味わいは繊細でありながら、しっかりした辛口のクレマンです。

種類産地アルコール度数
クレマン・ダルザスアルザス13%

世界の代表的なスパークリングワイン

最後にフランス以外のスパークリングワインについてもご紹介します。

世界には様々なスパークリングワインがありますので、フランス産のものと飲み比べを楽しんでみてはいかがでしょうか。

イタリア「プロセッコ」

イタリアの有名なスパークリングワインと言えばプロセッコ。

イタリア北部のヴェネト州で生産されるスパークリングワインで、フルーティーでフレッシュな味わいが魅力です。

プロセッコの人気は世界的に急上昇中で、総販売数で比較すればプロセッコはすでにシャンパンを上回っています。

また、プロセッコ以外にもイタリアに非常に様々なスパークリングワインがあります。

 

イタリアのスパークリングワイン
スプマンテ:スパークリングワインの総称
フリッツァンテ:微発泡スパークリングワイン
プロセッコ:フレッシュでフルーティー
アスティ:低アルコールの甘口
フランチャコルタ:瓶内二次発酵

フランスの次は、イタリアのスパークリングワインを試してみてはいかがでしょうか?

>>【ソムリエ解説】プロセッコとは?特徴からおすすめのプロセッコ10選を紹介

>>イタリアスパークリングワイン、スプマンテとは?種類からおすすめのスプマンテを紹介

 

スペイン「カヴァ」

スペインを代表するスパークリングワインがカヴァです。

バルセロナのすぐ近くにあるカタルーニャ州の発泡性ワインで、シャンパン、プロセッコに次ぐ販売数を誇る人気があります。

カヴァはシャンパンと同じ瓶内二次発酵製法で造られますが、シャンパンよりもリーズナブルな価格で飲めるのが大きな魅力です。

シャンパンクラスのワインを気軽に楽しみたい時には、ぜひスペインのカヴァを。

>>【ワイン教養】カバってどんなワイン?基礎知識からシャンパンとの違い、注目のおすすめ銘柄をご紹介!

>>【ワインエキスパート厳選】スペインのおすすめスパークリングワイン10選!

ドイツ「ゼクト」

ゼクトはドイツの高品質なスパークリングワイン。

意外と知られていませんが、ドイツは世界の4分の1のスパークリングワインを消費しているスパークリングワイン大国なのです。

そんなドイツで生産されるゼクトは、瓶内二次発酵製法によるきめ細かい泡立ちを楽しむことができます。

また、ゼクトは産地の縛りが無いために、ドイツ各地で多種多様なゼクトが造られていることも特徴です。

カジュアルに飲める安価なものから、シャンパンに匹敵するような高品質な銘柄のスパークリングワインがドイツにはあります。

>>【ソムリエ厳選】ドイツの発泡性ワインといえばコレ!おすすめゼクト10選を紹介

その他の地域

スパークリングワインは世界各地で生産されています。

ワイン新興国で造られるスパークリングワインは、コストパフォーマンスに優れているところが大きな魅力です。

ここ近年では、フランスやイタリアのようなワイン伝統国に負けない品質のスパークリングワインも登場し始めています。

 

・アメリカ

新進気鋭ワイナリーの台頭が進んでいるアメリカ。

カジュアルな味わいから、最高品質の銘柄まで幅広いワインナップがあります。

>>【ソムリエ執筆】アメリカのおすすめスパークリングワイン10選!本場に負けないクオリティ

 

・オーストラリア

世界で初めて缶入りのスパークリングワインを生み出すなど、デイリー向きのスパークリングワインが多くあります。

オーストラリアの固有品種であるシラーズを使った赤のスパークリングワインも人気です。

>>【ソムリエ監修】オーストラリアのおすすめスパークリングワイン10選!選び方のコツも解説

 

・チリ

チリワインの素晴らしいところは圧倒的なコストパフォーマンスです。

安くて美味しいスパークリングワインを選びたいのなら、チリワインは選択肢から外せません。

>>【ソムリエ厳選】激安で美味しい!チリのおすすめスパークリングワイン10選

 

・日本

国産のスパークリングワインも人気が出始めています。

日本ならではの繊細で品のある味わいのスパークリングワインをぜひ楽しんでみてください。

>>【ソムリエ監修】日本のおすすめ人気スパークリングワイン15選!

ヴァンムスーは世界で楽しまれているフランスのスパークリング!

フランスは優れたスパークリングワインの産地です。

スパークリングワインと言えばシャンパーニュを思い浮かべる方が多いと思われますが、シャンパーニュ地方以外でもすばらしいスパークリングワインが造られています。

パーティーや記念日、贈り物にぜひヴァンムスーの中から選んでみてください。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ厳選】おすすめのクレマン・ド・ロワール10選!ロワールのスパークリングワインはコレ!

フランスのロワール地方は、「フランスの庭」とも言われる風光明媚な地域として有名です。異なる気候や土壌の影響でいろ

【ソムリエ監修】フランスの弱発泡性ワイン、ペティアンを徹底解説!おすすめ10選も紹介

最近、ペティアンというスパークリングワインが世界的に注目されています。 注目されるようになったのは最近です

【ソムリエ執筆】おすすめのクレマン・ド・ブルゴーニュ10選!ブルゴーニュのスパークリングワインはコレ!

「クレマン」と聞いてピンとくる方はワイン通ですね。 「クレマン」はフランスの7つの地区でそれを名乗ることが

フランス発泡ワイン、クレマンとは?種類から、おすすめのクレマンを紹介!

フランスのスパークリングワインと言ったら、真っ先に思い浮かぶのはシャンパンでしょうか。 確かに、シャンパン

【ソムリエ監修】おすすめのクレマン・ド・ボルドー10選!選び方のコツも解説

クレマン・ド・ボルドーは、本場シャンパーニュにも決して劣らない逸品揃い。 手頃な価格で試しやすいのも魅力の

【ソムリエ厳選】世界最大のロゼワイン生産国!フランスのおすすめロゼワイン10選!

赤ワインや白ワインの影に隠れて、日本ではあまり人気がないとも言えるロゼワイン。 しかし、フランスでは白ワインの

【ソムリエ執筆】フランスのワイン産地、歴史、格付け、有名銘柄を徹底解説!

ワイン産地と言えば、フランスを思い浮かべる人がほとんどだと思います。 とは言っても、フランスワインについて

【ソムリエ解説】おすすめのシャンパン16選!特徴・飲み方も解説!

  お誕生日や記念日など、華やかな席にシャンパンは欠かせませんよね。でも、多くの銘柄があり、味わ

【ワイン教養】高級シャンパンおすすめ32選!シャンパンの基礎知識からギフトにおすすめな銘柄までをご紹介!

シャンパンと聞いて皆さんは、どのような印象をまず思い浮かべるでしょうか。 「高級感があってお祝い事の時に飲

【ソムリエ執筆】フランスのおすすめ赤ワイン17選!特徴も徹底解説!

フランスといえば、「ボルドー」「ブルゴーニュ」「コート・デュ・ローヌ」といった、世界中のワイン愛好家が憧れる、赤

【ソムリエ監修】フランスのおすすめ白ワイン20選!特徴、種類、選び方のコツも解説

ワインといえば、フランスが本場というイメージを持っている方がほとんどではないでしょうか。 しかし有名なだけ

特集記事

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

【2022年版】人気おすすめ焼酎26選!種類から選び方まで徹底解説

TOP