ソムリエが選ぶドメーヌ・アラン・ブリュモンのおすすめ10選!種類も紹介

2018/12/19
フランス


ドメーヌ・アラン・ブリュモン(Domaine Alain Brumont)とはフランスを代表する生産者の一つで、リーズナブルな価格で深い味わいを感じられるため世界中で人気のあるワインです。

そこで今回はドメーヌ・アラン・ブリュモンのワインについて、その特徴や使用されている品種などの紹介とともにおすすめの10選をご紹介します。ぜひ、あなたのお気に入りの一本を見つけてください!

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

ドメーヌ・アラン・ブリュモンとは

ドメーヌ・アラン・ブリュモン(Domaine Alain Brumont)とは、マディラン地方(フランス南西部に属し、比較的スペインとの国境に近い地方)のワインを復興させた生産者のことです。
マディラン地方は古くからブドウ栽培を行っていたにも関わらず、それまではボルドーの陰に隠れてその真価を正当に評価されていませんでした。

アラン・ブリュモン氏はブドウ栽培の知識とマディラン地方のテロワールに関して調べられる全てを学び、最高のテロワールを作り出すことに成功しました。また、それまでマディランでは誰一人成し遂げることができなかった新樽熟成100%を成し遂げ、マディランのスタイルを確立させたのです。

2001年からは、モンテュスでのワイン造りもはじめ、新たな挑戦を始めています。

 

ドメーヌ・アラン・ブリュモンのワインの特徴

異なる気象の特性をブドウの品質に生かすため東西南北の急斜面でブドウを栽培したり、マディラン地方では伝統的に一枝につき2つの房を残すところ、1つのみにしたりと、常識にとらわれることなく独自のやり方でブドウを栽培していきました。

また、アラン・ブリュモン氏はマディラン土着の品種であった「タナ」を植え、色の深い濃厚なワイン造りに挑みました。この挑戦の結果、濃密な味わいを醸しだした最高のワインが完成し、これによりフランスでも徐々に評価を得ていきました。

質の高いブドウから質の高いワインが造られ、1991年にワイン評論誌の「ゴー・ミヨ誌」に取り上げられてから、幾度となく国際的な評価を得ています。

 

ドメーヌ・アラン・ブリュモンのワインの種類

赤ワイン

ボディ

土着のタナ種が、力強いフルボディワインを造りあげるので、フルボディのワインが多く製造されています。「ルージュ」や「シリュス」などが有名で、どちらもステーキなどの肉料理と相性が抜群です。

品種

ドメーヌ・アラン・ブリュモンのワインでは力強い味わいが特徴の土着品種であるタナの他、国際品種のカベルネ・ソーヴィニョン、カベルネ・フランなどの栽培も行っています。

カベルネ・ソーヴィニョンは力強くがっちりとした味わいがあり、カベルネ・フランは軽やかな味わいを表現しますので、ドメーヌ・アラン・ブリュモンのワインの多くは力強さの中に口当たりの良さも感じられます。

 

白ワイン

味わい


甘口ワインから辛口ワインまで幅広く生産を行っています。

特に辛口の白ワインとして「ガスコーニュ ブラン」などは日本でも大人気のワインです。柑橘系のはつらつした味わいや、トロピカルフルーツのような複雑味が特徴となっています。

品種

ドメーヌ・アラン・ブリュモンでは「グロ・マンサン」、「プティ・マンサン」「プティ・クルビュ」および「ソーヴィニヨン・ブラン」が主に栽培されている品種です。

グロ・マンサンの白ワインは多くの場合辛口となります。アプリコットやかりんのアロマが感じられる中に、スパイシーな花のニュアンスも感じられます。

また、グロ・マンサンは過熟の状態で収穫すると半甘口ワインが出来上がり、砂糖漬けのトロピカルフルーツのような特徴も感じられます。

プティ・マンサンは、桃や柑橘系、シナモンのニュアンスが際立ち、マンゴーやパイナップルのニュアンスがアロマを完成させます。成熟期には糖分を凝縮させる特徴があるので甘口ワインを生み出すことができます。

プティ・クルビュは単一でワインを造ることは少ないですが、黄金の光沢を放ち、溢れる香りと力強いボディが特徴です。

ソーヴィニヨン・ブランは生き生きとした酸味とはじける果実味が特徴で、ワインのさわやかさを際立たせます。

 

価格帯

ドメーヌ・アラン・ブリュモンは安価なものは1,000円台からあり、テーブルワインとして常飲できます。リーズナブルでも、高級ワインに引けを取らない程質の高いワインが揃っており、生産者のプライドを感じることができるでしょう。

一方ドメーヌ・アラン・ブリュモンでは10,000円を超える高級ワインも生産されています。値段が上がるのと並行してブドウの質が高くなったり製造に時間がかけられたりするため、ワインの味わいに複雑さが感じられたり豊かな果実味が広がったりと味の違いを感じられるはずです。

基本的に1,000円~5,000円程度のワインが多く、高いものでも20,000円程度となっています。

 

ドメーヌ アラン ブリュモンのおすすめワイン10選

赤ワインおすすめ5選

5位

シリュス マディラン

2,418円 (税込)

詳細情報
品種:タナ、カベルネ・ソーヴィニヨン、 カベルネ・フラン
味わい:フルボディ

マディランの入門編はこれ!
深みのある色合い、フランボワーズなどの果実を凝縮した香りが特徴です。

伝統品種のタナとカベルネ・ソーヴィニョンがボリューム感を出し、豊かな果実味に仕上がっています。

 

4位

ガスコーニュ ルージュ タナ、カベルネ・ソーヴィニョン

1,512円 (税込)

詳細情報
品種:タナ、カベルネ・ソーヴィニヨン
味わい:フルボディ

香り豊かな一本
レッドカラント、ブルーベリー、カシスのようなアロマが広がり、その中にほのかなスミレの花のような香りも感じられます。

滑らかで、豊かな酸が全体的なバランス感を味わえる一本です。熟成樽に由来するドライな後味も特徴です。

 

3位

シャトー ブースカッセ

3,597円 (税込)

詳細情報
品種:タナ、カベルネ・ソーヴィニヨン、 カベルネ・フラン
味わい:フルボディ

酸の効いたタンニンが特徴的な一本
非常に濃厚で、かつ気品を感じられる果実味が特徴です。いちごジャムやプラム、ブラックベリーのアロマがあり、タナ種特有の心地よいタンニンが特徴的です。

はっきりとした渋みを楽しみたい方におすすめです。

 

2位

ガスコーニュ・ルージュ タナ、メルロー

1,731円 (税込)

詳細情報
品種:タナ、メルロー
味わい:フルボディ

滑らかさを感じたい方に
タナ種の力強さに、滑らかさが特徴のメルロー種が合わさり滑らかさと、バランス感を感じられる一本です。

スミレ、ブラックチェリーのような豊かな果実味もあり、飲みやすい一本と言えます。

 

1位

シャトー モンテュス

3,348円 (税込)

詳細情報
品種:タナ、カベルネ・ソーヴィニヨン
味わい:フルボディ

綿密で上品なタンニンはこれ
非常に濃厚で力強く、甘みも感じられるほどまろやかで滑らかな味わいが特徴のワインです。

ブラックベリーやプラムなどの凝縮感に、スパイスが豊かに広がっていく一本です。

 

白ワインおすすめ4選

4位

ガスコーニュ ブラン

1,431円 (税込)

詳細情報
品種:グロ・マンサン、ソーヴィニヨン・ブラン
味わい:辛口

バランス感を感じる一本
グロ・マンサンの豊かなアロマとソーヴィニヨン・ブランのさわやかな酸味が特徴です。

パイナップルや果実の蜜のフレーバーも感じられ、舌ざわりも濃厚。

 

3位

シャトー モンテュス ブラン

3,839円 (税込)

詳細情報
品種:プティ・クルビュ、プティ・マンサン
味わい:辛口

複雑なアロマが特徴
バニラ、バター、マッシュルーム、香ばしいトーストのアロマを感じられ、バランスも完璧。余韻も長く、深い味わいを感じられます。

プティ・クルビュ、プティ・マンサンの特徴を最大限表現した一本です。

 

2位

ラルム・セレスト

2,936円 (税込)

詳細情報
品種:プティ・マンサン
味わい:甘口

まろやかでフレッシュな甘口ワイン
たくさんのフルーツや花を連想させるような香りと、フレッシュさが素晴らしいハーモニーを奏でている一本です。

手頃な価格で楽しめるデザートワインとなっています。

 

1位

ジャルダン・ド・ブースカッセ

2,263円 (税込)

詳細情報
品種:プティ・クルビュ、プティ・マンサン
味わい:辛口

エレガントな味わいはこれ!
白い花、洋ナシ、パパイヤ、ミント、グレープフルーツ、白胡椒など複雑な香りと柔らかい口当たりが特徴な一本です。

グレープフルーツを齧ったようなさわやかな酸味と苦みがあり、エレガントな味わいを感じる最高の一本です。

ロゼならこれ!

ガスコーニュ ロゼ

1,188円 (税込)

詳細情報
品種:タナ、シラー、メルロー、コロンバール、グロ・マンサン、プティ・クルビュ
味わい:辛口

フレッシュな摘みたて果実を感じる一本
野イチゴやサクランボのさわやかな口当たりを感じ、その後にさわやかな果実味を感じます。ボリューム感もありバランスに優れた一本です。

余韻にはタナ種のほのかなスパイシーさも感じます。

 

ドメーヌ・アラン・ブリュモンのワイン まとめ

ドメーヌ・アラン・ブリュモンのワインを紹介しました。

価格はリーズナブルですが、その中にも生産者のこだわりが感じられるワインが多くあります。

日常を彩るには最適なワインとなっていますので、ぜひ一本試してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】ボランジェの種類、価格、おすすめマリアージュを徹底解説!

ピノ・ノワール主体のシャンパーニュといえばボランジェです! 伝統的な製法で造られる高品質なシャンパーニュは世界的な

【ソムリエ監修】ルイ・ジャドのワインおすすめ15選!

ルイ・ジャドはフランスのブルゴーニュ地方で広大な自社畑を所有するドメーヌであり、優れた品質のワインを提供するネゴシア

【ソムリエ監修】シャンパーニュ界の伯爵!テタンジェの価格、種類、味を徹底解説

テタンジェは、世界的に有名なシャンパーニュのメゾンです。最良の畑で造られたシャルドネを主体に造られたシャンパーニュは

【ソムリエ監修】女性に大人気のカフェ・ド・パリを徹底解説!気になる味や値段、種類を紹介

カフェ・ド・パリは、フランスのボルドーで造られているオシャレなスパークリングワイン。爽やかなフルーツの香りと繊細な泡

シャトー・マルゴーをソムリエが解説!気になる味、価格や当たり年をご紹介

ワインにそれほど関心のない方にまで、広く認知されている「シャトー・マルゴー」。フランス・ボルドー地方の五大シャトーの

偉大な女性が造ったシャンパン!ヴーヴ・クリコの意味から、値段、ラベルの種類、味まで徹底解説!

ヴーヴ・クリコは、シャンパーニュを代表する老舗メゾンです。 1772年の創業以来、変わることなく高貴なシャンパーニ

【ソムリエ監修】ジョルジュ・デュブッフの種類や価格を解説!おすすめのワインもご紹介

ボジョレー のワインといえば、ジョルジュ・デュブッフ抜きでは語れません。 そのワイナリーで造られるワインは、スタン

【ソムリエ監修】アンリ・ジローの価格やおすすめマリアージュを種類ごとに解説

ヨーロッパの上流階級や社交界の限られた宴の場で古くから愛され、幻のシャンパーニュとも呼ばれるアンリ・ジロー(HENR

【ソムリエ監修】ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトのワインおすすめ6選

ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトは、フランスのボルドー地方のワイナリー。格付けシャトーの知識と技術で造られたワイン

【ソムリエ監修】メオ・カミュゼのワインおすすめ5選!

メオ・カミュゼは、ブルゴーニュ屈指の名門ワイナリーです。ブルゴーニュの特級畑を所有し、ブルゴーニュの神様と呼ばれたア


特集記事

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

【ソムリエ厳選】ピザに合うおすすめワイン20選!種類ごとに紹介

【ソムリエ厳選】お肉に相性ぴったりのおすすめワイン9選!選び方のコツも解説

TOP