【ソムリエ監修】テンプラニーリョとは?特徴から、おすすめのワイン10選を紹介

2019/09/23
おすすめ赤ワイン

スペインの赤ワインの代表的な品種、テンプラニーリョ。

テンプラニーリョのワインと言っても種類が多く、どれを選べば良いか迷ってしますよね?

今回はテンプラニーリョの特徴や選び方から、おすすめワインまでご紹介します!


記事の監修者

林 英公子

日本ソムリエ協会認定ソムリエ

ワインテクニカル監修。 なぜか宅建資格もあり。 CF制作会社・情報出版・IT企業に勤務後、 長らく印刷媒体制作ディレクター。 Uターン後は、ちょっといいピノ・ノワールを飲みながら 大音量で好きな音楽を聴ければ、ほどほどに幸せ。 真昼っから数十本のワインをテイスティングする修羅場も経験。



テンプラニーリョとは

スペインの赤ワインの品種

テンプラニーリョは「早熟な」という意味を持つ、スペインの代表的な品種です。

スペイン国内だけでもテンプラニーリョ以外に「ティント・フィノ」、「センシベル」、「ウル・デ・リェブレ」など、多くの呼び名を持ちます。

 

テンプラニーリョの原産地と主要産地

原産は、スペインのリオハで、主にスペイン全土とポルトガルで生産されている品種です。

 

テンプラニーリョの特徴

ブドウの特徴

果皮はやや薄く実は小さ目で、冷涼な気候を好みます。

スペイン語の「Temprano」が「早熟に」という意味であるように、比較的早く熟成するブドウです。

 

ワインの特徴

ベリー系果実のチャーミングで華やかな香りに、程よい酸と滑らかなタンニン、そして繊細な味わいのワインに仕上がります。

樽で熟成されたものも多く、その場合は複雑味が増し、なめし皮やヴァニラなどのニュアンスも感じられます。

 

テンプラニーリョの選び方~産地

テンプラニーリョの最大の生産地は原産国スペインです。

赤ワインのタイプとしては伝統的に作られてきたアメリカンオーク樽やフレンチオーク樽による長期熟成タイプと、品種の果実味を主体としたフレッシュな早飲みタイプに分かれます。

テンプラニーリョはスペイン内で多くの地域で栽培されていますが、生産地区ごとに個性は異なります。

それぞれの生産地区の個性を知ることは、ワインを選ぶ上で重要な情報になるのでぜひ参考にしてみて下さい。

 

リオハ

テンプラニーリョの代表的な産地で、スペインの原産地呼称制度にて最上級のDOCaに認定されています。樽で熟成させた上品なワインも多く、様々な造り手が多用なスタイルにてワインを造っています。

デイリーワインから秀逸なものまで幅広く、テンプラニーリョ初心者にもオススメです。

究極の超高級ワイン「コンタドール」、リオハ最古でスペイン王室ご用達ワイナリー、マルケス・デ・リスカルが有名です。

 

リベラ・デル・ドゥエロ

スペイン北西部、カスティーリャ・レオン州にある赤ワインの銘醸地です。

夏場と冬場の温度差が非常に激しく恵まれたテロワールではないものの、豊かな果実味と奥行きのある複雑な味わいに長い余韻が特徴です。

スペインの最高峰ドミニオ デ ピングスのピングス、スペインのラトゥール・ロマネコンティなどと讃えられるベガ シシリアのウニコが有名です。

 

プリオラート

スペインでリオハの次に、原産地呼称が認定された生産地区。(現在ではリオハとプリオラトの2つの地区のみ)

昼夜の寒暖差があり、切り開いた岩山の斜面でブドウが栽培されています。そのブドウから凝縮したワインが造られるのです。

元々はブドウの耕作が難しく地元からは見捨てられていた土地でしたが、その土地の可能性に気付いた外部の醸造家たちが地元品種や外来品種を使用した現代的で高品質なワイン造るようになり、世界中の注目を浴びる生産地になりました。

 

ナバーラ

スペイン北部、ナバーラ州のある海抜600mの高地に位置するワイン産地です。スペインの原産地呼称制度でDOに認定されています。

ナバーラは土壌、気候が多様性に富んでおり、テンプラニーリョ単一のほかガルナッチャやその他国際品種とブレンドでも造られています。

リオハやリベラ・デル・ドゥエロよりも気軽に愉しめるコストパフォーマンスに優れたアイテムが多いです。

 

テンプラニーリョの選び方~熟成期間

スペインのワインは熟成期間表示が細かく決められていることも特徴です。

認定を受けたワインはボトルに表記がされているため、覚えていると選ぶ際の参考になるので便利です。

 

指定地域内高級赤ワインの熟成表記

名称熟成期間
Joven(ホーベン) 樽熟成1年以下、または全く樽熟成を行わないワイン
Crianza(クリアンサ) 最低24ヶ月熟成(うち6ヶ月は樽熟成)
Reserva(レゼルバ) 最低36ヶ月熟成(うち12ヶ月は樽熟成)
Gran Reserva(グランレゼルバ) 最低60ヶ月熟成(うち18ヶ月は樽熟成)

デイリーワインとして気軽に愉しみたいならホーベン又はクリアンサがおすすめです。

少々価格帯が上がっても、良い具合に熟成を経て、円熟味の増したワインがお好みでしたらレゼルバ。

長い年月を経て複雑味を増して心地よい口当たりの優しいワインを愉しみたければ、グランレゼルバがおすすめです。

 

テンプラニーリョのおすすめワイン15選

[PR]
ワイン総額100万円超え。
SAKECOMI監修でもあるトップソムリエ佐々木から学ぶ、高級ワインの世界。
「ワインを何から飲めばいいのかわからない」
「ワインが美味しいのかわからない」

そんな方におすすめです。

ホームワインを詳しく見る※250名限定の先行販売につき、なくなり次第終了となります。

 

予算3,000円!スペインのテンプラニーリョ

5位

ボデガ・イニエスタ・フィンカ・エル・カリール ミヌートス116 ティント

詳細情報
度数:12.5 %
味わい:ミディアムボディ
産地:スペイン
品種:テンプラニーリョ

スペインサッカー界のスーパースターがJリーグにやってきたと話題のイニエスタ選手。2010年W杯南アフリカ大会の決勝で、延長後半11分にゴールを決めた記念に造られたワイン。

イニエスタ本人が故郷で経営するワイナリーで造られています。

テンプラニーリョ100%使用。凝縮された果実の旨味がしっかりと表現されています。

 

4位

ラモン・ビルバオ・リミテッドエディション

詳細情報
度数:13.5 %
味わい:ミディアムボディ
産地:スペイン、リオハ
品種:テンプラニーリョ

リオハ地区を代表とする伝統的なワインメーカー「ラモン・ビルバオ」が手掛けたワイン。

テンプラニーリョ100%使用、14ヵ月をアメリカンオーク樽とフレンチオーク樽で熟成させています。リミテッドエディションは選ばれた樽を厳選し瓶詰め、更にその1本ずつにシリアルナンバーが記されています。

しっかりとした樽の風味の複雑さと成熟した果実のバランスが素晴らしい一本です。

 

3位

コセチェロス・イ・クリアドーレス・インフィニタス・テンプラニーリョ

詳細情報
味わい:ミディアムボディ
産地:スペイン
品種:テンプラニーリョ

「無限大」という意味を持つインフィニタス。作り手の伝統と革新の想いが託された現代的なワインです。

ラ・マンチャ地区で生産、テンプラニーリョ100%使用、ブドウの熟した果実感と酸のバランスが心地良い仕上がりです。

 

2位

エル・アルベルゲ・テンプラニーリョ

国際ワインコンクールで金賞を受賞をした実力を持ちながら、コストパフォーマンスに優れた1本。

テンプラニーリョの品種が持つベリーの風味を豊かに持ち、繊細なタンニンと酸を合わせ持ったワインです。

 

1位

ボデガ・イニエスタ・コラソン・ロコ・ティント

詳細情報
度数:13.5 %
味わい:ミディアムボディ
産地:スペイン、ラマンチャ
品種:テンプラニーリョ70%、プティ・ヴェルド20%、シラー10%

イニエスタ選手が手掛けるワインの中でも大人気! ハートのデザインが印象的なコラソン・ロコシリーズ。有機栽培にこだわって造られた自然派のオーガニックワインです。

テンプラニーリョ50%、シラー50%、熟した果実感の中にもスパイシーさが表現されています。全体的にフルーティーな仕上がりに。

「コラソン・ロコ」とは熱狂的な心という意味。上下逆さまに連続するハートには、熱狂的な心は常に一定ではないというイニエスタ選手の想いが託されています。

3,000円以下のスペイン産テンプラニーリョ比較表

商品画像ボデガ・イニエスタ・フィンカ・エル・カリール ミヌートス116 ティントラモン・ビルバオ・リミテッドエディション コセチェロス・イ・クリアドーレス・インフィニタス・テンプラニーリョエル・アルベルゲ・テンプラニーリョボデガ・イニエスタ・コラソン・ロコ・ティント
商品名ボデガ・イニエスタ・フィンカ・エル・カリール ミヌートス116 ティントラモン・ビルバオ・リミテッドエディションコセチェロス・イ・クリアドーレス・インフィニタス・テンプラニーリョエル・アルベルゲ・テンプラニーリョボデガ・イニエスタ・コラソン・ロコ・ティント
詳細度数:12.5 %
味わい:ミディアムボディ
産地:スペイン
品種:テンプラニーリョ
度数:13.5 %
味わい:ミディアムボディ
産地:スペイン、リオハ
品種:テンプラニーリョ
味わい:ミディアムボディ
産地:スペイン
品種:テンプラニーリョ
産地:スペイン
品種:テンプラニーリョ100%
度数:13.5 %
味わい:ミディアムボディ
産地:スペイン、ラマンチャ
品種:テンプラニーリョ70%、プティ・ヴェルド20%、シラー10%
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

3,000円以上!スペインのテンプラニーリョ

5位

レメリュリ・レセルバ 2008

詳細情報
度数:13.5 %
味わい:フルボディ
産地:スペイン、リオハ
品種:テンプラニーリョ90%、ガルナッチャ5%、グラシアーノ5

2007年のヴィンテージは高名なワイン評論家ロバート・パーカー氏が90点を付け、大絶賛しました。

スペイン国内の多くの星付きレストランで採用され、料理との相性はお墨付き。日本ではワイン雑誌の「ワイナート」2011年3月号の2010年ベストバイワイン特集でベストバイワインの1本に選ばれています。

樽熟成による複雑な風味と、果実が持つ旨味と酸が味わいに深みを持たせています。

 

4位

エラス・コルドン ベンデミア・セレクシオナーダ 2012

ローマ法王御用達ワインとして名を馳せたエラス・コルドン ベンデミア・セレクシオナーダ。このワインを造っているのはスペインで唯一バチカン市国へワインを納めているエラス・コルドン社です。

外観は鮮やかなルビー、味わいとしてはしっかりとしたフルボディでお肉料理とも合わせやすいワインです。

 

3位

フロール ド ピングス

詳細情報
味わい:フルボディ
産地:スペイン、リベラ・デル・デュエロ

ワイン情報誌各紙で高得点を獲得!

名産地リベラ・デル・デュエロで平均樹齢25~75年というブドウ畑から全てを手摘みで収穫、フレンチオーク樽の新樽と1年使用した樽で16~18か月熟成。こだわった手法から生まれるこのワインは、驚くほどの凝縮感と繊細さを合わせ持ち、年間生産量はわずか5,000ケース足らず。世界中のワイン愛好家がこぞって手に入れたがるワインです。

 

2位

ティント・ペスケラ・レゼルバ・ミレニウム 2008

詳細情報
産地:スペイン、リベラ・デル・ドゥエロ
品種:テンプラニーリョ100%

 

このミレニウムは生産者アレハンドロ・フェルナンデスが作る中でも最上級クラスのワインであり、最良の年にしか作られません。

アメリカンオーク樽で24ヶ月熟成し、更に瓶内で12ヶ月熟成。

しっかりとした果実味を感じることのできるフルボディでありながら、カカオやバニラの風味がエレガントで長い余韻に浸ることができます。

特別に作られたこのワインは、ぜひ大切な人と過ごすひと時に味わってみてください。

 

1位

ティント ペスケラ クリアンサ 2014

詳細情報
味わい:フルボディ
産地:スペイン、リベラ・デル・デュエロ
品種:テンプラニーリョ

ティント・ペスケラの代表ともいえる「ティント ペスケラ クリアンサ」

当時量産化が進む時代の流れの中、生産者アレハンドロ・フェルナンデスは高品質なテンプラニーリョのワイン造りを目指し、努力の末やがて成功します。まさにテンプラニーリョマスターが造る最高峰。

何より素晴らしいのは、品質と値段のバランスに優れている点です。テンプラニーリョという品種をもう一歩深く踏み込んで知りたい人には打ってつけのワインです。

3,000円以上のスペイン産テンプラニーリョ比較表

商品画像レメリュリ・レセルバ 2008エラス・コルドン ベンデミア・セレクシオナーダ 2012 フロール ド ピングスティント・ペスケラ・レゼルバ・ミレニウム 2008ティント ペスケラ クリアンサ 2014
商品名レメリュリ・レセルバ 2008エラス・コルドン ベンデミア・セレクシオナーダ 2012 フロール ド ピングスティント・ペスケラ・レゼルバ・ミレニウム 2008ティント ペスケラ クリアンサ 2014
詳細度数:13.5 %
味わい:フルボディ
産地:スペイン、リオハ
品種:テンプラニーリョ90%、ガルナッチャ5%、グラシアーノ5
産地:スペイン
品種:テンプラニーリョ
味わい:フルボディ
産地:スペイン、リベラ・デル・デュエロ
産地:スペイン、リベラ・デル・ドゥエロ
品種:テンプラニーリョ100%
味わい:フルボディ
産地:スペイン、リベラ・デル・デュエロ
品種:テンプラニーリョ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

ポルトガル産テンプラニーリョのおすすめワイン

5位

キンタ ドス アヴィダゴス ティント 2014

詳細情報
味わい:フルボディ
産地:ポルトガル、ドウロ
品種:ティンタ・ロリス、ティンタ・バロッカ、トゥリガ・フランカ、トゥリガ・ナショナル

ポルトガルでは大手のワイナリーや協同組合による生産が多い中、キンタ・ドス・アヴィダゴスは珍しい個人生産者です。

自家ブドウ園で栽培されたブドウのみを使用し、全てを手摘みで収穫、足踏みで破砕するという伝統的な方法を今でも取り入れています。

ノンフィルターでボトリングされるこのワインは濃いルビー色をしており、しっかりとした果実感の中にも複雑味を感じることのできる味わいです。

 

4位

カサ ドウロ ティント 2014

キンタ・ド・カサが所有するブドウ畑は、全てが急斜面というドウロの中でも大変恵まれた土地で栽培されています。

しっかりと熟したブドウを全て手摘みで収穫し、ステンレスタンクで8ヶ月熟成、その一部をフレンチオーク樽とアメリカンオーク樽で3ヶ月熟成し複雑味を出しています。

フレッシュな果実感から生まれる酸となめらかなタンニンのバランスがよく、アルコール度はやや高めで、しっかりとしたボリュームと長い余韻を感じることができるワインです。

 

3位

ベイラ ティント

詳細情報
味わい:ミディアムボディ
産地:ポルトガル、ベイラ
品種:ティンタ・ロリス75%、トゥリガ・ナシオナル25%

このブドウが栽培される地区は最もポルトガルで標高が高い土地のひとつです。

古木が多いこの地域はブドウの収穫量が少なく、凝縮された濃いブドウが育ちます。

ステンレスタンクで12ヶ月熟成され、品種の持つ果実感とフレッシュさと、土壌から生まれるミネラルを感じることができます。

しっかりとした濃い色合いを持ち、非常にエレガントなワインに仕上がっています。

 

2位

ウィヴォ レネガード フォリアス・デ・バコ 2016

詳細情報
産地:ポルトガル、ドウロ
品種:ティンタ・ロリス、ティンタ・バリッカ、ゴウヴェイオなど

ウィヴォとはポルトガル語で「遠吠え」を意味し、生産者ティアゴ・サンパイオの自然への敬愛を意味しています。

品種はテンプラニーリョのポルトガル読みであるティンタ・ロリスを始めとし、ティンタ・バロッカ、ゴウヴェイオ、マルヴァジア…など、何と25品種以上をミックスされて作られる珍しいワイン!

新しいテンプラニーリョの可能性を感じられる1本です。

 

1位

カテドラル ティント レゼルバ

詳細情報
度数:13 %
味わい:ミディアムボディ
産地:ポルトガル
品種:ティンタロリス40%、トウリガナシオナル40%、アルフロシェイロ20%

「カテドラル」はポルトガルの赤ワインの銘醸地、ダン地方で生産されています。

このワインはアメリカのワイン専門誌「ワイン・エンスージアスト」で90点を獲得し、日本のワイン専門誌「リアルワインガイド」では2016旨安大賞を受賞しました。

他にも過去のヴィンテージを含め各国のワインコンクールでも多数の受賞歴を誇ります。

これで1,000円台とは驚きです!

味わいはしっかりと果実の濃さを感じることができ、樽熟成によるロースト香やスパイス香、長い余韻があります。

まさに品質と実力、そしてコストパフォーマンスを兼ね備えたワインと言えるでしょう。

ポルトガル産のテンプラニーリョ比較表

商品画像キンタ ドス アヴィダゴス ティント 2014カサ ドウロ ティント 2014ベイラ ティントウィヴォ レネガード フォリアス・デ・バコ 2016カテドラル ティント レゼルバ
商品名キンタ ドス アヴィダゴス ティント 2014カサ ドウロ ティント 2014ベイラ ティントウィヴォ レネガード フォリアス・デ・バコ 2016カテドラル ティント レゼルバ
詳細味わい:フルボディ
産地:ポルトガル、ドウロ
品種:ティンタ・ロリス、ティンタ・バロッカ、トゥリガ・フランカ、トゥリガ・ナショナル
味わい:フルボディ
産地:ポルトガル、ドウロ
味わい:ミディアムボディ
産地:ポルトガル、ベイラ
品種:ティンタ・ロリス75%、トゥリガ・ナシオナル25%
産地:ポルトガル、ドウロ
品種:ティンタ・ロリス、ティンタ・バリッカ、ゴウヴェイオなど
度数:13 %
味わい:ミディアムボディ
産地:ポルトガル
品種:ティンタロリス40%、トウリガナシオナル40%、アルフロシェイロ20%
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

テンプラニーリョまとめ

いかがでしょうか?スペインの伝統的な作りのテンプラニーリョから、新しい可能性が広がるニューワールドのテンプラニーリョまで様々なワインが登場しました。

普段の食卓やホームパーティー、大切な記念日などシチュエーションに合わせてテンプラニーリョを選んでみてください。

他の赤ワイン品種も知りたい方はこちらをどうぞ。

<

p style=”text-align: right;”>>>赤ワインのぶどう品種一覧

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】カベルネ・フランの特徴や味わいとおすすめワイン15選を紹介

カベルネ・フランは、穏やかなタンニンとしっかりとした骨格のある味わいは、赤ワインを生産する際には欠かせない品種の1つ

【ソムリエ監修】ピノ・ノワールとは?特徴、種類、おすすめのワインまで紹介!

ピノ・ノワールと言えば、高級ワインのロマネコンティに使用されていることで有名ですね。 ピノ・ノワールのワインと言っ

【ソムリエ監修】サンジョヴェーゼとは?特徴から、おすすめのワイン15選を紹介

サンジョヴェーゼは、イタリアのトスカーナワインの主体となる赤ワイン用ぶどう品種です。 産地によってさまざまな味わい

カルメネールはどんな品種?カルメネールのおすすめワイン、合う料理まで紹介!

カルメネールというブドウをご存知ですか? カルメネールのワインは、日本であまり流通していないので、よく知らない方も

【ソムリエ監修】ドルンフェルダーとは?特徴からおすすめのワイン10選を紹介

ドイツワインで高い人気のぶどう品種、ドルンフェルダー。そのフルーティーで飲みやすい味わいが評判を呼び、ドイツワインの

ジンファンデルとは?15種類のおすすめワインと特徴や産地をソムリエが紹介!

「ジンファンデルの赤ワインは産地によってどう違うの?」 「プリミティーヴォと同じ品種って聞いたけど、同じ味わい?」

【ソムリエ監修】メルロはどんな品種?特徴からおすすめワイン15選を紹介

赤ワインのブドウ品種として、世界的に人気のあるメルロ。 メルロの赤ワインと言っても、種類が多くどれを選んでい良いか

【ソムリエ監修】ムールヴェードルはどんな品種?特徴からおすすめのワイン15選まで解説

ムールヴェードルは日常的に飲むワインとしておすすめですが、種類がたくさんあるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますよ

【ソムリエ監修】アリアニコとは?特徴からおすすめのワイン10選まで紹介

イタリアの赤ワインによく使われる「アリアニコ」 アリアニコは南イタリアを代表とするワイン品種の一つであり、最も歴史

【ソムリエ監修】カリニャンはどんな品種?特徴とおすすめのワイン10選を解説

味わいが強く、ブレンドされることが多いカリニャン。 カリニャン主体の赤ワインは実はコアなファンが多くいらっしゃいま

赤ワインの選び方

特集記事

おすすめの純米酒ランキング20選!選び方や初心者向けの銘柄をご紹介

おすすめの料理酒10選!料理酒の代用も合わせて徹底解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

紹興酒とは?度数、種類から、おすすめの紹興酒、飲み方まで徹底解説!

マッコリとは?味や度数から、おすすめのマッコリ、飲み方まで徹底解説!

TOP