【ソムリエ監修】シャンパンの帝王!クリュッグの値段、種類、味を徹底解説

2018/12/13
フランス

クリュッグは、最高級のシャンパーニュを造るメゾンのひとつです。クリュッグが生み出すシャンパーニュは「シャンパーニュの帝王」と呼ばれるのにふさわしい逸品。濃密な香りとゴーシャス感に溢れ、深みのある重厚な味わいに圧倒されます。

そこで今回はクリュッグについて、詳しくご紹介。豪華なラインナップについてもお伝えいたします。

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

クリュッグとは


ソース

クリュッグ(KRUG)は1843年に創立されたフランスのシャンパーニュ地方を代表するシャンパンメーカーです。創業以来6世代にわたり伝統の醸造方法を守りながら、最高峰のシャンパーニュを生産しています。クリュッグは、創業者のヨーゼフ・クリュッグに由来しています。

1999年、モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH)の傘下に入りますが、創業以来の伝統的な製法はしっかり守られています。なお、LVMH傘下のシャンパンブランドは、クリュッグ以外には、モエ・エ・シャンドンドン・ペリニヨンヴーヴ・クリコルイナールがあります。

「シャンパンの帝王」と呼ばれるクリュッグのこだわり


ソース

他にはないこだわりの製造方法

クリュッグでは、他のワイナリーとは異なる独自の製法を行なっています。一次発酵はすべてフレンチオークの小樽(バリック)を使用。30年以上使用している古樽で低温で長期発酵させることで、他のシャンパーニュにはない複雑さが醸し出されています。

ワイン造りではそれぞれの区画が持つ個性を重視して、区画ごとに収穫されたブドウをそれぞれ異なる樽で熟成。10〜15年熟成させたベースワインを常時250種類以上所持しています。

1本製造するのに20年以上!?

クリュッグのシャンパーニュが高価であるのは、その手のかかる製法からもよくわかります。クリュッグを代表するシャンパーニュ、グランド・キュヴェを例にとれば、1本を造るのにトータル20年以上の時間を費やしているのです。

細部までこだわり抜いた製法を行うことで、深く複雑な味わいを持った最高峰のワインを生み出されています。

クリュッグの評価

ソース

ワイン評論家ロバート・パーカー氏が発行するワイン雑誌「ワイン・アドヴォケイト」やイギリスの有名ワイン雑誌「デカンター」でも、高い評価を獲得。

世界的なワイン評価誌「ワイン・スペクテーター」では、クリュッグのすべてのラインナップについて100ポイント中、95以上という高いポイントをつけています。これは、ブドウの個性を引き出すこだわりの製法が高く評価された結果と言うべきものです。

日本で人気の理由

モエ・エ・シャンドン社がバブル期にシャンパンを夜の街に広める

バブル期まで、夜の店の飲み物と言えば、ブランデーでした。ただ、ブランデーはホステス泣かせでした。ブランデーはアルコール度数が高く、ボトルがなかなか空きません。

そこに目を付けたのが、モエ・エ・シャンドン社の国際販売部隊です。シャンパンは、ブランデーと違い、一度空けたら飲み切らなければなりません。しかもブランデーよりも度数が低い。当然、ホステスはシャンパンを猛プッシュし、シャンパンがバブル期の日本の夜で広まっていきました。

LVMHの圧倒的なPR戦略で傘下のシャンパンブランドが定着

シャンパンブランドは数多くあります。ただ、日本で有名なブランドといえばやはり、モエ・エ・シャンドン、ドン・ぺリニヨン、ヴーヴ・クリコ、クリュッグですね。これらに共通する点は、LVMHの傘下であること。バブル期にまず夜の街に傘下のブランドを広め、そこから圧倒的な資金力を背景にPR戦略で一般消費者にもクリュッグや他のブランドの認知度を定着させていきました。

クリュッグの種類

ソース

クリュッグのラインナップは、6種類あります。

ラインナップ特徴
グランド・キュヴェクリュッグで一番スタンダードなシャンパーニュ
クリュッグ・ロゼ3種類のブドウをブレンド
クリュッグ・ヴィンテージ当たり年だけにリリースされる
クリュッグ コレクション1990ヴィンテージの中でも、さらにセラーで25年瓶内熟成されてからリリース
クリュッグ クロ・デュ・メニル特定の畑で収穫したシャルドネ使用
クリュッグ クロ・ダンボネ特定の畑で収穫したピノ・ノワール使用

クリュッグのラインナップおすすめ順

商品画像クリュッグ グランドキュヴェ MVクリュッグ・ロゼクリュッグ ヴィンテージクリュッグ クロ・デュ・メニルクリュッグ クロ・ダンボネ
商品名クリュッグ グランドキュヴェ MVクリュッグ・ロゼクリュッグ ヴィンテージクリュッグ クロ・デュ・メニルクリュッグ クロ・ダンボネ
価格22,650円(税込)31,799円(税込)95,040円(税込)210,000円(税込)581,040円(税込)
詳細味わい  辛口
原産国名 フランス シャンパーニュ
メーカー名 クリュッグ
原産国名 フランス シャンパーニュ
メーカー名 クリュッグ
果実 %     ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネ
原産国名 フランス シャンパーニュ
メーカー名 クリュッグ
味わい  辛口
原産国名 フランス シャンパーニュ
メーカー名 クリュッグ
果実 %     シャルドネ
原産国名 フランス シャンパーニュ
メーカー名 クリュッグ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

クリュッグの代表作!グランド・キュヴェ

クリュッグ グランドキュヴェ MV

22,650円 (税込)

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 フランス シャンパーニュ
メーカー名 クリュッグ

シャルドネピノ・ノワール、ピノ・ムニエを使用。収穫年の異なる10種類以上のヴィンテージを120種類以上ブレンドしています。最低6年の熟成期間を経てリリースされる、クリュッグを代表するシャンパンです。

収穫年が異なるブドウをブレンドしているため、ラベルに年数が表示されていませんが、「ノン・ヴィンテージ(NV)」ではなく「マルチ・ヴィンテージ(MV)」と呼ばれています。

きめ細かい泡で、力強くふくよかな口当たり。爽やかさの中に複雑味があり、優雅で繊細な味わいが楽しめます。

 

グランド・キュヴェの価格

定価は?

日本での希望小売価格は23,100円ですが、店舗によって販売価格には違いがあります。

相場は?

ネット通販では、22,000円〜30,000円程度で販売されています。

店での価格は?

レストランでは40,000円前後、バーでは50,000円前後が相場になっています。

合わせる料理のおすすめは?

芳醇な味わいは、素材の味を生かしたシンプルな料理から濃厚な味付けの料理まで、幅広い料理に合わせることができます。

熟成したチーズとともに食前酒として楽しんだり、牡蠣料理や海老のグリル、インド料理などにもよく合います。チーズケーキやタルトなどのデザートに合わせるのもおすすめです。

クリュッグのロゼのシャンパン

クリュッグ・ロゼ

31,799円 (税込)

詳細情報
原産国名 フランス シャンパーニュ
メーカー名 クリュッグ
果実 %     ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネ

幅広いヴィンテージのワインをブレンドして造れられているシャンパーニュです。

ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネの3種から造られた多種多様なワインに、選りすぐったピノ・ノワールを皮付きのまま醗酵させて作った赤ワインをブレンド。少なくとも最低5年熟成させることで、絶妙な色合いと奥行きのある味わいが引き出されています。

きめ細かく繊細な泡と、華やかなアロマ。個性豊かで、コクのある味わいです。クリュッグ独自の優雅な余韻が長く続きます。

ロゼの価格

定価は?

日本での希望小売価格は42,000円ですが、店舗によって販売価格には違いがあります。

相場は?

ネット通販では27,000円から40,000円と幅広い価格で販売され、平均して30,000円程度になっています。

店での価格は?

レストランでは60,000円前後、バーでは70,000円前後が相場になっています。

合わせる料理のおすすめは?


ソース

辛口のロゼは幅広い料理に合わせることができますが、上品に広がる香りは特に和食の味を引き立てます。

ゴマや梅と合わせたお刺身や、素材の味を生かしたシンプルな焼き魚などに合わせてお召し上がりください。

当たり年だけ製造!ヴィンテージ

クリュッグ ヴィンテージ

95,040円 (税込)

詳細情報
原産国名 フランス シャンパーニュ
メーカー名 クリュッグ

「当たり年」にしか醸造されない特別なワインです。品種の強い個性と特徴がワインに表現できると認められた年にだけ醸造され、その年ごとにアロマや味わいがまったく異なるのが特徴です。

※ヴィンテージのルールとして、その年に収穫されたブドウしか使用できません。例えば、ヴィンテージ2004であれば、2004年に収穫された、ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエが使用されています

 

価格とリリース年

リリース年は?

リリースされているヴィンテージは、1989年、1996年、1998年、2002年、2003年、2004年になります。単にブドウ出来が良いというだけでなく、その年の特徴がよく現れた、他の銘柄では味わえない高いレベルのワインになっています。

相場は?

ネット通販では1989年が80,000円〜100,000円、1996年が80,000円〜100,000円、1998年は100,000円前後、2002年、2003年、2004年は30,000円前後になっています。

店での価格は?

店での取り扱いはメジャーではありません。2002年以降のヴィンテージを提供するレストラン、バーはごくわずかにありますが、相場は60,000円前後になります。

合わせる料理のおすすめは?

ヴィンテージはその年ごとにアロマや味わいが異なり、合わせやすい料理も違ってきます。

バランスの良い1989年は濃厚で脂質の高い魚料理と、リッチなアロマとしっかりしたテクスチャーを感じる1996年はバジルやマスタードの濃厚なソースと合わせた魚介料理がよく合います。

シャルドネが多く使われた1998年はレモンソースや柑橘類を添えた肉質の良い魚など。繊細な味わいの2002年は肉汁のソースを添えた鴨の胸肉がおすすめです。

新鮮な果実味が印象的な2003年は柑橘系のソースを使った魚のムニエルなど。バランスが良くエレガントな味わいの2004年は、レモンソースを添えたサーモンや白身魚、タイ料理などに合わせてどうぞ。

シャルドネ100%!クロ・デュ・メニル

クリュッグ クロ・デュ・メニル

210,000円 (税込)

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 フランス シャンパーニュ
メーカー名 クリュッグ
果実 %     シャルドネ

コート・デ・ブラン地区のメニル・シュール・オジェ村で、周りをクロ(石垣)で囲まれた単一畑で収穫されたシャルドネに限定しています。限られた量のブドウしか使えないため生産量は非常に少なく、年間12,000本程度

さらに当たり年のみの販売なので、非常に希少価値の高い逸品です。シャルドネ100%で造られたシャンパーニュは、どの年もクリュッグにしか表現できない味わいで、ピュアな自然の恵みを楽しむことができます。

クロ・デュ・メニルの価格とリリース年

リリース年は?

リリースされているヴィンテージは、1998年、2000年、2002年、2003年、2004年になります。

相場は?

ネット通販の相場は1998年が170,000円〜200,000円2000年は160,000円〜230,000円2002年は140,000円〜210,000円2003年は160,000円〜200,000円2004年は140,000円前後が相場になっています。

店での価格は?

レストラン、バーではあまり取り扱いがありません。

合わせる料理のおすすめは?

柑橘系果実の香りとしっかりした酸味、溢れるようなミネラルの味わいは、幅広い魚介料理によく合います。

新鮮なお刺身やロブスター、舌平目のムニエル、ホタテのカルパッチョなどに合わせてどうぞ。

 

ピノ・ノワール100%!クロ・ダンボネ

クリュッグ クロ・ダンボネ

581,040円 (税込)

詳細情報
原産国名 フランス シャンパーニュ
メーカー名 クリュッグ

モンターニュ・ド・ランス地区にあるアンボネイ村の、周りをクロ(石垣)で囲まれた単一畑で収穫されたピノ・ノワール100%で造られています。

造られるのは、当たり年のみで年間2,000本。最高の味わいを実現するために、12年という長い熟成期間を経ています。
ヴィンテージごとにアロマや味わいは異なりますが、繊細でエレガントな香り、長い余韻の続く深い味わいはすべてに共通しています。

クロ・ダンボネの価格とリリース年

リリース年は?

リリースされているヴィンテージは、1995年、1996年、1998年、2000年、2002年になります。

相場は?

ネット通販の相場は1995年、1996年が600,000円前後、1998年、2000年が300,000円〜400,000円2002年が200,000円前後になっています。

店での価格は?

レストラン、バーではあまり取り扱いがありません。

合わせる料理のおすすめは?

エレガントで繊細な味わいのシャンパーニュには、薄く削ったトリュフを添えたスクランブルエッグやイベリコ豚の生ハムなど、シンプルなマリアージュがおすすめです。

まとめ

クリュッグについて、詳しくご紹介しました。シャンパーニュの最高峰とも言えるクリュッグは、一度は試してみたい逸品ばかり。

初めての方は、一番スタンダードなグランド・キュヴェから試してみてはいかがでしょう?ラインナップの中では比較的リーズナブルながらも、クリュッグの真髄が味わえる極上の1本です。

     

関連記事

【ソムリエ監修】ニコラ・フィアットの価格やおすすめマリアージュを種類ごとに解説

ソース ニコラ・フィアットはフランス、シャンパーニュ地方のシャンパーニュ・ブランドです。創業からわずか40年でフラ

【ソムリエ監修】ペリエジュエの価格やおすすめのマリアージュを種類ごとに解説

ソース ペリエジュエ(Perrier-Jouët)は、シャンパーニュ地方でも200年という長い歴史を誇るメゾン(製造

【ソムリエ監修】シャンパーニュ界の伯爵!テタンジェの価格、種類、味を徹底解説

テタンジェは、世界的に有名なシャンパーニュのメゾンです。最良の畑で造られたシャルドネを主体に造られたシャンパーニュは

【ソムリエ監修】バブルの象徴!ドンペリの値段、種類、味を徹底解説

誰もが一度は耳にしたことがある「ドンペリ」という名称。それが高級シャンパーニュであることも皆さんご存知だと思います。

【ソムリエ監修】ボランジェの種類、価格、おすすめマリアージュを徹底解説!

ピノ・ノワール主体のシャンパーニュといえばボランジェです! 伝統的な製法で造られる高品質なシャンパーニュは世界的な

【ソムリエ監修】ルイ・ロデレールを徹底解説!種類ごとの価格、ヴィンテージごとの特徴を紹介

ソース 今年、イギリスの専門誌であるドリンクス・インターナショナルの「世界で最も賞賛されるシャンパーニュ・ブランド

【ソムリエ監修】ルイナールとは?特徴、価格、おすすめマリアージュまで種類ごとに徹底解説!

ソース ルイナールは、世界最古のシャンパーニュ・メゾン。300年近く前に初めてシャンパーニュの伝統的製法を生み出し

【ソムリエ監修】偉大な女性が造ったシャンパン!ヴーヴ・クリコの意味から、値段、ラベルの種類、味まで徹底解説!

ソース ヴーヴ・クリコは、シャンパーニュを代表する老舗メゾンです。1772年の創業以来、変わることなく高貴なシャン

シャンパンをソムリエが徹底解説!種類からおすすめシャンパンまでご紹介!

お誕生日や記念日など、華やかな席にシャンパンは欠かせませんよね。でも、多くの銘柄があり、味わいも多岐にわたるので、選

【ソムリエ厳選】ブラン・ド・ノワールのおすすめシャンパーニュ10選!

フランスシャンパーニュ地方で厳しい法律のもとで造られた優美な美酒は、 幸せな瞬間にはさらにその時を特別なものにして、

 

TOP


特集記事

【ワインエキスパート執筆】オレンジワインとは?特徴とおすすめ10選まで紹介

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

【濃厚な甘口ワイン】アイスワインをソムリエが解説!美味しい飲み方、おすすめワインを紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介