【ソムリエ監修】メオ・カミュゼのワインおすすめ5選!

2018/11/28
フランス

メオ・カミュゼは、ブルゴーニュ屈指の名門ワイナリーです。ブルゴーニュの特級畑を所有し、ブルゴーニュの神様と呼ばれたアンリ・ジェイエの哲学を承継したワイン造りで、素晴らしい味わいの高級ワインを造りだしています。

そこで今回は、メオ・カミュゼのワインについて詳しく解説。おすすめのワインもご紹介いたします。

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

メオ・カミュゼとは

メオ・カミュゼは、フランスのコート・ドール、ヴォーヌ・ロマネ村の名門ワイナリーです。その歴史は19世紀初頭、コート・ドールの代議士で、ワインの栽培農家でもあったエティエンヌ・カミュゼから始まります。

1959年に近親のジャン・メオにワイナリーを託しますが、このとき、小作人としてメオ・カミュゼのワインを手がけていたのが、のちに「ブルゴーニュの神様」と呼ばれるアンリ・ジャイエでした。

のちにアンリ・ジャイエは、メオ・カミュゼを継いだジャン・ニコラ・メオの指導に当たりますが、このとき築いた醸造法のスタイルを、メオ・カミュゼはずっと継承しています。

メオ・カミュゼのワインの特徴

メオ・カミュゼの特徴は、所有する特級畑の質と量です。ヴージョ村とヴォーヌ・ロマネ村を中心に、クロ・ド・ヴージョ、リシュブール、エシェゾー、コルトンという4つのグラン・クリュ(特級畑)という、世界に名をはせる銘醸畑を所有。6つのプルミエ・クリュ(1級畑)も所有しています。 

所有しているブドウ畑のほとんどで、ビオロジック農法(有機農法)を実施。収穫はすべて手摘みで行い、除梗(じょこう・ブドウの粒に付いている小さな枝を取ること)をほぼ100%行っています。除梗することでワインにエグ味が出るのを防ぎ、ピノ・ノワールの繊細な風味を生かすことができるのです。

醸造ではアンリ・ジェイエから継承した方法を忠実に守り、低温マセラシオンという醸造法を行っています。収穫したブドウを冷やすことで、香りの高い、ピュアな果実味のフレッシュなワインが造られるのです。

ラインナップは赤ワインと白ワインがあります。

メオ・カミュゼの赤ワインの選び方

ここでは、赤ワインを選ぶときのポイントをお伝えしましょう。

品種はピノ・ノワール

フランスのブルゴーニュ地方原産の品種です。強めの酸と控えめなタンニンで、上品で繊細な味わいのワインが造られます。

メオ・カミュゼの赤ワインは、ピノ・ノワールの単一品種のみ。そのため、土地による味わいの違いがそれぞれのワインに色濃く反映されています。

繊細で軽やかな味わいながらも、長期熟成のポテンシャルがあるのが特徴。熟成するほどに官能的な香りを放つ、奥行きのあるワインになります。

味わいで選ぶ

赤ワインの味わいは、「フルボディ」「ミディアムボディ」「ライトボディ」という表現が用いられます。メオ・カミュゼの赤ワインのほとんどはミディアムボディとフルボディで、深みのある味わいです。

熟成では樫の新樽が使われていますが、グラン・クリュとプルミエ・クリュのワインは新樽の比率を高くすることで、味わいに力強さと優雅さが表現されています。

一方、特定の畑ではない村名ワインは、新樽の比率がその約半分。これにより、ブドウ本来の果実味とフレッシュさが際立った味わいになっています。

また、メオ・カミュゼのワインはすべてノンフィルターで瓶詰めされているので、果実の旨みが凝縮された味わいが楽しめます。

メオ・カミュゼの白ワインの選び方

次に、白ワインを選ぶときのポイントをお伝えします。

品種はシャルドネ

シャルドネはフランスのブルゴーニュ地方原産の品種です。特別な個性のない味わいで、栽培される土地の気候や土壌、造り手の醸造方法などによって左右され、それぞれの個性が表現されたワインに仕上がります。

メオ・カミュゼのシャルドネはアンリ・ジェイエ氏から継承した醸造法によって、それぞれの畑の特徴が反映された、メオ・カミュゼならではの個性豊かな味わいに仕上がっています。

味わいで選ぶ

白ワインは発酵の程度によって味わいが辛口、甘口に分かれますが、メオ・カミュゼの白ワインのほとんどはスッキリとした辛口です。

赤ワインと同様、畑により樽熟成の新樽率が異なるため、グラン・クリュとプルミエ・クリュでは力強さと複雑味のある味わいが、村名ワインは爽やかな酸味とフレッシュな果実味溢れる味わいが楽しめます。

価格で選ぶ

メオ・カミュゼのワインは稀少性が高く、グラン・クリュやプルミエ・クリュのワインとなれば、価格も数万円以上と高額になります。

しかし、メオ・カミュゼは、生産者としてだけでなく「メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール」の名前で、ブドウ果実を生産者から仕入れて醸造・熟成させるネゴシアンのビジネスも行っています。

自社では保有していない畑から生まれるワインも、ネゴシアンとして手掛けているわけです。

ネゴシアンとして扱うのは、マルサネ、ジュヴレ・シャンベルタン、モレ・サン・ドニなど、ヴォーヌ・ロマネと同じく最高と称される銘醸畑。そのワインは、自社畑で生産したものと変わらない高い評価を受けています。これらのほとんどは1万円をきる価格で、5,000円〜6,000円ほどで購入できるものもあります。

メオ・カミュゼが初めての人は、ネゴシアンものの「フレール・エ・スール」が試しやすいでしょう。

メオ・カミュゼのおすすめワイン5選

メオ・カミュゼのラインナップから厳選したワインをご紹介します。

赤ワインのラインナップ

クロ・ド・ヴージョの赤!

クロ・ド・ヴージョ・グラン・クリュ[1995]メオ・カミュゼ

94,699円 (税込)

詳細情報
原産国名 フランス
メーカー名 ドメーヌ・メオ・カミュゼ
果実 %     ピノノワール

最高の立地条件

特級畑のクロ・ド・ヴージョの中でも、メオ・カミュゼの所有する区画はとくに絶好の場所です。ブルゴーニュワインの聖地と呼ばれる「シャトー・デュ・クロ・ド・ヴージョ」のすぐ下に位置していて、水はけの良い石灰質土壌で構成されています。

この区画は、1988年までアンリ・ジャイエが手がけていました。そこで育まれたピノ・ノワールに、アンリ・ジャイエの醸造スタイルが加わり、上品で官能的な味わいのワインに仕上がっています。

 

コルトンの赤!

コルトン・グラン・クリュ レ・ペリエール ドメーヌ・メオ・カミュゼ 2014年

27,864円 (税込)

詳細情報
原産国名 フランス
メーカー名 メオ・カミュゼ
果実 %     ピノノワール

凝縮した果実味

特級畑のコルトンで、平均樹齢50~60年の古木から収穫したピノ・ノワールを使っています。エレガントで華やかな香り。ミネラル豊富でしっかりしたストラクチャー、凝縮感溢れる果実味が魅力です。繊細でチャーミングな味わい。長い余韻が続きます。

 

リーズナブルな赤!

ブルゴーニュ・ルージュ 2015 メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール 赤

4,741円 (税込)

詳細情報
原産国名 フランス
メーカー名 ドラジェ
果実 %     ピノノワール

バランスのとれた美味しさ

ネゴシアンもののメオ・カミュゼです。ヴォーヌ・ロマネやフラジェ・エシェゾーにある自社畑のブドウと、他の生産者から仕入れたブドウをブレンドしています。

豊かな果実味と滑らかなタンニンを備えた、バランスの良い味わいに仕上がっているワインです。

 

白ワインのラインナップ

クロ・サン・フィリベールの白!

ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ・ブラン クロ・サン・フィリベール 2015 メオ・カミュゼ

6,793円 (税込)

詳細情報
原産国名 フランス
メーカー名   ドラジェ
果実 %     シャルドネ

最高峰のシャルドネ

シャルドネ100%、入手困難な辛口の白ワインです。クロ・サン・フィリベールは、メオ・カミュゼの白ワイン唯一の単独所有畑です。特級畑のエシェゾーに近く、1990年代に植えられたブドウの木は、根が地中深くまで伸びてさまざまな要素を吸収しています。

柑橘系のフレッシュなアロマで、木樽由来の香ばしさが漂います。力強い果実味と、豊富なミネラルが感じられる味わい。長い余韻が楽しめます。

 

コスパの良い白!

2015年 メオ カミュゼ フレール エ スール サンロマン ブラン

6,732円 (税込)

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名   メオ カミュゼ
果実 %     シャルドネ

フレッシュでミネラル豊か

メオ・カミュゼがネゴシアンとして販売している「フレール・エ・スール」の白ワインです。シャルドネを100%使用。

ライムのような柑橘系のフレッシュな香りで、柔らかでエレガントな口当たり。ミネラル豊かで繊細な味わいが長い余韻となって続きます。長期熟成のポテンシャルも秘めたワインです。

メオ・カミュゼのワイン比較表

商品画像ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ・ブラン クロ・サン・フィリベール 2015 メオ・カミュゼ2015年 メオ カミュゼ フレール エ スール サンロマン ブランブルゴーニュ・ルージュ 2015 メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール 赤コルトン・グラン・クリュ レ・ペリエール ドメーヌ・メオ・カミュゼ 2014年クロ・ド・ヴージョ・グラン・クリュ[1995]メオ・カミュゼ
商品名ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ・ブラン クロ・サン・フィリベール 2015 メオ・カミュゼ2015年 メオ カミュゼ フレール エ スール サンロマン ブランブルゴーニュ・ルージュ 2015 メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール 赤コルトン・グラン・クリュ レ・ペリエール ドメーヌ・メオ・カミュゼ 2014年クロ・ド・ヴージョ・グラン・クリュ[1995]メオ・カミュゼ
価格6,793円(税込)6,732円(税込)4,741円(税込)27,864円(税込)94,699円(税込)
詳細原産国名 フランス
メーカー名   ドラジェ
果実 %     シャルドネ
味わい  辛口
原産国名 フランス
メーカー名   メオ カミュゼ
果実 %     シャルドネ
原産国名 フランス
メーカー名 ドラジェ
果実 %     ピノノワール
原産国名 フランス
メーカー名 メオ・カミュゼ
果実 %     ピノノワール
原産国名 フランス
メーカー名 ドメーヌ・メオ・カミュゼ
果実 %     ピノノワール
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

メオ・カミュゼのワインまとめ

メオ・カミュゼのワインをご紹介しました。全体的にやや高めのワインですが、ブルゴーニュワインの最高峰とも言えるその味わいは、一度は試してみたいもの。

特別な日や自分へのご褒美に、その極上の味わいをぜひ堪能してみてはいかがでしょう?

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】シャトー・ムートン・ロートシルトの価格やラベル、おすすめヴィンテージを解説

ボルドーの格付けを100年越しで覆し、第2級から第1級へと格上げされた唯一のシャトーであるシャトー・ムートン・ロート

【ソムリエ監修】ペリエジュエの価格やおすすめのマリアージュを種類ごとに解説

ペリエジュエ(Perrier-Jouët)は、シャンパーニュ地方でも200年という長い歴史を誇るメゾン(製造者)なが

【ソムリエ監修】ウィリアム・フェーブルの種類や価格、おすすめワインを紹介

ウィリアム・フェーヴルは、シャブリの最高の造り手とも称されるドメーヌです。スッキリした酸とミネラルたっぷりで透明感の

【ソムリエ監修】シャトー ラ フィット ロートシルトのおすすめヴィンテージを紹介!価格やセカンドラベルまで解説

シャトー・ラフィット・ロートシルト(Château Lafite-Rothschild)はボルドーを代表するトップシ

【ソムリエ監修】カステルの特徴、種類を解説!おすすめワインも紹介

ワイン業界で「カステル(CASTEL)」と言えば、フランスワインの生産、販売量で世界No.1を誇るフランスの大手ワ

【ソムリエ監修】パイパー・エドシックの価格やおすすめマリアージュを種類ごとに解説

パイパー・エドシック(PIPER-HEIDSIECK)は200年以上の歴史がある老舗のシャンパーニュ・メゾンです。か

ソムリエが選ぶドメーヌ・アラン・ブリュモンのおすすめ10選!種類も紹介

ドメーヌ・アラン・ブリュモン(Domaine Alain Brumont)とはフランスを代表する生産者の一つで、リーズ

【ソムリエ監修】アルベール・ビショーのワインの特徴、種類、おすすめも紹介

アルベール・ビショーは180年の歴史を持つ、ブルゴーニュの名門ワイナリーです。ブルゴーニュの銘醸地に6つのドメーヌ・

【ソムリエ監修】アンリ・ジローの価格やおすすめマリアージュを種類ごとに解説

ヨーロッパの上流階級や社交界の限られた宴の場で古くから愛され、幻のシャンパーニュとも呼ばれるアンリ・ジロー(HENR

【ソムリエ監修】ニコラ・フィアットの価格やおすすめマリアージュを種類ごとに解説

ニコラ・フィアットはフランス、シャンパーニュ地方のシャンパーニュ・ブランドです。創業からわずか40年でフランスの販売


特集記事

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

【ソムリエ厳選】ピザに合うおすすめワイン20選!種類ごとに紹介

【ソムリエ厳選】お肉に相性ぴったりのおすすめワイン9選!選び方のコツも解説

TOP