【ソムリエ監修】ハンガリーのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

2018/12/19
おすすめ白ワイン

 

旧東欧圏の中では最も古いワイン造りの歴史を持つハンガリー。1730年にはトカイ地方で世界で初めて、土壌、方位、貴腐の偏向性に基づくブドウ畑の格付け区分がなされました。

これはフランスのボルドーのグランクリュが格付けされる125年も以前になります。そんな、古式ゆかしい伝統と歴史を持つハンガリーの白ワインをご紹介いたします。

記事の執筆者

まゆみ 佐藤

・日本ソムリエ協会認定 ワインソムリエ ・チーズプロフェッショナル協会認定 チーズプロフェッショナル

ショットバー経営者、C.P.Aチーズ検定を年に2回開催し、ワインとチーズのマリアージュなどを提案している。

ハンガリーの白ワインの特徴


ハンガリーで生産されている主なブドウ品種のうち、約7割は白ブドウ品種です。
代表的なブドウは聞き覚えのあるシャルドネやリースリング、ソーヴィニヨンブランに加え、ハンガリー特有の品種がつらなります。
主に大陸性気候の影響を受け夏と冬の寒暖差が大きく、それぞれの品種の個性のはっきりとでる性格の良いワイン作りが行われています。

ハンガリーの白ワインの選び方

ソース

産地で選ぶ

主に白ワインを生産している地区は、国土の西から北北東側に向かって多く見受けられます。

ハンガリーの西側に位置する、バラトン湖畔北側の産地には南斜面で日照的に好条件の丘があり、湖畔特有の気候条件などにより個性豊かな白ワインが生産されます。

そこからカルパチア山脈のある北東側に進むと貴腐ワインで有名なトカイ地方、こちらでは貴腐ワインと同品種のフルミントから辛口のテーブルワインもつくられています。

バラトンボグラール

ソース

バラトン湖の周りは山や丘が散在、高低差のある複雑な地形をしていて、その地形を有効活用して、湖の周辺に複数のワイン産地があります。
この辺りはブドウ栽培期には晴天の日が多く、昼夜の寒暖差が大きいのでブドウの完熟度が高くなります。
出来上がるワインは果実味の凝縮した中に酸味とミネラルの主張がハッキリとある白ワインに仕上がります。

トカイ ヘジャリア

ソース
1757年の王令でトカイに最初のワインの原産地名称保護制度のシステムが作られた産地です。

ハンガリーのワイン地域のなかで最も北に位置し、27の集落を含む約5、500ヘクタールにわたる産地です。

長くおだやかなトカイの秋は、ティサ川とボドログ川から立ち上る霧に包まれ、貴腐ワインにとっては最高の気象条件を持つ地域ですが、フルミント種だけで作られる辛口白ワインも生産されています。

日本でもハンガリーの辛口白ワインとしてフルミントを使ったワインが多数見受けられます。

パンノンハルマ


ソース

比較的降水量が少ない地域で温度は高め、冬は特に温暖でおだやかな気候の地域です。

生産されるのはワインは白ワインがほとんどで、ハンガリーの22の産地の中でも一番小さい産地です。

世界遺産であるパンノンハルマの修道院の創建書のなかにはワイン生産に関する記述があり、この地域のワイン生産は修道院の歴史と密接につながっていることを証明しています。

味わいで選ぶ


ソース

ハンガリーの白ワインを味わうなら、バラトン湖の北側のエリアがおすすめです。その中でも注目したい地区をご紹介します。

フルーティで濃厚なバダチョニ

バラトン湖北岸の代表的な産地バダチョニで作られてるワイン、フルーティでアルコール度も高めのワインで「神々のネクター」と称されています。

アルコール度高めのバラトンフレド

バラトン湖北部の二つの村に挟まれる産地、その一つの村であるバラトンフレドのワインはしっかりとしたボディでアルコール度数も高めのワインです、燃え立つ様な激しさがあります。

軽快で香り高いチョパク

バラトン湖北部の二つの村に挟まれる産地のもう一つがチョパクで、バラトンフレドとは対象的に軽快な味わいで、気品ある香りでエレガントな味わいのワインです。

品種で選ぶ

国際品種から土着品種まで数多くの白ブドウ品種が存在するなかから、市場でよく見られる代表的なハンガリーの白ワインの品種をご紹介いたします。

フルミント


ソース

ハンガリー北部卜カイ地方の主要ブドウ品種、ハーシュレベルーとブレンドされることも多いです。

通常酸味のある力強い辛口ワインになりますが、生産年により貴腐ブドウとなった場合は極甘口の貴腐ワインとなる品種です。

若いものでは緑がかった黄色、味わいは酸味が強く、熟したりんごのアロマを感じます。

栽培方や熟成によっては、豊かな芳香と若々しい酸味のある高品質はワインに変化します。

シャルドネ


ソース

ハンガリーのシャルドネは食事と併せて召し上がっていただきたいワインです。

ハンガリーはヨーロッパやアジアの遊牧民など、多様な食文化の影響を受けながら発展してきたワイン文化でもあり、料理とともに変遷してきた歴史もあります。

白ワインはもちろんスパークリングワインもさっぱりしていて飲みやすく食前、食中酒としておすすめの品種です。

オラス・リーズリング


ソース

一般的なリースリングとは異なる品種です。国外では、ウェルシュ・リースリングと呼ばれています。ハンガリーでは、トカイ・ヘジャリアとチョングラード以外の全ての地域で生産されていて、特にバラトン湖周辺のワイン地域で生産されるものが有名です。ミニョネット(モクセイソウ)の香りとアーモンドのような不思議な風味を醸し出し、良い年のものは、数年熟成することによって素晴らしいヴィンテージワインとなります。

価格で選ぶ

ハンガリーの白ワインは1000円から3000円の間に商品が集中しています。

国際品種の白ワインは1000円代で買えるものが多く、ハンガリーの固有品種の白ワインとなると少々お値段が高めになる傾向があります。

フランスやイタリアなどのヨーロッパワインに比べるとネームバリューは低いのですが、品質は手堅い所があり、お友達とのパーティーや自宅での晩酌のお供にぴったりのワインが見つかるはずです。

ハンガリーのおすすめ白ワイン10選

デイリーワインにおすすめ!予算2,000円

5位

トカイ フルミント ドライ ホワイト

1,069円 (税込)

詳細情報
原産国名:ハンガリー 辛口 白 品種:フルミント91% シャルガ・ムシュコタ9%生産国:トカイへジアリャ地方  

程よい味わいの万能選手

どこで飲んでも誰と飲んでも嫌みのない味わいです。それでいて、はっきりとした酸味と洋梨やピーチの香り、爽やかでしっかりとした骨格のある切れ者です。

食前酒として喉の渇きを潤してくれそうなアイテムですので、グリーンサラダやホタテのカルパッチョなど前菜との相性が良さそうです。

4位

イコン シャルドネ

1,058円 (税込)

詳細情報
原産国名:ハンガリー 辛口 白 品種:シャルドネ
生産地:バラトン(北トランスダヌビア地方) 

ブドウの個性が感じられる味ワイン

グラスから香るいきいきとした柑橘系の軽快さと口に含んだ後からやって来る蜂蜜のような厚みのある香りが感じられます。
味わいはキレがありバランスがよく仕上がっています。

エビとチンゲンサイの炒めもの(パクチー添え)や鶏むね肉の料理などが合いそうです。

3位

シャトー エラ トカイ フルミント セミ スウィート

1,750円 (税込)

詳細情報
原産国名:ハンガリー 甘口 白 品種:フルミント
生産地:トカイへジアリャ地方 度数:12%

女子会で武器になる1本

貴腐ワインにも使用されるフルミント種のほんのり甘口ワインです。ブドウの持つ本来の甘みの実感できる一品です。

若々しいワインですので、お友達との家飲みワインとしておすすめです。

2位

チャペル・ヒル・リースリング・ソーヴィニョン・ブラン

1,598円 (税込)

詳細情報
原産国名:ハンガリー 辛口 白 品種:ソーヴィニヨンブラン60% リースリング40%生産国:北トランスダヌビア地方バラトン 

異色のブレンドに注目 

桃やリンゴ、レモンを思わせるリースリングとジャスミンやアサツキなどのハーブを思わせるソヴィニヨンブラン。

異色の組み合わせが奏でるハーモニーで優しい甘みに癒やされます。お食事の間のお口直しに最適な一品です。

 

1位

イコン リースリング

1,382円 (税込)

詳細情報
原産国名:ハンガリー 辛口 白 品種:リースリング
生産地:バラトン(北トランスダヌビア地方)

気になる彼女に薦めたい

まるで桃のようなフルーティでジューシーな香りと微かなジャスミンの香りを感じます。酸がぴりっと舌を転がってとても爽やかな飲み口で、ほんのりした甘みも後をひきます。

初恋の味と言うとちょっと大げさですが、気になる女性への贈り物にしてみたい一品です。

2,000円以下のハンガリー白ワイン比較表

商品画像シャトー エラ トカイ フルミント セミ スウィート ドボゴ  トカイ フルミント パトリシウス  トカイ フルミント  ドライチャペル・ヒル・リースリング・ソーヴィニョン・ブラントカイ フルミント ドライ ホワイト
商品名シャトー エラ トカイ フルミント セミ スウィートドボゴ  トカイ フルミント パトリシウス トカイ フルミント ドライチャペル・ヒル・リースリング・ソーヴィニョン・ブラントカイ フルミント ドライ ホワイト
価格1,750円(税込)3,208円(税込)2,040円(税込)1,598円(税込)1,069円(税込)
詳細原産国名:ハンガリー 甘口 白 品種:フルミント
生産地:トカイへジアリャ地方 度数:12%
原産国名:ハンガリー 辛口 白 品種:フルミント
生産地:トカイへジアリャ地方 度数13.5%
原産国名:ハンガリー 辛口 白 品種:フルミント
生産地:トカイへジアリャ地方
原産国名:ハンガリー 辛口 白 品種:ソーヴィニヨンブラン60% リースリング40%生産国:北トランスダヌビア地方バラトン 原産国名:ハンガリー 辛口 白 品種:フルミント91% シャルガ・ムシュコタ9%生産国:トカイへジアリャ地方  
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

来客用やちょっとしたご褒美に!2,000円~5,000円

5位

パトリシウス トカイ フルミント ドライ

2,040円 (税込)

詳細情報
原産国名:ハンガリー 辛口 白 品種:フルミント
生産地:トカイへジアリャ地方

穏やかで飽きない飲み心地です

2種類の樽を上手に仕上げられています。樽由来の軽いバニラの香りが心地よく1本飲み切れてしまいそうです。

休日のに昼下がりにご自宅で「大福とワインと映画」といった組み合わせでのんびりと飲んで頂きたい一本です。

4位

ドボゴ  トカイ フルミント 

3,208円 (税込)

詳細情報
原産国名:ハンガリー 辛口 白 品種:フルミント
生産地:トカイへジアリャ地方 度数13.5%

丁寧で端正な味わいです

フルミントの特徴がよく表現されています。フレッシュな飲み心地とフルーティー香り、フィニッシュにスパイシーさがあり気持ちのよい切れ味です。

ホタテのクリームソースや魚介類、もしくは生ハムなどとも相性がよ良さそうです。

3位

トカイ・フルミント・マンドラス オレムス

2,700円 (税込)

詳細情報
原産国名:ハンガリー 辛口 白 品種:フルミント
生産地:トカイへジアリャ地方 アルコール:12.5%

ワイン好きな友達を招いて

ミネラルと酸が調和していてとてもふくよかなイメージです。特にミネラルから感じ取れる複雑性とボディ感豊かな個性を感じます。

人気コミックの「ソムリエール」でも紹介されたワインですのでワイン好きのお友達をワイン談義で盛り上がれそうです。

2位

パンノンハルミ オラスリズリング

2,462円 (税込)

詳細情報
原産国:ハンガリー 辛口白 品種:オラスリズリング100%アルコール:13%
生産地:パンノンハルマ

ハンガリーならではの品種をフューチャー

ハツラツとした酸味とエレガントな酒質。マグネシウム土壌由来のミネラルを表現するポテンシャルの高いワインです。
キンモクセイのような香りとアーモンドのような香りが素敵です。

ワインだけで飲んでも良い一品ですが、お蕎麦と共にという提案はいかがでしょう。

1位

ボデガス・オレムス・トカイ・フルミント・ドライ・マンドラス

2,959円 (税込)

詳細情報
原産国:ハンガリー 辛口白 品種:フルミント100%アルコール:13.5%生産地:トカイへジアリャ地方

想像力がかき立てられるワイン

1級畑のフルミントを100%使用している贅沢な逸品です。完熟した果実の素晴らしいポテンシャルが余すところなくワインに伝わっています。「複雑でねっとり」と表現されるほど濃厚な味わいです。

キスの天ぷらや山菜の天ぷら。お醤油に少々のオリーブオイルを添えて貝類や白身魚の刺身など和食とのコラボイメージが次々に沸いてきます

2,000円~5,000円のハンガリー白ワイン比較表

商品画像ボデガス・オレムス・トカイ・フルミント・ドライ・マンドラスパンノンハルミ オラスリズリングトカイ・フルミント・マンドラス オレムスイコン リースリングイコン シャルドネ
商品名ボデガス・オレムス・トカイ・フルミント・ドライ・マンドラスパンノンハルミ オラスリズリングトカイ・フルミント・マンドラス オレムスイコン リースリングイコン シャルドネ
価格2,959円(税込)2,462円(税込)2,700円(税込)1,382円(税込)1,058円(税込)
詳細原産国:ハンガリー 辛口白 品種:フルミント100%アルコール:13.5%生産地:トカイへジアリャ地方原産国:ハンガリー 辛口白 品種:オラスリズリング100%アルコール:13%
生産地:パンノンハルマ
原産国名:ハンガリー 辛口 白 品種:フルミント
生産地:トカイへジアリャ地方 アルコール:12.5%
原産国名:ハンガリー 辛口 白 品種:リースリング
生産地:バラトン(北トランスダヌビア地方)
原産国名:ハンガリー 辛口 白 品種:シャルドネ
生産地:バラトン(北トランスダヌビア地方) 
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

まとめ

ハンガリーの辛口白ワインは、シャルドネを始めとする一般的な品種は端正で丁寧に。
また、土着品種であるフルミントやオラス・リーズリングなどは香りと味わいのバランス良くミネラル感たっぷりに。
と、それぞれが魅力あふれるワインで、私自身もハンガリーのワインを通して改めてヨーロッパのワイン文化の奥深さに触れることができました。

皆さんにもこれを機会にハンガリーのワインの魅力に出会って頂けたら嬉しいです。

     

関連記事

【ソムリエ厳選】ハンガリーの赤ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース ハンガリーの赤ワインの代表と言えば「雄牛の血」の異名を持つエグリ・ビカヴェールです。 16世紀エゲルの地の

【ソムリエ監修】バーデンの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース ドイツの南に位置するバーデンは、フランスのアルザスやロワールなどと同じ気候地区にあるワイン生産地です。 ブ

【ソムリエ監修】アルゼンチンの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース アルゼンチンのワインといえばカジュアルで飲みやすいイメージがあります。日常的にワインを飲みたいという方にお

【ソムリエ監修】シチリアの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース シチリアは、ワインの生産ではイタリアでトップを争うほどの大きな生産地です。 白ワインでは昔からある酒精強化

【ソムリエ監修】長野のおすすめ白ワイン15選!選び方のコツも解説

日本のワインというと山梨のものをイメージするかもしれませんが、実は長野にもたくさんの有名ワイナリーがあり、とても高品

【ソムリエ監修】ペイ・ナンテの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース ペイ・ナンテはフランスのロワール地方にある地区です。 ミュスカデという白ワインで有名な土地なのですが、実

【ソムリエ監修】ボルドーの白ワインの特徴とおすすめ20選を紹介

ワインの名産地、ボルドーで造られるワインの9割が赤ワインです。 しかし、ボルドーでも優れた白ワインが造られていて、

【ソムリエ監修】ヴェネトの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ヴェネトはイタリアの北東部に位置する州です。 水の都・ヴェネツィアが有名な州ですが、ワインの質も目を見張るものがありま

【ワインエキスパート厳選】スイスのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

ソース みなさんはスイスにどんなイメージをお持ちですか。アルプス山脈?それともチーズ? 実はワインも最近注目されてい

【ソムリエ厳選】コロンビア・ヴァレーのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

マイクロソフトの本拠地であり、スターバックスコーヒー発祥の地などとして知られるワシントン州と一部オレゴン州の2州にま

白ワインの選び方

 

TOP


特集記事

【ワインエキスパート執筆】オレンジワインとは?特徴とおすすめ10選まで紹介

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

【濃厚な甘口ワイン】アイスワインをソムリエが解説!美味しい飲み方、おすすめワインを紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介