【ソムリエ監修】ダークホースはどんなワイン?全5種類の特徴をご紹介!

2019/12/16 アメリカ

ダークホース

引用:公式HP

2017年にサントリーから販売されたダークホースは、その凝縮感とコクが高い人気を呼んでいるアメリカのワインです。

常識やルールにとらわれないワイン造りで生み出された、濃くて旨いワイン。

5つのラインナップは、どれもワインに対する既成概念を破る驚きの味わいです。

ダークホースがどのようなワインなのか、さっそくこの記事でご紹介しましょう。

記事の監修者

佐々木 健太

J.S.A. ソムリエ・エクセレンス

ソムリエ/年間受講者数日本一を誇るカリスマワインスクール講師  21歳でソムリエ資格を取得。南フランスにある一つ星レストラン「Keisuke Matsushima」にて研鑽を積み、帰国後は南青山「L’AS」を経て、株式会社WINE TRAILを創業。ワインのサブスク「HOME WiNE」を手掛ける。YouTubeチャンネル「ソムリエ佐々木」を運営。第9回全日本最優秀ソムリエコンクールファイナリスト。https://homewine.jp/



ダークホースとは

ダークホースはカリフォルニアの名門ワイナリー「E.&J.ガロ ワイナリー」が手がけるプレミアムワインです。

 

名前の由来

ダークホースという商品名は、もともと競馬用語で「予想外の活躍をしそうな馬」を意味するもの。

そこから、「ワインも予想外の旨さ、飲む人を驚かせる存在でありたい」という造り手の思いが込めて名付けられました。

 

ワイン造りの特徴

その予想外とは、常識にとらわれないワイン造りにあります。

通常は自国で栽培した品種を単一、もしくは複数ブレンドして造るもの。

しかしダークホースはその常識やルールを超え、理想の味わいを生み出すために、各国からその国を代表する品種を選びブレンドしています。

土地の気候・土壌(テロワール)にこだわらず、選りすぐったオールスターの品種で造りあげたワインというわけです。

 

ダークホースの人気

日本での販売に先駆けて2015年2月に全米で販売されましたが、わずか1年の速さで米国内販売数量のトップ100ブランドにランクイン。

1年で100万ケースも販売するほどの人気を集めました。

 

造り手”ベス・リストン”について

ダークホースの造り手はベス・リストン。

型にはまることがなく、常に新しい創造に思考を巡らせる彼女によって型破りなダークホースが生まれました。

また彼女はワイン造りを「トレジャーハント」と考えており、様々な国の品種を使用するアイデアにも反映されています。

そんなチャレンジ精神旺盛で前代未聞のワイン造りに励む彼女の言葉を紹介しよう。

「挑戦が大好き。これからも常識破りで予想外なことに挑戦し続ける」

「本当の幸せを見つけるためには、自分に正直になってリスクを覚悟で挑戦する必要があると思う」

引用:ベス リストンの言葉 公式サイト

ぜひ彼女の素敵な人柄を知った上で、ダークホースを楽しんでみてください。

ダークホースの種類

ダークホースの種類

ダークホースは赤、白、ロゼの3種類です。

赤ワインはさらに、フルボディとミディアムボディの2種類です。

ダークホースのラインナップ

商品画像ダークホース ロゼピノ・ノワール(赤)ダークホース カベルネ ソーヴィニヨンシャルドネ(白)ビッグ レッド ブレンド(赤)
商品名ダークホース ロゼピノ・ノワール(赤)ダークホース カベルネ ソーヴィニヨンシャルドネ(白)ビッグ レッド ブレンド(赤)
詳細
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ダークホースの「ビッグ レッド ブレンド」では他にシラー、テンプラニーリョなど、世界各地で濃厚なワインで使われている品種をブレンド。

ダークホースの「ピノ・ノワール」ではグルナッシュをブレンドして、個性的な味わいを引き出しています。

ダークホースの「カベルネ・ソーヴィニヨン」では力強さが魅力的です。

ダークホースの「シャルドネ」はヴィオニエとゲヴュルツトラミネールをブレンドし、まろやかでコクのある味わいに仕上げています。

 

使われている品種

ダークホースのラインナップはどれも複数の品種をブレンドしています。

「ビッグ レッド ブレンド」は濃厚な品種ばかりを7種類ブレンド。

カベルネ・ソーヴィニヨン、マルベック、テンプラニーリョ、シラー、メルロ、プティ・ヴェルド、ジンファンデルと、世界中の濃厚なワインを代表する品種ばかりです。

「ピノ・ノワール」はグルナッシュをブレンドすることで、他のピノ・ノワールとは異なる味わいが体験できます。

「カベルネ・ソーヴィニヨン」はプティ・シラーやプティ・ヴェルドなどとブレンドすることで力強いフルボディに仕上げています。

「シャルドネ」はヴィオニエとゲヴュルツトラミネールをブレンドすることで、まろやかでコクのある味わいに。

「ロゼ」もグルナッシュ、バルベラ、ピノ・グリージョといった複数のブレンドで、他のロゼワインとはひと味違う複雑な味わいを堪能することができます。

またそれぞれの品種についてはこちらも参考にしてください。

>>【ソムリエ監修】赤ワインのぶどう品種19種類とおすすめワインを解説!

>>【ソムリエ監修】白ワインのぶどう品種20種類とおすすめワインを解説!

ダークホースの価格帯

ネットで送料を別にすると、1,000円台~1,400円台が相場になります。

赤ワイン、白ワイン、ロゼワインで差はありません。

[PR]
SAKECOMI監修でもあるトップソムリエ佐々木が徹底的に考え尽くした、ワインプログラム。
「ワインを何から飲めばいいのかわからない」
「ワインが美味しいのかわからない」

そんなあなたにおすすめです。ホームワインを詳しく見る※ 販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。

 

ダークホース ビッグ レッド ブレンド(赤)


世界中をめぐり、各国のワイン産地から選び抜いた品種をブレンドしたフルボディの赤ワインです。

カベルネ・ソーヴィニヨンをはじめ濃厚な7種類の品種をブレンド。

世界の産地の中でも濃厚ワインを生産するアメリカ、スペイン、アルゼンチン、チリから選んだ濃厚な品種ばかり。

これまでの赤ワインの規格を越えた、創造性溢れるワインに仕上がっています。

黒い果実やカラメルのような香りで、しっかりとしたタンニンと甘さを感じさせる濃縮した果実味。

ほのかなスパイスのアクセントがあり、豊かなコクと旨味が魅力です。

多様な品種のブレンドによって、飲み始めから飲み終わりまで常に変化する味わいが楽しめるでしょう。

豊富なタンニンとコクが脂を包み込み、和洋中のどんな料理にも合わせられる万能な赤ワインです。

品種味わい
カベルネ・ソーヴィニヨン、マルベック、テンプラニーリョ、シラー、メルロ、プティ・ヴェルド、ジンファンデルフルボディ

 

香りブルーベリーのコンポート、プラム
酸味★★★★☆
ボディ★★★★★
渋み★★★★★
佐々木
フルボディ好きな方にはたまらない濃厚さと凝縮感。ぜひともお肉料理に合わせたい一本です。

 

ダークホース ピノ・ノワール(赤)


通常は多品種をブレンドしないピノ・ノワールに、少量のグルナッシュをブレンド。

加えて、より果実味を引き出すために高温で浸漬したミディアムボディの赤ワインです。

通常は行わない製法で、豊かな果実のアロマとまろやかな旨みの凝縮した味わいを実現しています。

他では味わえない型破りなピノ・ノワール。

他のピノ・ノワールと飲み比べてみれば、その違いに驚くことでしょう。

またミディアムボディの赤ワインについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

>>【ソムリエ執筆】ミディアムボディとは?ミディアムボディのおすすめ赤ワイン15選と合わせて解説

品種味わい
ピノ・ノワール、グルナッシュミディアムボディ

 

香りレッドベリー、いちごジャム
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
渋み★★★☆☆
佐々木
グルナッシュの個性と製法由来の凝縮した果実味がうまくマッチした仕上がりになっています。

ダークホース カベルネ・ソーヴィニヨン(赤)

ダークホース カベルネ ソーヴィニヨン


カベルネ・ソーヴィニヨン主体として使用したフルボディの一本。

力強いタンニンの奥深い味わいが魅力的です。

口に含むと豊かな果実味を感じられ、後からフルボディらしい重さがやってきます。

樽熟成による香ばしいオーク香がエレガントでゆったりとした大人の雰囲気を演出します。

濃厚で力強い味わいをお楽しみください。

またフルボディの赤ワインについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

>>【ソムリエ監修】フルボディとは?フルボディのおすすめ赤ワイン20選と合わせて解説

品種味わい
カベルネ・ソーヴィニヨン、プティ・シラー、プティ・ヴェルドフルボディ

 

香りブラックベリー、ヴァニラ
酸味★★★★★
ボディ★★★★★
渋み★★★★★
佐々木
パワフルな果実味にしっかりした甘やかな樽香が絶妙なバランス。大ぶりのグラスでゆっくりお愉しみください。

ダークホース シャルドネ(白)


シャルドネに隠し味として、ヴィオニエとゲヴュルツトラミネールをブレンドした白ワインです。

シャルドネのニュートラルな味わいに、リッチでコクがあり酸味が低めのヴィオニエとゲヴュルツトラミネールをプラス。

それにより完熟した果実感とまろやかさを実現し、シャルドネ100%のワインよりもコクのある味わいに仕上がっています。

カラメルのような香ばしさと、リンゴや桃を感じさせる豊かな香り。

シャルドネが全体の骨格やクリーミーなテクスチャー、ナッティな香ばしさを与え、ヴィオニエが華やかな香りやまろやかさを、ゲヴュルツトラミネールがしっかりとしたボディの重さを受け持っています。

毎日の食卓をランクアップさせてくれるでしょう。

またシャルドネの白ワインについて詳しく知りたい方はこちらから。

>>【ソムリエ監修】シャルドネの人気おすすめワイン30選を徹底解説!

品種味わい
シャルドネ、ヴィオニエ、ゲヴュルツトラミネール辛口

 

香り熟れたリンゴ、白桃
酸味★★★☆☆
ボディ★★★★☆
佐々木
3品種の個性が見事に調和した一本。全体的にまろやかな印象に仕上がっているため、ワイン初心者の方も飲みやすくおすすめです。

ダークホース ロゼ


グルナッシュ、バルベラ、ピノ・グリージョなど、複数の品種をブレンドした辛口のロゼです。

厚みのある果実味と穏やかな酸味が魅力的。

オレンジの皮のような心地よい苦みが長く続きます。

フレッシュさとほろ苦さが、素材の味わいを楽しむ野菜や肉料理ととてもよく合うでしょう。

またロゼワインについてはこちらをご覧ください。

>>【ソムリエ監修】ロゼワインのおすすめ人気15選を徹底解説!

品種味わい
ロゼグルナッシュ、バルベラ、ピノ・グリージョなど辛口

 

香りラズベリー、スパイス
酸味★★★☆☆
ボディ★★★☆☆
渋み★★★☆☆
佐々木
柑橘類の果皮を思わせる心地よい苦味とイタリア品種らしいスパイス香も相まり、見事な複雑味を呈したロゼワインです。

ダークホースの美味しい飲み方

ダークホースの美味しい飲み方

ここからはダークホースのワインの美味しい飲み方について紹介していきます。

今回はワイングラスと合わせる料理について紹介していきます。

では早速見ていきましょう。

ワイングラスは万能型か口の広いグラスを

ダークホースのワインをすべて楽しめるおすすめのグラスは万能型です。

万能型であればどのようなワインでも楽しめます。

そのたダークホースを全て楽しみたいなら万能型を1つ用意しておけば充分でしょう。

ただダークホースの赤ワインは2/3がフルボディということもあり、口の広いグラスの方がおすすめです。

口の広いワイングラスであれば赤ワインの香りの広がりをしっかりと感じられます。

またワイングラスについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

>>【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

合わせる料理は色ごとに

ダークホースのワインは基本ブレンドしているため、高い質を保ちながら様々な料理に合わせやすいです。

ただ、より楽しみたいなら色ごとに合わせる料理を変えられると良いでしょう。

そこで今回は赤・白の大きく2つに分けて紹介していきます。

ちなみにロゼはどちらでもOKですが、ダークホースの場合は白ワイン寄りで考えると良いでしょう。

ダークホースの赤ワインには濃い味付けの料理を

まずはダークホースの赤ワインに合う料理について見ていきましょう。

具体的には以下の料理がおすすめです。

 

ダークホースの赤ワインに合う料理
・すき焼き
・ワインを加えてよく煮込んだシチュー
・鹿肉ステーキ赤ワインソース
・肉汁溢れる手作りハンバーガー
・牛肉、豚肉をワインやトマトでじっくり煮込んだ料理
・マグロのレアカツ
・濃厚なソースのハンバーグステーキ

 

ダークホースの赤ワインはミディアム~フルボディのため濃い味付けの料理との相性が抜群です。

シチューやすき焼き、肉類などは力強いタンニンの味わいとマッチします。

まずは上記のような料理と一緒に合わせて召し上がってみてはいかがでしょうか。

また赤ワインのつまみについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

>>【ソムリエ厳選】赤ワインのつまみ人気おすすめ32選を徹底解説!

ダークホースの白には幅広い料理が合う

ダークホースの白ワインはブレンドしていることもあり、幅広い料理との相性が良いです。

具体的には魚介料理や野菜の天ぷら、ホワイトソースのグラタン、餃子など、幅広い料理によく合います。

またロゼも上記に合わせやすいため、ぜひチェックしてみてください。

また白ワインのつまみについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

>>【ソムリエ厳選】白ワインの人気おすすめつまみ14選!ワインも紹介!

ダークホースを味わってみよう!

ダークホースを味わってみよう!

ダークホースの5つのラインナップをご紹介しました。

どれも、これまでのワインの常識を覆す味わいで大人気を呼んでいます。

また造り手であるベス・リストンの考えやダークホースのワイン造りにも注目してみると、さらに楽しく味わえるでしょう。

まだ試したことのない人は、ぜひこの機会に、未知の型破りなワインを体験してみてください!

またダークホースの産地でもあるアメリカのワインについて詳しく知りたい方は、こちらもご覧ください。

>>【ソムリエ解説】アメリカワインのおすすめ15選!特徴や産地の解説も

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】カルロロッシとは?種類や品種、価格を徹底解説!おすすめワインも紹介

カルロロッシのワインは1974年にアメリカのカリフォルニアで発売され、40年以上の古い歴史があります。 コ

【ソムリエ監修】肉専用ワイン・カーニヴォの種類から価格まで解説!おすすめも紹介

「カーニヴォ(CARNIVOR)」というワインをご存知でしょうか? 日本ではサントリーが販売している「黒ワ

【ソムリエ解説】オーパス・ワンとは?特徴や当たり年を解説!

アメリカの高級赤ワインといえば、「オーパス・ワン」をイメージする人が多いのでないでしょうか? 銀座の高級ク

【ソムリエ監修】ロバート・モンダヴィの種類、価格、おすすめワインをご紹介

カリフォルニアのナパ・ヴァレーのランドマーク的存在であるロバート・モンダヴィ・ワイナリー。 創設者のロバー

【ソムリエ監修】カリフォルニアのおすすめ白ワイン15選!特徴の選び方を解説

アメリカの中でも圧倒的なワイン生産量を誇るカリフォルニア。 ただ、カベルネ・ソーヴィニョンなど赤ワインは有名で

【ソムリエ監修】カリフォルニアのおすすめ赤ワイン15選!特徴から選び方のコツも解説

カリフォルニアといえば、アメリカのワイン生産量の90%を占めるワインの一大生産地です。全土で気候や土壌を活かした

特集記事

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

【2022年版】人気おすすめ焼酎26選!種類から選び方まで徹底解説

TOP