【2019年版】クリスマスにおすすめのワイン9選!シーン別選び方も紹介

2019/11/13
ワイン

クリスマスにぴったりな飲み物と言えば、やはりワインですよね。パーティーやお呼ばれの際にワインを手土産として持って行くと喜ばれること間違いなし!

せっかくのクリスマスなので、どうせならクリスマスらしいワインを持って行きたいものです。

今回はクリスマスの為のオススメワインを厳選致しました。

記事の監修者

外山 ゆみ子(とやま ゆみこ)

■JSA認定ワインエキスパート ■JSA認定ワイン検定ブロンズクラス講師 ■WSET LEVEL2 AWARD IN WINES AND SPIRITS

化粧品メーカー、ワイン輸入販売会社などに勤務。東京都内でワインを飲みながら官能文学を楽しむ「ゆみこの官能文学サロン」を定期的に開催中。詳細はこちらから→ https://coubic.com/kanno_wine_dokusho/booking_pages

クリスマスにぴったりのワインの選び方

恋人、友人、家族など、クリスマスに過ごす相手や料理の種類ごとにおすすめのワインを紹介していきます。ぴったりのワインを見つけてください。

食前酒~前菜ならスパークリングワイン

レストランなどで出される食前酒もスパークリングが多いと思いますが、やはり食事の前にはやはりスパークリングがオススメです。

食事前の喉を潤すだけでなく、スパークリングの心地よい泡は食欲を促進する働きがあります。

レストランなどではNGと言われていますが、クリスマスのパーティー感を出すためにポーンと勢いよく開けてみても活気がつくでしょう。

また、食事が始まった後に運ばれてくる、軽めのお料理や前菜にも非常に相性が良いので流れがスムーズです。

 

食事中には赤ワイン

食事の最中には白ワインももちろん良いですが、クリスマスを代表する料理、ローストビーフやターキー、ビーフシチューなどには白ワインよりも赤ワインがオススメです。

ボリュームのあるお肉料理などは特に、タンニンのしっかりとしたフルボディの赤ワインと合わせた方が、よりバランスが良くなります。

もし白ワインを合わせたいという場合には、樽のしっかりと効いた骨格のある白ワインを合わせると良いでしょう。

 

デザートにはデザートワイン

甘いデザートにはすっきりした白ワインの方が合わせやすいのでは?と思われる方も多いと思います。

実は、すっきりとした白ワインと甘みの強いものを合わせると、ワインの酸味が引き立ち、酸と甘みが喧嘩してしまいます。

このような時にオススメするのが、やはり甘口のデザートワインです。

甘口ワイン単体で飲むと甘いと感じるワインでも、不思議と甘みのあるデザートと合わせると、そこまで甘ったるくなく絶妙なバランスでまとまります。

甘みの好みは人さまざまですので、甘いもの好きの人には「極甘口」、ほどよく甘みを楽しみたい人には「やや甘口〜甘口」あたりを選ぶと良いでしょう。

さっぱりとしたデザートには「やや辛口」のワインもおすすめです。

 

乾杯酒・食前酒におすすめのクリスマスワイン

天使のアスティ

サンテロ 天使のアスティ

詳細情報
度数:8 %
味わい:甘口
産地:イタリア、ピエモンテ
品種:マスカット

マスカットを使った甘口のスパークリングワインです。

マスカットの味わいがとてもフルーティですし、アルコールは7%程度とややひかえめなので、飲みやすいです。

ボトルに天使がプリントされていて、聖なる気持ちでクリスマスソングを聞きながら飲みたいワインです。

 

グラン ブリュット ペリエ ジュエ シャンパン

グラン ブリュット ペリエ ジュエ シャンパン

詳細情報
度数:12 %
味わい:辛口
産地:フランス、シャンパーニュ

創業200年以上のシャンパーニュ・メゾン、ペリエ・ジュエの辛口シャンパンです。

シャルドネを主体としたエレガントな味わいです。アネモネの花があしらわれたキュートなボトルなので、女子受け抜群です。

 

フレシネ セミセコ ロゼ

フレシネ セミセコ ロゼ

詳細情報
産地:スペイン
品種:トレパット、ガルナーチャ

こちらはシャンパンと同じ製法で造られるスペインのスパークリングワイン、カヴァです

フレシネはカヴァとしては世界で一番売れているブランドです。そのロゼのスパークリングワイン。

ラズベリーのようなチャーミングな風味が感じられます。

 

食事に合わせるクリスマスワイン

ルイ・ラトゥール ブルゴーニュ・シャルドネ

ルイ・ラトゥール ブルゴーニュ・シャルドネ

詳細情報
度数:13 %
味わい:辛口
産地:フランス、ブルゴーニュ
品種:シャルドネ

200年以上の歴史を持つ生産者のフランス・ブルゴーニュの白ワインです。

バニラのようなまろやかな味わいはクリームソースを使った料理と相性が良いです。

 

フランシスカン ナパカウンティ カベルネソーヴィニヨン

フランシスカン ナパカウンティ カベルネソーヴィニヨン

詳細情報
度数:14 %
味わい:フルボディ
産地:アメリカ、ナパカウンティ
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン

カシス、ダークチェリー、ダークチョコレート、トーストのような風味のある赤ワインです。

しっかりとしたタンニンも感じられます。

ローストビーフやステーキなどと合わせてどうぞ。

 

チェラスオーロ モンテプルチアーノ カンティーナ ザッカニーニ

カンティーナ ザッカニーニ チェラスオーロ ダブルッツォ (ロゼ)

詳細情報
味わい:辛口
産地:イタリア、アブルッツォ州
品種:モンテプルチャーノ・ダブルッツォ

イタリア中部のアブルッツォ州のロゼワインです。「チェラスオーロ」は「チェリーの花」という意味。

名前のとおり、桜色です。味わいはサクランボのような果実味があります。サーモンのマリネなどと相性が良いです。

 

デザートにおすすめのクリスマスワイン

ケヴェド トウニー・ポートワイン

ケヴェード トウニー・ポート

詳細情報
度数:19.5 %
味わい:フルボディ
産地:ポルトガル、ドウロ
品種:トゥーリガ・フランカ25%、ティンタ・ロリス25%、ティンタ・バロッカ20%

ポルトガル・ポートの褐色(トウニー)のポートワインです。

酸化熟成によって生じるナッツやナツメグのような風味、ドライフルーツやキャラメルのような濃縮した甘味が感じられます。

エッグタルトやティラミスなどと合わせてみてはいかがでしょうか。

 

アイスワイン ラインヘッセン ヨット・ハーン

アイスワイン ラインヘッセン ヨット・ハーン

詳細情報
度数:9.5 %
味わい:甘口
産地:ドイツ、ラインヘッセン
品種:シルヴァーナー

ドイツのラインヘッセン地方のアイスワインです。アイスワインは、ぶどうが樹上でマイナス8度以下に凍った状態で収穫され、ワインにされます。

豊かな甘さと、すっきりとした酸がバランスよく調和しています。

レモンのシャーベットなどと合わせるとおいしいです。

 

エミリアーナ レイト・ハーベスト ソーヴィ二ヨン・ブラン

エミリアーナ レイト・ハーベスト ソーヴィ二ヨン・ブラン

詳細情報
度数:12.5 %
味わい:甘口
産地:チリ
品種:ソーヴィニョンブラン85%、ゲュルツトラミネール15%

有機栽培ぶどう100%のチリ産の甘口ワインです。「レイト・ハーヴェスト」とは遅摘みという意味です。

完熟したぶどうを、収穫時期を遅らせて水分が蒸発して糖度が高くなったところで収穫します。

青々としたフレッシュな風味のソーヴィニヨン・ブラン種をベースに、香りの華やかなゲヴュルツトラミネール種をブレンド。

パパイヤやショウガのような風味が感じられます。

クリームブリュレやブルーチーズなどと合わせてお召し上がりください。

 

番外編!クリスマスシーズン限定ワイン特集

ニッカ シードル ヌーヴォスパークリング2019

ニッカ シードル ヌーヴォスパークリング2019


2019年に収穫した国産リンゴ品種「つがる」100%で醸造したシードル(リンゴのスパークリングワイン)。

季節限定の新酒です。リンゴの自然な甘さをお楽しみいただけます。

アルコール度は2%ですから、普段あまりお酒を飲まない方でも飲みやすいです。ボトルもクリスマス仕様です。

 

シャンドン・ブリュット スパークル

シャンドン・ブリュット スパークル

シャンパンに使われるのと同じ品種、ピノ・ノワールとシャルドネを使ったスパークリングワイン。

洋ナシのような果実味、ローストしたナッツのような香ばしさが感じられます。

ボトルはきらめく泡の輝きをイメージした、シルバーとゴールドのホリデーシーズン限定ボトルです。

 

クロ・デュ・ヴァル クリスマス限定ボトル スノーマン ジンファンデル 2016

クロ・デュ・ヴァル クリスマス限定ボトル スノーマン ジンファンデル 2016

詳細情報
味わい:フルボディ
産地:カリフォルニア

1986年、パリでカリフォルニアワインとボルドー格付け第一級シャトーをブラインドテイスティングする審査会がおこなわれました。

審査をしたのはワイン業界のプロたち。そこでボルドー格付け第一級シャトーを差し置いて1位に選ばれたのが、クロ・デュ・ヴァルのワインでした。

そんなカリフォルニアのプレミアムワインを代表するクロ・デュ・ヴァルのクリスマス限定ボトル。

ジンファンデルという品種を使ったワインで、煮詰めたラズベリーのような濃厚さ、シナモンやクローブのようなスパイスの風味が感じられます。

クリスマス限定のスノーマンボトルです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
クリスマスにワインと言っても、様々なワインがありますね。
今年のクリスマスは、ぜひ用途やシチュエーションによって使い分けてみてください。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

シードルとは?種類から、おすすめのシードルを味わいごとにご紹介!

りんごのお酒として知られるシードル。 実は、アルコールのないシードルもありますし、産地によってその特徴はさまざまで

ロバート・パーカーとは?解説から、パーカーポイント満点のワインまでご紹介!

ワインショップやオンライン通販で、パーカーポイント〇〇点という文言をよく見かけませんか? このパーカーポイントって

【ソムリエ執筆】初心者でも分かる!ワインラベルの読み方を徹底解説!

ワインのエチケット(ラベル)には多くの情報が書かれています。 初心者にとっては複雑に感じるかもしれませんが、実は多

ワインカクテル種類一覧!赤ワイン、白ワイン、シャンパン、ロゼワインそれぞれのカクテルと作り方をご紹介!

「余ったワインでカクテルを作りたい!」 「バーでワインベースのカクテルを飲んでみたい!」 今回は、そんな方にワイ

【ソムリエ執筆】五大シャトーとは?値段、当たり年、セカンドワインまでご紹介!

世界のワインを牽引していると言っても過言ではない五大シャトー! 今日はその魅力に迫るとともに、グレードヴィンテージ

ワイン業界における「パリスの審判」とは?ソムリエが徹底解説!

カリフォルニアワインが世界的に評価されるきっかけとなったパリティスティング事件。 「パリスの審判」と呼ばれ、ワイン

ワインのグラン・クリュとは?解説から、おすすめのグランクリュまでソムリエが紹介!

フランスワインによく使われている「グランクリュ(Grand cru)」というワード。 今回はグランクリュの解説と、

アマローネとは?特徴からおすすめのアマローネまでソムリエがご紹介!

アマローネ、かつては王侯や貴族しか口にできなかったと言われるほど贅沢なワインです。 今日はそんなアマローネの魅力や

ジュヴレ・シャンベルタンとは?地図、畑の解説から、当たり年、おすすめのジュヴレ・シャンベルタンまで紹介

フランス赤ワインの二大産地と言えば、ブルゴーニュとボルドーですね。 そんなブルゴーニュの赤ワインの中で、最高峰と言

特集記事

おすすめの料理酒10選!料理酒の代用も合わせて徹底解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

紹興酒とは?度数、種類から、おすすめの紹興酒、飲み方まで徹底解説!

マッコリとは?味や度数から、おすすめのマッコリ、飲み方まで徹底解説!

お寿司に合うお手頃なワインおすすめ9選!マリアージュの基本からソムリエが徹底解説

TOP