【ソムリエ監修】ディーキン・エステートの種類から価格まで解説!おすすめ7選も紹介

2018/12/10
オーストラリア

今やオーストラリアワインは世界中に流通し、一大ワイン大国とも呼ばれています。その質の高さは多くの愛好家に認められていますが、今回ピックアップする「ディーキン・エステート」も例外ではありません。

ブドウ栽培を愛し、ワイン造りを愛するディーキン・エステート。その歴史やおすすめワインについてご紹介します。

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

ディーキン・エステートとは

元々、ディーキン・エステート社があるビクトリア州西部のミルデューラ地方は、ひどく乾燥した荒地でした。

そこで、かつてのオーストラリア首相であるアルフレッド・ディーキン氏が、近くを流れるマレー川から畑に水を引き土地を潤す方法を伝授したため、この地域では様々な農業が栄えるようになりました。

ディーキン・エステートではそんなアルフレッド・ディーキン氏に敬意を表し、ブランド名称に彼の名を採用しています。

ディーキン・エステートのワインの特徴

当初、ディーキン・エステート社はブドウ栽培業のみを営んでいました。

しかし1980年からワイン製造も開始し、元来の生業であったブドウ栽培へのこだわりを生かして、現在に至るまで100%自社畑の厳選されたブドウでワインを造っています。

またディーキン・エステートは、オーストラリア・ワイナリー・オブ・ザ・イヤーも獲得するなど、ブドウ栽培とワイン造りにおいてオーストラリアの新基準を確立しました。

ディーキン・エステートのワインのラインナップ

ディーキン・エステートのワインには、赤、白、スパークリングがあります。赤はミディアムボディまたはフルボディ、白は主に辛口、スパークリングはブドウのジューシーさを生かした甘口と引き締まった辛口の2種類となっています。

ディーキン・エステートのワインの種類

ディーキン・エステートのワインの種類をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

赤ワイン

品種はカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、ピノ・ノワールと幅広く、それぞれのブドウの持つ豊かな味わいをそのままワインでも表現しています。

飲んだ印象も、柔らかいものから男らしく骨格のあるものまで揃っているため、お肉はもちろんパスタやリゾットなど、あらゆる料理と一緒に楽しめます。あなた好みのものが必ず見つかるはずです。

白ワイン

ディーキン・エステートの白ワインは、シャルドネ、リースリング、ソーヴィニヨン・ブラン、シラーズほか様々な品種のブドウを使用しています。

味わいも品種によりエレガントであったり、フレッシュであったり、あるいは力強さも含んでいるなど、同じワイナリーでありながら全く異なる顔を見せるのが特徴です。いつ飲んでも美味しいと感じられます。

スパークリングワイン

ディーキン・エステートには、甘口の微発泡スパークリングと、辛口のスパークリングの2種類があります。

甘口の微発泡は、単体で、またはデザートワインとして、辛口は魚介やエスニック料理に合わせるなど違った飲み方ができるので、ワイン初心者の方も愛好家の方にも満足していただけると思います。

シリーズで選ぶ

ディーキン・エステートには、ひとつのブドウから造られるワインのほか、同じ地域で育ったブドウをブレンドして造るワインがあります。

単品種のワイン

オーストラリアのパワフルな太陽光を浴びたブドウは、それぞれに強い個性と凝縮感たっぷりの味わいを持ちます。

好きな品種を探すのも、気分によって違う品種を選ぶのも素敵な楽しみ方です。

ブレンドワイン

ディーキン・エステートのブレンドワインは「ディーキン・エステート・アーティサンズ・ブレンド」と呼ばれ、赤白ともに、職人が厳選した絶妙な配合バランスでリッチな味わいを生み出します。

ディーキン・エステートのおすすめワイン7選

オーストラリアだけでなく日本でもすでに人気を博しているディーキン・エステートのワインから、ソムリエおすすめの7本をご紹介します。

赤ワインはコチラ

ピノ・ノワールはコレ!

ディーキン エステート ピノ ノワール

839円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 13 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 オーストラリア ビクトリア
メーカー名 日本酒類販売

色は明るく透明感のあるバイオレットです。

フレッシュなストロベリーやチェリーの甘い香りにどこかバラのニュアンスを感じます。口に含むとタンニンは柔らかく、赤色の果実味豊かで、余韻はすっきりと飲みやすい赤ワインです。

鴨肉のローストや大根のサラダなどとよく合います。

カベルネ・ソーヴィニヨンはコレ!

ディーキン・エステート・カベルネ・ソーヴィニヨン

839円 (税込)

詳細情報
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 オーストラリア ビクトリア
メーカー名 ディーキン・エステート

色は深みのあるルビーレッドです。

黒すぐりやブラックベリー、プラムなどの魅惑的なアロマの奥に、ミントやチョコレートの香りも感じられます。

酸味とタンニンのバランスが良く、カベルネ・ソーヴィニヨンらしいスパイスやバニラの風味ともマッチして実にスマートな赤ワインです。炭火焼きのステーキなどのお供に。

メルローはコレ!

ディーキン エステート メルロー

959円 (税込)

詳細情報
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 オーストラリア ビクトリア
メーカー名 ディーキン・エステート

色はガーネットに近いレッドです。

アメリカンチェリー、ラズベリー、ブルーベリーなどの赤色果実のアロマに、トーストやカカオの甘い香りが隠れています。

味わいは、熟した果実味にまろやかなタンニンとスパイシーさが広がり、酸味も程よく追いかけてきて、口の中で全てがまとまり凝縮された余韻が続きます。

白ワインはコチラ

シャルドネはコレ!

ディーキン・エステート・シャルドネ

839円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 13.5 %
味わい  辛口
原産国名 オーストラリア ビクトリア
メーカー名 ディーキン
果実 %     シャルドネ100%

色は美しいゴールデンイエローです。

熟した桃、メロン、白い花、そしてオーク由来のスモーキーな香りに、味わいはトロピカルフルーツのような華やかさを持ちます。

まろやかな酸が滑らかな舌触りを生み、フルーティーでありながら全体的にふくよかな辛口白ワインです。

スモークサーモン、クリーム系のパスタと非常によく合います。

リースリングはコレ!

ディーキン エステート リースリング

839円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 11.5 %
味わい  辛口
原産国名 オーストラリア ビクトリア
メーカー名 日本酒類販売

色は深みのある麦わら色です。

りんごやレモン、パッションフルーツなどの爽やかで透明感のある香りを持ち、口に含むとかすかに甘く優雅ですが、どこかスタイリッシュな強い味わいを持ちます。

酸とミネラル感のバランスが整っていて、上品な余韻が舌に心地よく残ります。スパイシーなカレーなどアジアの料理とも相性抜群です。

ソーヴィニヨン・ブランはコレ!

ディーキン・エステート・ソーヴィニヨン・ブラン

839円 (税込)

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 オーストラリア ビクトリア
メーカー名 日本酒類販売

色は薄くグリーンがかった儚いゴールドです。

香りは青りんご、グレープフルーツの果皮などフレッシュな印象で、口に含んでも若い青りんごやハチミツの優しい味わいが広がります。

ソーヴィニヨン・ブランらしいきりっとした旨味に包まれた後は、しっかりとした酸が引き締め、リッチな印象で終わる綺麗な辛口白ワインです。

スパークリングワインならコレ!

モスカートのスパークリングワイン

ディーキン・エステート モスカート

733円 (税込)

詳細情報
味わい  甘口
原産国名 オーストラリア ビクトリア
メーカー名 ディーキン エステート モスカート
果実 %     モスカート100%

麦わらがかったゴールデンイエローが美しい、微発泡の甘口白ワインです。

アルコール度数が6%と低く、ブドウ由来の濃厚な甘さが口いっぱいに広がります。大人のマスカットジュースのように単体で楽しんでも、デザートワインにしても美味しく飲める微発泡です。

酸もしっかり感じられるので、ただ甘いだけのワインではありません。ワイン初心者の方にもおすすめです。

コスパ抜群のディーキン・エステートを日常使いに

ブドウ栽培農家から始まったオーストラリアのワイナリー、ディーキン・エステートの歴史やおすすめワインを紹介しました。

ブドウを知り尽くした職人により醸造されるディーキン・エステートの商品はどれもコスパに優れ、毎日でも飲みたいワインです。

ブレンドの配合にも細かくこだわった「アーティサンズ・ブレンド・シリーズ」も共に、ぜひご賞味ください。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

オーストラリアのシャンドンを徹底解説!種類、価格、おすすめの飲み方まで紹介

ドンペリ、モエシャン、ヴーヴ・クリコを保有するモエ・エシャンドン社がオーストラリアに設立した「シャンドン」! 今回

【ソムリエ監修】ペンフォールズの種類、味わいをご紹介

ペンフォールズのワインは、何と言ってもオーストラリア最高峰のワインと言われるグランジが有名です。ペンフォールズは独自

【ソムリエ監修】おすすめのヤルンバのワイン11選!選び方のコツも解説

ヤルンバは、160年以上の歴史を持つ、オーストラリアの老舗ワイナリー。銘醸地のバロッサで造られるワインは、伝統的な味

【ソムリエ監修】デ・ボルトリの種類や価格を解説!おすすめワイン10選も紹介

デ・ボルトリは高品質なのにリーズナブルな、オーストラリアのプレミアワインです。英国王室御用達ワイナリーとしても有名で

【ソムリエ監修】ジェイコブス・クリークのおすすめワイン7選!選び方のコツも解説

ジェイコブス・クリークは世界で大人気のオーストラリアワインです。オーストラリアの銘醸地で造られたワインはどれも、リー

【ソムリエ監修】ウルフ・ブラスの種類と味わいを解説!

ウルフ・ブラス(Wolf Blass)は、『伝統』と『革新』の二つを合わせ、常に最高品質のワインを生み出すオーストラ

【ソムリエ監修】マクウィリアムズの特徴、種類からおすすめワインまでご紹介

オーストラリアで最も古いワイナリーの一つであるマクウィリアムズ(McWILLIAM'S)は、創業135年以上を誇る歴

【ソムリエ監修】イエローテイルとは?味、種類、品種を解説!おすすめワインも紹介

世界中で愛されているオーストラリアワインのイエローテイル。リーズナブルなのに美味しいワインということで、日本でも大人

【ソムリエ厳選】バロークスの種類や価格を解説!おすすめ7選も紹介

バロークスは、世界で初めての缶入りプレミアムワインです。スーパーやコンビニで見かけたことがある人も多いはず。カジュア

【ソムリエ監修】高品質低価格!オーストラリアのおすすめ白ワイン20選!特徴と種類も解説

オーストラリアのワインと言うと、シラーズに代表される力強い赤ワインをイメージされるかもしれませんが、オーストラリアの


特集記事

【ソムリエ厳選】白ワインにおすすめのつまみはコレ!手軽に買える物から簡単レシピまで

【ソムリエ厳選】赤ワインにおすすめのつまみ!手軽に買える物から簡単レシピまでご紹介!

【ソムリエ厳選】魚料理に相性ぴったりのおすすめワイン!選び方のコツも解説

お寿司に合うお手頃ワインおすすめ9選!ソムリエが徹底検証

オレンジワインとは?特徴から、おすすめのオレンジワイン10選まで紹介

TOP