【ソムリエ厳選】甘口のスパークリングワインおすすめ10選を紹介!

2020/12/17
スパークリングワイン

スパークリングワインの苦みが苦手な方には、甘口のスパークリングワインが飲みやすいです。

今回はお酒の弱い女性の方や食事の口直しにおすすめの甘口スパークリングワインをご紹介していきます。

記事の監修者

佐々木 健太

J.S.A. ソムリエ・エクセレンス

ソムリエ/年間受講者数日本一を誇るカリスマワインスクール講師  21歳でソムリエ資格を取得。南フランスにある一つ星レストラン「Keisuke Matsushima」にて研鑽を積み、帰国後は南青山「L’AS」を経て、株式会社WINE TRAILを創業。ワインのサブスク「HOME WiNE」を手掛ける。YouTubeチャンネル「サイバーワインスクール」運営。第9回全日本最優秀ソムリエコンクールファイナリスト。https://homewine.jp/

甘口スパークリングワインの特徴

甘口のスパークリングワインは度数が低めなことも特徴です。

ワインはブドウの持つ糖分をアルコール分に変えて造られるので、甘口のスパークリングワインは天然の甘さと淡い炭酸のワインに仕上がります。

そんなワインは口の中を爽やかに潤しながら、穏やかに喉を通って体に染みこんで、優しい気持ちにさせてくれます。

 

甘口スパークリングワインの選び方

甘口のスパークリングワインの選び方

ここでは甘口のスパークリングワインの選び方について紹介します。

今回紹介する内容は以下の通りです。

  • 種類
  • ブドウ品種
  • 価格

では早速見ていきましょう。

種類で選ぶ

ではここで世界の代表的な甘口のスパークリングワインを銘柄や品種別にご紹介していきます。

 

アスティ

アスティスプマンテはイタリアでは乾杯の定番ワインです。マスカットの華やかな香り高く、淡い黄金色できめ細かい泡が特徴です。

昼食後にフルーツやデザートと共に召し上がって頂いても楽しめます。

ほとんどは大きなタンクの中で二次発酵を行うシャルマ方式で造られますが、シャンパンと同じ製法の瓶内二次発酵を行う生産者も少数います。

>>アスティとは?特徴から種類まで解説!

 

ランブルスコ・ドルチェ

最近では赤のスパークリングワインも珍しくなくなってきましたが、こちらは古代ローマ時代まで遡る伝統的なワインです。

イタリア北部エミリア・ロマーニャ州とロンバルディア州南東部が主な産地で、ランブルスコセッコもあるので注意してください。

パルミジャーノ・レジャーノチーズやパルマの生ハムその他サラミやソーセージで有名な「美食の都」の誉れ高い地区でつくられています。

白ワインの発泡酒のような華やいだ香りと違って桑の実やブルーベリーを食べた時のような香りが感じられます。

このランブルスコを造るワイナリーはたいてい、甘口から辛口まで幅広い味わいのものを提供しているので、甘口をお求めの際は「ドルチェ」や「アマービレ」をおすすめします。

>>ランブルスコは赤だけじゃない?ランブルスコを徹底解説

モスカート・ダスティ

アスティスプマンテと同じアスティ県で造られる甘口スパークリングワインです。

アスティスプマンテのアルコール度数6~9.5%に対して、モスカートビアンコは4.5~6.5%ほどで微発泡です。

マスカットや桃の香りに加えバラのような芳香りが加わりより穏やかで飲みやすい味わいとなっています。

>>モスカート・ダスティとは?特徴を徹底解説

 

ブドウで選ぶ

ここからはブドウ品種で選ぶ方法について紹介します。

今回紹介するブドウ品種は以下の通りです。

  • モスカート(モスカート・ビアンコ)
  • マカベオ
  • ナイアガラ

それでは早速見ていきましょう。

モスカート(モスカート・ビアンコ)

甘いフローラル系の香りが特徴のギリシャ原産のブドウ品種です。

フランス語ではミュスカ、英語ではマスカットと各国で様々な呼び名があります。

ワインにブドウ由来の香りがそのまま残るタイプで、マスカットの香りをそのまま閉じ込めた様な甘やかでアルコール度数の低めのワインとなります。

 

マカベオ

主にスペイン北部で栽培されている品種で若飲み用のワインにも熟成タイプにも耐えうる品種です。

スペインの代表的なスパークリングワインであるカヴァの3大品種(他チャレッロ、パレリャーダ)の一つであり、豊かな芳香と骨格をワインに与えてます。

 

ナイアガラ

   

アメリカが原産国とされ、日本では長野県の桔梗ヶ原(塩尻市)の特産ブドウ品種です。

強い甘い香りが特徴で生食用やジュースに加工されてきましたが、近年はワインに加工されることも増えてきています。

ナイヤガラはアロマティック品種といってブドウとワインの香りに共通性のあるのが特徴です。

白・ロゼで選ぶ

スパークリングワインには通常色である白と、ピンク色をしたロゼがあります。

それぞれ違った特徴を持っているため自分に適した方を選びましょう。

ここでは白とロゼを選ぶ際に知っておきたいポイント2つを紹介します。

では見ていきましょう。

見た目

まず白とロゼの大きな違いは見た目です。

白は透き通った薄い黄金色をしていることに対して、ロゼは透き通った美しいピンク色をしています。

どちらも美しい見た目ではありますが、2つを比べると圧倒的にロゼの方が高級感溢れる見た目をしていることが特徴です。

特に透き通ったピンク色は女性からの人気が高いです。

もちろん白でも美しい色をしていますが、特別な日やパーティーの際にはロゼを選んでみることをおすすめします。

味わい

白とロゼでは味わいも異なります。

白はいわゆる一般的なスパークリングワインのフレッシュさが特徴なのに対して、ロゼは白のスパークリングワインに果実味やフルーティーさが追加されたものが多いです。

理由は、白のスパークリングワインを作る際にで赤ワイン、またはブドウの果皮を加えることで色付けしているからです。

色付けの際に使われる赤ワイン、ブドウの果皮によりフルーティーさが増すため、ロゼの方が果実味を感じられる味わいとなっています。

そのため果実感を好む方は、ロゼの方が飲みやすいと答える傾向にあります。

価格で選ぶ


甘口のスパークリングワインはシャンパーニュと違って、カジュアルなタイプですので、価格はだいだい同程度のものが多くラインナップされています。

普段飲みならおおよそ1000円から2000円くらい、お使いものなら3000円~5000円を目安にすると良いでしょう。

国産の甘口スパークリングワインが充実してきているのことからも目が離せません。

また、白とロゼの色によっても大きな価格差があります。

ロゼの場合、白の製造過程にひと手間を加えて作成しているため、その分費用も掛かってしまいます。

実際に、同じブドウ品種を使っていても、白に比べてロゼの方が2倍以上の価格が付けられることもあります。

自分の目的に合わせて価格を考えてみてくださいね。

甘口のスパークリングワインおすすめ10選

甘口のスパークリングワインおすすめ10選

ここからは甘口のスパークリングワイン10選を紹介していきます。

予算別に紹介しているので、自分も目的に合わせてご覧ください。

では早速見ていきましょう。

デイリーワインにおすすめ!予算2,000円

5位

フレシネ・カルタ・ネバダ

詳細情報
原産国名:スペイン 甘口 白 発泡 品種:マカベオ チャレッロ パレーリャダ

スペインを代表するスパークリング

スペインのカヴァはフランスのシャンパンと同じ製法で丁寧に作られているスパークリングワインですが、手の届きやすい価格で世界中で親しまれています。

軽やかでフルーティな味わいでハード系のチーズや魚料理とあわせて頂きたい逸品です。

香りライム、アカシア
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
コメントグラスに注ぐとイキイキとした泡立ち。軽やかな香りで非常の飲みやすい味わいに仕上がっています。デイリーで楽しむのもおすすめです。

4位

桔梗ヶ原ナイヤガラスパークリング

詳細情報
原産国名:日本 甘口 白 微発泡 品種:ナイヤガラ

長野を牽引するワイナリーが贈る

長野県の中でも古くからワイン造りに取り組んできたワイナリーのスパークリングです。

グラスを傾けるだけでもナイヤガラの甘い香りがほんのりと漂ってきます。

4~5°C位までしっかりと冷やして食前酒として、少し高めの7°c位でフルーツのタルトなどとともに食後のデザートワインとしてもおすすめです。

香りリンゴ、スイカズラ
酸味★★★☆☆
ボディ★★☆☆☆
コメント日本で作られる珍しい甘口スパークリングワインです。香りもフルーツの香りが感じられ非常に飲みやすい口当たりに仕上がっています。

3位

おたるナイヤガラスパークリング

詳細情報
原産国名:日本 甘口 白 微発泡 品種:ナイヤガラ

北海道の大地を感じるワイン

今や山梨長野に次いで、第3の日本ワイン生産地として賑わっている北海道産のスパークリングワインです。

ナイヤガラは昔ながらの生食用のブドウ品種ですので親しみやすく、懐かしい香りとともに優しい甘みが溶け込んできます。

ホタテを網焼きにしてレモン汁を絞っておつまみにしてはいかがでしょう。

香りグレープフルーツ、白い花
酸味★★★☆☆
ボディ★★☆☆☆
コメントナイアガラから作られるワイン。全体的に優しい味わいが広がっているので、ワイン初心者の方にもおすすめです。

2位

ランブルスコ ロッソ アマービレ カザーリ

詳細情報
原産国名:イタリア 甘口 赤 微発泡 品種:ランブルスコ種混合

家族団欒でも

甘口のスパークリングですが、赤ワイン特有のタンニンが穏やかに効いていてシャープな印象が特徴です。

天然微発泡特有のイースト香も味わいに幅を持たせています。ハンバーグやミートソースのパスタなどとも相性がよいので、

まだお酒の飲めないお子様のいるご家庭でも、一家団欒の食卓を囲んで楽しんで頂ける逸品です。お値段が手頃なところも嬉しいです。

香りスグリ、バラ
酸味★★★☆☆
ボディ★★★★☆
コメント日本でも人気のランブルスコ。赤系果実の香りが感じられ程よい酸味とタンニン。赤ワインが苦手な方も是非一度試してみてください。

1位

サンテロ アスティ スプマンテ

詳細情報
原産国名:イタリア 甘口 白 微発泡 品種:モスカート・ビアンコ

天使の誘惑に乗ってみたい
マスカットの香りに包まれる幸福感。アルコール度数が低めなので、日中のパーティにも合わせやすいです。

最適マリアージュに選ぶなら天使の誘惑に便乗して、リッチな味わいの白カビチーズ「カプリスデデュー」と共に召し上がって頂きたい逸品です。

香りマスカット、メロン
酸味★★★★☆
ボディ★★☆☆☆
コメントグラスに注ぐととマスカットの香りに包まれます。フルーティーな香りで非常に飲みやすくなっています。マスカットのパフェなどと合わせていただくのがおすすめ。

2,000円以下の甘口スパークリングワイン比較表

商品画像サンテロ アスティ スプマンテランブルスコ ロッソ アマービレ カザーリおたるナイヤガラスパークリング桔梗ヶ原ナイヤガラスパークリングフレシネ・カルタ・ネバダ
商品名サンテロ アスティ スプマンテランブルスコ ロッソ アマービレ カザーリおたるナイヤガラスパークリング桔梗ヶ原ナイヤガラスパークリングフレシネ・カルタ・ネバダ
詳細原産国名:イタリア 甘口 白 微発泡 品種:モスカート・ビアンコ
原産国名:イタリア 甘口 赤 微発泡 品種:ランブルスコ種混合
原産国名:日本 甘口 白 微発泡 品種:ナイヤガラ原産国名:日本 甘口 白 微発泡 品種:ナイヤガラ原産国名:スペイン 甘口 白 発泡 品種:マカベオ チャレッロ パレーリャダ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

プレゼントや来客用におすすめ!2,000円~5,000円

5位

モスカート・ダスティ ヴェッキア・ストーリア

詳細情報
原産国名:イタリア 甘口 白 微発泡 品種:モスカート・ビアンコ    

癒やし系プレゼントにおすすめ

モスカートダスティはお酒の苦手な女性におすすめの一品です。マスカットや桃の香りを微発泡の泡が優しく包みます。

キリリと冷やして召し上がると味わいもまた格別です。

香りレモン、ハーブ
酸味★★★☆☆
ボディ★★★☆☆
コメント口当たりの良い微発泡ワインです。フルーツの香りとしっかりとした酸味が感じられるので、生ハムなどの塩味のある料理と合わせて飲むのがおすすめです。

4位

ジャイアンス  キュヴェ イコン  クレレット ド ディー

詳細情報
度数:7.5 %
味わい:やや甘口
産地:フランス、ローヌ

フランス東部に流れるローヌ川の渓谷地域で作られている甘口スパークリングワインです。

ブドウ本来の糖度を活かして発酵させる伝統的な製法を用いて醸造しています。

その結果自然な果実味と発泡感を持ったスパークリングワインができあがります。

手摘みのブドウを使用。

フローラルな香りから、トロピカルなフルーツのニュアンスを感じられるボトルです。

香りマンゴー、バニラ
酸味★★☆☆☆
ボディ★★★☆☆
コメント低アルコールに仕上げられた甘口スパークリング。マンゴーやスパイスの香りが感じられます。アルコールが低くフルーティーなので女性にもおすすめです。

3位

ドメーヌ ローリエ スパークリングNV

詳細情報
度数:11.5 %
味わい:辛口
産地:アメリカ合衆国

アメリカ ブロンコ・ワイナリーにて作られているシャルドネ100%のスパークリングワインです。

辛口と表記されることが多いですが、実際に口に含むとほのかな甘みを感じます。

家族経営で生産から販売までを一貫して行っているのが特徴で、心地よい残糖感が楽しめる甘やかな一本です。

香りパイナップル、トースト
酸味★★★☆☆
ボディ★★★☆☆
コメントシャンパーニュと同じ瓶内二次発酵で作られるスパークリングワイン。シャルドネのしっかりとした果実味と発酵由来のコクと甘さを感じることが出来ます。

2位

島根ワイナリー デラウェアスパークリングワイン

詳細情報
原産国名:日本 甘口 白 発泡 品種:デラウェア

え?島根でワイン?
デラウェアという品種は日本では生食用ブドウとして栽培されてきた品種です。

このスパークリングワインの甘さは、醤油とみりんの甘辛さとも相性が良いです。和食とも相性のよいワインですのでお中元やお歳暮としても最適です。

出雲大社の近くのワイナリーで、バーベキュウの出来る設備も整っているのでご家族でちょっとした旅行を兼ねて訪れてみるのもいいかもしれません。

香りライム、マスカット
酸味★★★☆☆
ボディ★★☆☆☆
コメント島根ワイナリーで作られるスパークリングワインです。デラウェアの甘さと酸味のバランスを楽しむことが出来ます。ぜひ日本食と合わせてみて下さい。

1位

フランシス・コッポラ スパークリングワインソフィア ブラン ド ブラン

詳細情報
度数:12 %
味わい:辛口
産地:アメリカ、カリフォルニア州
品種:ピノ・ブラン主体 ソーヴィニヨン・ブラン マスカット

映画監督のフランシス・フォード・コッポラのワイナリーのスパークリングワインです。

このワインは監督が娘の結婚祝いに送ったワインです。かんきつ系の風味があり、甘酸っぱくチャーミング。

ピンクの包装紙がついていて見た目もキュートですから、女性へのプレゼントにぴったりです。

香りグレープフルーツ、ハーブ
酸味★★★★☆
ボディ★★☆☆☆
コメントボトルのデザインが特徴的なワイン。華やかな香りとバランスの良い味わいに仕上がっておりお祝いやワインが苦手の方にもおすすめ出来る一本です。

2,000~5,000円の甘口スパークリングワイン比較表

商品画像フランシス・コッポラ スパークリングワインソフィア ブラン ド ブラン島根ワイナリー デラウェアスパークリングワイン ドメーヌ ローリエ スパークリングNVジャイアンス  キュヴェ イコン  クレレット ド ディーモスカート・ダスティ ヴェッキア・ストーリア
商品名フランシス・コッポラ スパークリングワインソフィア ブラン ド ブラン島根ワイナリー デラウェアスパークリングワインドメーヌ ローリエ スパークリングNVジャイアンス  キュヴェ イコン  クレレット ド ディーモスカート・ダスティ ヴェッキア・ストーリア
詳細度数:12 %
味わい:辛口
産地:アメリカ、カリフォルニア州
品種:ピノ・ブラン主体 ソーヴィニヨン・ブラン マスカット
原産国名:日本 甘口 白 発泡 品種:デラウェア度数:11.5 %
味わい:辛口
産地:アメリカ合衆国
度数:7.5 %
味わい:やや甘口
産地:フランス、ローヌ
原産国名:イタリア 甘口 白 微発泡 品種:モスカート・ビアンコ    
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

甘口スパークリングワインの美味しい飲み方

甘口のスパークリングワインの美味しい飲み方

ここからは甘口のスパークリングの美味しい飲み方について紹介していきます。

ぜひ今回紹介する内容を実践して、甘口のスパークリングを充分に楽しんでくださいね。

今回紹介する美味しい飲み方のポイントは以下の通りです。

  • ワイングラス
  • 保存温度
  • 注ぎ方
  • 飲むタイミング

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう!

ワイングラスは口の狭いものを選ぶ

甘口のスパークリングワインを飲むときは、口の狭いワイングラスを選ぶようにしましょう。

口の狭いワイングラスを選ぶことによって、スパークリングワインの炭酸が抜けづらく、長い間刺激的な味わいを楽しむことができます。

具体的には、フルート型などのワイングラスを使うことがおすすめです。

空気と触れる面積の狭いワイングラスを使うことで、長い時間スパークリング系のリースリングを楽しみましょう。

小さめのワイングラスなら甘さを保てる!

また、ワイングラスの大きさが小さいものを選ぶこともおすすめです。

甘いスパークリングワインは、温度が上昇によって味がぼやけやすいデメリットがあります。

しかし小さめのワイングラスを使うことによって、一度に飲み切れる量しか注げないため、知らぬ間に温度が上がってしまうことを防げます。

具体的には具体的には白ワイン用やデザート用のワイングラスがおすすめです。

また、ワイングラスについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

>>【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

しっかりと冷やすことがおすすめ

甘口のスパークリングワインの保存温度は6~9℃がおすすめです。

スパークリングワインは冷やすことによって、炭酸が締まりキリっとした味わいになります。

また、甘口のスパークリングワインを低い温度で保存しておくと、普通に保存するより糖度が凝縮され深くてまろやかな甘い味わいに変化します。

特にスパークリングワインの中でも貴腐ワインなどは、甘口ワインの中でも非常に甘いため4℃近くまで冷やして飲むことがおすすめです。

また、甘口のスパークリングワインを適切に保存しておくには、冷蔵庫などよりもワインセラーを使用するようにしましょう。

ワインセラーがあればスパークリングワインはもちろん、赤ワインなども適切に保存することができます。

家庭用のワインセラーについてはコチラを参考にしてみてください。

>>【ソムリエセレクト】おすすめワインセラー17選!家庭用にはコレ!

注ぐ時はゆっくり注ぐ

甘口のスパークリングワインを注ぐ時は、ゆっくり注ぐようにしましょう。

スパークリングワインは炭酸を含んでいるため激しい振動を受けると、炭酸が抜けてしまったり味がぼやけたりしてしまいます。

そのため、丁寧に注いであげることが大切です。

また、むやみやたらにワイングラスを回すことのないようにしましょう。

飲むタイミングは食前・食後

甘口のスパークリングワインを飲むのは食前、または食後のデザートのタイミングが良いでしょう。

食前酒として甘口のスパークリングワインを飲めば、甘く刺激的な味わいから、その後の食事が盛り上がること間違いありません。

また甘口のスパークリングワインは、同じように甘いデザートとの相性が良いため、食後に楽しむのもおすすめですね。

甘口のスパークリングワインと相性が良い料理

甘口のスパークリングワインと相性の良い料理

ここでは甘口のスパークリングワインと相性の良い料理を紹介していきます。

以下が甘口のスパークリングワインと相性の良い料理です。

甘口のスパークリングワインと相性の良い料理
・チーズ
・甘いフルーツ
・はちみつ
・チーズケーキ
・フルーツケーキ
・フォアグラ

甘口のスパークリングワインと相性の良い料理は、基本的に甘いデザートです。

甘いスパークリングワインと合わせることによって、甘さの相乗効果を楽しむことができますよ。

また、フォアグラなど上品な味わいの料理とも相性が良いです。

ぜひ自分だけの甘いスパークリングワインとのマリアージュを見つけてくださいね。


ワインショップソムリエ_キャンペーン用バナー

甘口のスパークリングワインを楽しもう!

甘口のスパークリングワインを楽しもう!

スパークリングワインと言えば、私の最初の記憶にあるのはクリスマスのシャンメリーです。

これは子供の為の炭酸入り甘味飲料でスパークリングワインとは違いますが、あのシュワシュワという心地よい音を聞きながら、ゆらゆらと立ち上る泡を眺めて、乾杯を待つ気持ちは大人になった今も変わりません。

今も変わらずわくわくを届けてくれるスパークリングワイン、今日はどのワインと共にその幸せな時間を過ごしましょう。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ厳選】スパークリングワインのおすすめ15選!種類から選び方まで解説

「スパークリングワインとシャンパンの違いは?」「国によって違うの?」 と混乱してしまう方も多いかと思います。 そこ

【ソムリエ厳選】ロゼのおすすめスパークリングワイン17選!選び方も解説

パーティー・シーズンに引っ張りだこのスパークリングワイン。 通常のスパークリングワインもおいしいですが、たまには気分を

【ソムリエ監修】ミュスカとは?特徴からおすすめのワイン10選まで紹介

ミュスカと聞くと、よくわからないという人も多いかもしれません。しかし実はこれ、日本でもおなじみのマスカットのことで、

【ソムリエ執筆】アイスワインのおすすめ11選!特徴や飲み方も紹介!

ワインに対する関心が高くなってきたら、デザートまでワインを楽しみたいですよね。 そんなタイミングの時におすすめなのが

【ソムリエ厳選】極甘口のおすすめ白ワイン10選!基礎知識から解説

甘口のワインにはほんのり甘いものから、とても強い甘みを感じる極甘口まであります。しかし、普段手に取るものの中には「極

【ソムリエ厳選】飲みやすい赤ワイン~甘口のおすすめ赤ワイン10選!

本来辛口のものしかないのが赤ワインではあるのですが、実は赤ワインにも甘口があります! 甘口の赤ワインにもバラエティ

【ソムリエ厳選】飲みやすい白ワインはコレ!甘口のおすすめ白ワイン20選

甘口の白ワインは、スーパーやコンビニで気軽に手に入れることができるものから、ワイン専門店で扱われている高価なものまで

度数低めの甘口微発泡ワイン、モスカート・ダスティとは?おすすめワインまでご紹介

食べ物と合わせて楽しむイタリアワイン。日本では赤ワインのキャンティやバローロなどが有名です。 でも、ランチの時間か

貴腐ワインとは?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

ワインに少しでも興味をお持ちであれば、「貴腐ワイン」という名前を聞かれたことがあると思います。 貴腐ワインは具体的

女性に大人気のスパークリングワイン!カフェ・ド・パリの気になる味や値段、種類を紹介

カフェ・ド・パリは、フランスのボルドーで造られているオシャレなスパークリングワイン。爽やかなフルーツの香りと繊細な泡

特集記事

おすすめの純米酒ランキング20選!選び方や初心者向けの銘柄をご紹介

おすすめの料理酒10選!料理酒の代用も合わせて徹底解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

紹興酒とは?度数、種類から、おすすめの紹興酒、飲み方まで徹底解説!

マッコリとは?味や度数から、おすすめのマッコリ、飲み方まで徹底解説!

TOP