【ソムリエ監修】ラングドック・ルーションの白ワインおすすめ10選!選び方のコツから解説

2018/12/07
おすすめ白ワイン


ソース

フランス・ローヌ地方のラングドック・ルーションは、フランスのワイン生産量の約70%を占めており、ビオワインの生産が盛んな地域です。

生産量のほとんどは赤ワインのため、白ワインはまだという方が多いのではないでしょうか?

今回は、ラングドック・ルーションで造られる白ワインの特徴や選び方、おすすめ白ワイン10選をご紹介します。

記事の監修者

林 英公子

日本ソムリエ協会認定ソムリエ

ワインテクニカル監修。 なぜか宅建資格もあり。 CF制作会社・情報出版・IT企業に勤務後、 長らく印刷媒体制作ディレクター。 Uターン後は、ちょっといいピノ・ノワールを飲みながら 大音量で好きな音楽を聴ければ、ほどほどに幸せ。 真昼っから数十本のワインをテイスティングする修羅場も経験。

ラングドック・ルーションとは


ソース
ラングドック・ルーションは、南フランスのローヌ地方からピレネー山脈、スペインの国境に至るまでの地域で、その面積は日本の近畿地方とほぼ同じです。

地中海に面したラングドック・ルーションのほとんどは地中海性気候。「夏は日照時間が長く乾燥し、冬は湿度が高く温暖」という気候の特徴は、ブドウ栽培に最適です。

また、夏に吹く風によってブドウが暑さや病気から守られることもブドウ栽培が盛んな理由の1つでしょう。

ラングドック・ルーションの白ワインの特徴


ソース
ワイン生産量世界第2位のフランスにおいて、ラングドック・ルーションはその約40%を占めています。

この地域で生産されるワインの約70%は、EUのワイン法による格付けの中で1番ランクの低い産地表示不要のデイリーワインで、そのほとんどが赤ワインです。

ラングドック・ルーションのワイン生産量に占める白ワインの割合はわずか5%程度ですが、化学肥料や除草剤を使用しない農法に取り組むワイナリーが多く、フランスおいてビオワインの生産を牽引する地域として注目されています。

ラングドック・ルーションの白ワインの選び方


ソース
ラングドック・ルーションでは赤ワイン品種の栽培が盛んですが、シャルドネをはじめ、さまざまな白ワインの品種も栽培されています。

ラングドック・ルーションの白ワインを選ぶ時の参考として、味わいや品種の違いなどをご紹介します。

味わいで選ぶ

白ワインの味わいは、甘口や辛口で表現されます。白ワインを味わいで選ぶときは、料理を考えるとよいでしょう。

辛口ワインの淡麗ですっきりとした味わいは、どんな料理とも相性がよいといわれています。

では、甘口のワインはどうでしょう。甘口のワインは食事とは合わないのではと思われがちですが、実はやや甘口のワインは、みりんを使用した煮物などの和食とよく合うといわれています。

辛口

ラングドック・ルーションの白ワインは、すっきりとした辛口のものが多く生産されています。

特に、ランドック・ルーションで最も西に位置するリムーは、250m前後の丘陵地帯であることや、大西洋からの風を受けることによって、酸味が豊富な白ブドウが育つことで知られる地域。

リムーの土着品種であるモーザックをはじめ、シャルドネやシュナンブランなどを使用した白ワインが多く造られています。

また、白ワインのほかにスパークリングワインも造られており、ブランケット・ド・リムーなどが有名です。

>>辛口のおすすめ白ワイン

甘口


ソース

発酵途中でアルコールを加えることで発酵を強制的に終了させる「ヴァン・ドゥー・ナチュレル」という方法によって造られる甘口のワインがあります。

白ワイン品種のミュスカ種やグルナッシュ種を使用し、途中で発酵を止めることによってブドウが持つ本来の甘みを活かした白ワインが完成します。

ブドウが持つ果実味と甘みがあるため、フランスではデザート感覚で楽しむワインとして愛されています。

>>甘口のおすすめ白ワイン

品種で選ぶ

ラングドック・ルーションでは、白ワインの品種としてシャルドネやソーヴィニヨン・ブランなどの栽培が盛んに行われています。

ブドウの品種別に、白ワインの特徴をみていきましょう。

シャルドネ


ソース
フランスのブルゴーニュ原産のシャルドネは、環境への適応性に優れているため世界中で栽培され、「白ワインの女王」として愛されています。

このブドウの特徴は、栽培される土地の気候や土壌によって味わいが異なること。温暖な気候であるラングドック・ルーションで育ったシャルドネは、パッションフルーツを思わせる豊かな果実味を感じることができます。

>>シャルドネのおすすめ白ワイン

ソーヴィニヨン・ブラン


ソース
フランスのボルドー原産のソーヴィニヨン・ブランは、早熟でフレッシュな酸味を持つ白ワインの品種で、シャルドネと同様、世界中で盛んに栽培されています。

丘陵地帯など比較的標高が高い場所で栽培されたソーヴィニヨン・ブランは、ハーブや青草のような若々しい味わいとすっきりとした酸味が特徴です。

>>ソーヴィニヨン・ブランのおすすめ白ワイン

価格で選ぶ

ラングドック・ルーションは、フランスの中でもデイリーワインの生産が盛んな地域です。

加えて、農薬や化学肥料を使用しない有機栽培されたブドウで造られるビオワインの産地としても注目されているため、高品質で安心して飲めるワインをお手頃価格で手に入れることができます。

日常使いのワインであれば、2,000円未満の予算でも満足できるワインを見つけることができるでしょう。

また、誕生日や結婚記念日など特別なイベントなら、もう少し予算をあげてみることをおすすめします。

それぞれのワイナリーがこだわりを持って生産している、高品質なワインを手に入れることもできるでしょう。

ソムリエ厳選!ラングドック・ルーションの白ワイン10選

予算別に厳選したラングドック・ルーションの白ワインを、それぞれ5本ずつランキング形式で紹介します。

日常使いにおすすめ!2,000円未満ベスト5

第5位

ドメーヌ・ポール・マス クロード・ヴァル ブラン

1,280円 (税込)

詳細情報
原産国名 フランス ヴァン・ド・ペイ
メーカー名   レ・ドメーヌ・ポール・マス
果実 %     シュナン・ブラン

フルーティーな香りと軽快な口当たりはカジュアルなシーンに最適
2008年にイギリスの雑誌ガーディアンが発表する「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたジャン・クロード・マス氏が手がけたワイン。

このワインは、イギリスで定評のあるワインコンクール「TOP 100 コンクール 2011」にも選出されました。

手頃な価格ながら、柑橘系のフレッシュな香りと穏やかな酸味のバランスがよく、デイリー使いとしておすすめなワインです。

第4位

レ ヴィニョーブル フォンカリュ ペイ ドック ヴィオニエ キュヴェ ド ブリュレ ヴィニョーブル フォンカリュ ペイ ドック ヴィオニエ キュヴェ ド ブリュ

1,536円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
味わい  辛口
原産国名 フランス ラングドック・ルーション
メーカー名   稲葉
果実 %     ヴィオニエ

1901年創業のフォンカリュー醸造所が厳選したヴォオニエ使用の白ワイン
フォンカリュー醸造所は、ラングドック・ルーションで最も古い生産者協同組合の1つです。現在、1,600軒をこえる農家と契約を結び、7ヶ所ある醸造所でワインを造っています。

契約農家から集められた中から、質のよいヴォオニエのみを厳選して造られたワインで、アプリコットや桃のような香りと、ほのかに感じるスパイス感が口の中に広がります。クリームを使用したパスタや、シチューなどによく合いますよ。

第3位

シュヴァリエ・ダンテルム・ブラン セリエ・デ・シャルトリュ2016

1,728円 (税込)

詳細情報
原産国名 フランス ラングドック・ルーション
メーカー名   セリエ・デ・シャルトリュ
果実 %     ルーサンヌ、ヴィオニエ、グルナッシュ・ブラン

自然派栽培のブドウを使用した、魚介類や肉料理との相性抜群の白ワイン
このワインを手がけるセリエ・デ・シャルトリュは、農薬や化学肥料を極力使用しない減農薬農法に取り組んでいるワイナリー。

香り豊かな品種であるヴィオニエやルーサンヌを使用しているため、ブドウが持つ豊かな香りとふくよかなボリュームのバランスを楽しむことができます。

魚介類や、鶏肉や豚肉などの白身の肉料理とよく合うので、日常使いのワインとしてもおすすめです。

第2位

マス ド ジャニーニ セ ビアン コム サ ブラン

1,390円 (税込)

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 フランス ラングドック・ルーション
メーカー名   マス・ド・ジャニーニ
果実 %     ソーヴィニヨンブラン50%、ヴェルメンティーノ50%

普段使いとして気軽に楽しめるビオワイン
フランスに本社がある世界最大級のオーガニック認定団体「エコセール」の認証を受けたオーガニックワイン。

レモンなどの柑橘類の香りと、トロピカルフルーツの果実味が口の中に広がります。

程よい酸味がありさまざまな料理との相性もよいため、デイリー使いとしておすすめできる1本です。

第1位

ペイ・ドック バスチョン・デ・ガリーユ シャルドネ 2014

1,990円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 12.5 %
味わい  辛口
原産国名 フランス ラングドック・ルーション
メーカー名   Bastion de la Garille
果実 %     シャルドネ

南フランスならではの、はつらつさを感じることができる白ワイン
このワインを手がけるバスチョン・デ・ガリーユは、400年以上の歴史を持つワイナリー。

ラングドック・ルーションの最も西側に位置する栽培地で、農薬や除草剤を極力使用しない方法でブドウを栽培しています。

このワインはシャルドネ100%で造られており、口に含むとパイナップルなどのパッションフルーツのような果実味とバニラの香り、さらに程よい酸味が口の中に広がります。

バランスの良いフレッシュ感があるため、食前酒としてはもちろん、鶏肉や魚介類の料理とよく合います。

2,000円未満のおすすめ白ワイン比較表

商品画像ペイ・ドック バスチョン・デ・ガリーユ シャルドネ 2014マス ド ジャニーニ セ ビアン コム サ ブランシュヴァリエ・ダンテルム・ブラン セリエ・デ・シャルトリュ2016レ ヴィニョーブル フォンカリュ ペイ ドック ヴィオニエ キュヴェ ド ブリュレ ヴィニョーブル フォンカリュ ペイ ドック ヴィオニエ キュヴェ ド ブリュドメーヌ・ポール・マス クロード・ヴァル ブラン
商品名ペイ・ドック バスチョン・デ・ガリーユ シャルドネ 2014マス ド ジャニーニ セ ビアン コム サ ブランシュヴァリエ・ダンテルム・ブラン セリエ・デ・シャルトリュ2016レ ヴィニョーブル フォンカリュ ペイ ドック ヴィオニエ キュヴェ ド ブリュレ ヴィニョーブル フォンカリュ ペイ ドック ヴィオニエ キュヴェ ド ブリュドメーヌ・ポール・マス クロード・ヴァル ブラン
価格1,990円(税込)1,390円(税込)1,728円(税込)1,536円(税込)1,280円(税込)
詳細アルコール度数 12.5 %
味わい  辛口
原産国名 フランス ラングドック・ルーション
メーカー名   Bastion de la Garille
果実 %     シャルドネ
味わい  辛口
原産国名 フランス ラングドック・ルーション
メーカー名   マス・ド・ジャニーニ
果実 %     ソーヴィニヨンブラン50%、ヴェルメンティーノ50%
原産国名 フランス ラングドック・ルーション
メーカー名   セリエ・デ・シャルトリュ
果実 %     ルーサンヌ、ヴィオニエ、グルナッシュ・ブラン
アルコール度数 12.5 %
味わい  辛口
原産国名 フランス ラングドック・ルーション
メーカー名   稲葉
果実 %     ヴィオニエ
原産国名 フランス ヴァン・ド・ペイ
メーカー名   レ・ドメーヌ・ポール・マス
果実 %     シュナン・ブラン
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

特別な日に2,000〜5,000円ベスト5

第5位

コート・デ・ローズ ブラン ジェラール・ベルトラン

3,000円 (税込)

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 フランス ラングドック・ルーション
メーカー名   ジェラール・ベルトラン
果実 %     グルナッシュ・ブラン、ヴィオニエ、ヴェルメンティーノ

白桃や洋梨を思わせる清涼感がある香り高いワイン
フルーティーで程よい酸味のバランスがよく、後味はすっきりと爽やか。

ラベルやワインボトルの底には、ワインの名前にもある「バラの花」が施されており、プレゼントしても選ばれているワインです。

 

第4位

クラシック・ブラン シャトー・リヴィエール・ル・オー 2017

2,138円 (税込)

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 フランス ラングドック・ルーション
メーカー名   シャトー・リヴィエール・ル・オー
果実 %     ブールブラン50%、グルナッシュ・ブラン30%、マルサンヌ10%、ルーサンヌ10%

フランス農水省が定めた厳格な基準に沿って生産されたビオワイン
2011年にスタートした、フランス農水省公認が一定の環境に配慮した栽培農家に与える認証HVE(Haute Valeur Environnementale)で最も厳格なレベル3で有機栽培された白ワイン品種のブールブランを使用したワインです。

このワインは、豊かな香りと爽やかさが持ち味。サーモンクリームやフレッシュチーズともよく合いますが、鶏肉や豚肉などの白身の肉と合わせてもよいでしょう。

第3位

サンシニアン ヴィオニエ ミュスカ ドメーヌ・ベロ キュヴェ グルマンディーズ2016

2,870円 (税込)

詳細情報
味わい  辛口
原産国名 フランス ラングドック・ルーション
メーカー名   DOMAINE BELOT
果実 %     ヴィオニエ

ヴォオニエの持つ豊かな香りと、程よい酸味を持ち合わせたワイン
南フランスのヴィエンヌ周辺で栽培されるヴィオニエは、アロマの豊かさが持ち味。白桃やスミレのような香りは、口の中でシロップ漬けのアプリコットやハチミツに変化します。

程よい酸味とまろやかさを兼ね揃えているため、食前酒としてはもちろん、食後のフルーツやデザートともよく合います。

第2位

ミュスカ・ド・ミルヴァル ビオ カーヴ・ド・ラブレ 2104

2,257円 (税込)

詳細情報
味わい  甘口
原産国名 フランス ラングドック・ルーション
メーカー名   カーヴ・ド・ラブレ
果実 %     ミュスカ

クリアな酸味とすっきりとした後味は、魚介類の料理にもデザートにもよく合う
ピーチやアプリコットのような甘い香りと、クリアな酸味が感じられるワイン。

程よい苦味があるため、飲み口はすっきりとしていて、お刺身やお寿司などの魚介類を使用した料理との相性抜群です。

後味がすっきりとしているため、フルーツタルトやビターチョコレートなどのデザートと合わせてもよいでしょう。

第1位

マルキ・ド・ペノティエ・シャルドネ

2,334円 (税込)

詳細情報
原産国名 フランス ラングドック・ルーション
メーカー名   アサヒビール
果実 %     シャルドネ

濃厚でクリーミーな高級感漂う白ワイン
このワインを手がけるペノティエは、ラングドック・ルーションの歴史あるワイナリー。

2007年からは、ボルドーワインの格付け第1級に名を連ねているシャトー・ムートン・ローシルトの醸造家であったパトリック・レオン氏を迎え、さらに質のよいワイン造りに取り組んでいます。

完熟したシャルドネを、樽で10ヶ月間熟成させたワインは、バニラの香りと、はちみつのようなとろーりとした濃厚さを楽しむことができます。

鶏肉や牛肉などの肉料理はもちろん、海老や魚介類を使用した料理との相性もよいため、記念日など特別な日のメインディッシュに華を添えてくれるでしょう。

2,000~5,000円未満のおすすめ白ワイン比較表

商品画像マルキ・ド・ペノティエ・シャルドネミュスカ・ド・ミルヴァル ビオ カーヴ・ド・ラブレ 2104サンシニアン ヴィオニエ ミュスカ ドメーヌ・ベロ キュヴェ グルマンディーズ2016 クラシック・ブラン シャトー・リヴィエール・ル・オー 2017コート・デ・ローズ ブラン ジェラール・ベルトラン
商品名マルキ・ド・ペノティエ・シャルドネミュスカ・ド・ミルヴァル ビオ カーヴ・ド・ラブレ 2104サンシニアン ヴィオニエ ミュスカ ドメーヌ・ベロ キュヴェ グルマンディーズ2016 クラシック・ブラン シャトー・リヴィエール・ル・オー 2017コート・デ・ローズ ブラン ジェラール・ベルトラン
価格2,334円(税込)2,257円(税込)2,870円(税込)2,138円(税込)3,000円(税込)
詳細原産国名 フランス ラングドック・ルーション
メーカー名   アサヒビール
果実 %     シャルドネ
味わい  甘口
原産国名 フランス ラングドック・ルーション
メーカー名   カーヴ・ド・ラブレ
果実 %     ミュスカ
味わい  辛口
原産国名 フランス ラングドック・ルーション
メーカー名   DOMAINE BELOT
果実 %     ヴィオニエ
味わい  辛口
原産国名 フランス ラングドック・ルーション
メーカー名   シャトー・リヴィエール・ル・オー
果実 %     ブールブラン50%、グルナッシュ・ブラン30%、マルサンヌ10%、ルーサンヌ10%
味わい  辛口
原産国名 フランス ラングドック・ルーション
メーカー名   ジェラール・ベルトラン
果実 %     グルナッシュ・ブラン、ヴィオニエ、ヴェルメンティーノ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ラングドック・ルーションの白ワイン まとめ

ラングドック・ルーションで造られる白ワインは、すっきりとした辛口のワインからブドウが持つ甘みを活かした甘口のワインまで揃っており、食事や場面に応じてワインを選ぶことができます。

また、ビオワインの生産が盛んであるということも、魅力的ですね。

フランスの他の産地の白ワインも知りたい方はこちらをどうぞ。

>>フランスのおすすめ白ワイン

     

関連記事

【ソムリエ監修】ラ クロワザードの特徴や種類を解説!おすすめワイン5選も紹介

ソース 南フランスのラングドック地方にある「ラ クロワザード(La Croisade)」というワイナリーをご存知です

【ソムリエ厳選】ラングドック・ルーションのおすすめ赤ワイン10選!選び方のコツも解説

ソース フランス最大のワイン産地にしてカジュアルワインの代名詞とも言えるラングドック・ルーション。1980年以降の

【ソムリエ監修】マコンの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ブルゴーニュのワインを気軽に飲みたい! そんなときは、マコンの白ワインがおすすめです。 ブルゴーニュのワインは高価なも

【ソムリエ監修】アルザスの白ワインおすすめ15選!選び方のコツも解説

フランスワインでありながらドイツワインの特徴も持つアルザスワイン。その複雑な味わいは、多くのワイン通を虜にしています。

【ソムリエ厳選】トゥーレーヌの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

トゥーレーヌは、フランスを代表するワイン生産地ロワール地方に広がるエリア。多彩なスタイルのワインが生産されるワイン好

【ソムリエ監修】フランスのおすすめ白ワイン20選!特徴、種類、選び方のコツも解説

ワインといえば、フランスが本場というイメージを持っている方がほとんどではないでしょうか。 しかし有名なだけあり、フ

【ソムリエ監修】ペイ・ナンテの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソース ペイ・ナンテはフランスのロワール地方にある地区です。 ミュスカデという白ワインで有名な土地なのですが、実

【ソムリエ監修】辛口の白ワインと言えばコレ!シャブリのおすすめワイン20選!

辛口の白ワインといえばシャブリがすぐに思い浮かぶほど、広く一般的に知られています。 一度は飲んだことはあるけど、シ

【ソムリエ監修】メドックの白ワインおすすめ15選!選び方のコツも解説

ソース フランスのボルドー地方にあるメドック地区は、世界でも有数のワインを生産する地域です。赤ワインで有名な産地で

【ソムリエ監修】ソーテルヌの白ワインおすすめ10選!選び方のコツも解説

ソーテルヌとは、ボルドー地方の南東に流れるガロンヌ川の左岸に位置しており、その支流のシロン川を挟む形で広がっている地域を

白ワインの選び方

 

TOP


特集記事

【ワインエキスパート執筆】オレンジワインとは?特徴とおすすめ10選まで紹介

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

【濃厚な甘口ワイン】アイスワインをソムリエが解説!美味しい飲み方、おすすめワインを紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介