【ソムリエ監修】イギリスの人気おすすめスパークリングワイン14選!

2019/04/16
スパークリングワイン

イギリス スパークリング

近年、イギリスのスパークリングワインは世界中から高い注目を集めています。

シャンパーニュ地方のシャンパンに負けない高品質で本格的なスパークリングワインが生産され、国内外で数々の賞を得るまでになっています。

そこで今回はイギリスのスパークリングワインの特徴や選び方とともに、おすすめのラインナップをご紹介しましょう!

イギリスワインはスパークリングがメイン

気候変動でワインの産地に

長年、ワイン産地としては目立たない存在だったイギリス。

しかしこれまで寒冷な気候でブドウ栽培に適さなかったイギリスの南部が、近年の温暖化の影響でワインの生産地として注目を集めるようになりました。

もともとフランスのシャンパーニュ地方に似た石灰質の土壌を持つことから、2000年以降に優れたスパークリングワインの生産が続き、世界の注目を集めることとなりました。

 

スパークリングワインの評価が高まる

近年ではシャンパーニュ製法の瓶内二次発酵で造られたスパークリングワインがコンクールで金賞を受賞するなど、国際舞台で脚光を浴びるまでに。

イギリスはスパークリングワインの高級産地として、一目を置かれるようになったのです。

 

イギリスのスパークリングワインの特徴

ここではイギリスのスパークリングワインの特徴を紹介していきます。

古くから発泡性ワインを造る

イギリスのスパークリングワインの歴史は古く、王立学会の公文書にも記録があります。

そこにはシャンパーニュのドン・ペリニョンより30年も前に、イギリス人が瓶内二次発酵によるスパークリングワインを造っていたと記されています。

 

品種と製法はシャンパーニュと同じ

イギリスのスパークリングワインで使われているブドウ品種はシャンパーニュ地方のシャンパンと同じです。

シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエのブレンドがほとんどで、製法も同じく瓶内二次発酵で行なわれています。

きめ細かい泡と繊細な果実味を持つその味わいは、シャンパンに引けを取らない極上のもの。

近年急成長しているワイナリーも多く、さらに進化した高品質のスパークリングワインが期待できそうです。

またシャンパンについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

>>【ソムリエ解説】おすすめのシャンパン16選!特徴・飲み方も解説!

価格は5,000円から10,000円が多い

イギリスのスパークリングワインはどれも品質が高く、シャンパン並みに高価なものがほとんどです。

その多くが5,000円から10,000円の範囲で、中には10,000円を超えるものもあります。

特別な日やお祝いの席にふさわしい1本で、その極上の味わいは価格に見合うものばかり。

テーブルを豪華に演出し、素晴らしい思い出を残してくれます。

イギリスのスパークリングワインの選び方

イギリスのスパークリングワインの選び方

ここからは、イギリスのスパークリングワインを選ぶときのポイントをお伝えしましょう。

今回紹介するイギリスのスパークリングワインの選び方は以下の通りです。

 

イギリスのスパークリングワインの選び方
・白またはロゼから選ぶ
・ブドウ品種で選ぶ

・生産者から選ぶ

 

後に紹介するイギリスのスパークリングワインの人気おすすめランキングにも反映されているので、ぜひ参考にしてください。

では早速見ていきましょう。

白またはロゼから選ぶ

まずは白かロゼかを選びましょう。

大きく異なるポイントは外見の色味。

ロゼはサーモンピンクのような美しい桃色をしているのに対して、白は透き通るような黄金色をしています。

またロゼではピノ・ノワールなど黒ブドウ品種がブレンドされていることが多いため、多少タンニンの感覚を楽しめます。

価格はあまり差がありませんが、中には手間がかかっているロゼのほうが高価になるケースも。

特に女性へのプレゼントには美しいピンク色をしたロゼが好まれるため、目的ごとに白・ロゼを検討してみてはいかがでしょうか。

ブドウ品種で選ぶ

次にブドウ品種を見ていきましょう。

イギリスのスパークリングワインでは単一やブレンドなど様々な形でブドウ品種が扱われています。

ブドウ品種の割合いなどで味わいや香りが大きく変化するため、お好みの品種から選ぶことをおすすめします。

今回紹介するブドウ品種は以下の通り。

 

味わいの特徴
1.シャルドネ
2.ピノ・ノワール
3.ピノ・ムニエ

 

では早速見ていきましょう。

シャルドネ

ニュートラルな味わいで、気候や土壌、造り手の醸造方法の違いで異なる表現のワインになるのが特徴。

ブルゴーニュやシャンパーニュ地方のような冷涼な気候に適した品種で、スパークリングワインでも多く使用されています。

シャンパーニュと同じように、イギリスのスパークリングワインも、シャルドネにピノ・ノワール、ピノ・ムニエをブレンドして造られているものがほとんどです。

シャルドネはスパークリングワインに爽やかなキレを与え、その比率が高いほど爽やかでエレガントな味わいに仕上がります。

シャルドネについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

>>【ソムリエ監修】シャルドネの人気おすすめワイン30選を徹底解説!

ピノ・ノワール

ほどよい酸味でタンニンが控えめなので、軽やかなライトボディのワインになります。

イギリスのスパークリングワインにはシャルドネやピノ・ムニエとブレンドされ、エレガントな香りと繊細な味わいを与えています。

またピノ・ノワールに付いて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

>>【ソムリエ監修】ピノ・ノワールとは?特徴、種類、おすすめのワインまで紹介!

ピノ・ムニエ

主にフランスのシャンパーニュ地方で栽培されている品種です。

寒さに強く、フランス最北の栽培地であるシャンパーニュをはじめ、冷涼な気候での栽培に適しています。

熟成が早く収穫量が多いため、大量生産されるシャンパンには欠かせない品種。

イギリスのスパークリングワインでは、シャルドネやピノ・ノワールとブレンドされて、フレッシュな酸味と果実味を加えています。

 

生産者で選ぶ

続いて生産者から選ぶ方法です。

イギリスのスパークリングワインにも様々な種類があり、それぞれの想いを元にワイン造りに取り組んでいます。

各生産者の想いや特徴を知ることで、よりイギリスのスパークリングを楽しめるので、ぜひお気に入りの生産者を見つけてください。

今回紹介する生産者は以下の通りです。

 

生産者で選ぶ
1.ディグビー・ファイン・イングリッシュ
2.ハンブルドン
3.ハッシュ・ヒース・エステイト

 

では早速見ていきましょう。

ディグビー・ファイン・イングリッシュ

ディグビー・ファイン・イングリッシュは「イギリスのスパークリングワインを世界最高峰の地位に押し上げる」というビジョンで設立されたネゴシアンです。

2009年にファーストヴィンテージの「レゼルヴ・ブリュット」をリリース。

これが世界中から賞賛を浴び、権威あるスパークリングワインのコンクールで3冠を獲得するなど、イギリスのスパークリングワインの名を世界に知らしめました。

 

ハンブルドン

ハンブルドンは1952年にイギリス南部のハンプシャー州で設立されたイギリス最古のワイナリーです。

1961年からスパークリングワイン造りに取り組みましたが、90年代半ばにいったん事業を手放し、1999年に新オーナーのもとでスパークリングワイン造りを再開しています。

現在は20ヘクタールほどの自社畑を所有し、高品質なスパークリングワインを生産しています。

 

ハッシュ・ヒース・エステイト

2010年にケント州で設立された新しいワイナリーです。

フランスの設備を導入して建設されたワイナリーは自社畑近くにあり、収穫後すぐに果実を持ちこんでワイン造りを行なっています。

コンサルタント・ワインメーカーには4度の「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」に輝くオーウェン・エリアス氏、醸造家にはヴィクトリア・アッシュ氏を迎え入れ、ロゼ・スパークリングワインに特化したワイナリーとしてスタート。

近年はロゼ以外のスパークリングワインも手がけています。

イギリスの人気おすすめスパークリングワイン14選

[PR]
SAKECOMI監修でもあるトップソムリエ佐々木が徹底的に考え尽くした、ワインプログラム。
「ワインを何から飲めばいいのかわからない」
「ワインが美味しいのかわからない」

そんなあなたにおすすめです。ホームワインを詳しく見る※ 販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。

ここからはイギリスのスパークリングワインの中から厳選したおすすめを14本ご紹介しましょう。

今回は先ほど紹介した以下の選び方を基準にしています。

 

イギリスのスパークリングワインの選び方
・白またはロゼから選ぶ
・ブドウ品種で選ぶ

・生産者から選ぶ

 

ではそれぞれ見ていきましょう。

14位

バルフォア スカイ・ブラン・ド・ブラン


引き締まった味わいと品のある感覚の両立

ハッシュ・ヒース・エステートはイギリスを代表するワイナリーの1つ。

古いオークの森に囲まれており、自然豊かな畑で造られているため、活き活きとした味わいが特徴的です。

冷涼な風土ならではの引き締まった品のある味わいが魅力的。

イギリスのいくつかのレストランでも採用されるほどの実力があります。

食前酒から食中酒まで幅広く楽しめる一本です。

種類ブドウ品種生産者・ワイナリー
シャルドネハッシュ・ヒース・エステート

 

香りレモン、白い花
酸味★★★★★
ボディ★★★☆☆
佐々木
白ブドウのみを用いて造られるため、軽快で爽やかなスタイルとなっています。前菜や魚介料理と一緒にお召し上がりください。

13位

ナイティンバー クラシック キュヴェ マルチ ヴィンテージ

詳細情報
果実  シャルドネ, ピノ・ムニエ, ピノ・ノワール

複雑でエレガントな味わい

1988年からの歴史を誇るナイティンバーによる一本です。

ナイティンバーは、シャルドネとピノ・ノワール、ピノ・ムニエの3品種からを使用した英国産スパークリングワインのパイオニア。

こちらのスパークリングワインは3年以上の熟成による複雑な味わいが魅力的です。

美しい黄金色のが意見からは、ハチミツやアーモンド、焼きリンゴの感覚を楽しめます。

繊細かつエレガントな味わいは特別な日を彩るのにぴったりです。

種類ブドウ品種生産者・ワイナリー
シャルドネ, ピノ・ムニエ, ピノ・ノワールナイティンバー

 

香り熟れたりんご、トースト
酸味★★★★★
ボディ★★★★☆
佐々木
シャンパーニュと同じ3品種を絶妙なバランスでブレンドしており、本家に全く引けを取らない品質を実現しています。

12位

バルフォア ブリュット・ロゼ

詳細情報
味わい 辛口
果実 ピノ・ノワール44%、シャルドネ48%、ピノ・ムニエ8%

熟成された中にある、若く力強い味わい

世界トップレベルのラグジュアリーさで有名なホテル、サヴォイホテルで採用されている高品質なロゼスパークリング。

インターナショナル・ワイン・チャレンジで金メダルとトロフィーを受賞するほどの実力でも知られています。

程よく熟成された味わい、ほんのり甘いレッドチェリー、トーストを思わせる味わい。

若く力強い一面と、高貴でエレガントな性質が上手く噛み合った一本です。

種類ブドウ品種生産者・ワイナリー
ロゼピノ・ノワール44%、シャルドネ48%、ピノ・ムニエ8%ハッシュ・ヒース・エステート

 

香りレッドベリー、すみれ
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
佐々木
鮮やかなロゼ色が印象的で、一口味わうと黒ブドウらしいラズベリーやレッドチェリーの爽やかな風味が口いっぱいに広がります。

11位

バルフォア スカイ・ブラン・ド・ブラン


シャルドネ100%のスパークリングワイン

2018年のインターナショナル・ワイン・チャレンジでは95点を獲得したスパークリングワイン。

シャルドネを100%使用しており、優れた年のみ造られます。

はちみつのような感覚や白桃のフレッシュさなど、複雑な味わいが魅力的。

バターをベースとしたまろやかな料理や、ゴマだれを使用した料理と相性抜群です。

種類ブドウ品種生産者・ワイナリー
シャルドネハッシュ・ヒース・エステート

 

香り完熟したレモン、ブリオッシュ
酸味★★★★★
ボディ★★★★☆
佐々木
ブドウ本来のポテンシャルの高さゆえの凝縮した果実味に、トーストやブリオッシュを思わせる香ばしく複雑な香りが相まり、大変魅力的な味わいとなっています。

10位

ハンブルドン プルミエール・キュヴェ[NV] イングリッシュスパークリング/白/辛口

詳細情報
味わい  辛口
メーカー名 ハンブルドン
果実 %     シャルドネ

フレッシュで豊かな果実味

シャルドネを主体に、ピノ・ノワールとピノ・ムニエをブレンドしています。

アプリコットなど熟した果実の香りに、搾りたてのレモンのようなフレッシュなニュアンスが絡み合います。

ミネラル感と豊かな果実味がバランス良く、心地良い余韻が続きます。

種類ブドウ品種生産者・ワイナリー
シャルドネ/ピノ・ノワール/ピノムニエハンブルドン

 

香りシトラス、りんご
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
佐々木
シャルドネを中心とした爽やかな果実味に、黒ブドウ由来のボディと複雑さが絶妙なバランスで一体となって構成されています。

9位

バルフォー 1503 ロゼ ドライ ハッシュ ヒース エステイト NV ロゼ

詳細情報
アルコール度数 11.5 %
味わい  辛口
メーカー名 ハッシュ・ヒース・エステイト
果実 %     ピノ・ノワール55%、シャルドネ40%、ピノ・ムニエ5%

繊細な味わい

ロゼスパークリングを得意とするワイナリーが手がける辛口のワインです。

ピノ・ノワール55%、シャルドネ40%の配合に、ピノ・ムニエを少量ブレンド。

ピノ・ノワールの繊細でエレガントな味わいが際立っています。

スッキリした果実味と凝縮感あるアロマが魅力的。 よく冷やしてお召し上がりください。

種類ブドウ品種生産者・ワイナリー
ロゼピノ・ノワール55%、シャルドネ40%、ピノ・ムニエ5%ハッシュ・ヒース・エステート

 

香りレッドチェリー、トースト
酸味★★★★☆
ボディ★★★★☆
佐々木
フレッシュかつ爽やかなチェリーのアロマをきめ細かい泡が口中で包み込み、長い余韻まで続いていきます。

8位

ハッティングレイ・ヴァレー ブリュット ロゼ [2014]

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
味わい  辛口
メーカー名 ハッティングレイ・ヴァレー
果実 %     ピノ・ノワール60%、ピノ・ムニエ38%、ピノ・ノワール・プレコス2%

繊細でエレガントな香り

ハッティングレイ・ヴァレーは2010年にウィールドで設立された、最先端の設備を持つワイナリーです。

自社畑のブドウやイギリス南部の厳選された契約畑から仕入れたブドウを使用。

ピノ・ノワールを主体にピノ・ムニエをブレンドした辛口のロゼスパークリングです。繊細な赤い果実の香りに、果実味豊かな味わい。

数多くの賞に輝いている実力派です。

種類ブドウ品種生産者・ワイナリー
ロゼピノ・ノワール60%、ピノ・ムニエ38%、ピノ・ノワール・プレコス2%ハッティングレイ・ヴァレー

 

香りベリー、すみれ
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
佐々木
一般的なロゼと比べ、ピノムニエの割合を多くすることでより繊細な赤系果実のアロマをうまく引き出しています。

7位

カヴェンディッシュ(CAVENDISH)

詳細情報
味わい  辛口
メーカー名 リッジヴュー・ワイン・エステイト
果実 %     シャルドネ44%、ピノ・ノワール27%、ピノ・ムニエ29%

エレガントな味わい

1994年設立のワイナリー、リッジヴュー・ワイン・エステイトが手がける辛口のスパークリングです。

国内外のワインコンクール受賞の常連で、その品質の高さはシャンパーニュを凌ぐとまで言われています。

シャルドネ44%に、ピノ・ノワールとピノ・ムニエをブレンドしています。

細やかな泡立ちに、完熟した果実の香り。

ブラッドオレンジやグレープフルーツなどのアロマも感じられます。

バランスの良い酸とエレガントな味わいが、長い余韻となって続きます。

種類ブドウ品種生産者・ワイナリー
シャルドネ44%、ピノ・ノワール27%、ピノ・ムニエ29%リッジヴュー・ワイン・エステイト

 

香りモモ、オレンジの花
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
佐々木
シャンパーニュ代表3品種の絶妙なバランスでのブレンドが、このワインの複雑さとエレガントさを生み出しています。

6位

ディグビー ファイン イングリッシュ ブリュット NV 発泡白

詳細情報
アルコール度数 12 %
味わい  辛口
メーカー名 リッジヴュー・ワイン・エステイト
果実 %     ピノ・ノワール40%、シャルドネ35%、ピノ・ムニエ25%

シャープな酸とミネラル
ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエを絶妙なバランスでブレンドしたスパークリングです。

豊かな泡とシャープな酸味が魅力の辛口。

豊富なミネラルと引き締まったボディが楽しめます。

さっぱりとした後味で、幅広い料理によく合います。

種類ブドウ品種生産者・ワイナリー
ピノ・ノワール40%、シャルドネ35%、ピノ・ムニエ25%リッジヴュー・ワイン・エステイト

 

香り白桃、トースト
酸味★★★★★
ボディ★★★☆☆
佐々木
きめ細かい泡とミネラル感が印象的な一本。食前から食中酒としても幅広く楽しんでいただけます。

5位

ハッティングレイ・ヴァレー クラシック・レゼルヴ ブリュット

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
味わい  辛口
メーカー名 ハッティングレイ・ヴァレー
果実 %     シャルドネ48%、ピノ・ノワール33%、ピノ・ムニエ17%、ピノ・グリ2%

熟成したアロマ

シャルドネ 、ピノ・ノワールを主体に、ピノ・ムニエ とピノ・グリをブレンドしています。

樽熟成を経て30ヶ月間瓶内熟成した辛口。

心地よいイースト香をまとう熟成感あるアロマが魅力的です。

キリッとした酸が全体のバランスを引き締め、心地良い余韻が続きます。

種類ブドウ品種生産者・ワイナリー
ハッティングレイ・ヴァレーシャルドネ48%、ピノ・ノワール33%、ピノ・ムニエ17%、ピノ・グリ2%

 

香り焼いたリンゴ、ビスケット
酸味★★★★☆
ボディ★★★★☆
佐々木
程よくついた香ばしいトーストやビスケットのアロマが印象的な一本で、クリーム系の料理にも負けない味わいも魅力の一つです。

4位

ガズボーン エステートブランドブラン 2012 イングリッシュスパークリング 辛口

詳細情報
アルコール度数 12 %
味わい  辛口
メーカー名 ガズボーン・エステート
果実 %     シャルドネ100%

豊かなミネラルと酸味

ケント州アップルドアの、海に近い畑で造られたシャルドネ100%の辛口スパークリングです。

3年間の熟成ののちに瓶内熟成を重ね、複雑味と芳醇な味わいが生み出されています。

リンゴとレモンの香りに、溢れるようなミネラルと爽やかな酸。

素晴らしいバランスが、そのクオリティを物語っています。

種類ブドウ品種生産者・ワイナリー
シャルドネガズボーン・エステート

 

香り熟れた柑橘類、ミネラル
酸味★★★★☆
ボディ★★★★☆
佐々木
フレッシュな果実味に、冷涼地や海近くゆえのミネラル感や溌剌した酸味が魅力の一本です。

3位

ボルニー ブラン ド ブラン ブリュット ボルニー ワイン エステイト 2009

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
味わい  辛口
メーカー名 ボルニー・ワイン・エステイト
果実 %     シャルドネ100%

フレッシュな果実味

ボルニー・ワイン・エステイトは40年以上前からウェスト・サセックス州でワイン造り行なっている老舗ワイナリーです。

シャルドネ100%の辛口で、白い花を思わせるフローラルなアロマ。

きめ細かい泡とフレッシュな果実味が印象的で、心地良い余韻が楽しめます。

種類ブドウ品種生産者・ワイナリー
白 シャルドネボルニー・ワイン・エステイト

 

香り白桃、白い花
酸味★★★★★
ボディ★★★☆☆
佐々木
シャルドネ100%ゆえの爽やかな果実味と酸味が特徴。また、自宅にセラーがある方は数年寝かせることでハチミツやナッツの風味がより際立つようになるので、ぜひお試しください。

2位

レゼルヴ ブリュット ディグビー ファイン イングリッシュ 2009

詳細情報
アルコール度数 12 %
味わい  辛口
メーカー名 ディグビー・ファイン・イングリッシュ
果実 %     シャルドネ65%、ピノ・ノワール18%、ピノ・ムニエ17%

極上の泡

ファーストヴィンテージで世界最高評価を獲得したスパークリングワインです。

シャルドネ65%に、ピノ・ノワール とピノ・ムニエをブレンド。

60ヶ月の瓶内熟成を経たワインはキメの細かい極上の泡で、クリーミーな味わい。

豊かなミネラル感と引き締まったボディが楽しめる辛口です。

種類ブドウ品種生産者・ワイナリー
シャルドネ65%、ピノ・ノワール18%、ピノ・ムニエ17%ディグビー・ファイン・イングリッシュ

 

香りヴァニラ、ブリオッシュ
酸味★★★★★
ボディ★★★★★
佐々木
豊かな果実味に、長期熟成由来のトースト、ヴァニラ、ナッツ、コーヒーといった複雑かつ奥深い味わいは、シャンパーニュ通の方さえ虜にするでしょう。

1位

レイスウェイツ ウィンザー グレート パーク ヴィンヤード ブリュット[2014]

詳細情報
味わい  辛口
果実 %     シャルドネ55%、ピノノワール35%、ピノムニエ10%

王室献上のワイン

2013年のファーストヴィンテージから王室用に造り始められたスパークリングです。

セカンドヴィンテージとなる2014年から一部のワインが国際市場に解放され、 日本には200 本のみ入荷されています。

シャルドネ 、ピノ・ノワールを主体にピノ・ムニエを少量ブレンド。ムースのようなきめ細やかな泡に、ブリオッシュやアプリコット、 柑橘系の果実の香りが溢れます。

フレッシュな余韻が長く続く極上の逸品です。

種類ブドウ品種生産者・ワイナリー
シャルドネ55%、ピノノワール35%、ピノムニエ10%レイスウェイツ

 

香り白桃、ヴァニラ
酸味★★★★★
ボディ★★★★★
佐々木
当記事紹介銘柄の中で最も希少な一本。今飲んでももちろん美味しいですが、まだまだ熟成ポテンシャルありです。ぜひ、セラーをお持ちの方はゆっくりタイミングを見て大切な人と開けたいですね。

イギリスのスパークリングワイン比較表

商品画像レイスウェイツ ウィンザー グレート パーク ヴィンヤード ブリュット[2014] レゼルヴ ブリュット ディグビー ファイン イングリッシュ 2009ボルニー ブラン ド ブラン ブリュット ボルニー ワイン エステイト 2009 ガズボーン エステートブランドブラン 2012 イングリッシュスパークリング 辛口ハッティングレイ・ヴァレー クラシック・レゼルヴ ブリュットディグビー ファイン イングリッシュ ブリュット NV 発泡白カヴェンディッシュ(CAVENDISH)ハッティングレイ・ヴァレー ブリュット ロゼ [2014]バルフォー 1503 ロゼ ドライ ハッシュ ヒース エステイト NV ロゼハンブルドン プルミエール・キュヴェ[NV] イングリッシュスパークリング/白/辛口 バルフォア スカイ・ブラン・ド・ブランバルフォア ブリュット・ロゼナイティンバー クラシック キュヴェ マルチ ヴィンテージ バルフォア レスリーズ・リザーブ
商品名レイスウェイツ ウィンザー グレート パーク ヴィンヤード ブリュット[2014]レゼルヴ ブリュット ディグビー ファイン イングリッシュ 2009ボルニー ブラン ド ブラン ブリュット ボルニー ワイン エステイト 2009ガズボーン エステートブランドブラン 2012 イングリッシュスパークリング 辛口ハッティングレイ・ヴァレー クラシック・レゼルヴ ブリュットディグビー ファイン イングリッシュ ブリュット NV 発泡白カヴェンディッシュ(CAVENDISH)ハッティングレイ・ヴァレー ブリュット ロゼ [2014]バルフォー 1503 ロゼ ドライ ハッシュ ヒース エステイト NV ロゼハンブルドン プルミエール・キュヴェ[NV] イングリッシュスパークリング/白/辛口バルフォア スカイ・ブラン・ド・ブランバルフォア ブリュット・ロゼナイティンバー クラシック キュヴェ マルチ ヴィンテージ バルフォア レスリーズ・リザーブ
詳細味わい  辛口
果実 %     シャルドネ55%、ピノノワール35%、ピノムニエ10%
アルコール度数 12 %
味わい  辛口
メーカー名 ディグビー・ファイン・イングリッシュ
果実 %     シャルドネ65%、ピノ・ノワール18%、ピノ・ムニエ17%
アルコール度数 12.5 %
味わい  辛口
メーカー名 ボルニー・ワイン・エステイト
果実 %     シャルドネ100%
アルコール度数 12 %
味わい  辛口
メーカー名 ガズボーン・エステート
果実 %     シャルドネ100%
アルコール度数 12.5 %
味わい  辛口
メーカー名 ハッティングレイ・ヴァレー
果実 %     シャルドネ48%、ピノ・ノワール33%、ピノ・ムニエ17%、ピノ・グリ2%
アルコール度数 12 %
味わい  辛口
メーカー名 リッジヴュー・ワイン・エステイト
果実 %     ピノ・ノワール40%、シャルドネ35%、ピノ・ムニエ25%
味わい  辛口
メーカー名 リッジヴュー・ワイン・エステイト
果実 %     シャルドネ44%、ピノ・ノワール27%、ピノ・ムニエ29%
アルコール度数 12.5 %
味わい  辛口
メーカー名 ハッティングレイ・ヴァレー
果実 %     ピノ・ノワール60%、ピノ・ムニエ38%、ピノ・ノワール・プレコス2%
アルコール度数 11.5 %
味わい  辛口
メーカー名 ハッシュ・ヒース・エステイト
果実 %     ピノ・ノワール55%、シャルドネ40%、ピノ・ムニエ5%
味わい  辛口
メーカー名 ハンブルドン
果実 %     シャルドネ
味わい 辛口
果実 シャルドネ
味わい 辛口
果実 ピノ・ノワール44%、シャルドネ48%、ピノ・ムニエ8%
果実  シャルドネ, ピノ・ムニエ, ピノ・ノワール味わい 辛口
果実 シャルドネ, ピノ・ムニエ, ピノ・ノワール
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

イギリスのスパークリングの美味しい飲み方

イギリスのスパークリングワインの美味しい飲み方

ここからはイギリスのスパークリングの美味しい飲み方について紹介していきます。

ぜひ今回紹介する内容を実践して、イギリスのスパークリングを充分に楽しんでくださいね。

今回紹介する美味しい飲み方のポイントは以下の通りです。

 

生産者で選ぶ
・ワイングラス
・保存温度
・注ぎ方
・飲むタイミングと相性の良い料理

 

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう!

ワイングラスは口の狭いものを選ぶ

イギリスのスパークリングワインを飲むときは、口の狭いワイングラスを選ぶことがおすすめ。

口の狭いワイングラスを選ぶことによって、スパークリングワインの炭酸が抜けづらいことが理由です。

炭酸が抜けづらいと、長い間刺激的な味わいを楽しむことができますよ。

具体的にはフルート型などのワイングラスを用意しましょう。

空気と触れる面積の狭いワイングラスを使うことで、イギリスのスパークリングワインを存分に楽しめるため、ワイングラスまでぜひこだわってみてください。

またワイングラスについて詳しく知りたい方は、こちらも合わせてご覧ください。

>>【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

しっかりと冷やすことがおすすめ

スパークリングワインの保存温度は4~8℃がおすすめです。

理由はスパークリングワインを冷やすことで、炭酸が締まりキリっとした味わいになるから。

繊細な泡立ちに仕上がり、引き締まったエレガントな味わいを楽しめます。

またイギリスの上品なスパークリングワインを存分に楽しむために、ワインセラーで保存することが望ましいです。

ワインセラーがあればスパークリングワインはもちろん、赤ワインなども適切に保存することができます。

家庭用のワインセラーについてはコチラを参考にしてみてください。

>>【ソムリエセレクト】おすすめワインセラー17選!家庭用にはコレ!

注ぐ時はゆっくり注ぐ

スパークリングワインを注ぐ時は、ゆっくり注ぐことで泡持ちを良くしてくれます。

炭酸が抜けてしまうと味わいがぼやけてしまうため、激しい振動を与えないように注意が必要です。

ぜひ注ぐタイミングから意識して、イギリスのスパークリングワインのきめ細かい泡立ちをお楽しみください。

飲むタイミングと合わせる料理

イギリスのスパークリングワインは特に飲むシーンに決まりはありません。

多くの場合は食前酒として雰囲気を盛り上げる際に嗜まれる事が多いです。

またスパークリングワインは基本的にどのような料理とも相性が良いため、食中酒として楽しむこともおすすめ。

イギリスのスパークリングを食事と合わせる場合は、クリーミーな料理やゴマダレのような濃厚な味わいと合わせましょう。

キリッとしたスパークリングワインの感覚と相まって食事を盛り上げてくれます。

ぜひ自分だけのマリアージュを見つけてください。

イギリスのスパークリングワインを楽しもう!

イギリスのスパークリングワインを楽しもう

イギリスのスパークリングワインについてご紹介しました。

シャンパンと並ぶ最高品質の味わいは、一度は試してみたい逸品ばかりです。

これからの進化も目が離せないイギリスのスパークリングワイン。

その素晴らしい味わいを、ぜひ一度お試しください!

記事の監修者

佐々木 健太

J.S.A. ソムリエ・エクセレンス

ソムリエ/年間受講者数日本一を誇るカリスマワインスクール講師  21歳でソムリエ資格を取得。南フランスにある一つ星レストラン「Keisuke Matsushima」にて研鑽を積み、帰国後は南青山「L’AS」を経て、株式会社WINE TRAILを創業。ワインのサブスク「HOME WiNE」を手掛ける。YouTubeチャンネル「ソムリエ佐々木」を運営。第9回全日本最優秀ソムリエコンクールファイナリスト。https://homewine.jp/

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ厳選】激安で美味しい!チリのおすすめスパークリングワイン10選

コストパフォーマンスが高いことで知られているチリワイン。 今やレストランや居酒屋、スーパーやコンビニなど色

【ソムリエ監修】日本のおすすめスパークリングワイン10選!選び方のコツも解説

日本のスパークリングワインは山梨県や長野県など、主要なワイン産地で生産されています。 日本の土壌と気候の中

【ソムリエ厳選】ドイツの発泡性ワインといえばコレ!おすすめゼクト10選を紹介

世界で一番スパークリングワインを消費している国がどこかご存知ですか?全世界で消費されているスパークリングワインの

【ソムリエ執筆】アメリカのおすすめスパークリングワイン10選!本場に負けないクオリティ

アメリカでは、厳しい規定に捉われることなく比較的自由に、様々なワインが造られており、世界第4位のワイン生産国です

【ソムリエ監修】ドイツのおすすめスパークリングワイン10選!特徴から選び方のコツも解説

ドイツのスパークリングワインは香り高く気品のある味わいで、国内外で根強い人気を誇っています。 とくにシャン

【ソムリエ監修】オーストラリアのおすすめスパークリングワイン10選!選び方のコツも解説

近年、日本で高い注目を集めているのがオーストラリアのスパークリングワインです。 カジュアルな価格なのに高品

特集記事

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

【2022年版】人気おすすめ焼酎26選!種類から選び方まで徹底解説

TOP