【ソムリエ監修】アメリカの赤ワインおすすめ20選!選び方のコツも解説

2018/09/21
アメリカ

ソース
あなたは有名な「1976パリスの審判」をご存知でしょうか?
それまで欧州には劣る存在とされていたアメリカワインが、ブラインド・テイスティングにおいて当時最高評価を受けていたフランスの名門ワインを打ち破り、その実力を世界中に知らしめた大事件です。

ワイン史に残るこの出来事をきっかけに、アメリカワインは世界中から注目を集めるようになりました。

今回は、ソムリエがアメリカの赤ワインの特徴、選び方からおすすめの赤ワインまでご紹介します。

記事の監修者

林 英公子

日本ソムリエ協会認定ソムリエ

ワインテクニカル監修。 なぜか宅建資格もあり。 CF制作会社・情報出版・IT企業に勤務後、 長らく印刷媒体制作ディレクター。 Uターン後は、ちょっといいピノ・ノワールを飲みながら 大音量で好きな音楽を聴ければ、ほどほどに幸せ。 真昼っから数十本のワインをテイスティングする修羅場も経験。

アメリカの赤ワインとは?

ソース

アメリカでのワインの歴史は、18世紀に始まります。
スペイン人宣教師によってブドウ栽培とワイン醸造が持ち込まれ、カリフォルニアにアメリカ初のワイン畑と醸造所が造られました。

その後、19世紀に訪れるゴールドラッシュの影響なども受け需要は急増。一時は禁酒法の規制を受け衰退しますが、禁酒法廃止後は再び振興。

ワイン文化は一気に花開きます。

アメリカのワイン生産


ソース
2017年実績では、フランス、イタリア、スペインに次いで世界第4位のワイン生産量を誇ります。
アメリカワインの中心地カリフォルニアでは、アメリカワインのおよそ9割が生産されています。
カリフォルニアと同じく太平洋側の地域に当たるワシントン州、オレゴン州、ニューヨーク州でもワインは造られています。

2015年のデータによると、世界第4位を誇るアメリカの生産量は、2170万hl(ヘクトリットル)。
1hlが100ℓなので、2170万hlとなると、…約22億ℓにもなります。

ちなみに、生産量世界第1位のイタリアは5000万hl。2位フランスは4700万hl、3位スペインは、3770万hlとなっています。

アメリカワインはそのラインアップの幅広さも特徴です。
お手頃な価格と安定した価格で人気の大量生産ワインから、オーパスワンのようなプレミアムワイン、入手も難しいカルトワインまで、個性豊かなワインがそろっています。

アメリカの赤ワインを産地で選ぶ

ソース

アメリカの代表的な生産地の特徴についてまとめました。

ワイン用のブドウ品種はデリケートなものが多くあります。
ブドウ栽培には、地形・土壌・気候など数多くの条件が必要なため、広いアメリカ陸でもブドウ栽培に向いている場所は限られています。

また、1978年に制定されたワイン法では、A.V.A(American Approved Virticultual Area「アメリカ政府承認ぶどう栽培地域」 )が定められ、政府公認の地域が指定されるようになりました。

カリフォルニア州

ソース

「アメリカのワイン蔵はカリフォルニアにある」と言っても過言ではありません。
アメリカワインの9割を産出しているカリフォルニア。一口にカリフォルニアワインと言えど地域ごとに特徴は違います。

カリフォルニアのワイン名産地 ナパ・ヴァレー


ソース

ワイン好きならその名をどこかで聞いたことがあるでしょう。「ナパ・ヴァレー」の「ナパ」とはインディアンの言語で、“豊潤の地”を意味します。
カリフォルニアの中西部に位置し、アメリカワインの筆頭産地です。

特にナパ・ヴァレーのカベルネ・ソーヴィニヨンは世界でもトップクラスのレベルを誇ります。
ナパ・ヴァレーはA.V.Aに定められていますが、更にナパ・ヴァレーを区画で細分化しています。その小さな区画ごとに味が異なるのです。

カリフォルニア州のプレミアムワイン 「オーパスワン」

フランスにおけるロマネ・コンティやシャトーマルゴーのように、アメリカにも著名なワインがあります。そんなアメリカの特別なワインを紹介します。

圧倒的存在オーパスワン、オー・ボン・クリマ、カレラ等スター生産者


ソース
カリフォルニアワインの大物と言えば、まずオーパスワンでしょう。

”オーパス(Opus)”は音楽用語で”作品、作品番号”を意味し、「オーパス・ワン(OPUS ONE)」とは「作品番号1番」という意味になります。

フランスワインの名門出身バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド男爵とカリフォルニアワインの大立者ロバート・モンダヴィの共同作品1番であり、「1本のワインは交響曲、1杯のグラスワインはメロディーのようなものだ」という想いが込められています。

>>オーパス・ワンを詳しく解説

ワシントン州

ソース

2014年のデータで、ワシントン州にワイナリーは850軒、ブドウ栽培面積は2万ha以上、カリフォルニア州に次いで全米第2位の生産量を誇ります。

ワシントン州もボルドーやブルゴーニュとほぼ同じ北緯45~50度に位置しています。

年間300日は晴天という恵まれた気候。
夏と冬、昼と夜の寒暖差が大きいブドウ栽培に適した地域で、赤も白も様々な品種の栽培が可能です。

>>ワシントンのおすすめ赤ワイン

オレゴン州


ソース

オレゴン州はワシントン州の隣に位置しています。主要品種はピノ・ノワールで、栽培面積の6割を占め、国際的に高く評価されています。

1979年にフランスで行われたブルゴーニュとオレゴンの比較テイスティングでオレゴン産ピノ・ノワールが2位を獲得し、一躍世界的な名声を獲得しました。

>>オレゴンのおすすめ赤ワイン

アメリカの赤ワインを品種で選ぶ

アメリカで栽培されている主な品種を紹介していきます。

完熟味のある芳醇な味わいが特徴カベルネ・ソーヴィニヨン


ソース
カベルネ・ソーヴィニヨンで世界で最も栽培されている赤の品種。アメリカでも同様です。

カリフォルニアはもちろん、他の地域でも広く栽培されています。
同じブドウ品種でも、カリフォルニアは全般に原産地フランスに比べて気温も高いため、完熟味のある芳醇な味わいが特徴です。

糖度が高く、比較的酸味がやわらかいワインになります。

果実味と酸味のバランスが良いジンファンデル


ソース
ジンファンデルはイタリアではプリミティーヴォと呼ばれている品種です。

ジンファンデルからは力強い果実味と酸味のバランスの良いワインが造られます。

アメリカではジンファンデル種を白ワインのように醸し、ブラッシュカラーになったロゼワインを造ります。このロゼはホワイトジンファンデルと呼び大変人気があります。

繊細な芳香と口当たりで魅了するピノ・ノワール


ソース
かつてピノ・ノワールは栽培が難しく、原産地フランス・ブルゴーニュ地方以外では育たないとされていました。
環境の変化に敏感で「気まぐれ」と称されるほどです。

近年ではフランス以外でも栽培に成功し、様々な地域で造られています。
アメリカ・カリフォルニアもそんな地域のひとつです。

乾燥した海から流れ込む冷涼な風、複雑な地形によって細かく変化する独特の気候の影響を受け、様々に変化するカリフォルニアのピノ・ノワール。
カリフォルニアでも特に冷涼なモントレーやソノマが産地として有名です。

アメリカのおすすめ赤ワイン20選

アメリカでのワインの主な産地と生産されている品種についてご紹介しました。
具体的におすすめな3,000円未満で満足感いっぱいなおすすめをランキングにまとめました。
ぜひ参考にしてください。

 

日常使いにおすすめ!3,000円未満カベルネ・ソーヴィニヨンベスト 5

5位

ウルトラバイオレット カベルネ ソーヴィニヨン カリフォルニア


アメリカワイン界で話題の女性醸造家サマンサ・シーンが手がける、カベルネ・ソーヴィニヨン。
ほどよいタンニンと酸味でバランスのとれた味わいになっています。

 

4位

フランシスカンレッドウッド クリーク カベルネ・ソーヴィニヨン


カリフォルニアの大自然の象徴、大木セコイアを意味するRed Wood。
果実感あふれるしっかりしたフルボディの味わいは、まさしくカベルネ・ソーヴィニヨン。

 

3位

ガロ カーニヴォ カベルネ・ソーヴィニヨンハーン・ワイナリー

「Hahn」はドイツ語で「雄鶏」を意味します。
ハーンワイナリーは、モントレーで長年ワイン造りを続けているニッキー・ハーンが、その名を託して1991年に設立したワイナリーです。

そこで造られる彼のワインは、冷涼な地域で造られる凝縮した果実味が見事で常に高い評価を得ています。

 

2位

ガロ カーニヴォ カベルネ・ソーヴィニヨン


カーニヴォとは肉食動物のこと。ひいては肉を食べるのを好む人を指します。
その名の通り、肉料理にぴったりなワイン。

 

気になる第1位は……

1位


2010年に開催されたレストランポールアワードにて、全米1位を受賞しました。

フランシスカンのブドウ畑はオーパスワンの畑の向かいであり、それは地形・土壌・気候がかなり近いことを意味します。多くの人が味わいの共通点を賞賛しています。

フランシスカンは3,000円弱で手に入るのです。ぜひ一度お試しあれ。

3,000円以下!カベルネ・ソーヴィニヨンのワイン比較表

商品画像フランシスカンガロ カーニヴォ カベルネ・ソーヴィニヨンガロ カーニヴォ カベルネ・ソーヴィニヨンハーン・ワイナリーフランシスカンレッドウッド クリーク カベルネ・ソーヴィニヨンウルトラバイオレット カベルネ ソーヴィニヨン カリフォルニア
商品名フランシスカンガロ カーニヴォ カベルネ・ソーヴィニヨンガロ カーニヴォ カベルネ・ソーヴィニヨンハーン・ワイナリーフランシスカンレッドウッド クリーク カベルネ・ソーヴィニヨンウルトラバイオレット カベルネ ソーヴィニヨン カリフォルニア
価格2,786円(税込)1,499円(税込)1,868円(税込)1,008円(税込)2,376円(税込)
詳細
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

日常使いにおすすめ!3,000円未満ジンファンデルベスト 5

カリフォルニア産ワイン全体の10%を占めるジンファンデル。
出典元:USDA「California Grape Acreage

アメリカを代表する赤ブドウ品種と言って良いでしょう。
そんなジンファンデルをお手軽に楽しむことができるおすすめのワインをまとめました。

5位

レーヴェンスウッド ヴィントナーズブレンド


ジンファンデルに特化したワイナリーとして1976年レーヴェンスウッドが設立されました。
まだブレンド用の品種だったジンファンデルに注目し、カリフォルニアを代表する品種にまで育てあげた立役者と言われ、今では『ジンファンデルのゴッドファーザー』と呼ばれています。

 

4位

ボーグル・ヴィンヤーズ オールド・ヴァイン ジンファンデル


生き生きとしたレッドベリーとピンクペッパーにオーク樽由来のスパイシーさが感じられる肉厚な味わい。
素朴さと洗練さが見事に融合したワインになっています。

 

3位

サイクルズ・グラディエーター ジンファンデル カリフォルニア


ラベルの絵はベル・エポック時代の現存するポスターで、当時の発明品である自転車とそれによって自由を得た女性が「Gladiator(剣闘士)」として描かれています。
カリフォルニアの束縛されない大自然の美しさを表現されています。

 

2位


元ロバート・モンダヴィ醸造長デイヴィット・アキヨシが手掛けるカリフォルニアの自然派では珍しい認証付きワイン。

アイヴォリー&バートの創設者、チャールズ・アイヴォリーとJ.M. バートは、この地の最初期の入植者でした。
ブドウ栽培を始めたのは1916年。その味を今に伝えています。

 

ジンファンデル部門第1位は……

1位

マイケル・デイビッド セブン・デッドリー・ジンズ オールド・ヴァイン ジンファンデル


売上高世界第1位を獲得したこともあるジンファンデルワイン!
(IRC社調べ/2013年10月~2014年10月の一年間)

その名前は“7つの大罪”をもじっており、リッチでなめらかなそのテクスチャーとスモーキーな苦味が特徴の存在感あるワインです。

3,000円以下!ジンファンデルのワイン比較表

商品画像マイケル・デイビッド  セブン・デッドリー・ジンズ オールド・ヴァイン ジンファンデルサイクルズ・グラディエーター  ジンファンデル カリフォルニアボーグル・ヴィンヤーズ オールド・ヴァイン ジンファンデルレーヴェンスウッド ヴィントナーズブレンド
商品名マイケル・デイビッド セブン・デッドリー・ジンズ オールド・ヴァイン ジンファンデルサイクルズ・グラディエーター ジンファンデル カリフォルニアボーグル・ヴィンヤーズ オールド・ヴァイン ジンファンデルレーヴェンスウッド ヴィントナーズブレンド
価格2,491円(税込)(税込)1,481円(税込)1,980円(税込)1,490円(税込)
詳細
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

日常使いにおすすめ!3,000円未満ピノ・ノワールベスト 5

しなやかなタンニンと華やかな香りで人気を誇るピノ・ノワール。
アメリカワインではその美味しさをリーズナブルな価格で楽しめるのも嬉しいところです。
おすすめのベスト5はこちら!

5位


「ディストリクト7」という名は、カリフォルニア州に17あるブドウ栽培エリアにおいて、そのワイン畑であるモントレー・カウンティが7番目にあたることに由来しています。

 

4位

デ・ローチ ピノ・ノワール


デ・ローチ・ヴィンヤーズは、サンフランシスコから移住してきたセシル・デローチ氏によってロシアン・リヴァー・ヴァレーに設立されました。
ロシアン・リヴァー・ヴァレーは、カリフォルニア・ソノマ地区でも有名なA.V.Aです。

2003年からは、フランス・ブルゴーニュでピノ・ノワールの生産者として世界的に著名なボワセ・ファミリーによって所有されています。

 

3位

ガロ・ダークホース・ピノ・ノワール


カリフォルニアの名門E.&J.ガロワイナリーが手がける赤ワイン「ダークホース ピノ・ノワール」。
通常ピノ・ノワールは単独で使用されることが多いのですが、他ブドウ品種とのブレンドによって個性的な旨みが凝縮し、果実由来の豊かなアロマを感じます。

 

2位

キャッスル・ロック・ロス・カーネロス・ピノ・ノワール


高級ピノ・ノワールの名醸地として名高いモントレー。
海から流れ入ってくる冷たい霧が立ち込めた谷に沿って高品質なピノ・ノワールを生み出す畑が連なっています。

1994年とワイナリーの中ではまだ若めなキャッスル・ロック。
そのワインは、オーナーの効率的なマネージメント術によりコストパフォーマンスの高いワインを生み出し続けています。

そして、ピノ・ノワールの映えある1位に輝いたのは、こちら!

 

1位

ブエナ・ヴィスタ・ソノマ・ピノ・ノワール


ブドウ栽培からワイン造りまで一貫して行っている生産者として、アメリカでも有数の古い歴史を持つブエナ・ヴィスタ。

1857年、カリフォルニアワイン産業の父とも言われるハンガリー人のアゴストン・ハラスティ伯爵がソノマに畑を購入し「ブエナ・ヴィスタ」を設立。
「ブエナ・ヴィスタ」とは、スペイン語で「絶景」という意味です。

なめらかなタンニンと豊かなブラックチェリーの果実味が調和したエレガントなワインに仕上がっています。

3,000円以下!ピノ・ノワールのワイン比較表

商品画像ブエナ・ヴィスタ・ソノマ・ピノ・ノワールキャッスル・ロック・ロス・カーネロス・ピノ・ノワール ガロ・ダークホース・ピノ・ノワールデ・ローチ ピノ・ノワールディストリクト7
商品名ブエナ・ヴィスタ・ソノマ・ピノ・ノワールキャッスル・ロック・ロス・カーネロス・ピノ・ノワールガロ・ダークホース・ピノ・ノワールデ・ローチ ピノ・ノワールディストリクト7
価格1,636円(税込)2,274円(税込)1,279円(税込)2,160円(税込)2,106円(税込)
詳細
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

いつかは!憧れのカリフォルニアワイン ベスト5

カリフォルニアワインの中で、特別なワインとして君臨する逸品の数々。
ワイン好きな人にとっては、どれも憧れのワインです。

5位


穏やかな気候と豊かな日照量に恵まれ、カリフォルニアの歴史に残る素晴らしいヴィンテージとなった2012年。

通常であれば相反する品質と収穫量が、共に非の打ちどころのないという偉大な年となりました。

2012年のドミナスは、特に出来が素晴らしかったカベルネ・ソーヴィニヨンを93%にプティ・ヴェルド5%とカベルネ・フラン2%のブレンドです。

 

4位

ジョセフ・フェルプス インシグニア


カリフォルニア初のボルドーブレンドワインであるインシグニアは、カルフォルニアで最も芳醇で深い味わいを持つ最高峰のワインとして2005年の「Wine Spectator」誌Top100にて世界No.1ワインに輝き、大きな話題を呼びました。

 

3位

オーボンクリマ ピノノワール 35th アニバーサリー[2015]


オー・ボン・クリマの35周年を祝う特別なボトル。
83ケースのみと数量限定生産。三角形のラベルが特徴的。

記念すべき年に相応しい仕上がりの味わいになっています。

 

2位

カレラ ピノノワール セレック マウント ハーラン[2014]


カリフォルニアでピノ・ノワールの最初の成功者となったジョシュ・ジェンセンの「カレラ」。
彼のピノ・ノワールへの愛から、アメリカのピノ・ノワールは始まったと言ってもいいでしょう。

その魅力は、その余韻の素晴らしさと、長期熟成が十分可能なワインであること。10~20年後でも味わいのピークが続くだろうと言われています。

 

1位

オーパス・ワン 2013オーパス ワン 2013


高名なワイン評論家ジェームス・サックリング氏より最高評価100点満点獲得した2013年ヴィンテージ。

かの有名なオーパスワンは、ワイン好きなら一度は飲んでみたい憧れの存在。
その中でも傑作とされる2013年。

特別な日のための特別な1本として存在する至高の赤です。

カリフォルニアの高級ワイン比較表

商品画像オーパス・ワン 2013オーパス ワン 2013カレラ ピノノワール セレック マウント ハーラン[2014]オーボンクリマ ピノノワール 35th アニバーサリー[2015]ジョセフ・フェルプス インシグニアドミナス2014
商品名オーパス・ワン 2013オーパス ワン 2013カレラ ピノノワール セレック マウント ハーラン[2014]オーボンクリマ ピノノワール 35th アニバーサリー[2015]ジョセフ・フェルプス インシグニアドミナス2014
価格43,200円(税込)14,904円(税込)11,520円(税込)24,818円(税込)29,160円(税込)
詳細
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

アメリカの赤ワイン まとめ

いかがでしたか。アメリカは国土が広く様々な個性のワインに出会えます。大量生産可能な体制も整っているため、安くて安定した品質のワインを生み出すことができます。

そして同時にプレミアムワインもリリースできるのがアメリカのすごさ。

ぜひこの記事を参考にアメリカワインを楽しんでみてくださいね。

     

関連記事

【ソムリエ監修】度数高め!ジンファンデルの特徴とおすすめ赤ワイン15選を紹介!

ソース ジンファンデルの赤ワインは度数が高く、土地の違いが出やすいです。 今回は、ソムリエがジンファンデルの特徴と

【ソムリエ執筆】アメリカのおすすめスパークリングワイン10選!本場に負けないクオリティ

アメリカでは、厳しい規定に捉われることなく比較的自由に、様々なワインが造られており、世界第4位のワイン生産国です。

アメリカワインの特徴や産地をソムリエが解説!おすすめのワインも紹介

ソース アメリカのワインというと真っ先に思い浮かべるのは「カリフォルニアワイン」ですよね。ワインショップでもたくさん見

【ソムリエ監修】アメリカのおすすめ白ワイン20選!選び方のコツも解説

ソース 「オーパス・ワン」に代表される「新世界」ワインの代表として、アメリカのワインは世界で有名です。 アメリカワイ

【ソムリエ監修】コロンビア・ヴァレーの赤ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

みなさんは「コロンビア・ヴァレーの赤ワイン」と聞いて、頭に思い浮かぶワインがありますか?近年は権威あるワイン専門誌を

【ソムリエ監修】サウス・コーストの赤ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース サウス・コースト(South Coast)と言えば、ロサンジェルスやサンディエゴといった大都市が思い浮かびま

【ソムリエ厳選】ソノマのおすすめ赤ワイン10選!選び方のコツも解説

ソース ナパバレーと並んで、アメリカを代表するほどのワイン生産地となったソノマ! 家庭で毎日愉しめるデイリーワインか

【ソムリエ監修】カリフォルニアのおすすめ赤ワイン15選!選び方のコツも解説

ソース カリフォルニアといえば、アメリカのワイン生産量の90%を占めるワインの一大生産地です。全土で気候や土壌を活

【ソムリエ監修】ナパ・ヴァレーのおすすめ赤ワイン15選!産地の特徴、ナパワインの選び方も解説

ナパはカリフォルニアの中でも特に高級ワインを生産する地域です。オーパス・ワンやドミナスなど、世界的な知名度を誇る希少

【ソムリエ厳選】セントラル・コーストのおすすめ赤ワイン15選!選び方のコツも解説

ソース カリフォルニアはリーズナブルな価格から高額のカルトワインまで世界最高水準のワインが揃っており、ニューワールド

赤ワインの選び方

 

TOP


特集記事

【ワインエキスパート執筆】オレンジワインとは?特徴とおすすめ10選まで紹介

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

【濃厚な甘口ワイン】アイスワインをソムリエが解説!美味しい飲み方、おすすめワインを紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介