【ソムリエ監修】イエローテイルとは?味、種類、品種を解説!おすすめワインも紹介

2019/05/31
オーストラリア

世界中で愛されているオーストラリアワインのイエローテイル。リーズナブルなのに美味しいワインということで、日本でも大人気です。

「イエローテイル」はカンガルーの一種・ワラビーの愛称。そのワラビーの絵が描かれたボトルは、スーパーや居酒屋などで見かけたことがある人も多いはずです。

とてもシンプルで、フルーティー。ブドウ本来の味わいが楽しめるデイリーワインです。

この記事では、そんなイエローテイルの魅力に迫り、その特徴やワインの選び方についてレクチャーしましょう。

記事の監修者

小林 亜紀

・レストラン飲料部長兼ソムリエ

フレンチレストランを中心に都内星付きレストランなどで研鑽し、フランスワインを中心にイタリア、ニューワールド、日本ワイン、日本酒など幅広く提供する。 現在も都内フレンチレストランにて様々なワインをサービス中。

イエローテイルとは

イエローテイルは、1957年にイタリアのシチリア島からオーストラリアに移住したカセラ夫妻により設立されたワイナリーです。

 

イエローテイルの歴史

1969年、カセラ・ファミリーによって初めてワインが造られ、カセラ・ファミリー・ブランドが誕生しました。

2001年にアメリカでイエローテイルを販売。またたく間に輸入ワイン全米NO.1の売上記録を樹立。2003年には全世界で驚異的な売上げを達成します。

2004年にはイエローテイルの赤ワインがジミー・ワトソン賞とストダートトロフィーを受賞。2005年に日本初上陸を果たしました。

2011年には販売市場が世界50カ国以上になり、ますます発展を続けています。

 

ワインのコンセプト

イエローテイルのコンセプトは、「シンプルテイスト果実の自然な味わい」。複雑な香りや重厚な味わいを追求するのではなく、ブドウ本来の果実味をストレートに表現するというシンプルさをコンセプトにしています。

そのコンセプト通り、造られているワインは一部を除きすべて単一品種。ブドウ本来の果実味をストレートに味わえるシリーズになっています。

ワインが初めての人でも飲みやすく、デイリーワインとして気軽に飲めるのが大きな特徴です。

イエローテイルの日本での評価

イエローテイルはそもそもワインビギナーを取り込むことを目指した「飲みやすい」ワインで、ワイン通をあまりターゲットにしていないワインです。味わいの評価はどうなのでしょうか。

2014年から、「サクラアワード」という日本のワイン業界で活躍する女性がワインを選ぶ審査会が毎年おこなわれています。このイベントでは日本人の味覚で、女性プロの視点で、世界中のワインが審査されています。

その審査会で、2018年にはイエローテイルのシラーズがダブルゴールド賞を、2019年にはイエローテイルのバブルス・ドライがゴールド賞を獲得しています。
プロもイエローテイルのワインの味を認めたわけですから、安心できますね。

イエローテイルの種類

イエローテイルのワインは赤ワイン、白ワイン、スパークリングワイン、スパークリングワインのロゼがあります。

赤ワインは全部で4種類、白ワインは3種類、微発泡の甘口が2種類、スパークリングワインが2種類です。

イエローテイルのラインナップ

商品画像イエローテイル カベルネ・ソーヴィニヨンイエローテイル メルローイエローテイル ピノ・ノワールイエローテイル シラーズ イエローテイル シャルドネ イエローテイル リースリングイエローテイル ソーヴィニヨン・ブランイエローテイル モスカート イエローテイル ピンクモスカートイエローテイル モスカート・バブルス イエローテイル バブルス・ドライイエローテイル レッド・モスカート・バブルス
商品名イエローテイル カベルネ・ソーヴィニヨンイエローテイル メルローイエローテイル ピノ・ノワールイエローテイル シラーズイエローテイル シャルドネイエローテイル リースリングイエローテイル ソーヴィニヨン・ブランイエローテイル モスカートイエローテイル ピンクモスカートイエローテイル モスカート・バブルスイエローテイル バブルス・ドライイエローテイル レッド・モスカート・バブルス
価格986円(税込)925円(税込)916円(税込)916円(税込)916円(税込)820円(税込)1,088円(税込)812円(税込)812円(税込)980円(税込)980円(税込)1,188円(税込)
詳細度数:13.5 %
味わい:ミディアムフルボディ
産地:オーストラリア
味わい:ミディアムフルボディ
産地:オーストラリア
品種:メルロー
度数:14 %
味わい:ミディアムボディ
産地:オーストラリア
品種:ピノノワール
アルコール度数 14 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 オーストラリア
メーカー名 サッポロビール
果実 %     シラー/シラーズ
アルコール度数 13 %
味わい  辛口
原産国名 オーストラリア
メーカー名   サッポロビール
果実 %     シャルドネ
味わい:中辛口
産地:オーストラリア
度数:11.5 %
味わい:中辛口
産地:オーストラリア
品種:ソーヴィニヨン・ブラン
アルコール度数 8 %
味わい  甘口
原産国名 オーストラリア
メーカー名   サッポロビール
味わい:甘口
産地:オーストラリア
品種:モスカート、シラーズ
アルコール度数 7.5 %
味わい  甘口
原産国名 オーストラリア
メーカー名   サッポロビール
度数:11.5 %
味わい:辛口
産地:オーストラリア
品種:セミヨン、トラミナー他
味わい:甘口
産地:オーストラリア
品種:セモスカート
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

イエローテイル カベルネ・ソーヴィニヨン

イエローテイル カベルネ・ソーヴィニヨン

986円 (税込)

詳細情報
度数:13.5 %
味わい:ミディアムフルボディ
産地:オーストラリア

コクあり赤
コクのある赤ワインと言ったら、カベルネ・ソーヴィニヨン。ミディアム・ボディで、ほどよいタンニンがあります。イキイキとしたカシスの果実味、バニラの風味、シナモンのような甘いスパイスのニュアンス、コーヒーのようなほのかな苦味が感じられるワインです。

すき焼き、バーベキューなどと楽しみたいワインです。

イエローテイル メルロー

イエローテイル メルロー

925円 (税込)

詳細情報
味わい:ミディアムフルボディ
産地:オーストラリア
品種:メルロー

まろやか赤
カベルネ・ソーヴィニヨンよりまろやかな飲み口のメルロー。こちらもミディアムボディです。イエローテイルならカベルネ・ソーヴィニヨンでも渋みはそれほどきいていませんが、メルローはコクがありつつカベルネより渋みがおだやかです。

プラムやベリーのジャムやチョコレートのような甘やかさ、八角のようなスパイスのニュアンスがあります。

ハンバーグなどと一緒に召し上がれ。

 

イエローテイル ピノ・ノワール

イエローテイル ピノ・ノワール

916円 (税込)

詳細情報
度数:14 %
味わい:ミディアムボディ
産地:オーストラリア
品種:ピノノワール

チャーミングな赤
チャーミングな赤ワインと言ったら、ピノ・ノワール。イチゴやチェリーのようなほどよい酸味、紅茶のような風味が感じられます。
赤ワインのライナップの中で、一番和食に合わせやすい赤ワインです。焼き鳥やしょうゆベースの煮物などと一緒にお楽しみください。また、ピノ・ノワールの酸味はトマトの料理とも相性抜群です。

 

イエローテイル シラーズ

イエローテイル シラーズ

916円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 14 %
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 オーストラリア
メーカー名 サッポロビール
果実 %     シラー/シラーズ

オーストラリアワインの代表格、シラーズです。ベリー系のフルーティーな香りの中に、少しスパイシーさが感じられます。口に含むと柔らかに熟した果実の甘みが広がり、ほどよいタンニンとの調和が絶妙です。

イエローテイルの中では一番重厚な味わい。しっかりした味わいの赤ワインが好きな人におすすめです。

タイ風のカレーなど、香辛料がきいたエスニック料理と相性抜群。地鶏の炭火焼などの和食にもよく合います。

 

イエローテイル シャルドネ

イエローテイル シャルドネ

916円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 13 %
味わい  辛口
原産国名 オーストラリア
メーカー名   サッポロビール
果実 %     シャルドネ

世界的にポピュラーなシャルドネの白ワインです。

バニラとココナッツの香り。シトラスやトロピカルフルーツのような、爽やかでフルーティーな味わい。豊かでまろやかなトースト香の余韻が楽しめます。

辛口すぎず甘すぎず、いろいろな料理に合うワインです。和洋中、魚でも肉でも、あらゆる料理に合わせてどうぞ。

 

イエローテイル リースリング

イエローテイル リースリング

820円 (税込)

詳細情報
味わい:中辛口
産地:オーストラリア

ライムのようなすがすがしさ
すがすがしい白ワインと言ったら、リースリング。ドイツのリースリングは甘口から辛口までありますが、オーストラリアでは主に辛口で造られています。ライムのような風味と豊かな酸味があり、クリアで爽快な味わいです。

天ぷらや白身の魚と相性が良いです。

 

イエローテイル ソーヴィニヨン・ブラン

イエローテイル ソーヴィニヨン・ブラン

1,088円 (税込)

詳細情報
度数:11.5 %
味わい:中辛口
産地:オーストラリア
品種:ソーヴィニヨン・ブラン

ハーブのようなすがすがしさ
ソーヴィニヨン・ブランもすがすがしい白ワインです。リースリングと違うのは、ソーヴィニヨン・ブランには草原にいるような「青っぽさ」があること。グレープフルーツのような酸味、ハーブやアスパラガスのような風味が感じられます。

ハーブを使った料理や野菜サラダなどと合わせるとおいしいです。

 

イエローテイル モスカート

イエローテイル モスカート

812円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 8 %
味わい  甘口
原産国名 オーストラリア
メーカー名   サッポロビール

やや甘口で微発泡性のモスカートです。アルコール分7.5%で、すっきりした味わい。

食事中はもちろん、食前酒としても、食後にデザートと合わせて飲むのもおすすめです。しっかり冷やしてお楽しみください。

 

イエローテイル ピンクモスカート

イエローテイル ピンクモスカート

812円 (税込)

詳細情報
味わい:甘口
産地:オーストラリア
品種:モスカート、シラーズ

アルコール低めの甘口ロゼ
マスカット種とシラー種をブレンドした甘口の微発泡のロゼです。

イチゴや青リンゴのようなフルーティーな味わいです。

ほのかな甘さなので、食前酒にも、中華料理などの食事に合わせても、スイーツに合わせてもおいしく飲めます。また、アルコール度数が7.5%と低めなので、お酒にあまり強くない人でも飲みやすいです。

 

イエローテイル モスカート・バブルス

イエローテイル モスカート・バブルス

980円 (税込)

詳細情報
アルコール度数 7.5 %
味わい  甘口
原産国名 オーストラリア
メーカー名   サッポロビール

とてもカジュアルなスパークリングワインです。フローラルな香りで、グラスに注ぐとシュワシュワッと小気味よく立ちのぼる泡。搾りたてのブドウのようなフレッシュな味わいが、ほどよい甘さと爽やかな泡とともに広がります。

リキャップできる特製キャップを採用。一度開ければ飲み切らないといけない従来のコルク栓ではなく、簡単に再栓できる新型キャップです。好きなときに、好きな量を楽しむことができます。

 

イエローテイル バブルス・ドライ

イエローテイル バブルス・ドライ

980円 (税込)

詳細情報
度数:11.5 %
味わい:辛口
産地:オーストラリア
品種:セミヨン、トラミナー他

プロも認める味わい
このワインは2019年のサクラアワードというワイン審査会でゴールド賞を受賞しました。

セミヨン種とトラミナー種をブレンドしたスパークリングワインです。青リンゴ、レモン、ライムのようなフルーティーさがあり、キレのある味わいで、ミントのような清涼感があります。

スパークリングワインには珍しいリキャップ栓を採用しており、何度でも開け閉めできます。屋外でも楽しみやすいので、ピクニックに持っていってはいかがでしょう。

 

イエローテイル レッド・モスカート・バブルス

イエローテイル レッド・モスカート・バブルス

1,188円 (税込)

詳細情報
味わい:甘口
産地:オーストラリア
品種:セモスカート

テーブルが華やぐ
赤の甘口スパークリングワインです。ロゼより鮮やかな色調で、イチゴやチェリーの果実味、バラのような華やかな香りがします。

テーブルに置くだけで明るい雰囲気になるので、パーティにもぴったりです。インスタ映えします。

イエローテイルのまとめ

イエローテイルのワインについて、ご紹介しました。

リーズナブルで、それぞれのブドウ品種の個性がストレートに味わえるシンプルなワイン。フレッシュで軽めのワインが好きな人におすすめです。

飲み飽きない美味しさで、テーブルワインには最適。可愛いボトルで、食卓も華やぎます。毎日の食卓や友人とのパーティーなどでお楽しみください。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】ジェイコブス・クリークのおすすめワイン7選!選び方のコツも解説

ジェイコブス・クリークは世界で大人気のオーストラリアワインです。オーストラリアの銘醸地で造られたワインはどれも、リー

オーストラリアのシャンドンを徹底解説!種類、価格、おすすめの飲み方まで紹介

ドンペリ、モエシャン、ヴーヴ・クリコを保有するモエ・エシャンドン社がオーストラリアに設立した「シャンドン」! 今回

【ソムリエ監修】デ・ボルトリの種類や価格を解説!おすすめワイン10選も紹介

デ・ボルトリは高品質なのにリーズナブルな、オーストラリアのプレミアワインです。英国王室御用達ワイナリーとしても有名で

【ソムリエ監修】ディーキン・エステートの種類から価格まで解説!おすすめ7選も紹介

今やオーストラリアワインは世界中に流通し、一大ワイン大国とも呼ばれています。その質の高さは多くの愛好家に認められてい

【ソムリエ厳選】バロークスの種類や価格を解説!おすすめ7選も紹介

バロークスは、世界で初めての缶入りプレミアムワインです。スーパーやコンビニで見かけたことがある人も多いはず。カジュア

【ソムリエ監修】ウルフ・ブラスの種類を解説!おすすめワイン16選も紹介

ウルフ・ブラス(Wolf Blass)は、『伝統』と『革新』の二つを合わせ、常に最高品質のワインを生み出すオーストラ

【ソムリエ監修】おすすめのヤルンバのワイン11選!選び方のコツも解説

ヤルンバは、160年以上の歴史を持つ、オーストラリアの老舗ワイナリー。銘醸地のバロッサで造られるワインは、伝統的な味

【ソムリエ監修】マクウィリアムズの特徴、種類からおすすめワインまでご紹介

オーストラリアで最も古いワイナリーの一つであるマクウィリアムズ(McWILLIAM'S)は、創業135年以上を誇る歴

【ソムリエ監修】ペンフォールズとは?種類やおすすめワインを紹介

ペンフォールズのワインは、何と言ってもオーストラリア最高峰のワインと言われるグランジが有名です。ペンフォールズは独自

販売量世界一!フロンテラのおすすめワイン13選!ラインナップや価格も紹介

フロンテラは、チリで一番人気のあるカジュアルなワインです。「クオリティ&フリースタイル」をキーワードに、気取


特集記事

【ソムリエセレクト】おすすめのワイングラス15選!種類とブランドも紹介

貴腐ワインって?美味しい飲み方、おすすめの貴腐ワインをソムリエが紹介

【ソムリエ厳選】相性抜群! チーズに合うおすすめワイン14選

【ソムリエ厳選】ピザに合うおすすめワイン20選!種類ごとに紹介

【ソムリエ厳選】お肉に相性ぴったりのおすすめワイン9選!選び方のコツも解説

TOP