【ソムリエ監修】フレシネ・カヴァおすすめ6選

2018/11/15
スペイン

フレシネは、スペイン・カタルーニャ州にあるワイナリーで、味と品質、ともに最上級のカヴァ(スペインのスパークリングワイン)をリーズナブルな価格で提供しています。

その味わいは実に格別で、世界的で高い人気を誇り、日々のテーブルワインとしてはもちろんのこと、記念日など特別な日を彩るためのお祝いのお酒として選ばれるほど支持されています。

今回は、カヴァで世界的なシェアを誇るフレシネについてご紹介するとともに、フレシネが手掛けるァバをご紹介していきます。

使っている品種や商品の選び方なども交えてご紹介しますので、購入のときに参考にしてみてください。

記事の監修者

杉浦 直樹

J.S.A認定ソムリエ

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。

フレシネ・カヴァとは

フレシネの歴史

フレシネは、大農園であるラ・フレシネーダの所有者であるフェラー家のペドロ・フェラーと、カサ・サラ創業者の娘であるドローレス・サラ・ビベとの婚姻がきっかけで、1861年に生まれたワイナリーです。

19世紀後半、ヨーロッパ全土を襲ったフィロキセラ(ブドウの根に棲みつく寄生虫)による損害をきっかけに、フレシネでもマカベオやパレリャーダ、サレーロ(チャレロ)などのスパークリングワイン用品種の栽培に乗り出しました。

そして、1914年にカヴァ(スパークリングワイン)の生産を開始し、世界でも有数のメーカーとして名を馳せ、現在に至ります。

ちなみに、社名はフェラー家所有の大農園ラ・フレシネーダと、ペドロ・フェラーの若き日の愛称の2つが由来で、創業者の情熱とワイナリーへの愛情を感じさせます。

 

フレシネのカヴァへのこだわり

フレシネのカヴァは、すべて自社農園ラ・フレシネーダで栽培されたブドウだけを使用しています。

成熟するまで育て上げられたブドウは、一つ一つ厳選し、人の手によって丁寧に手摘みされます。

収穫されたブドウは、『空気圧搾法』という、空気を使ったやり方で果汁を優しく搾り取られます。

フレシネのカヴァはすべて繊細な一番搾りだけを使っているため、フレッシュで雑味のない味わいを楽しめるのです。

また、シャンパーニュと同じく、瓶内2次発酵を採用し、12ヶ月~18ヶ月、ものによっては30ヶ月以上自社のカーヴで寝かせます。

こうすることで、きめ細やかでポップな泡と、フレシネのカヴァ特有の旨味が生まれるのです。

フレシネ・カヴァの特徴

フレシネでは、カヴァの原料として白ブドウ品種のパレリャーダとマカベオ、サレーロ(チャレロ)の三大カヴァ品種のほか、ロゼ用の黒ブドウ品種トレパットとガルナーチャ、ブレンド用の黒ブドウ品種モナストレルが使われています。

『コルドン・ネグロ』などフレシネのスタンダードなカヴァは、パレリャーダとマカベオ、サレーロ(チャレロ)の3品種をブレンドします。

また、『セミセコ・ロゼ』はトレパットとガルナーチャを、『モナストレル・チャレロ』はサレーロ(チャレロ)と黒ブドウ品種のモナストレルをブレンドして造られています。

フレシネのカヴァの選び方

味わいで選ぶ

フレシネが手掛けるカヴァは、ほとんどが辛口なのですが、中には『カルタ・ネバダ』のようにやや甘口のものや、『セミセコ・ロゼ』のように辛口と甘口の中間の味わいのものもあります。

特に、カルタ・ネバダは三大カヴァ品種をバランスよく配合し、甘いリキュール添加によって口当たりが良いため、初めてカヴァを味わう人にオススメです。

品種で選ぶ

フレシネのカヴァは全て複数のブドウ品種をブレンドして造られていますが、商品によってブレンドの比率が異なります。

そのため、比率が高い品種の持ち味がメインに出てくるので、同じ品種を使っていても、風味や味わいにそれぞれの個性を持っています。

パレリャーダ

カタルーニャ州に古くからあるブドウ品種で、三大カヴァ品種の一つです。しっかりとした酸味と花を思わせるフローラルな香りなど、カヴァに上エレガントな風味を与える役割を持っています。

また、パレリャーダ単体でスティルワイン(泡のないワインのこと)を造ることもあり、やや熟したアロマにしっかりとしたボディと、白ワイン愛好家からも注目されています。

サレーロ(チャレロ)

チャレッロとも呼ばれる品種で、こちらも三大カヴァ品種として欠かせないブドウです。果実自体が甘く、しっかりとした酸味の中にわずかな渋みを感じさせ、カヴァにしっかりとした骨格を与える役割があります。

近年では単一で白ワインの原料として使われることもあり、上質な味わいから高い評価を得るほどのポテンシャルを持っています。

マカベオ

マカベオは、若々しいフレッシュな味わいのカヴァから、長期熟成のものまで幅広く使える高級品種として、カヴァ造りに欠かせない品種です。

パレリャーダ、サレーロ(チャレロ)と並ぶ三大カヴァ品種とされ、豊かな香りとしっかりとした骨格をカヴァに与ええる役割を持っています。

また、産地によって味わいが変化しやすいのも特徴で、かんきつ類やお花を思わせるようなフレッシュな風味から、ミネラル感が充実している味わいのものまで、同じ品種を使ったとは思えないほど味わいに差が生まれます。

トレパット

トレパットは、カタルーニャ州で栽培される地ブドウ品種の一つで、主にロゼワイン用に使われています。

鮮やかでバラの花を思わせる紅色に、イチゴやチェリーといった甘酸っぱい果実を思わせる香りや、豊かな果実味が特徴で、トレパットで造られたロゼのカヴァは、実にフレッシュで上品な味わいに仕上がります。

ガルナーチャ

ガルナーチャはガルナッチャとも呼ばれ、スペインのほかにもフランスやオーストラリアなどで栽培されています。

イチジクやドライプルーン特有の、濃厚な甘さとジューシーさが魅力で、チョコレートやコーヒーのモカを思わせるような成熟した甘い香りが特徴的です。

単一で赤ワインの原料として使われるだけでなく、カヴァのブレンド用にも使われ、豊かなボディとソフトで豊かな果実味を与えてくれます。

モナストレル

モナストレルは、ロゼや赤のカヴァに使われる品種で、果実味が豊かでコクのある、しっかりとした味わいが特徴です。

フレシネでは、果皮を剥いた果肉からとれる果汁だけを使用し、サレーロ(チャレロ)とブレンドすることで、奥行きのある、豊かな味わいのカヴァに仕上げています。

価格で選ぶ

上質さとは裏腹に、非常にお求めやすい価格なのがフレシネのカヴァの魅力ですが、熟成期間の長さによってお値段がガラリと変化します。

長期熟成されたものほど高級で、お値段も3,000~5,000円と少し高くなってしまうのです。

カヴァは瓶内熟成の期間が長ければ長いほど、泡がきめ細かく繊細になり、澱の中のうまみ成分が溶け込み、より複雑な風味を生み出します。

そのため、より味わい深く上級なものほど、熟成期間を20ヶ月や30ヶ月もかけているのです。

逆に、『コルドン・ネグロ』など、瓶内熟成に12ヶ月程度のものであれば、2,000円未満で入手できるので、テーブルワインなど気軽に楽しみたい場合はこちらを選ぶと良いでしょう。

フレシネ・カヴァおすすめ6選

普段使いにおすすめ!1,000円台のフレシネ・カヴァ

辛口はコレ!

コルドン・ネグロ

1,180円 (税込)

詳細情報
アルコール度数:12%
味わい:辛口
ブドウ品種:パレリャーダ40%、マカベオ35%、サレーロ(チャレロ)25%

世界No.1のシェアを誇るカヴァ『コルドン・ネグロ』

コルドン・ネグロは、フレシネの代表格と言えるほどのカヴァです。

そのインパクトのある黒いボトルと、上質ながらもリーズナブルな価格から、世界中で愛され続け、日本でも「カヴァならこれ!」と選ぶ人が多いほど高い人気を得ています。

グリーンがかった淡く、美しい黄色にきめ細かく、ポップな泡立ちが印象的で、一口含むごとにレモンなどの柑橘系を思わせる風味とキレのあるドライ感が舌の上で弾け、スッキリとした後味と、実に爽快感のある味わいを楽しめます。

甘口はコレ!

カルタ・ネバダ

1,239円 (税込)

詳細情報
アルコール度数:12%
味わい:甘口
ブドウ品種:サレーロ(チャレロ)34%、マカベオ33%、パレリャーダ33%

”雪の手紙”という意味の名前を持つ甘口カヴァ『カルタ・ネバダ』
雪を思わせるすりガラスのボトルが印象的なカルタ・ネバダは、パレリャーダ、サレーロ(チャレロ)、マカベオの3品種をそれぞれバランスよくブレンドし、12ヶ月以上熟成した、リッチ感のある味わいのカヴァです。

他の商品とは異なり、やや甘口なので、食後のデザートワインや、チョコレートやフルーツなどを使ったスイーツと合わせても美味しく味わえます。

洋ナシや白桃、アンズを思わせる芳醇でフルーティーな風味と、フローラルな香りが実にエレガントで、甘味づけに使われているリキュールも合わさって、実に口当たりが良く、クリーミーな後味を楽しめる一本です。

ロゼならコレ

セミセコ・ロゼ

1,269円 (税込)

詳細情報
アルコール度数:12%
味わい:やや辛口
ブドウ品種:トレパット70%、ガルナーチャ30%

鮮やかなピンクとフレッシュな味わいが印象的な『セミセコ・ロゼ』
まるで薔薇を思わせるような鮮やかな紅色が印象的なセミセコ・ロゼは、スペインではロゼ用として定番の黒ブドウ品種であるトレパットとガルナーチャを、7:3の比率でブレンドしたカヴァです。

トレパット特有のイチゴを思わせるフレッシュな風味の中に、ガルナーチャ特有のソフトなスイートさを感じさせ、それでいて甘すぎず、酸味とのバランスがとれた味わいを楽しめます。

ホームパーティでおすすめ!2,000円~5,000円

厳選されたブドウのみを使用した高品質な一本『ブリュット・ビンテージ・レセルバ』

ブリュット・ビンテージ・レセルバ

2,786円 (税込)

詳細情報
アルコール度数:11.5%
味わい:辛口
ブドウ品種:マカベオ50%、パレリャーダ35%、サレーロ(チャレロ)15%、

こちらのブリュット・ビンテージ・レゼルバは、その年に収穫した最上のブドウだけを使い、瓶内熟成を24ヶ月以上も行うというこだわりのカヴァです。

一口含めば、長期熟成によって生み出された、きめ細かく繊細な泡が舌の上で軽快に踊り、レモンなどの柑橘類を思わせるフレッシュな風味が口中に広がります。

また、補糖を一切行わないブドウの風味をそのまま活かした味わいで、キレのある辛口の中に柔らかな包容力、酵母の香ばしさや豊かな果実味、そして旨味とコクを感じさせる上質な味わいは、まさにフレシネの傑作と呼べる逸品です。

 

コクとさわやかな味わいが魅力的な上質カヴァ『モナストレル・チャレロ』

モナストレル・チャレロ

2,901円 (税込)

詳細情報
アルコール度数:12%
味わい:辛口
ブドウ品種:モナストレル50%、サレーロ(チャレロ)50%

モナストレルは、コクのある味わいとしっかりとした果実味が特徴的な赤ワイン用品種です。それを三大カヴァ品種であるサレーロ(チャレロ)と均一に混ぜ合わせたのが、こちらのカヴァです。

モナストレル特有の奥行きがある果実味と、サレーロ(チャレロ)が持つフレッシュな酸味が合わさり、豊かでふくよかながらも、飲みやすく、軽快な飲み心地を楽しめます。

 

特別な日にピッタリ!

ブリュット・バロッコ

3,780円 (税込)

詳細情報
アルコール度数:12%
味わい:辛口
ブドウ品種:パレリャーダ 40% | マカベオ 30% | サレーロ(チャレロ) 30%

フレシネが手掛けるカヴァの中でも、特に強いこだわりと気品を感じさせるのが、こちらのブリュット・バロッコです。

曲線的でアンティークな雰囲気の、所謂バロック様式を取り入れたデザインのボトルは、高級感を漂わせ、贈答用としてもふさわしい、上級品としての雰囲気を醸し出しています。

30ヶ月という長期熟成によって生み出された味わいと風味は、実に複雑ながらも、フレシネ特有のフレッシュで切れのある辛さを損なわない豊かさを感じさせます。

また、洋ナシや白い花を思わせるフルーティーでデリケートな香りが実にエレガントで、洗練された味わいと相まって、優雅で心地の良い飲み口を楽しむことが可能です。

フレシネ・カヴァのワイン比較表

商品画像ブリュット・バロッコモナストレル・チャレロブリュット・ビンテージ・レセルバセミセコ・ロゼカルタ・ネバダコルドン・ネグロ
商品名ブリュット・バロッコモナストレル・チャレロブリュット・ビンテージ・レセルバセミセコ・ロゼカルタ・ネバダコルドン・ネグロ
価格3,780円(税込)2,901円(税込)2,786円(税込)1,269円(税込)1,239円(税込)1,180円(税込)
詳細アルコール度数:12%
味わい:辛口
ブドウ品種:パレリャーダ 40% | マカベオ 30% | サレーロ(チャレロ) 30%
アルコール度数:12%
味わい:辛口
ブドウ品種:モナストレル50%、サレーロ(チャレロ)50%
アルコール度数:11.5%
味わい:辛口
ブドウ品種:マカベオ50%、パレリャーダ35%、サレーロ(チャレロ)15%、
アルコール度数:12%
味わい:やや辛口
ブドウ品種:トレパット70%、ガルナーチャ30%
アルコール度数:12%
味わい:甘口
ブドウ品種:サレーロ(チャレロ)34%、マカベオ33%、パレリャーダ33%
アルコール度数:12%
味わい:辛口
ブドウ品種:パレリャーダ40%、マカベオ35%、サレーロ(チャレロ)25%
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

まとめ 上品さと気軽さを兼ね備えた『フレシネ』のカヴァ

コルドン・ネグロをはじめとするフレシネのカヴァは、本場のシャンパンに負けるとも劣らないポテンシャルを持っています。

それでいて、比較的お求めやすい値段と、気軽に入手してご家庭で楽しめるのが、フレシネの製品の最大の魅力と言えます。

ぜひ、フレシネが生み出す上質で心地よい味わいのカヴァを実際に味わってみて、その奥深い魅力に触れてみてください。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】リアルサングリアのワインおすすめ2選

リアルサングリアは、スペインのリオハで造られたワインカクテルです。サングリアとはスペインの国民酒とも言われるもの。ワ

【ソムリエ監修】フレシネ・ミーアのワインおすすめ2選

フレシネ・ミーアは、カヴァで有名なスペインのフレシネ社が販売する、飲みやすくて美味しいワインです。食事だけでなく、ス

【ソムリエ監修】モマンドールのワインおすすめ3選!

モマンドールは、日本人の好みと食事に合うようなスパークリングワインを目標に、日本企業のサントリー社とスペインの世界ナ

【ソムリエ監修】王様の涙のおすすめワイン5選!選び方のコツも解説

王様の涙は、スペインのカタルーニャ地方で造られているコスパ抜群のテーブルワインです。軽やかでありながら果実味豊かな味

【ソムリエ監修】シグロのワイン!種類やおすすめ3選も紹介

シグロは、情熱の国スペインのリオハで生産されている赤ワインです。テンプラニーリョを主体に造られる芳醇な味わいは、世界

【ソムリエ監修】セグラヴューダスの価格やおすすめの料理を種類ごとに紹介

セグラヴューダスはスペインの有名なスパークリングワイン ・カヴァの代表的な造り手です。その格調高いカヴァは、本場フラ

【ソムリエ監修】ロジャー グラートのカヴァおすすめ5選!種類も紹介

ロジャーグラートは、スペインを代表する最高級スパークリングワイン(カヴァ)のワイナリーです。こだわりの製法と長期熟成


特集記事

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

【ソムリエ厳選】ピザに合うおすすめワイン20選!種類ごとに紹介

【ソムリエ厳選】お肉に相性ぴったりのおすすめワイン9選!選び方のコツも解説

TOP